Categories
Fashion News | 最新情報 Inspirations | インスピレーションの源 International brands | 海外ファッション

THE FUTURE OF FASHION, THE END OF THE WORLD, IRIS VAN HERPEN COUTURE, UNITED NUDE, 3D PRINTERS, WHEW!

ファッションの未来はここにある!そして世界の”終わり”もここにある! Iris Van Herpenクチュール x United Nude、3Dプリントとその関係。

United-Nude-Stratasys-Iris_Van_Herpen-11

I`m here to show off the incredibly “Wow…just wow” couture 3D-printed shoes by Iris Van Herpen x United Nude. But first, let me tell you a quick story.

See I know this very cool guy named Bikke, some call him Ko-chan, some call him badass. Whatever you call him, he’s one of the last artisans in Japan who can carve intricate marble hanko (name stamp) by hand.  Oh, and he’s a competitive BMX-er, DJ and surfer. He looks just like a smiling Buddha, giant wooden dish earrings and everything, and switches between wearing kimono and skater shirts depending on his mood. I was obsessed with his little 1-room apartment in Ebisu that he built; it was all yellow and space-age, reminding me of the room from that Janet Jackson music video without the Aibo robot dog. 

クチュール界の若手ヒロインのIris Van Herpen。彼女 x United Nudeの、この信じられないくらいびっくりするクチュール、3Dプリントのシューズをお届け。…だけどご紹介の前にまず、簡単にあるストーリーを話させてプリーズ。

私が知ってるこのクールな男性、Bikkeっていうんだけど、ときに「koちゃん」って呼ばれて、ときには「badass」って呼ばれる。(…ちなみに「badass」って、直訳すると悪い意味になっちゃうんだけど、でも超クールとかイカしてるとか、超スゴイって意味でそう呼ばれてるの。)まぁ、好きなように呼んでいいと思う。彼は大理石のハンコを、手で複雑に薄く切ることができる日本の最後の職人の一人。それから彼はBMXの競技に出る、BMXのライダーでもあるの。それからサーファーでもあって、DJもやってる。彼はパッと見、笑ってるブッダみたい。坊主で、ウッドのデッカいピアスしてて、なんか全体的に。それから着物のスタイルとスケーターのスタイルを、気分によってスイッチして着こなしてる。私は彼が恵比寿に作った、小さな1ルームのはこに魅了された。オールイエローの、まるで宇宙的な感じ。ジャネットジャクソンのこのPVを思い出させた。

united-nude-3d-printing-kochan

So anyway, Bikke was cool and when Bikke talked, everyone listened. And one day, back in 2005, we were having coffee and he was talking about the Mayan calendar and the “end of the world”.

He says, “The world won’t end [it didn’t, good call Bikke!]. Rather, the world as we KNOW it will. And I think that means the way we think about life…Technology is going to jump forward, and it’s going to change everything. Do you know what I’m talking about?”

“No,” I said.

“3D Printing! It’s coming. You’ll be able to print anything… it’s going to change EVERYTHING.”

まぁそれは置いておいて、誰もが彼が話をするときには静かに聞いていた。それでちょっと戻るけど、2005年のある日、私たちはコーヒーを一緒に飲んで、マヤ暦について話してた。そう、「世界の終わり」

 彼は言った。

「世界は終わらないよ。(そう、終わらなかった!さすがね、Bikke!w)むしろ世界はオレたちの考えていることなんかお見通しさ。オレが思うにそれは、オレたちの考えているような人生や生活の方向性を示していると思うんだ。飛ぶように進むテクノロジー。それは全てを変えてしまおうとしている。…言ってる意味、わかるかい? 」

「いいえ…」私は言った。

「3Dプリント!今、きてるよ。なんだってプリントできるんだ。今こそ革命のときさ。」

United-Nude-Stratasys-Iris_Van_Herpen-3d-printer

3D printer

Huh. I hadn’t ever thought about 3D printing, as in early 2005 it didn’t really exist yet (neither did Youtube, Facebook, etc either!). But his prediction stuck in my mind and now, we are seeing it come true. For now, the tech is still in its infancy, but from a fashion perspective a lot of 3D tech is being used to create items so as to cut out the need for a factory. 

The first 3D printed fashion item I came into contact with was Joji Kojima’s 3D-printed skull rings from 2010. He said he scanned his own skull and had them printed… incredible! 

なるほど。そういえば近年まで3Dプリントのことは、あまり考えたことが無かった。2005年前半まで3Dプリントの存在は知らなかった (あの頃YoutubeやFacebookとかもなかったしね)。だけど彼の予告は私の頭の中に残ってて、そして今、まさに彼の予告が現実になっている。今のところその技術はまだ始まったばかりの段階だけど、ファッション業界からの見方によると、たくさんの3D技術は、もうすでに色んなアイテムを造り出すために使われ始めていて、工場の必要性が薄くなる。

私が出会った、ファッション界における最初の3Dプリントのアイテムは、2010年作の小島穣二の3Dプリントスカルリング。彼は彼自身の骨をスキャンしてプリントしたんだって言ってた!素晴らしい!

joji kojima first collection

As for Iris Van Herpen, she has been experimenting with 3D printing for a few years now, but it appears that this is the first ever completely 3D-printed shoe she’s done. According to United Nude founder Rem Koolhas, it was an extremely difficult task to see it come to fruition. And since it’s United Nude you know that they had the best technology to work with.

Her shoes were inspired by the Banyan Tree, although it *does* look like the monster from Princess Mononoke doesn’t it? 

一方 Iris Van Herpenはというと、3Dプリントを取り入れ始めて、もう何年か経つ。だけど、靴を実際に完成作品として創りあげて、世に出たのは今回のこの3Dプリントの靴が初めて。United Nudeの創設者、Rem Koolhasによると、それは実現するには極めて困難な仕事であったという。そしてあなたは、United Nudeが3Dプリントを、どれほど素晴らしいテクノロジーを持っているか知ることになる。

 
彼女の靴は東インドにあるBanyan Treeって木からインスパイアされたもので、もののけ姫のモンスターのようにも見えた。そう思わない?

