Categories
Art | アート Inspirations | インスピレーションの源 International brands | 海外ファッション

Junya Watanabe’s broken hair for FW 2014-15 by Tomi Kono ◎ ジュンヤワタナベ2014-15年秋冬のヘアを割ったアーティストTomi Kono

tomihiro_kono_34

Procured some incredible photos of Tomi Kono’s work. Welcome to his world….

Comme des Garcons Junya Watanabe’s 2014-15 collection shown in Paris was a study in black textures; oodles of patchworked pieces in movement, like the bits and pieces of a broken record slowly inching in different directions. Watanabe is as stoic an entertainer as can get, as he never shies away from dramatic hair that complements the avant gardeism of the clothes. But you’re never sure if it’s cool to actually get really excited about it all (Unbridled elation at a Junya show? That would be such a faux pas, darling). 

Well, how about some excitement and raucous applause for the hair artist Tomi Kono who created the incredible works of art to match the cerebral 2014-15 FW collection shown in Paris…

なんと、すばらしい画像を手に入れました。Tomi Konoの暗闇を突き通す美しい世界へようこそ…

コムデギャルソン・ジュンヤワタナベの2014-15秋冬コレクションがパリで発表された。 今回は様々な質感の”黒”を大量に使ったパッチワークが特徴的。ピカソが少しずつ様々な角度からペイントをして行くような感じ。ジュンヤワタナベはドラマチックなヘアでアバンギャルドな服を際立たせたりと、エンターテインメント性にすごくこだわったクリエーションをする。えーほんとうにそれかっこいいの?って思うでしょ?それが本当にクールなんだから、尊敬。(すげー!って騒ぐ?NO,NO, ジュンヤのショーではクールに振る舞うのがモラル。)

tomihiro_kono_12

 

Categories
Art | アート Inspirations | インスピレーションの源 Tokyo Brands | 東京ファッション

Masaya Kushino makes beautiful beastly shoes ◎ 野性的な美しさ、串野真也のワイルドな新作シューズ

masaya-kushino-shoes-2014-2

Bag and shoes designer Masaya Kushino has made a name for himself by creating elaborate shoes worthy of a museum. Now they have found a home in one;  at The Kyoto Costume Institute’s “Future Beauty” which just opened, where Kushino’s never-before-seen masterpieces are on display. And they are BEASTS. See them up close…

シューズとバッグデザイナーの串野真也が作り続けている観賞的な靴がミュージアムに飾っても違和感ない程美しい。それが今現実に!3.21から始まった京都服飾文化研究財団による”Future Beauty”展が京都国立美術館で彼の新傑作が発表、展示中。なんて野性的でワイルド!近くでみると…

masaya-kushino-shoes-2014-1

Categories
Art | アート Inspirations | インスピレーションの源

The best art-themed fashion editorials from around the world Spring 2014◎この春の大トレンド ”アート” をテーマにした世界のファッションページのベストをリストアップ!

art-pop-spring-2014-miles-aldridge-vogue-italia-apr-2014-2
Art and fashion; there are no better bedroom partners. Thanks to the wonderfully artsy collections from Prada and Chanel who very literally took “painting and expressionism” as their themes for this Spring 2014, art is on every fashion editors’ brain. And when I say “every”, I mean EVERY. SINGLE. EDITOR. Because as it stands looking through the magazines for March and April issues, there is not one magazine that has not copped the art/painting theme for a fashion editorial. Has there ever been a trend so strong one season that every magazine wants…no, NEEDS to use it? Canvas, galleries, pantings, brushed-on makeup, pollock, Dali, graphic design…. it’s all there. And just as art is subjective, some are better than others. Here are the best of the Art Fashion Editorials from around the world. They are all colorful, beautifully done, and certainly inspiring. They’ll make you want to scuttle into in a canvas sack dress and take a brush to it yourself….

