Categories
International brands | 海外ファッション

Come Into the Chanel Tokyo Salon and See the 2014 Cruise Collection With Me

若々しい20年代スポーティーからヒントを得た、シャネルの2014年クルーズコレクションを身近にレポート!

chanel-cruise-2014-tokyo-details-13

In Paris, the “salon” is where everything happens. It’s the most intimate room of the house, and it’s a place to see, be seen and mix business with pleasure. So it always is, when Chanel has the intimate previews for their collections, like a salon in Tokyo where one can see new and old friends in a opulent-cum-casual setting.

パリでは、「サロン」を中心に全てが動く。家の中で一番くつろげる部屋であり、人に魅せ、魅せられ、有意義に親睦を深められる、そんな場所だ。Chanelがコレクションのプレビューを披露するときは、必ず東京の、絢爛でありながらカジュアルな、例えば最近出会った人、そして旧友と集い合えるような”サロン”適な空間で行われる。

chanel-cruise-2014-tokyo-details-12

Set of 3 earphone jacks イヤーホンジャックのチャーム3点セットは一押し

Last week was the preview for the Cruise 2014 collection in Tokyo. This collection is very fresh; young and peppy, as well as young and pReppy. IT’s very 1920s sporty leisure, with vintage cricket uniforms as the most standout inspiration. Even the gowns, dripping in sequins, pearls and brocade, had some sporty stripes in the details.

Speaking of details, you must see some of the accessories: sneakers decorated in the Chanel camellias, and little sporty gloves. Of course the “must-have” (but good luck getting it) handbag is the acrylic “Chanel No 5” perfume bottle. It will set you back a million yen (abt $10k) but when there are only about 10 in stock, you know you’re among one of the few in the world with it.

先週、東京でChanelクルーズ2014コレクションのプレビューがあった。このコレクションはとても新鮮かつ若くて、生き生きとしていた。若くてプレッピーだった、とも言える。1920年代のスポーティーなスタイルをヴィンテージのクリケットユニフォームから見て取れた。スパンコールがちりばめられたガウン、パールとブロケードさえも、よく見ると細かい部分にスポーティーなストライプがあしらわれていた。

忘れてはならないのが、アクセサリー。Chanel定番のカメリアが装飾されているスニーカーや、スポーティーな手袋。もちろん、マストアイテム(手に入れられるかは怪しいけど)はアクリルで出来たChanel No 5パフュームのハンドバッグ。約100万円はするらしいけど、10個ほどしか在庫がないと思ったら、それを所有してるのは世界に数人しかいない。そう考えれば、価値ある100万円よね。

chanel-cruise-2014-tokyo-details-1

chanel-cruise-2014-tokyo-details-2

chanel-cruise-2014-tokyo-details-4

chanel-cruise-2014-tokyo-details-6

chanel-cruise-2014-tokyo-details-7

chanel-cruise-2014-tokyo-details-8

chanel-cruise-2014-tokyo-details-11

chanel-cruise-2014-tokyo-details-15

 

chanel-cruise-2014-tokyo-details-10

chanel-cruise-2014-tokyo-details-17

chanel-cruise-2014-tokyo-details-18

chanel-cruise-2014-tokyo-details-21

chanel-cruise-2014-tokyo-details-16

chanel-cruise-2014-tokyo-details-3

 

chanel-cruise-2014-tokyo-details-19

 

 

chanel-cruise-2014-tokyo-details-20

Being invited to the evening time slot meant being among my favorite peers; popular models, stylists, actresses, singers, and other influencers. For some of them it was like “I haven’t seen you since the last Chanel exhibit!”. Ah yes, how Mademoiselle Coco brings people together… 

Singapore was the inspiration and location for the show, and I really feel that the cruise collections by luxury brands are the last bastions of runway show opulence. Nowadays, the Paris Fashion Week pret a porter shows are there to satisfy the masses, and attending one can feel like “business”. But a cruise collection is often held in exotic locales, and in Chanel’s case it is ultimate where’s-where: St Tropez, Venice, Cap d’Antibes and the Versailles palace last season. Where will the brand go next? No matter, as even if we can’t go to Chanel, Chanel will come to us in the salon, ready to catch up like exquisitely-dressed friends.

夕方のタイムスロットに招待されたということは、大好きな仲間たちと交流が出来るということを意味した。人気のモデル、スタイリスト、女優や歌手、そして他の形で世の中に影響を与えてる人たち。その中の数人とは、「久しぶり!前のChanel展示会以来ね!」って感じだった。マドモワゼル・ココが作る巡り合わせって・・・

シンガポールでショーが行われた地だった。そして、ハイエンドブランドによるクルーズコレクションは、ランウェイショーの最後の砦だということを痛感した。最近では、パリファッションウィークのプレタポルテ(既製服)ショーは大勢の人々を満足させ、「ビジネス」の一環として参加するような形態になってきている。しかし、クルーズコレクションのショーはエキゾチックな場所で行われることが主で、Chanelの場合は「その場所」が極まりであるのだ。例えば、サントロペ、ヴェネチア、アンティーブ岬、そして前シーズンはベルサイユ宮殿。次はどの場所?どこにせよ、私達がChanelのもとへ行けなくても、Chanelがサロンで私達のもとへやってきて、また皆を魅了するのだろう。

Asst editor Lisa Ishiwata

One reply on “Come Into the Chanel Tokyo Salon and See the 2014 Cruise Collection With Me”

Thank you for your report, Misha!
Your report helps us to experience the special atmosphere in the collection.
I love CHANEL and respect the life of Coco Chanel :).
Since I am now a highschool student and can not have time and opportunities to go to the collection like this, I can feel like going there by reading your blog!

Leave a Reply to Karen Cancel reply

Your email address will not be published.