United-Nude-Stratasys-Iris_Van_Herpen-2

For the clothing segment of Iris’ collection, it appears she took a less tech-y route and went organic…by GROWING dresses from magnets. Wowza, I can’t comprehend it, but it looks amazing.

Irisコレクションの洋服ラインのために、彼女はより無駄無くオーガニックな手段をとったように見受けられる。…磁石から発展させたドレスを見ていると!あー!なんだかよく理解できないけど、とにかく見てて圧倒する。

United-Nude-Stratasys-Iris_Van_Herpen-10

United-Nude-Stratasys-Iris_Van_Herpen-9

United-Nude-Stratasys-Iris_Van_Herpen-5

United-Nude-Stratasys-Iris_Van_Herpen-7

United-Nude-Stratasys-Iris_Van_Herpen-3

United-Nude-Stratasys-Iris_Van_Herpen-4

Asst editor Yoshi Peter

Categories
Fashion News | 最新情報 International brands | 海外ファッション Parties | パーティーレポ

GATSBY BRINGS EXTRAVAGANCE TO TOKYO. THE GREAT GATSBY COSTUME EXHIBIT AT PRADA AOYAMA OPENING PARTY

 華麗なるプラダ青山。「ガッツビー」の映画から40着の展示を豪華なレセプションで狂騒の20年代を東京で再現!

Prada_MiuMiu_Great-Gatsby_Tokyo-exhibition_28

The 80s? Meh.
The 50s? Hrm.
The 20s? OH YEAH, the bees knees, baby!!
 
Baz Luhrman’s “The Great Gatsby” has been out for awhile in the US, but it just got it’s Japan premier on the 14th. The day beforehand, Prada threw a huge bash at its Aoyama flagship with 40 of the film’s costumes on display for the Catharine Martin x Miuccua Prada collaboration. These costumes were featured in two party scenes in the film, and these two party scenes are probably the main reason any fashion fan will go see the movie. The clothes were taken from Miuccia Prada’s PRADA and Miu Miu archives but they were re-styled just for the film. Apparently Prada and director Baz were friends for 15 years, since Prada made the suit worn by Leo Dicaprio in the wedding scene in Romeo+Juliet.
 

80年代?まあまあ。        

50年代は?うーん、微妙。

じゃあ20年代は?比較になんかならないほど最高に素敵!!

アメリカではすでに公開され、公開から話題を呼んでいるバズ・ラーマン監督の「華麗なるギャッツビー」がやっと日本でも14日に公開された。その前日に、映画の中で使われた衣装担当のCatharine MartinとMiuccia Pradaによるコラボ、40もの衣装の展示会も兼ねて、青山にあるプラダの旗艦店にてパーティーが開かれた。衣装は映画の中で2回開かれるパーティーのシーンのためにアレンジされたもので、そのシーンはこの映画の一番の見どころだと思う。ファッション好きな人はそのシーンを見るために映画館に足を運ぶだろう。

原作“The Great Gatsby”は1920年代に出版され、映画化され、その時代の流行をまたたく間に独占した。1974年、ジャック・クレイトン監督によってリメイクで作られた際にも、その年代のファッションに絶大な影響を与えた。そんな、ファッション好きなら見ないわけにはいかないと言っても過言ではないほど、ファッションを学ぶ上では重要な映画になっている。今回またその映画が作られる際に、その衣装を提供したのがプラダというわけだ。衣装はミウッチャ・プラダがデザインするプラダとミュウミュウの今までのコレクションの中から選ばれ、この映画のためだけにリメイクされた特別なもので、どれもこれも世界に1点しかない特注品。今回プラダが衣装提供したのには、バズが「ロミオとジュリエット」製作の際、レオナルド・デカプリオが結婚式のシーンに着るスーツのデザインをプラダにお願いしたときからの15年来の友達だからであるらしい。

2prada_Great Gatsby_mbds_Martin Brudnizki Design Studio
 
I am obsessed with 1920s fashion and art. One word: Erte (above). If movie producers weren’t able to reproduce his work (good luck with that, hey!) then these Miuccia Prada creations are the next brilliant choice. 
 
1920年代のファッションとアートには心を奪われる。1920sファッションといえば、あの伝説的な衣装デザイナーのエルテでしょ(上)。映画で彼の衣装イラスト達を再現できたら本当に最高に最高だったが、不可能だっただろうから、プラダとミュウミュウの衣装たちの放つ輝きやその美しさは失われないだろう。
 

prada-toky-great-gatsby-party-scene-4

prada-toky-great-gatsby-party-scene-3

prada-toky-great-gatsby-party-scene-2

prada-toky-great-gatsby-party-scene-1 prada-toky-great-gatsby-party-scene-5

 

The 40 outfits are on display at the Aoyama boutique on the 6th floor and throughout the 1st floor until the end of the month. It’s worth it to see all of the characters that wear the outfits and their salacious stories. 

40もの衣装たちは今月30日まで青山のブティックの6階と1階のいたるところに展示される。登場人物たちが着ていたその衣装を間近で見られるのはこの上ない機会だし、恋多き物語の中では、出演者のイメージを作る重要な役割を持つものとして、映画を見に行くのならセットでチェックしておきたいところ。

Prada_MiuMiu_GreatGatsby_Tokyo exhibition_ext_cocktail

Prada_MiuMiu_GreatGatsby_Tokyo exhibition_inside_cocktail

Prada_MiuMiu_Great-Gatsby_Tokyo-exhibition_21

Prada_MiuMiu_Great-Gatsby_Tokyo-exhibition_23

Prada_MiuMiu_Great-Gatsby_Tokyo-exhibition_22

Prada_MiuMiu_Great-Gatsby_Tokyo-exhibition_31

Prada_MiuMiu_Great-Gatsby_Tokyo-exhibition_30

Prada_MiuMiu_Great-Gatsby_Tokyo-exhibition_29

Prada_MiuMiu_Great-Gatsby_Tokyo-exhibition_27

The party itself was quite decadent, maybe not roaring 20s decadent, but roaring 20oos decadent. There was enough champagne for eons and everyone was dressed to the tens. Most of the celebs were in Prada ss 13 which is one of my favorite collections, yes, BUT with an excuse to wear 1920s fashion I was disappointed more people didn’t get creative :( I mean, one girl was in Alexander Wang! Wang is great, but at a **20s** party? Imagination, please! I did see Maki Nomiya looking like a million in a gown and Sachiko from SHIMA who was wearing an adorable pink chemise. I went with the lingerie look as well, with a bit of noir in a vintage Limi Feu dress, crsytal studded heels, and hair pinned in metallic “waves”. A little old, a little new.

