Categories
Fashion News | 最新情報 International brands | 海外ファッション

CHLOE CELEBRATES 60 YEARS WITH A TOKYO BASH THAT PROVES THE ADAGE “YOUNG AT HEART”.

心若くして60周年記念を祝った「クロエ」が東京で大盛り上がりのパーティーをフランス大使館で開催した!

CHLOE-60th-0079

There has been a deafening lull in the season thus far and that calls for an all-out bash. Good thing then, because it was Chloe’s 60th Anniversary and they were in the mood for partyin’. This wasn’t a call to arms for all fashionistas though, it was rather an intimate “friends-only” gathering at the French Embassy… which doesn’t mean it was quiet by all means.

さて、ここ最近ファッションイベントが続きなかなかブログで紹介出来ていませんでしたが、ここいらでちょいと前に開催されたクロエのパーティーから振り返ってみたいと思います。クロエがこの度ブランド生誕60周年を記念して、フランス大使館にてプライベートなパーティーを開催しました。プライベート、というのは招待客の数のことであって、小規模ながらそれを感じさせないほど極めて華やかに執り行われたのはこのレポートを見れば分かるかと思います。

 

Photos by Mami Tanabe for TfD

CHLOE-60th-0007

CHLOE-60th-0010

CHLOE-60th-0020

Ellie-Rose on deck as DJ

まずはDJ陣から、エリーローズ。

CHLOE-60th-0017

Happy birthhhhday Mister Pressssssident

クロエの社長さんとこんなんでいいですか?

CHLOE-60th-0040

Mari Natsuki on stage (later joined by Sara Mary for a performance). Mari had bragging rights as she was wearing vintage Chloe from the period when Karl Lagerfeld was the designer (Chloe actually launched his career, and he was one of the first and most successful pret a porter designers at the time). 

夏木マリさんがステージでパフォーマンス。この後若手陣から沙羅マリーが参戦。この時夏木マリさんがお召しになっていたのは、伝説のカール•ラガーフェルド時代のクロエのヴィンテージドレス。そう、かのカール大帝もデザイナーとしての黎明期はクロエでその手腕を発揮していたのです。

 

CHLOE-60th-0076

Clare Waight Keller is the current designer at Chloe and she was super laid-back and sweet
現デザイナーのClare Waight Kellerさんと。とてもイージーゴイングでキュートだった。

Last time I checked in with Chloe I was in Paris last October celebrating the 60th Anniversary of the top ranked brand. I was chosen as one of 5 world bloggers to represent a letter of the brand name Chloe and I got “e” for embroidery. I know the impression we young’uns have of the brand is that of minimalism, simplicity and cleanliness, but don’t forget that the brand is hugely fond of surrealism, punchlines, and jokes. Check out the archives here, and then case in point, Liv Lo’s dress below of an embroidered violin perhaps inspired by a Man Ray photo (it was designed by Karl Lagerfeld in 1983 and Chloe Sevigny wore it recently in NYC here)

先シーズンパリコレクションにお邪魔した時にも本国でクロエの周年パーティーをしていたのですが、この時改めて気づかされたことが、このブランドの直近の印象は極めてフレッシュでミニマル、シンプルでクリーンでありながら、その神髄にはシュールでパンチの効いたデザインや、クスッと笑ってしまうようなジョークが根付いているということ。このレポートでモデルのLiv Loが着ているバイオリンを模した支出のドレスも、先のカール時代のクロエのもの。マン•レイにインスピレーションをうけて製作されたこちらは1983年の発表から20年以上の年月が経つが、その後クロエ•セヴィーニがレッドカーペットで着用したりとファッションシーンで長きに渡り愛されてきた一着。

CHLOE-60th-0024

This is Gene Krell, and if anyone treats VOGUE like their bible, or should I say VOGUE Japan/GQ as their bible, you will have seen him around lately for his witty columns. He is sharp, a walking wiki on fashion, and in 1 10-minute conversation he brought down some of my favorite fashion idols from their sky-high pedestals and sent them to the earth’s plane (without me telling him who they were!). I admire that greatly, and it was such a pleasure to see him out and about. My next mission is to get him to somehow come see a Japanese fashion show next season…

こちらは言わずとしれたジーン•クレール。言わずとしれた、と書くもののここ最近はめっきり表舞台でお目にかかる機会が減ってしまったのだが、彼が毎月書いているVOGUE JapanやGQのコラムは未だに高い人気を誇っている(そう、あの刺激的な文章を書くあの人です!) 小ブログの日本語エディターも世界一尊敬していると声を揃える彼は、真のファッショニスタたちが最も尊敬するファッション業界の生き字引としてその地位を確固たるものにしてきた。彼にお会いするたび、その知識の多さはもちろん、鋭い視点で業界を切り取る視点にいつものことながら圧倒されてしまう。個人的には、是非近い将来彼をジャパンファッションウィークにお招きして意見を伺いたいと思っている。

 

I wore an outfit made for the runway by MURUA, a heavy mesh vest made of crystals and sheer top with gauze skirt. The shoes are by Iron Fist and they are printed with a girly zombie print that was a perfect contrast. Chloe likes to be a little funny, right?

この日私が着ていたのは、残念ながらクロエでは無いのですMURUAのランウェイで登場したクリスタルピースです。靴はちょっとファニーなアイアン•フィスト。フレッシュ×ファニーなミックスを私なりに解釈してみました。

CHLOE-60th-0094

MURUA

CHLOE-60th-0037

Iron Fist shoes

CHLOE-60th-0095

bangle by KiNG 

CHLOE-60th-0100

Mily eye flashes in white アイラインはMilyのシールメイク!

Happy birthday to Chloe and here’s to many happy returns.