アートとファッションだなんて最強コンビ。プラダとシャネルの今季のコレクションは”ペインティングとエクスプレッショニズム”(ペイントとアート表現主義)がテーマになってて芸術的。編集者の頭にはみんなだいたいアートでいっぱいのよう。みんなっていうのはこの場合エディターひ•と•り•ひ•と•りって意味ね。だって、今出てる2月ー4月号の雑誌をみると”アート”をテーマにしたページがない雑誌を探すのが逆に難しいくらいこのテーマが取り上げられてる。全てのファッション誌が同シーズンに同じテーマで特集を組むなんて、こんなに大きなトレンドって今まであったっけ?…
 
キャンバス、ギャラリー、ペイント、ブラシで描いたようなメイク、ポロックやダリ、グラフィックデザインがみたいって?全部網羅してるよ。そしてあくまでもアートは主役に徹してる。そのなかには際立っていいものがちらほら。ここで世界中の雑誌からミーシャセレクトのベストエディトリアルを紹介!カラフルで美しくまとめられてて、きっと感動するよ!
 
アート思考なエディトリアルはまるでキャンバスをそのまま縫って形にしたようなその服を着て、自分をドレスアップする女磨きモードな気分にしてくれる。
 

art-pop-spring-2014-vogue-japan-apr-2

Vogue Japan Mar 2014

Categories
Art | アート Inspirations | インスピレーションの源 International brands | 海外ファッション

Chanel’s most surprising bags ever, from shopping carts to Bibles ◎ 買物カゴからフラフープまで、シャネルのびっくり系バッグを振返ってみる

chanel-details-autumn-fall-winter-2014-p9

Chanel AW 2014-15

Handbags. They’re a necessity, but they are possibly the most boring accessory in the history of luxury consumer culture. While new sizes and colors come out, since the beginning of time they have generally been the same shape (rectangle), the same material (leather) and, if you buy well enough, will last a lifetime anyway. Bags are an extremely important part of keeping luxury brands afloat- but you can only have so many leather rectangles, no? Well there is one kind of bag that is making us talk about things, and it is one of the largest trends of the late 00’s so far…. the “prop” bag.

女の子ならみんなハンドバッグが大好きだと思うけれど、実はバッグは消費者社会の中で一番つまらないアクセサリーだと思う。確かに新しいサイズやカラーは次々出てくるけれど、大体どのバッグも長方形で、レザーでできていて、いろいろなブランドが似たようなのを出したりもする。もしあなたがファッションヲタクじゃなかったら、ロゴを見ない限りサンローランとアレキサンダーワンのバッグを見分けることはできないでしょうね。でもバッグはラグジュアリーブランドのビジネスを保つためにとっても大切な役割を果たしているわけ。みんな大体同じようなバッグしか手に入らないんじゃない?でも単調でつまらなくないバッグの一つとして、この先何十年間の最大のトレンドであり続けるだろう “小道具”バッグがある。小道具バッグって?…

chanel-details-autumn-fall-winter-2014-25

2014-15 AW Grade-A Beef

 

Categories
Art | アート Inspirations | インスピレーションの源

Fashion reveals the monsters within every one of us ◎ 今日の美学:モードは私達の心を明かせるの?

narcissism-irving-penn

Two portraits capturing two eras in fashion, both by Irving Penn. We have the infamous VOGUE cover from 1950 on the right, and a portrait of an Undercover look from 2006 on the left. Can high-fashion say anything about humanity? They are telling the story of our civilization, even at 50 years apart…

アーヴィングペンの二つのポートレイトは20世紀と21世紀の二つの時代でを象徴している。右は賛否両論ある1950年ヴォーグの表紙で、左は同じヴォーグに登場したアンダーカバーの2006年のルック。ハイファッションは私達人間に何かを伝えることが出来るかとよく言われるけれど、このポートレイトたちは、50年たった今でも私達の文明に対してメッセージを発していると思うの。

Categories
Art | アート International brands | 海外ファッション

Make a statement without stating a word: le Specs sunglasses by Craig & Karl ◎ 口にしなくても言葉を持つステートメント的なサングラスが日本上陸

LeSpecs-CraigKarl-1-Lo

Statement sunglasses make statements and my oversized frames are real loudmouths. They spew “Don’t talk to me, don’t even think it” or “I didn’t sleep last night, don’t judge”. And if they’re pitch-black lenses, they’ll sputter, “I can’t see anything so I might run into you. Move outta the way or get mowed!”  If you’re like me, then it’s time to get more publicly affable and your eyewear is a great place to start. So I’m starting with these fun ones by graphic designers Craig and Karl because a “happy statement” is their middle name. 