パーティー自体はとてもデカダン(豪華)だったけれども、20年代風ではなく、21世紀風だった。映画の中同様に大量のシャンパンが用意され、皆映画を意識してとてもお洒落していた。多くの著名人がプラダの2013年春夏のコレクションを身にまとっていた。プラダの中でも私の大好きなコレクション一だったのは確かだが、せっかく20年代がターマだったからもっとそういうのをみたかったな、と思った。アレキサンダーワンなんて着た子もいた!!・・ん、ワンも素敵だけど「20年代」で東京のファッションピーポーを期待しすぎたしら?!ふーむ。海外憧れさせないでよぉ。うまく着飾っていたのは野宮まき様とSHIMAのヘアメイクを担当しているSachiko。まき様はガウン、サチ子はほれぼれするようなピンクのシュミーズを着ていて、20年代の流行りを意識しつつも自分色を見せていた。もちろん私も(頑張って)20年代らしいランジェリーな装いでパーティーに行ったけれども、もちろん私なりの工夫を加えて。リミ フゥのヴィンテージドレスに、クリスタル付きヒール、髪の毛は銀色のピンを使ってメタリックな20年代風のウェーブを作り、古い感じと新しい感じの両方を取り入れてみた。

Prada_MiuMiu_Great-Gatsby_Tokyo-exhibition_26

cinematica, dahling シネマティックに

Prada_MiuMiu_Great-Gatsby_Tokyo-exhibition_25

Prada_MiuMiu_Great-Gatsby_Tokyo-exhibition_24

ahcahcum fur clutch and jewel lips necklace あちゃちゅむのファークラッチとリップスネックレス

Prada_MiuMiu_Great-Gatsby_Tokyo-exhibition_16

Prada_MiuMiu_Great-Gatsby_Tokyo-exhibition_20

Jonte Moaning and friends ジョンテくん

Prada_MiuMiu_Great-Gatsby_Tokyo-exhibition_19

George and Juan, the handsome gang ジョージとフアンというハンサム群。ジョージもブログ始めたよ

Prada_MiuMiu_Great-Gatsby_Tokyo-exhibition_18

My godmother, Francoise Morechand looking ravishing in Stella McCartney 素敵にステラマッカトニーを着こなす、私のゴッドマザーのフランソワーズ・モレシャン 

Prada_MiuMiu_GreatGatsby_Tokyo exhibition_Director Baz LuhrmannSilver fox 監督 Baz Luhrmann

Prada_MiuMiu_GreatGatsby_Tokyo exhibition_15

Prada_MiuMiu_GreatGatsby_Tokyo exhibition_14

Prada_MiuMiu_GreatGatsby_Tokyo exhibition_07

 UNTIL JUN 30 @ Aoyama Prada 6月30日迄

Asst Editor: Chie Onozaki

Categories
calendar/events International brands | 海外ファッション

GETTING AUDACIOUS WITH CHANEL PRE-FALL 2013 AND THE COOL-ELEGANT GIRLS OF TOKYO EMBODYING THAT SPIRIT.

シャネルボーイの新作バッグのテーマは「若い豪快さ」。その意味で東京の若くて個性を持つ数少ない女性たちが集まって、プレフォールのコレクションを堪能してきました。

CHANEL-5-24-11

Maison Chanel  held a viewing party over cocktails in its Ginza tower in Tokyo on Friday to celebrate the  pre-fall 2013 Metiers d’art Collection.

メゾンシャネルが金曜日に銀座タワー本社で2012/13 プレフォール メティエダールコレクションをお披露目するカクテルパーティーを開いたのでお邪魔してきたわ。

Photos by Mami Tanabe for TfD

CHANEL-5-24-1

While clothing was aplenty, also at the viewing party was a large selection of the newest Chanel Boy bags. The tomboyish, punk model Alice Dellal is the face of the ad campaign for the bag, as a modern interpretation of Mlle Coco Chanel who was considered quite audacious and “punk” of her time too (brush up on your history: Thanks to Mlle Chanel  we women get to wear pants. Oy!). as in Coco Chanel and Alice, it is hard to have youthful audacity with elegance- a potent combination that very few women could dream to possess. So it was in Tokyo with just 40 or so of the coolest Tokyo girls who “have it” with aplomb at the preview party.

パーティーでは洋服があふれる一方で、最新作の「シャネルボーイ」バッグたちが数多く揃えられていた。当時、かなり大胆で、ある意味「パンク」と考えられてたシャネルの創始者、マドモワゼル ココ・シャネルのまさに現代版、パンクでトンボーイなモデル、アリス・デラルがシャネルボーイキャンペーンの顔をやっているの。(歴史を最勉強してみて思ったの、マドモワゼル ココ!あなたがいたから私たち女性がパンツを履く時代が来たのよね!感謝!)
ココ・シャネルやアリスにみるように、若い豪快さを持ちながらエレガントさも保つって本当に難しいし、数少ない限られた女性しか、そんな夢みたいなことを実現することが出来ない。だから、ここ東京で、「それ」を持つ、たった40人ほどの東京で今一番クールな女の子達が今回のパーティーにご招待されたというわけなの。

CHANEL-5-24-boy-chanel

chanel-Alice-Dellal-by-Karl-Lagerfeld-for-Chanel-boy-handbags-2013-Ad-Campaign-2

chanel-Alice-Dellal-by-Karl-Lagerfeld-for-Chanel-boy-handbags-2013-Ad-Campaign-4FW Chanel Boy campaign starring Alice Dellal | アリスが主演するシャネルのChanel Boyキャンペーン

From Pop singer Beni,  to Fig & Viper designer Alisa Ueno, AMBUSH designer Yoon, and Harajuku “it” girl Momo, we all browsed the tartan tweed, boucle and dainty silk clothing along with edgy pieces like weighty chain necklaces and motorcycle gloves. The collection is a splice of history with an Scottish Edinburgh setting, painted in tartan check and swaths of cream gowns worthy of an oil-painting portrait. As you know, the show was held in an honest to goodness castle as well.