CHLOE-60th-0031

chloe.com

Categories
Bangkok Fashion Week | バンコックコレクション International brands | 海外ファッション

DIGGING THE CREATIVITY OUT OF THAILAND. THE COOLEST BRANDS WE SHOULD ALL KNOW.

まだまだ世界へ配信の少ない、知るべきタイの素敵なブランドをリストアップ!かわいい、かっこいい、とにかくCHECK!thai-brands-ek-thorns

When I think of brands that come out of Asia, the stereotype goes that there isn’t a lot of creativity or originality. In Bangkok for fashion week though, I was incredibly impressed with the amount of color, fantasy, prints and how the brands build up their own “worlds” through visual merchandising so well.

 これまで、アジア出身のブランドというとどこかクリエイティビティやオリジナリティに欠けるステレオタイプなスタイルが思い浮かびました。でも、今回初めてバンコクのファッションウィークに行って驚いたのが、現地の新人デザイナー達のカラフルでファンタジーあふれる作品。プリントなどの最先端の技術も随所に見られ、その上素晴らしいヴィジュアルマーチャンダイジングでブランドの世界観を存分に発揮している。

thai-brands-

There were quite a few brands that were completely new to me, and I want to share my favorite ones so you can keep them on your radar– and remember that Thai brands are sooo easy on the wallet!

その上今回のファッションウィークで初めて耳にしたブランドも多く、しかも揃いも揃って消費者思いの価格設定。これはみんなに知らせるしかない!ということで私のお気に入りだったブランド/ショップをいくつか紹介します!

Curated Ek Thongprasert

Curated by Ek Thongprasert is the clothing line of the designer who is mostly well-known for his amazing rubber jewelry. The clothing line for AW 2013 is just brilliant as it’s printed with dark art-deco graphics like its straight out of the movie “METROPOLIS”. I’ve never seen his clothing here in Tokyo, but his jewelry is available!

Curated Ek Thongprasert

デザイナーEk Thongprasertによる洋服ブランドで、日本では最高にクールなラバージュエリーが人気。2013年秋冬コレクションの作品は、アールデコ様式のようなグラフィックプリントを施した作品が多く見られ、さながら映画“METROPOLICE”から飛び出してきたようなコレクションでした。ファン垂涎のラバージュエリーも今回豊富に発表されていたので、日本でまたもや争奪戦になることが予想されます。

thai-brands-ek-2

thai-brands-curated-by-ek-4

thai-brands-curated-by-ek-3

thai-brands-curated-by-ek-2

thai-brands-curated-by-ek-1

 

AB-Normal

Speaking of accessories, the only thing that got me OUT of the AB-normal shop at Siam Center and drooling all over the accessories was that I was going to miss lunchtime. The wire and crystal pieces in hugely exaggerated sizes like armor—- and the designer was so awesome and came into the shop incase I or any other buyers or media had any questions. I am a huge fan of buying from brands where I can meet the designer personally. It really puts meaning to the clothes in my closet and it’s why I buy locally for most of my wardrobe.

AB-Normal

アクセサリーといえば、滞在中Siamセンターにて発見したこちらのジュエリーも忘れられない逸品。ワイヤーとクリスタルで制作された作品はアーマーかと見まがうような巨大なサイズで展開されていた。私がショップを訪れた時、ちょうどデザイナーの方にお会いすることが出来たのだが、自身もスーパーナイスな人で一気にファンになってしまった。やはり直接デザイナーと話す機会があるとより深くブランドの世界観を知るきっかけとなるものだし、そうするとよりそのアイテムにも愛着が湧くもの。だから私も日本にいる時は国内のデザイナーのものをよく愛用している。

thai-brand-ab-normal-1

thai-brands-ab-normal-1

Bought this 上のネックレスをご購入♡

thai-brands-ab-normal-2

NEED this こっちは死ぬほどほしくて  

thai-brands-ab-normal-3

 thai-brands-abnormal-5

The designer was a super nice guy デザイナーもナイスガイ

Fly Now III

One of the most incredible shops on the 3rd floor of Siam mall was by Thai brand “Fly Now”. The interior design and visual merchandising was so fantasmic I couldn’t help wondering what the story was behind it all. I ran into one of the designers and she started telling me a story about a girl and biology, evolution, and I was like “wow”… 

 Fly Now III

同じくSiamモールの中にショップを構えるこのブランド。巨大なモールの中でも別格の存在感を放っていたこのブランドは、ショップの内装からVMDまで素晴らしい完成度で世界観が表現されていて終止圧倒されてしまった。同じく偶然その場に居合わせていたデザイナーにコンセプトを訪ねると、ある女の子にまつわる実話をもとに作っているといってその壮大なストーリーを聞かせてくれた。

thai-brands-flynowIII-1

thai-brands-flynowIII-2

thai-brands-flynowIII-1

“Garden” is a younger off-shoot brand and they have an entire storyline with a whole cast of crazy little characters that all fits within the “Fly Now” ecosystem. 

同ブランドのヤングラインにGardenというブランドがあるが、こちらもファーストラインに勝るとも劣らないコンセプト性を兼ね備えており、デザイナーの高い実力を感じさせてくれた。

 

thai-brands-flynowIII-4

thai-brands-flynowIII-

La-La Love London

I am just KICKING myself for not picking up some dresses and tops from LLLL while I was shopping at Siam. See, I saw the pop-up shop, thought it was all SO cute, but then saw the “london” in the brand name and was like “I`m only buying Thai brands today, not imports.” and then found out it IS a Thai brand. :( These prints…the like the icecream volcano and cotton-candy head man are so much fun and I want to wear fun!