サングラスはときに言葉をもつ。ミーシャのデカサングラスは”話しかけないで”だったり、”昨日はよく眠れなかったの”とか。黒いレンズのやつだったら、”何も見えないからぶつかっちゃうよー道をあけて”とかね 笑。ミーシャみたいな人は、もうちょっと愛想よくすることをおすすめする(しましょう)。そのためにまずアイウェアをつけてみることからはじめてみない?ミーシャは、グラフィックデザイナーの”Craig and Karl”が手がけるこんなおもしろいものを相棒にしてみることにした!だって、”ハッピーなステートメント”は彼らの特徴なんだもの。 

LeSpecs_Craig&Karl_ForEyes_lo-res-6

Categories
Art | アート International brands | 海外ファッション

Junk Culture peaks as fashion with MOSCHINO 2014 by Jeremy Scott ◎ファッションにまで染み込むジャンクカルチャー:モスキーノ by ジェレミースコット2014秋冬

moschino-autumn-fall-winter-2014-21

True story; just last week I ate a McDonald’s cheeseburger and fries for the first time in 8 years. Hot damn, I call that being on the &%$#”! TIP! It was delicious and warm and didn’t make me sick like I expected. You’d think there would be more food establishments open in New York at 3am, but when it’s snowing, cold, and you’re probably a lot drunker than you think you are, the Chinatown McDonald’s seems like a pretty fucking good idea. A situation like that is definitely where LA-based designer Jeremy Scott, debuting his first collection as head of Mochino, got his inspiration from. Face it now: Junk culture is in, and it’s probably going to cost you more than a super size meal…and this ain’t the Cheap & Chic line…

実は、ちょうど先週八年ぶりにマックのチーズバーガーとフライドポテトを食べ た。めちゃくちゃ熱々で、おいしかった!自信をもって言えるわ! ニューヨーク には、朝の3時に開店してる飲食店が、もっとあるだろうって思うと思うんだけど、雪の降る、すごく寒くて、自分が思ってたより飲みすぎちゃった日なんかにはチャイナタウンのマクドナルドで食事することがあり得ないくらい グッドアイディアに思えるもの。LAを拠点とするデザイナー、ジェレミー スコットがモスキーノデビューコレクションでマックからインスピレーションを 得たのはそんな理由からなんだと思う(全然あり得るっしょ)。ジャンクファッションの登場!。勿論、ビッグサイズのプレートよりも高額な値段がするんだけど。。。

moschino-autumn-fall-winter-2014-1

Categories
Art | アート Favorites | お気に入り International brands | 海外ファッション kids fashion | キッズ服

Not playing around; Caroline Bosmans’ avantgarde kids fashion ◎絶対に大人が着たくなるアヴァンギャルドなキッズ服

Caroline_Bosmans_AlexanderPopelier-5

Were you happy with the clothes you wore as a child? When my mom talks about my “crazy” outfits, she’s referring to the days where she allowed me to dress myself, usually ending up with a mishmash of colors and patterns too outrageous for her to take credit for. If only a designer like Caroline Bosmans was around, I could have been outrageous but still not so harmful to all of the cheek-pinching adults’ eyes. You have to see it to believe her incredibly well-done fantastical collections…

みんなは幼い時に着ていた服に満足していた?多くの日本のお母さん達は、人様の目を気にして、奇抜すぎる服を子供に着せないし、子供達も何となく 周りと同じような服を着ているうちに、皆と同じでなければいけないという観念にとらわれがち。民族柄、仕様がない部分もあるんだけど、それを窮屈 に思った人も多いはず…そこで、ご紹介するのはこのごっつかっこいいキッズブランド、キャロラインボス マンズ。

Caroline_Bosmans_cows-1