歌手のBENIから、Fig & Viperデザイナーの植野アリサ、AMBUSHデザイナーのYOONに原宿ガールのmomoまで、みんな、エッジの効いたピアスに存在感のある重厚なネックレス、ライダースグローブに、タータンツイードや、ブークレ織り、上品なシルクの服の虜になったわ!今回のコレクションは、スコットランド、エディンバラの歴史にヒントを得たもので、一つの油絵に相当しちゃうぐらい高価なタータンチェックや濃厚なクリームカラーのガウンなど。(ため息。)
ご存知の通り、コレクションのショーもあ本物のお城で行われたのよ。

CHANEL-5-24-9

CHANEL-5-24-14

Beni and I

 

CHANEL-5-24-2

CHANEL-5-24-15

Models Miho and Sayo in Kimono, sandwiching Natalie from VICE Japan
モデルのMIHOとSAYOが着物姿でご来場。真ん中はVICE Japanのナタリーさん。

 

CHANEL-5-24-5

ツインズ!ミーシャ、momo (AVANTGARDE) x シャネルドレス。
I`m not sure if Chanel has ever delved into the world of horror couture, but if they ever want to get their “The Shining” on, call us.

 

CHANEL-5-24-10

CHANEL-5-24-4

鈴木えみ、PRディレクター稲木ジョージ、モデル/女優の福島リラ
Model Emi Suzuki, PR director George Inaki, model/actress Rila Fukushima

 

CHANEL-5-24-8

From the show, these layered looks are perfect for Tokyo IRL style:
ショーより。このレイヤーミックスの提案なら、東京のファッショニスタも取り入れられそう:

chanel_051_1366

chanel_053_1366

chanel_058_1366

chanel_059_1366

最後に、すてきな一枚♥
And last, because this is just really pretty~

chanel_066_1366

Show photos: Style.com

 

After our exclusive preview, all of us girls took our audacity with a new hint of elegance into the gritty Tokyo night. 

特別なお披露目会に出席させてもらった後、私たち全員、自分たちの中にある個性の中に新しいエレガンスというエッセンスを感じで、東京の尖った夜に散って行った。シャネル、メルシーボーコー。

Categories
2.5-dimension fashion | 2.5次元ライフ Fashion News | 最新情報 International brands | 海外ファッション

VOCALOID IDOL HATSUNE MIKU STARS IN EPIC DIGITAL DEATH OPERA “The END” WEARING LOUIS VUITTON IN 2D STYLE

デジタルだって「死」はあるの?ヴォカロイドのアイドル、初音ミクが主演するデジタルオペラ「The END」を見に行ってきた感想と衣装を手がけたLOUIS VUITTONのレセプションをレポート!

louis-vuitton-hatsune-miku-the-end-paris-13

Monks famously asked philosophical questions about trees in an empty forest and one hand clapping. How about this: can a person die if they never existed *as we do*? It was the question of the day at the opera for “The END”.

When Louis Vuitton announced that they were lending designs for idol Miku Hatsune, it drew incredible attention from the industry. That’s because Miku is a so-called “vocaloid”, a computer-generated character and voice that sings and talks but doesn’t actually exist in tangible form. She has tons (TONS) of fans for sure, and even fills the Tokyo Dome when she has concerts (as a hologram, of course) but what was getting cooked up between her and LV to warrant such a collabo? The occasion was actually for this high-tech visual opera called “The END” that is starring Miku, so she needed some especially cool duds for it and LV was happy to oblige. In fact, they didn’t just “lend” the character clothes , Louis Vuitton designer Marc Jacobs and his design team made her special items based on the checkerboard Damier prints that starred in the SS 2013 collection. The graphical cubes and stripes lent VERY well to the 3D character and her world.

 あのルイヴィトンがデザインをデジタルアイドルの初音ミクに提供するってニュースがでたとき、ファッション業界の毎日無数にあるニュースの中でも特に注目を集めた。なぜならば初音ミクはヴォーカロイドというCGによって作り出されたキャラクターで歌ったり話せるけどその声も身体も実際には存在してなくて。でも彼女のファンがたくさんいることは確実に言える。あの東京ドームのキャパを持ってさえ、彼女のライブ(もちろんホログラムのね。)のときは満員で、じゃあ今回のルイヴィトンと彼女のコラボもどういうカタチに実現させるのだろう?このある種お祭りのような企画「The END」はハイテクを駆使したデジタルオペラでもちろん主演は初音ミクね。だから彼女はそのためのクールな衣装が必要で、一方でルイヴィトン側も今回のコラボレーションを快く手掛けた。実際のところは彼らはただ衣装を提供するに留まらず、ヘッドデザイナーのマークジェイコブスと彼のデザインチームが新たにルイヴィトンの13SSのコレクションからイメージを抽出して仕立てたの。グラフィカルなダミエ柄やストライプは3Dキャラクターである彼女の世界観に超ピッタリね。

louis-vuitton-hatsune-miku-the-end-paris-14

louis-vuitton-hatsune-miku-the-end-paris-15

(c)Louis Vuitton (c)Crypton Future Media Inc.

louis-vuitton-rtw-ss2-2013-runway-001_114527542124

louis-vuitton-rtw-ss2-2013-runway-009_114534540849

Vogue.com

So that was that, and I REALLY wanted to see the opera. So I was ecstatic when LV said they were having a press preview and reception celebrating the Tokyo showing of the opera and they invited me to see it. WHAT would an opera with Miku Hatsune be about? Well, with a title like “The END”, it didn’t come as a surprise that the premise was about death. In it, Miku contemplates death, what it is, what it means to be dead, and whether it was OK. 