La-La Love London

Siamモールにて発見したこのショップ。足を踏み入れた途端目の前に広がる“欲しいものの山”に我を失いそうになったがブランドの名前を見ると“LONDON”の文字。タイに来たんだもの、現地のデザイナーのものを買わなきゃ意味がないじゃない、と店を後にしようとしたが、どうやら名前にLONDONと入っているものの正真正銘のタイのデザイナーらしい!アイスクリームやコットンキャンディのプリントを施した洋服は、誰もが可愛い!と叫ばずにはいられないものばかり。

thai-brands-lalalalovelondon-2

thai-brands-lalalalovelondon-3

thai-brands-lalalalovelondon

 

 

Rouge Rouge

RR is a new bag and accessories brand with some cool POP-surreal motifs. I met the designer at BIFF and she also happened to be an editor at ELLE. The giant hand and “bomb” bag really stood out.

 Rouge Rouge

ポップでシュールなモチーフシリーズが人気のバッグ&アクセサリーブランド。BIFFにてお会いしたデザイナーは、なんと現地版ELLEのエディターとして働く顔も持つ。巨大な手を模したバッグは会場でも一目おかれるお目立ちアイテムでした。

thai-rougerouge

 thai-rougerouge-2

thai-rougerouge-3

 

Greyhound/Playhound

Greyhound is one of the most popular brands from Thailand and it was a part of fashion week with a huge show in an old movie theater. Personally, I am more of a fan of their younger, fresher line called “Playhound” where I picked up some glittery, silvery shoes with bows all up the front and metallic wedge heel♥ When the designer of Greyhound came out I made him stand behind the glass with me and “pretend we’re stuck inside!”. I think they thought I told them to look dead. Oops! Lol.

Greyhound/Playhound

Greyhoundはファッションウィークのオフィシャル参加ブランドにも登録されている現地で大人気のブランド。今回のコレクションは古い映画館を使って開催され高い評価を得ていた。個人的にはラングラインのPlayhoundが大好きで、シルバーラメのウェッジソールシューズを目にしたとたん一目惚れに落ち即買いしてしまった。こちらはショップにてデザイナーのGreyhoundとお会いした時のもの。

thai-brands-playhound-1

thai-brands-playhound-2

Got these shoes!  この靴もゲット! 

thai-brands-greyound-

Something Boudoir

This also was a store that I went into without knowing anything about it, I just liked how it looked like the inside of a giant melting icecream cone. Everything in the store was dripping with sugar and spice and everything nice. I picked up a skirt that was sickly sweet, with doodles of unicorns and rainbows that will look perfect with a black leather jacket. 

Something Boudoir

こちらは、目にした瞬間予備知識無しに思わず入ってしまったお店。溶けかけのアイスクリームのコーンの中にいるような気分になるインテリアがまず印象的だった。お店にあるアイテムはどれもスイートでありながらどこか辛口なテイストも感じられ、まさに今の日本のファッショントレンドともマッチするスタイルのように感じられた。個人的なお気に入りはこのユニコーンとレインボーのイラストが描かれたスカート。これにシンプルなブラックレザージャケットさえあれば他に何もいらない!

thai-brands-somethingboudoir-3

thai-brands-somethingboudoir-2

thai-brands-something-boudoir

thai-brands-somethingboudoir-4

So there’s your checklist! See anything you like? I mentioned to someone how Thai designs are just so damn HAPPY. I mean, everything is so cute and bright and peppy and young. I think that if any gothic brands come out they might make a killing there just by being different *hint hint* 

とにかくポップでハッピーなファッションが絶対なタイというお国柄、デザイナーもこぞってカラフルな洋服を発表していて見ているこちらまでハッピーな気分になりました。ここに挙げたチェックリストを参考にしながら、あなたもタイのショッピングツアーに出かけてみてはいかがでしょうか?

 

Categories
Fashion News | 最新情報 International brands | 海外ファッション

MOO EYEWEAR IS THE BEST REASON TO WEAR SUNGLASSES. EVER. BAROQUE BUBBLY AND BITCHIN’

サングラスをつける理由はここだけにあり。世界のガールが今注目してるMOO EYEWEARのありえない程キュートなコレクションが伊勢丹に登場!

moo-eyewear-2013-4

Moo Piyamsobatkul, otherwise known as the brain behind Moo Eyewear, may soon become so famous that she’s going to be on a first-name basis with the world. Just call her “Moo”, everyone will know exactly who you’re talking about.

I opened up my “2.5 Dimension” shop at Isetan 2F today in collaboration with SOEN magazine and their Tokyo Design Commit Week, and Moo’s sunglasses are already one of the hottest brands of topic from my lineup. Her line of Baroque Eyes have been called “ingenious” and are snapped up as soon as she has time to make some. She uses dead-stock vintage frames and adds colored porcelain pieces that look like eyebrows for a grand statue or gargoyle. The mix of retro hipster and elegance is so very NOW that she has hit the proverbial fashion jackpot. And it helps that she’s super cute and fun to boot!

Moo Piyamsobatkul、通称Mooは自身の名を冠したアイウェアブランドMoo Eyewearのデザイナー。今世界中で俄に話題騒然となっているこのアイウェアブランドだがそれと同じく個性が際立った彼女自身も恐らく近い将来世界中を席巻することにになるに違いない。
 
先日お伝えした、雑誌装苑伊勢丹新宿とのコラボポップアップストア“東京2.5次元”が本日より、伊勢丹新宿本館の2階でオープンしますが、その中でも実ははこのMoo Eyewearのピースを置かせてもらっているのです。“ingenious(独創的)”と評される彼女の作品は、アイウェアでありながらその美しいバロック装飾でアクセサリーとして唯一無二の存在感を放っている。ヴィンテージのフレームを使用し、ポーセリンの装飾を装着した彼女のサングラスは見方によれば絶妙なカーブをを描き眉に沿って目元の美しさを際立たせてくれる。レトロなヒップスターのようでありながら至極エレガント、この絶妙なバランス感こそ今最も旬な所以。

 

moo-eyewear-2013-3

moo-eyewear-2013-2

moo-eyewear-2013-1

Born and raised in Thailand and educated in the UK, she’s a force to be reckoned with as she just graduated with a degree in Jewelry Design from Central St Martins. While in Bangkok a few weeks ago for Fashion Week and BIFF I happened to catch her for afternoon tea the very day after she returned from a long trip in London. I was with my friend Sonja from the award-winning select shop “Alter” in Shanghai, who wanted to buy some more sunglasses for her shop. “We sold out after Fan Bin Bin wore them during Paris Fashion Week. I need 20 more!” At that, Moo pulled out every piece she had, and we turned the fancy cafe into our own personal showroom trying on every single pair (to the chagrin of the server).

タイ生まれ、タイ育ちの彼女はイギリスのセントラルセントマーチンズでジュエリーデザインを学び、卒業するや否や自身のブランドを立ち上げ瞬く間にスターダムを駆け上がっていった希有な逸材。先日バンコクファッションウィークに行った際に、幸運なことに多忙な彼女とゆっくり話をする機会を持つことができた。その時一緒だった私の友人Sonja(中国の有名セレクトショップAlterのオーナー)も彼女にどうしても会う用事があったというのだが、それが彼女のショップで置いていたMooのサングラスが、中国のセレブFan Bing Bingが着用したこともあり全て完売してしまったため急遽20ピース以上の発注をしなければならないからというものだったのだ

moo-eyewear-2013-8

moo-eyewear-2013-6

moo-eyewear-2013-5

moo-eyewear-2013-9

I grabbed a black and white pair and a pink pair, but then I fell head over heels for the multicolored pair from her most recent lookbook which I drooled all over her iPad looking at. The photos are a lot less avantgarde than her previous shoots but it’s just SO charming you’ll want every pair (dammit!). I think the lightness could be attributed to the fact that she is now spending more time in sunny Thailand than just the UK. “Family brought me back of course, but I just love the UK. Whenever I get to go to Europe I try to stay as long as possible.”

Although she is from Bangkok, she considers herself an international designer and doesn’t sell locally and her items sell out all over the world. “You can just send me an email and order what you want, though, ” she said (as a million emails now go rushing to her).

私は今回のポップアップストアのためにブラック×ホワイトのぴーすと、ピンクのピースをオーダーするも、その後見せてもらったレインボーのピースに目移りして地団駄…イギリスでファッションを勉強した彼女だが、ここ最近はタイで仕事をすることが多いそう。やはりこのサングラスが似合うのはイギリスの曇り空よりもタイの陽気な天気ですよね。“両親はタイに長くいてほしいみたいなんだけど、やっぱりイギリスも好きだからあっちで仕事がが入ると出来るだけ長くいられるようにスケジュールを合わせてるの。”

moo-eyewear-2013-11

Me, Moo, Sonja

She also has a wicked sense of humor. “I could have studied product design there at St Martins,” she said with a laugh, “I mean, there were NO GUYS on our floor otherwise! They were so rare!” This personality lends well to her new career as a fashion celebrity in Bangkok. After our tea we got in her car to go to the Kloset fashion show, in which she was lent clothes to wear. When that was done and the paparazzi were done taking her photo, she hopped back into her chauffered car to change into another outfit. “I gotta wear Versace, they sent it to me for the Versus party tonight.”

Despite the newfound fame, she’s still super down-to-earth and even remembered me. “You were one of the first people to blog about me!” she said. And she’s right! Almost 2 years ago, when CANDY announced they would carry her. I`m a fan for LIFE!

“セントマーチンズ時代は、プロダクトデザインのクラスに紛れ込んだりしてたの。だってそうでもしないと男の子に会う機会が無かったんだもの!”と笑いながら話す彼女。軽快なユーモアを交えて話すこのキャラクターも、このブランドに大きな奇縁をもたらしてきたに違いない。そしてしばらく談笑した後、Klosetというブランドのショーに向かった私たち。その道中はもちろん、お抱えの運転手付きの車で移動。このショーでは彼女がサングラスをアクセサリーとして提供していたので、会場につくとスタッフが彼女をスーパーVIPとして対応。ショーが終わるや否やまたしても車に戻り衣装チェンジ。“今夜のVERSUSのパーティーのために、今朝送られてきたVERSACEのドレスを着なきゃいけないの…”と贅沢な愚痴をこぼす彼女。近年稀に見るファッションセレブぶりにうっとり…
 
とはいえ彼女自身は一切スノッブなところは無く、一度しか連絡をとっていない私のことをしっかりと覚えていてくれた。ちょうど2年ほど前、東京のCANDYで取り扱いが始まったばかりのころのこと。“まだブランド立ち上げ間もない頃、あなたがブログで紹介してくれたの!ほとんど一番乗りだったわよね!” 
 
 

To get your own MOO Eyewear, come to my shop at Isetan, open until April 9!

この春夏世界中でブームになること必須のMooアイウェア、是非伊勢丹のポップアップストアに見に来てください!期間限定なので4/9までです!

Categories
Fashion News | 最新情報 International brands | 海外ファッション

MAISON MARTIN MARGIELA TELLS AVANTGARDE TIME WITH LIMITED EDITION G-SHOCK WATCH. AVAILABLE TODAY!