It. Was. Hard. CORE. 

As an art piece, it was utterly fascinating with jaw-dropping visuals, techno sounds and next-level sensory jams. As a story-driven narrative though, don’t expect a Disney happy ending.  Let’s just say I will never trust another bunny robot I come across.

面白いと思い、style.comに載せたときにいろいろリサーチした経緯があったから、私はほんとにほんとに今回のデジタルオペラが見たくて。そこからルイヴィトンが東京で業界の記者や著名人を招いてプレビューをやるってなったときに絶対見逃せない!と。でも具体的に初音ミクのオペラってどんなだろう?タイトルに「The END」とあるから、死がテーマに関係することは容易に想像ができた。でも初音ミクはコンピュータ上のキャラクター、そうつまり彼女にとって死とはどういう意味なのか…
 
見終えて、一言で言い表すならハードコアだったわ。
 
アートの側面からいうと、私は最新のヴィジュアル技術を駆使した映像に空いた口が塞がらなくて。テクノミュージックはもちろんネクストレベルのミックスにも感動した。この物語のアウトラインはお察しの通り、ディズニーのようなハッピーエンドなわけないよね。ただ私が言えるのは、うさぎのようなあのロボットを今後信頼することはないだろうって。そのことを十分に学習したわ
 

So after the opera we all shuffled upstairs and enjoyed a great reception MCed by artist Sputniko! and we nibbled on food that us question our existence. Louis Vuitton has always been into boundary-pushing art (ie Takashi Murakami, Richard Prince) and this is no different. It reminded me of their Espace gallery above the Omotesando store and makes me want to go visit there again to see what other modern art they are pushing to the forefront.

オペラが終わったあと私達はそれぞれに階段を駆け上がると…スプツニ子がMCを務めるむちゃくちゃ楽しいレセプションが待ってたの。流石今回のコラボ!同時にケータリングを口に運んで噛みしめるという動作が暗に私たちが実在することについて問いを投げかけてるようで。ルイヴィトンはいつも村上隆やリチャード・プリンスのようなアートというカテゴリーの境界線を漂うアーティストとコラボレーションに取り組んできて、今回のコラボレーションも一貫してそのことに変わりはないかなと今回のデジタルオペラを通して私はルイヴィトン表参道店に併設されてるギャラリー「Espace」の存在を思い出させたわ。彼らが今もっともプッシュするコンテンポラリーアーティストをチェックするには一刻も早くギャラリーに行かなきゃね!

louis-vuitton-hatsune-miku-the-end-paris-21

ANREALAGE SS 2013 laser cut dress from my closet♥
アンリアレイジ春夏2013年のレーザーカットのドレスは私物だよ〜
(Retoy’s)

louis-vuitton-hatsune-miku-the-end-paris-20

Sputniko | スプツニ子 (Retoy’s)

louis-vuitton-hatsune-miku-the-end-paris-18

Rila Fukushima (Retoy’s see more celeb pics here |セレブの写真はこちら)

louis-vuitton-hatsune-miku-the-end-paris-1

louis-vuitton-hatsune-miku-the-end-paris-4

louis-vuitton-hatsune-miku-the-end-paris-6

louis-vuitton-hatsune-miku-the-end-paris-3

louis-vuitton-hatsune-miku-the-end-paris-7

louis-vuitton-hatsune-miku-the-end-paris-8

Momoko Ogihara

 

louis-vuitton-hatsune-miku-the-end-paris-2

louis-vuitton-hatsune-miku-the-end-paris-9

Mika Ninagawa
louis-vuitton-hatsune-miku-the-end-paris-17

Trailer:

 

The END will also be shown in Paris on November 13th & 15th , so if you can’t make it to this showing and are into art that messes with the neurosis, you will want to try that showing too.

「The END」は11月13と15日にパリでも公演が予定されてるけど、仮に公演を見ることができなくてもノイローゼなんかにならないでただ見たいっていう意思表示を懲りずに示せばそれは現実になるかもよ。

See all info here: http://theend-official.com/

Assistant editor Yosuke Hokita

Categories
Fashion News | 最新情報 International brands | 海外ファッション Tokyo Brands | 東京ファッション

PHILLIP LIM BRINGS OUT SOME ZIPPY PINK FOR HIS TOKYO ARRIVAL. CASTS KIKO MIZUHARA IN HIS FW CAMPAIGN VIDEO.

ネオンピンクに染まった青山店がデザイナーのフィリップ・リムをVIPパーティーに迎えた。そこでばらしたのは、水原稀子らを起用し、東京でFWキャンペーンを撮影することに!

philliplim-15

Phillip Lim brought out the best in Tokyo’s VIP fashion people… as in, I hadn’t seen such a fashionably dressed crowd in a really long time. Tokyo is pretty “cas” and unless one is a celeb or model getting paid to look good at the party, then “getting changed beforehand” just doesn’t really ring true in Tokyo. It’s why brands like Phillip Lim are so popular because they go from casual to party passable without having to bring a party dress along with your bento to work (another one that’s popular like that is Sacai). 

フィリップリム青山店は東京で一番のVIPでハイセンスな人たちを集めてた…
実際、私はここ暫くホントに長い間、こんなファッショナブルに着飾った人の集まりを見てなかったわね。 東京は、かなりセンスいい場所だからパーティーいくにしても、着替える必要ないぐらい(まぁ、お金もらってるプロの子は別として)。だからフィリップリムのようなブランドがこんなに人気なのはそれらがパーティ用のドレスをわざわざお弁当みたいに仕事に持って行かなくてもいいからね。カジュアルでもパーティにでもいけるからなの。(同じように人気なのはsacaiもそうね。)
 
PHOTOS by Mami Tanabe for TfD

philliplim-5 

So back to Phillip! It was the 5th anniversary of the Aoyama store, sure, but does that usually warrant a visit from the designer himself?? Usually no. Definitely not. So I had a feeling something else was up. After sniffing around in the crowd and asking around, I found out that he was shooting his FW 2013 campaign in Tokyo over the weekend. Ha! Got ya! 