MAISON MARTIN MARGIELAならではのアバンギャルドな時計をG-Shockと限定でプロデュース!本日世界同時発売..ってことで付けてみました!

gshock-mmm-1

The designers who work in the Maison Martin Margiela atelier famously wear long white lab-coats, as if they are scientists and researchers rather than fashion designers. It’s hard not to imagine them burning, melting and observing fabrics all day long (I am WAITING for the day when they announce a dress they grew from stem cells in a petri dish). So then my imagination goes wild thinking about what wild design process they went through to come up with this highly covetable G-shock by Maison Martin Margiela watch.

Although MMM famously collaborated with H&M by reissuing its archives at super low prices last year, this collaboration was put into motion 2 years ago— it’s being released just in time for the G-shock 30th anniversary.

Maison Martin Margielaといえば目に浮かぶのが、全身真っ白の作業用コートに身を包んだブランドで働く従業員。まるで医師か科学者のような出で立ちの彼ら、実際にアトリエでメスやナイフもしくはガスバーナーを使用しているかは定かではないが、彼らが今回日本が誇る高性能ウォッチG-Shockとのコラボレーションを果たすと聞いたときには思わずそんな姿が見えてしまった。
 
昨年、H&Mとのコラボラインの発表によって世間をあっと言わせたMMM。今回ブランドの30周年を記念した限定ウォッチを製作しまた一騒ぎ起こしてくれそうです。

 

 

gshock-mmm-4

On sale today! Looks pretty on my arm— they even added an extra hole for my small wrist! 本日発売!ってことで手に入れちゃいました。女性用に穴を多くあけてもらった!

The theme here is “3”

30 years of G-shock
3000 collaboration watches made
300 stores worldwide
300 $¥ price in every market ($300 in US or ¥30,000, etc)
3/30 March sale date!

テーマは30周年にちなんで”3”
 
30周年
世界3000個限定生産
世界300店舗にて販売
値段は日本円で30,000円(ユーロで€300、ドルだと$300という徹底ぶり)
発売日は3/30

gshock-mmm-3

The reflective silver leather band is removable and comes stamped with the MMM logo on the underside along with a serial number. It’s the perfect blend of high-design accessory and useful product. And it’s Margiela! Can I repeat? M-A-R-G-I-E-L-A

It’s only available at a few stores in Japan so double check here if you are planning on getting one:
3/30~ MMM flagship on Omotesando (ph: 03-5725-2414)
4/12~ 5 Ron Herman Stores, United Arrows Harajuku Mens Store, Restir, 5 Barneys New York Stores

着脱可能なシルバーのレザーバンドはMMMのロゴとシリアルナンバー入り。デザインと機能性を備えた完成度で、しかもブランドはマルジェラ。これはもう争奪戦になること間違いなしですな。
 
日本での展開は下記少数店舗だけ!ということで気になる人は前の日の夜から並ぶくらい気合いを入れてチェックしてみて下さい!
3/30〜 MMM表参道フラッグシップストア(電話番号 03-5725-2414)
4/12〜 ロンハーマン5店舗、ユナイテッドアローズ原宿メンズ店、リステア
5/5 バーニーズニューヨーク

gshock-mmm-2

Categories
International brands | 海外ファッション

LIMI FEU SHINES IN A NEW POINT OF VIEW. AT THE PRESENTATION SHOWN IN PARIS, 2013 SS

「リミフゥー」の新しい視点からお送りする2013春夏コレクション。パリで発表されたプレゼンテーションをレポート!

paris-Limifu-4

It was a dark and rainy night in Paris…. isn’t it always! But all was to be for the better, and a little bit of rain is no match for a storm of editors, fans and friends from seeing the Limi Feu 2013 SS collection during Paris Fashion Week in October. It was my first visit to the collections during fashion week, and Limi Yamamoto was one designer I NEEDED to see. This season she eschewed the fashion show format for the first time since getting on the Paris FW schedule and instead opted for an intimate exhibition/presentation setting. 

She and her diligent PR staff were all apologetic about it-and many fashion people are split as to which is a better way to present fashion collections (editors tend to favor intimate presentations while the media/consumers go for the OOMPH associated with a show) …but I think having an intimate setting in which for Limi to show her newest designs was in a way a step up from a show…next level, even. If an editor drops by an exhibit to actually sweep through an entire collection then I see it is highly likely they will remember the designs (it’s about touching; just like how you are more likely to purchase an item if you try an item on versus not).

時間を少し遡って、昨年のパリでのこと。その日は珍しく雨模様の空が薄暗い夜だったのですが、ショー会場につくとそんなこと一瞬にして忘れてしまうほどの、人、人、人。溢れ変えるほどの数のエディター、ファン、友人達が今か今かと待ち伏せるその先で披露されていたのは、他でもないLimi Fewの新作春夏コレクション。今回、初めてのランウェイショー以外でのプレゼンテーションを決行したデザイナーのLimi Yamamoto。
極めて小規模で行われたこのプレゼンテーションは賛否両論ではあったが(現場に居合わせた人たちの意見としては、エディターが総じてエキシビション型式を好むのに対して、メディアや消費者からは大掛かりなショーがよかったという声も聞かれた。)個人的には、作品をより間近に見られるという点で今回の発表形式はおおいに歓迎すべきものだったと思ううえに、このことによってブランドとしてもある種次のレベルへと達したようにさえ見えた。
 
Photos by Mami Tanabe for TfD
 
paris-Limifu-10
 
paris-Limifu-3

The exhibit was held in a beautiful, large room with all of the pieces in view. People munched on desserts and sipped champagne while watching a few models mill about in outfits chosen by editors or buyers to try. I was able to try on a few pieces myself and walk the room….wobbling around in the too-large shoes. I am traditionally a heels-only girl but lately even the LF “boyish” flats and platforms are starting to look attractive.

もちろん、エキシビションになったからといってコレクションに対して手を抜くようなことは一切せず、美しい調度品に囲まれた広い部屋ではシャンパン片手に思う存分新作の洋服に目を凝らすことができた。私に至っては、発表されたばかりの新作を試着しフロアを嬉々として一周させて頂いていたものだから消費者の立場としても文句はいえまい。この時の足下は私には珍しくヒールじゃないピースだったのですがこの時をさかいに私の目にフラットや厚底などヒール以外の靴が魅力的に写るようになりました。

paris-Limifu-18

Limi looked nervous as she answered interview questions, which is totally normal…if a designer ISN’T nervous then I will have doubts that they designed a single piece themselves. She’s very lucky because even though her father is Yohji Yamamoto and she often struggled to remove herself from that shadow while still having a natural inclination to his similar aesthetic, the media and press do look at her collections as a separate brand and been warmly receptive since the beginning. 

This collection is finally hitting store racks and I`m sure most of them are going to be in stock (if not all already) right now, so check them out! For all you bad-ass, cool chicks out there. 

そして当の本人はというと、終始緊張した面持ちでインタビューに答えているのが印象的だった。もちろんこれはデザイナーにとって当然のことで、彼女クラスのデザイナーであっても新作を発表した直後は易々と安堵できないもの。出なきゃこの人、デザインしてないんじゃないの?なんて思っちゃうでしょ笑 とはいえ彼女の生い立ちは普通のデザイナーとはまたひと味違い、父上はかのヤマモトヨウジというサラブレッド中のサラブレッド。親の七光りと言われることももちろんあっただろうが、今となっては彼女自身のブランドとして注目集めるまでになったのは彼女ならではの偉業だろう。
 
そして!この時私が見たコレクションがついに世界中のショップでお目見えする時期がやってきました!もう既に店頭で見ている人もいるかもしれませんが、まだの人は是非チェックしに行ってみて下さい!相変わらず、超、クールだから!

 

paris-Limifu-13

paris-Limifu-12

paris-Limifu-14

paris-Limifu-21

paris-Limifu-23

Also, I hear that tyesterday was Limi’s birthday! What a coincidence! A happy birthday to you Limi, and good luck on your next collection (showing in two weeks!!)

そして奇遇なことに昨日は彼女の誕生日とのこと。今朝突然この記事を書こうと思い立ったのは偶然ではなかったのね!ということでハッピーバースデーLimi!今回のコレクションも楽しみにしてます! 

paris-Limifu-16

 

http://www.limifeu.com

Categories
Fashion News | 最新情報 International brands | 海外ファッション

THE WONDER-STRANGE OF WHITE: VISITNG THE MARTIN MARGIELA-DESIGNED HOTEL-RESTAURANT IN PARIS.

不思議かつ素敵なホワイトな世界に染まるマルタン・マルジェラによるデザインされたホテルとバーに訪れてきました。martin-margiela-hotel-1

Unless you are a die-hard fan of Martin Margiela, you probably wouldn’t know that he actually designed a hotel and restaurant in Paris. I wanted to check it out, so when I was in Paris I ventured over to Champs des Elysees and a small sidestreet where the hotel, appropriately called “The Maison des Champs Elysees” stands. It’s got 57 rooms so a bit big for a boutique hotel, and the rooms are extremely minimal…..and white. What a surprise! It’s Martin Margiela, after all! I was perfectly happy with The Mandarin Oriental hotel so didn’t book or go into the rooms. But they did have a restaurant and bar, called “Le Table 8” and that I could wander into freely as a curious consumer…
 
日本でも今だに熱烈なファンが多く、先のコラボシリーズでも大いにメディアを賑わせたマルタン・マルジェラ。しかしそのマルジェラがデザインしたホテルとレストランがパリにあることを知っている人はどれほどいるだろうか。事実、今回のパリ滞在中に見学させて頂いた私も今回このことを聞いて驚いたものだ。そのホテルというのは、シャンゼリゼ通りからすこし離れた小道を進むと突如姿を現すThe Maison des Champs Elyseesと名付けられたもの。客室数57の、パリでは比較的大きなブティックホテルだ。そして肝心のそのデザインはというと、もちろん一環したミニマルスタイルで、どこまでいっても真っ白だったのが印象的だった。そして同じくこの建物内に作られたレストラン&バーLe Table 8にもお邪魔させて頂いた。
 
martin-margiela-hotel-8
 
(As an aside, talking about Martin Margiela I am reminded of a teacher at Bunka Fashion College when I was there who was the BIGGEST MM fan. I saw his interview in a bilingual magazine as a part of a column called “Fashion Victim”. So anyways, he was obsessed with MM and had a huge collection…it was all he would wear. He had them meticulously stored in his tiny apartment under a canvas cloth..white, of course. On campus no one knew his real name, everyone referred to him as “Margiela-sensei”. I have no idea if he still works there or if he still buys MMM clothes since he’s not at the brand anymore. Anyway, this has nothing to do with anything so I digress…)
 
余談にはなるが、私がマルジェラと聞くと真っ先に思い出すのが文化服装時代にいたある講師。彼は文化で教鞭を揮いながら、彼自身自他ともに認めるマルジェラファンで、ある外国雑誌でファッションヴィクティムとして紹介されていたほど。そんな彼のワードローブは、もちろん全てマルジェラ。山のようなコレクションを、自身のアパートに綺麗に陳列し、キャンバスのカバー(もちろんこれも、白)をかけて保管していた。彼の本名は誰も知らず、生徒一同はマルジェラ先生と呼んでいた。彼がまだ学校にいるのか、はたまた未だにマルジェラの服を買い続けているのか(デザイナーも交代したし…)分からない。
 
martin-margiela-hotel-4
 
I went at about 3 or 4pm so the restaurant was pretty much empty save for a man and woman having a business meeting and two nouveau riche ladies having a big late lunch. It was pleasant and quiet. The chairs were all of random and varying sizes and styles and all covered in sheets like the place was getting ready to be painted. The table closest to the entrance was huge, like something The Mad Hatter would sit in in “Alice in Wonderland”. Then the tables and chairs in the center all appeared to be “floating” off the floor- very supernatural. Naked body forms line the hallway and the corridor that leads to the rooms was walled in curtains.
 