His FW collection was actually inspired by Japan and called “Sono Mama” which means “Just as it is”. To get a little more specific, it was inspired by cafe racers, or motorheads, of the past. Maybe that’s where he got the overalls idea from that I was wearing?!

フィリップのパーティーの話に戻りましょ!そのパーティーは確かに青山店の5周年記念だった。でもそれがデザイナー彼自身がくるような理由になるかしら?答えはノーね。普段は。
私は何か違うものがあるんじゃないかって感じてたの。だから嗅ぎ回って、集まってるみんなに確認のため質問したらやっぱりそうだった。彼は2013 FWの彼のコレクション撮影のために来ていたってわかったの!やっぱりね!!!
 

彼のFWコレクションは東京からインスピレーション得たもので”sono mama”(これは”そのまま”って意味ね)って呼ばれてた。

もっと限定すると、それは昔のカフェレーサーやモーターヘッドにインスパイアされていたわ。
きっと彼が得たアイデア全部は私が着ているものからね!?
 
philliplim-8
 
philliplim-11
Suede Overalls, chiffon t-shirt, shoes:
スエードジャンパー、シフォンシャツ、シューズ
3.1 Phillip Lim
Bagバッグ: old. Mine.
Glovesグローブ: Johan Ku
Braceletブレス: EXIST
Necklaceネックレス: KiNG
 

philliplim-18

So anyway, Phillip showed up and when he was done getting papparazzi-ed, the first person to jump right in and occupy his attention was none other than Kiko Mizuhara. Hmmm….. curiouser and curiouser. He finished talking with her and then it was my chance! WWD and I scooted up and and like a pro, she got out the important questions. ie “Why are you here?”. Hah!

“I`m shooting a film for my f/w collection here, and it’s a huge cast of about 20 people. Kiko Mizuhara is our main girl in it.”

There it is!

So THAT’s what was up. He also said that he tried to keep the collection as modern as possible despite it’s theme, and that he and his team had been researching tons of “pockets of subcultures” throughout Tokyo. Hm…probably not Harajuku kids or anything, so maybe it’s the Rockabilly guys at Yoyogi? Hmm, hmm…

何はともあれフィリップがお目見えしてひとところパパラッチされたあと、彼の注目を独り占め したのは他でもない水原きこだったの。

ふーむ
いよいよ奇妙ね…彼は彼女はとの話をやめて、いよいよ私のチャンス!

WWDと私は駆けつけたわ。プロフェッショナルにね。彼女は重要な質問を投げかけた”なぜあなたはここにいるの?”って!ハ!

そしたら
“僕はここで僕のFWコレクションを撮影してるんだ。約20人を超えるたくさんのキャストでね。水原希子はその中で僕らのメインガールなんだ。”って。
 
これだわ!
そう それこそ何が起こってたかってこと。彼はコレクションをモダンな風にしたいから、サブカルチャーてきな場所を東京中でさがしてるとも言ってた。んー、きっと原宿キッズとかじゃないから(?)代々木のロカビリーな男の子たちかな?うーん!かなって予想してるわけ。

philliplim-22

ん?w

So anyway, after the cocktail party at the Aoyama store everyone moved over to club AIR which I hadn’t stepped foot in since like 2007 and it was SO fun. If the music were any indication, Tokyo fashion people get down the most to hip-hop and 80s. I guess everyone is like that though, non? I totally wore out my brand new Phillip Lim shoes and busted a button on my overalls, dancing like a fiend!

さて、青山店のカクテルパーティのあと、みんなでクラブAir に移動した。そこでは2007年以来踊ってなかったけど、超楽しかったわ!そこで、東京のファッションの人たちはヒップホップや80sに浸ってた。みんな大好きでしょ?私はシューズから上まで全身フィリップリムの新作に身を包んだわ!悪魔みたいに踊ってね!最終的、踊り激しすぎて衣装のボタンがとれた。泣 返却はお差し入れとともに m(-_-)m 

philliplim-7

philliplim-3

Juliana & Misha

philliplim-4

philliplim-19

Kafka and Phillip

philliplim-23

Mlle Yulia (with some Moo glasses)

philliplim-12

There’s no I in team!

http://www.31philliplim.com/

Asst editor Hikari Iwata

Categories
International brands | 海外ファッション

HEAVY MACHINE: ARE WE DONE WITH ABSTRACT SHOES YET?? NO!! INNOVATIONS MAKE THEM MORE COMFORTABLE THAN EVER.

アバンギャルドなシューズはもう封印か?!と思いつつ、このブランドを発見!斬新なデザインながらも、履き心地は妥協しない新ブランド、HEAVY MACHINEをご紹介!

heavy-machine-shoes-6

Some magazines and editors and even big designers are TRYING to sell us the story that no-one wants architectural heels anymore. That the classic, simple pump or kitten heel is in. That we are locking up our armadillo heels and throwing away the keys. But then the fashionistas in Tokyo practically THROW their cash at the craziest designs at Jeffrey Campbell, United Nude and DOG to dress up their feet in big shoes. Yes! No! It’s a full-on shoe WAR!

Why can’t we just be friends?

意匠を凝らしたヒールはもう誰も欲しいと思っていない、という作り話を私たちに吹き込もうとする雑誌や、編集者、さらには有名デザイナーまでもがいたりする。そこではクラッシックなもので、シンプルなパンプスやとても低いヒールを推す。みんな夢中になってたマックイーンのアルマジロのヒールを封印しつつ…。しかしそれとは反対に、足下を飾るのにJeffery CampbellやUnited Nude、DOGといった最高にクレイジーなデザインの靴に実際お金をつぎ込んでいる、東京のファッショニスタ達がいる。賛成!反対!靴の全面戦争だ!
 
どうして友達同士になれないのかしら?
 

I mean, I am the worst walker in heels in the history of fashion-freakdom and my friends usually end up having to prop me up when I attempt to wear some of the crazier pieces like I`m a senior citizen with a walker. You’d think I would consider heels my enemy then.

But as they say…keep your friends close but your enemies closer. So I just can’t turn down the opportunity to wear a cool heel. And, I think we can compromise on wearability and innovative design. Perhaps that solution is here in the new upcoming shoe brand Heavy Machine which expertly brings together the best of both worlds. You have some classic pumps, but jazzed up with some abstract heels that are neither too pin-thin nor too high. Exhibit A, B, P, J and Z:

私はファッションフリークの歴史上最悪と言っていい程、ヒールで歩くことが苦手。私が歩行器を使っている高齢者のようになるクレイジーな靴を履こうとする時、友達がいつも結局は私を支えなければいけなくなります(そのわかってる友達はこのへんでぐすぐす笑ってるでしょう)。きっとあなたは、それなら敵となりうる自分の履くヒールをよく考えるべきだと思うでしょうね。

でも、諺にもあるように「敵は飼い慣らせ」というでしょ。だから私はカッコいいヒールを履く機会を減らすことができません。そして思うに、履きやすさと革新的デザインで妥協して解決できるでしょう。ひょっとしたら、解決策はすぐそこにあるかもしれない。巧みに両方の良い部分を集めた、新ブランドの Heavy Machine が解決してくれるかも。クラッシックなパンプスでありながらも、細すぎず高すぎないアブストラクトなヒールで面白味があります。展示会A、B、P、Zがこちら:

heavy-machine-shoes-10 heavy-machine-shoes-11 heavy-machine-shoes-14 heavy-machine-shoes-13

Going through the archives as well as the newest SS 2013 collection (below), one can see where designer Michelle Wu gets her inspiration. Industrial lines, and geometric tendencies abound! I even get a strong 1920s graphic design feeling from them too.

最新2013年春夏のコレクション(下)と同様にアチーブもよく見ると、デザイナーのMichelle Wuがどこからインスピレーションを得ているのかがわかます。それは何と、工業製品と幾何学模様なの!私はそれらから1920年代のグラフィックデザインの印象もまた強く感じ取りました。

heavy-machine-shoes-1 heavy-machine-shoes-3 heavy-machine-shoes-4 heavy-machine-shoes-7 heavy-machine-shoes-8 heavy-machine-shoes-2

And I wouldn’t be talking about the brand if I didn’t try the shoes out for meself, so I snagged the pair above and have been giving them test runs! It’s called the “parachute fish” and I can almost see how the design looks like an abstract face that’s winking at me. “I know you’ll love me, let’s get to know each other,” it says. Ok, fine. Be my friend.

自分で靴を試さずにはこのブランドについて話せないので、すぐさま入手し、履いて試しています。それは「パラシュートフィッシュ」と呼ばれていて、抽象的な顔が私にウインクしているかのように見えるデザインだとわかります。その靴は私にこう言ってきます、「私のことが好きなのはわかってる。仲良くなろうよ。」と。うん、いいよ、友達になりましょう。

heavymachine-2

heavymachine-1

Today 本日のコーデ
Dress: TOMO KOIZUMI
Shirt: Martin Margiela for H&M
Tights: VIVE VAGINA
Shoes: HEAVY MACHINE
Necklace: Made it myself/ 自作
Bracelets: ROGGYKEI

Wig: Plumb

 

heavy-machine-shoes-9

So in researching the brand, I came up with founder Michelle Wu who grew up in Canada, studied in Italy (of course she did…shoes!) and is now based in Taipei,Taiwan. HOLY MOLY IS TAIWAN HOT NOW OR WHAT?! Seriously, some awesome stuff coming outta there these days (see Judy Chou, Na-Ked). Heavy Machine was named by Vogue Italia as a hot new talent and since then it’s been all over the magazines. It’s available in Japan at Wut Berlin, Hermitage in Toyama or online where they ship internationally.

このブランドを調べるていると、創始者のMichelle Wuがカナダで育ち、(当然のことながら靴の本場である)イタリアに留学し、現在は台湾の台北を拠点にしていることが脳裏に浮かびました。なんてこと!今、台湾、アツくない!!?一体何なの!!?マジで、最近台湾から素晴らしいものが(Judy ChouやNa-Kedをはじめとして)いくつか登場してきてます 。期待の新人として、イタリア版VogueがHeavy Machineと名付け、それ以来ずっと雑誌に掲載されてます。日本ではWut berlinやHermitage、もしくは国際郵便で送るオンラインショップで購入可能です。

Screen Shot 2013-05-08 at 6.32.31 PM

Wut Berlin Online

Heavy Machine Official

Categories
Favorites | お気に入り International brands | 海外ファッション Photoshoots | フォトシューティング

ICONIC SS 2013 RUNWAY LOOKS MEET POP, STEAMPUNK IN NEW FASHION EDITORIAL “WONDERLAND”. THIS AIN’T KANSAS, BABY.

モードページ”WONDERLAND”新着!2013年春夏のアイコン的なルックをPOPなスチームパンクと合わせた斬新なミックススタイルで不思議な世界が広がる

NT_253864_fashion_S2.indd

New NEWTIDE editorial up! Featuring the season’s ICONIC looks from the runway! But…what happens when you mix luxury with POP, steampunk, and a mysterious girl who seems to have crash-landed from somewhere very, very far from her home….? Toto, maybe this isn’t Kansas anymore…

For this shoot I was both stylist and creative director and I was inspired by the “Lost Boys” of Peter Pan. It features upcoming superstars, model SAYO and photographer BAO YANGZHOU. Enjoy!

中国のファッション雑誌「NEWTIDE」のために撮ったエディトリアルが新着!今回はビッグメゾンの2013年春夏のアイコン的なルックを使って、ファンタジーストーリーをファッションで語っています。イメージはラグジュアリーとPOPなスチームパンクという斬新なミックススタイル。更に、このミステリアスな主役の子は本当に地球の人なのか、どこのものなか、不思議さに浸している世界を描いてます。インスピレーションは「OZ」のドロシーと「ピーターパン」のロストボーイズ・・・・

今回は私がスタイリストと同時に、クリエイティブディレクションを担当させていただきました!主役は新星モデルSAYO、実現者はフォトグラファーのBAO YANZHOU。それでは、どうぞご覧ください!