話は戻って、マルジェラレストラン。私が入ったのは午後の3〜4時で、席はそれほど満席ではなく待たされることなく通された。辺りを見回すと、何組かのビジネスマが午後のミーティングをしていたり、見るからに生活に潤いのあるマダム達が遅めのランチと思わしき料理を前に談笑していた。フロアに置かれた椅子は全てランダムなデザイン、サイズで、その様子は今からそこにペイント作業が始まるかのような雰囲気が感じ取られた。そしてフロアの中央エリアのテーブルとチェアは、まるで宙に浮いているかのような印象だった。ディティールまでに及んで、どこか超現実的なマルジェライズムが貫徹されていたのはさすがの一言。
 
martin-margiela-hotel-2
 
martin-margiela-hotel-3
 
martin-margiela-hotel-6
 
martin-margiela-hotel-7
 
Aside from these wonderfully strange details, it is a very sleek and chic atmosphere and big enough to hold quite large parties. 
 
スリークでシック、こんな場所でパーティーができたら面白そう。そんなことを考えながら好奇心旺盛な子供のように店内を見回していた。
 
17 rooms were also designed by Margiela:
17個ものスイートルームもMargielaのデザイン:
martin-margiela-hotel-9
 
martin-margiela-hotel-10
 
 
I wasn’t hungry so I settled on a cafe latte with soy…but they were out of soy so normal milk had to do. It wasn’t too expensive, maybe 5 or 6 euros and was quite substantial and frothy in a milkshake glass. It was a quick in and out and snap of the camera. Next time I would surely like to try a meal here because I am a vain fashion sheep like that. But not a victim. Yet. Baah!
この時は残念ながら空腹ではなかったのでラテをすするまでに留まったが、こんど来た時には是非ちゃんと食事をしにまた訪れたいなと思った。料金設定もかなり良心的(ラテで大体5〜6ユーロで、大きなグラスに注がれて来た。)で、サービスもまずまず。ファッションヴィクティムでない私でも、これはなかなか気に入った。
 
martin-margiela-hotel-5
 

 

Martin Margiela Hotel HP

 

Categories
Fashion News | 最新情報 International brands | 海外ファッション

TWO YEARS SHORT AND THE FASHION WORLD IS AT YOUR FEET. INTERVIEW WITH LONDON BREAKOUT STAR SIMONE ROCHA.

たった2年間で全てのファッション業界の注目を集めたミラクルなUK出身デザイナー、シモンロシャーと独占インタビュー!
simone rocha

Simone Rocha is a hot name from London that has such a nice ring to it, it seems like a brand name that has been tossed around for ages. But instead, Simone is a young 26 year old who JUST finished her MA at Central St Martins and is already well aquainted with the likes of Grace Coddington and all of the biggest fashion publications. She has only produced a few seasons worth of clothes, but EVERY review has been nothing short of glowing.

“Wonderful”, “perfect”, “lovely”, “excellent” are some of the words you see thrown in…. I mean, it’s almost disgusting how well her collection is being perceived by the fashion critics! Can one designer really do so well so young? How much is she paying them??

Well, the truth might suck even more….because at 26 years old her collections are GOOD and they keep getting better. I was introduced to her brand through these photos:

ロンドンで生まれたブランドSimone Rocha。今ファッショニスタから最も熱い視線を浴びるこのブランドのデザイナーSimone Rochaは、つい最近セントラル•セントマーチンズのMAコースを卒業したばかりの弱冠26歳でありながら、自身のブランドはグレーズコディントンを筆頭に世界中の業界人の間で注目を集めるホットなブランドにまで成長してきた。毎回ヒットを生み出す彼女の人気の秘密は何なのか。 
 
彼女のコレクションのレビューを見ると欠かさず出てくる単語、wonderful、perfect、lovely、excellent。この若さでここまで完璧な評価を得るのは並大抵のことではない。なにか裏技でもあるのか、と勘ぐりたくなるほど。
 
しかしそんな思いは裏腹に、コレクションを見れば見るほど、純粋に素晴らしい作品を作り出していることがわかる。それも、ありがちな一発屋なんかではなく、確実に毎回より良くなっているのだ。とにかく、こちらの写真をご覧下さい。

eriko nakao

Eriko Nakao in Simone Rocha

pvc shoe

She mixes a lot of inorganic textiles like PVC with organic ones like wool and presents them in a mash of girlie girl meets tomboy smoothie. She really broke out with her perspex shoes and neon lace pieces from her past collection.

Case in point on her success, her first stockist in London was Dover Street Market. She is also available in Colette, 10 Corso Como, Opening Ceremony IT in Hong Kong and now Dover Street Market in Ginza. She was here on a short trip and lucky me having good friends in Dover places, got to sit down for an interview and see her pieces there.

彼女の作品では、PVCなどの無機素材とウールなどの自然素材を組み合わせたものがよくみられる。この組み合わせは素材だけでなく、ガーリーなテイストとトムボーイスタイルなどが効果的にミックスされているのが印象的だ。そんな中でも特にその個性が際立っていたのが先シーズン。ネオンのレースの靴はシーズンを代表するピースとなった。
 
この評判が支えとなり、彼女の作品を置くショップにはDover Street Marketを皮切りに、Colette、10 Corso Como、Opening Ceremony、香港のIT、そして銀座のDover Street Marketなど錚々たるラインナップが名を連ねる。今回日本に来日した際、ラッキーなことに彼女から直接話を聞くことが出来たのでここでお伝えしたいと思います!

simone rocha tokyoMrs. Rocha (left) , me, Simone Rocha (right)

 

Q.What’s it like to be a young designer in London?

A.It’s great to be a young designer in London! I moved from Ireland to get my masters there and the education is so good. You’re allowed to be super creative but at the same time you get to be put on the same pedestal as the established designers. I even got to show in the same tent as my dad (veteran designer John Rocha). We also have all of these programs that support young talent, like Newgen which I won.

Q.You use a lot of plastic, but do you consider yourself a futurist?

A. I don’t think it is futurism at all, I actually am more attracted to classic pieces since they are what excite me. Take the pea coat for example; I love to take these masculine pieces and make them feminine somehow. My aesthetic is clean, and not necessarily part of futurism.

Q. あなたを含む、ロンドンの若いデザイナーについてどう思いますか?
 
A.ロンドンは最高よ!私は修士課程の為にアイルランドからロンドンに行ったんだけど、まずそこで教わったことがすごく大きかった。限りなくクリエイティブな考えを実現できることと同時に、卒業生である素晴らしいデザイナー達と同じ空間にいられるというのは素晴らしい経験だったわ。ある時には私の父と(彼女の父親はベテランデザイナーのJohn Rocha)同じテントでショーをしたこともあったの。その上、若い才能を発掘するプログラムが充実しているのも大きかったわ。その中のNewgenというコンテストで私は優勝したんだけど。
 
Q. あなたの作品ではよくプラスティックなどを使用されていますが、自身ではフューチャー思考があると思いますか?
 
A. 私の中では、全くフューチャー派だという意識は無いわね。むしろクラシカルなものに惹かれるの。たとえばこのピーコートも、マスキュリンな中にフェミニンな要素があったりとか、すごくクリーンな世界観に惹かれるから、それがフューチャリズムだという意識は持ってない

ss 2013

SS 2013

Q.How do you handle putting on shows and also designing a clothing line along with bags and shoes, too?

A. I have a very tight team. I am lucky because I can design and then show it to my one design assistant and then I also have a textile assistant. I work with a couple ateliers in italy who make my products, and of course my mother in Ireland who has decades more experience than me in the industry.

I am very meticulous about my shows, since I design the shoes and bags myself too. I always have a story to tell. In this way ,I tend to work with the same team since my MA show, including my stylist and hair and makeup people. They understand me and my “girl”.

Q. Speaking of your muse, does your girl actually exist?

A. Se’s an amalgam of many different people. She’s a little bit me, a little bit my mother, maybe a little bit of my friend Claire or perhaps a cool girl I see on the street…. in te end, it’s about taking a sweetness and cutting it with something stronger.

Q. あなたのショーでは洋服はもちろん、バッグや靴も注目を集めていますが、これだけのアイテムをどうやって管理してるんですか?
 
A. 私には信頼できるチームがいるの。だから私がデザインしたものを、デザインアシスタントに伝えて、そこからテキスタイルアシスタントに伝わって、そこからイタリアのアトリエで実際に製作してる。もちろん、私よりずっと長く業界にいる母の助けもあるわ。  
 もちろん私自身も、ショーには細心の注意を払ってやってるのよ。デザインは靴もバッグも自分でやらなきゃいけないし、だからいつもストーリー性を重視して製作をしてるわ。そうして作っていくショーは、スタイリストからヘアメイクまで、MAの頃から変わらない気のおけない仲間で完成するの。
 
Q. あなたのショーが思い描く女性像は、実在する人をもとに考えているんですか?
 
A. 実在するいろんな人達をかけあわせたような存在ね。その中にはもちろん私も入ってる。私の母、友人のクレア、あとはストリートで見かけたクールな女の子とか。その子達のスイートな要素を抽出して、少し強い印象を与えたようなイメージね。
 

SS 2013

Q.And what was the reference point for your latest collection?

A. I looked at a group of kids called the pony kids in ireland, and the photographs that documented them by Perry Ogden.

Q. How do you feel about your selection available here in DSM ginza, and do you have any collaborations or new projects planned?

A. I am so happy with DSM Ginza’s “buy” of my collection because there’s enough wearable pieces to choose from, but also a few experimental, more challenging pieces too. I really couldn’t be happier as a designer! And as for projects, well I have some collaborations in the works but I can’t say anything yet!

Q. 最新のコレクションについてはどんなイメージを持っていますか?
 
A. 今回は、アイルランドにいるポニーキッズっていう集団に目を付けたの。この子達のドキュメンタリーを撮ってるPerry Odgenの写真をインスピレーションにしたわ。 
 
Q. 今回銀座のDover Street Marketでの取扱いについてはどのような印象をお持ちですか?あとは、今後計画中のプロジェクトやコラボレーションなどはありますか? 
 
A. ここのDover Street Marketが私の作品を気に入ってくれたのは本当に嬉しい!もちろんウェアラブルな作品が多いけど、その中でも実験的な洋服を置いてくれてる。デザイナー冥利に尽きるわね。あとは、今後のプロジェクトについては、今のところいくつか計画中だけど、まだ私の口からは言えないの。楽しみにしててね!

neon yellow dress

 SS 2013
 
Simone Rocha 2012 AW now @ Dover Street Market Ginza