 

上 Above photo FEATURING: Prada dress, socks, shoes and bag

Goggles, gloves: Nude n’ Rude
Tights: Avantgarde

NT_253864_fashion_S2.indd

 Bottega Veneta dress and bangles

Parachute dress: In-process by Hall-Ohara
Goggles: Nude n Rude
Tights-as-top: Avantgarde

NEWTIDE_April2013_Wonderland-3

Versace shoes, skirt, top and bags

Parachute: In-process by Hall-Ohara
Goggles: Nude n Rude
Tights: Avantgarde

 

NT_253864_fashion_S2.indd

Diane Von Furstenberg dress
Issey Miyake pants, dress, blouse and scarves (in tree)

Corset, goggles, shoes: Nude n’ Rude
tights: Avantgarde

 

NEWTIDE_April2013_Wonderland-(3)

 Michael Kors blouse, bag, cuffs and yellow visors

Rose goggles: Nude n’ Rude

NT_253864_fashion_S2.indd

Miu Miu top, coccoon jacket, skirt, bag, gloves and shoes

Goggles: Nude n’ Rude
Tights: Avantgarde

NEWTIDE_April2013_Wonderland-(5)

Salvatore Ferragamo jacket, blouse, skirt, bag and boots

Goggles, plastic crinoline: Nude n’ Rude

 

NEWTIDE_April2013_Wonderland-5

Etro embroidered jacket, slit skirt, bag

Pink gloves: Miu Miu
Goggles, aviator top, shoes: Nude n’ Rude
Tights: Avantgarde

 

Creative direction/styling: Misha Janette
Photos: Bao Yanzhou
Makeup: Akito Teramoto
Makeup: Yoko Sato for Bumble and Bumble
Fashion assistant: Shunsuke Okabe

See more Nude n Rude
See more Avantgarde

Categories
Fashion News | 最新情報 International brands | 海外ファッション

LET’S DO COFFEE AT ARMANI! NEW EMPORIO ARMANI OPENS WITH SAY LOU LOU, TOKYO’S FIRST ARMANI CAFE

「アルマーニで打ち合わせしよー」なんて、素敵な言葉!表参道の新エンポリオアルマーニ、東京初カフェ同時にオープン!

EMPORIOARMANI-0261

The Omotesando promenade is like NYC’s Madison Avenue; it’s luxe, expensive, and glitters with glitz. And unlike the NY counterpart it is short with just a 10-minute walk from one end to the other. So if a luxury brand has a spot here, there’s really isn’t much one can do to “grade up”. Except that is, when a brand new building opens affording buzz and newer digs. This is the case with Emporio Armani which just opened in the new Omotesando OAK building (formerly the Hanae Mori Building)  jut next door to its old location. Here, they got two floors plus a *cafe* in the back. 

日本でも指折りのリュクスなショッピングエリア、表参道。ニューヨークでいったらマディソンアヴェニューといったところか浮世離れしているようにすら感じられるゴージャスな並木道は銀座のなどと並んで日本のラグジュアリーファッションシーンを常に牽引してきた。そしてその中でランドマークの一つとして長きに渡り愛されてきたハナエモリビルが売却されたことは業界内外の話題をさらったが、その後またしても話題をさらうことになったのが新しく入ったオーク表参道ビル、そしてそこに入ったエンポリオアルマーニのブティック兼日本初となるアルマーニカフェだ。

The opening was completely packed with revelers, like there hadn’t been such a big party in a month ..oh, that’s right, there wasn’t! They had DJ Mystery Jets on the mens floor upstairs and on the main floor it was all about upcoming superstar duo Say Lou Lou who rocked the “Armani Suit” in a youthful, pixie way while performing. It was a really great crowd, with venerable veteran editors, young street kids, club kids, celebs, fun drunkies and a load of cameras all mixing through the store.

先日開催されたこのアルマーニコンプレックスのお披露目パーティーは、その話題性も相まって会場は多くの来場者でひしめき合っていた。メンズフロアの2階ではロンドンの人気DJ Mystery Jetsが、そして1階では最高にスタイリッシュなヴォーカルデュオSay Lou Louがその妖精のようなルックスと、透き通るようなウィスパーヴォイスでアルマーニらしいシックかつクールな空間作りに一役買っていた。加えて印象的だったのが、普段パーティーにあまり出てこないベテランのエディターから若い原宿キッズなど、種々様々な来場者が来ていたこと。ブランドのパーティーはどうしてもメンツがいつも同じになってしまいがちなのでその点今回のパーティーはフレッシュな感覚で楽しむことが出来た。

 

All photos by MAMI TANABE for TfD

EMPORIOARMANI-0119

Say Lou Lou

 

EMPORIOARMANI-0104

Melody Yohko♡

 

EMPORIOARMANI-0105

Yoneちゃん

EMPORIOARMANI-0173

 

EMPORIOARMANI-0159

EMPORIOARMANI-0160

 

EMPORIOARMANI-0223

エレグロHat: Tiara by Tracy Dizon

 

EMPORIOARMANI-0114

 

dress: vintage sweater/shoes: Iron Fist  necklace: ab-normal  wristband:KiNG 

EMPORIOARMANI-0230

EMPORIOARMANI-0244

EMPORIOARMANI-0226

I`m pretty stoked about the cafe! Aside from Montoak on the other end, there really isn’t a “the” place to go for coffee on Omotesando. Maybe this will be the new hangout spot? Being Italian, you can expect some good espresso (and they sell chocolates too). So meet me next at Armani?

あと個人的に気になったのが、横に併設されたカフェ。Aのロゴが刻まれたアルマーニドルチのチョコレートも味わえるこのカフェは、表参道の新しいハングアウトスポットとして重宝すること間違いなし。だって、“アルマーニカフェでミーティングね”って言ってみたいじゃない?