月面の影の部分で生まれたような不思議なゆかたショップ。『月影屋』。

taukiageya

Here’s a little story.

When you are trying out a new language, there are different stages to learning. I call it the discovery of “shameful naivete”. In my case, I started out learning conversational Japanese, and was pretty damned happy to just be able to say “My name is Misha” and “I love shrimp tempura”. At this stage I declared, “I will never use keigo [polite Japanese], NEVER! I don’t need it! It’s dumb!”. I probably sounded like a thug when speaking to teachers at school and should have been thrown in jail. So the first level is pitiful ignorance. This is the happiest time, so if you’re wafting about here, enjoy the bliss!

The second level is depression, when you hit your glass ceiling and realize you know NOTHING. Everyone may *say* “you’re so jouzu!” but you and I know that can’t be true 100% of the time. You start to study. And you learn a hell of a lot. You sound better. But you’re still talking like an 8-year old. And you get treated like one.

You realize studying alone isn’t going to do squat. At this point whatever you need you will learn in practice in the real world. Your skill grows up, it goes through puberty and overconfidence sometimes makes situations awkward (Remember, sarcasm is called “American Joke” in Japanese. Careful with it…Don’t sound like an @$$). But you learn control, and it matures to full-grown conversational prowess. Rowr. 

And then, 10 years later, you realize you’ve been saying the kanji for “house” totally wrong this WHOLE time (ya? ga? ke?). Or you’ve been writing your %$&#”! *numbers* wrong (there’s a “Japanese” way to write the number 6) . Oi bei.
So what is my point? My point is, that I am still learning so much everyday. I am not an expert on Japanese language. What I *am* is an expert in Japanese fashion, and even here too, I am still learning crazy, seemingly basic stuff ALL the time. It’s both frustrating and exciting.

ちょっと、話があります。

何か新しい言語を使おうとすると、そこにはいくつかの壁が立ちはだかっているもの。私はそのことを、羞恥知らずの無垢の発見と呼んでいる。私の場合、日本語は会話から覚えたんだけど、始めは”私の名前はミーシャです”と”エビの天ぷらが好きです”と言えることがうれしかった。この時の私は絶対に敬語なんて使うか、と思っていたもの。絶対!そんなの、必要ない!無駄!ってね。でも今考えてみれば、先生に話すその話し方を聞いたらまるでサグのようだったでしょうね。これが最初のステージ、無知。実はこのステージは、一番幸せな瞬間でもあるの。今そのレベルである方は存分に楽しんで!

そして、2つ目のステージで発見凹みするの。昇進を防げるいわゆる”ガラス天井”にぶち当たって、自分がいかに無知かをね。そこで初めて学び始めるの。信じられないくらい多くのことを。そうすると幾分かは自然に話せるようにはなるんだけど、このままではまだ8歳の子供のよう。

このステージでは、ようやく対等な人として扱われ始める。一人で勉強をする役立たずと知り、より実生活の中で実践的な会話をするようになる。スキルが上達し始め、思春期のようなこの頃は、過剰な自信によって時には気まずい状況を作り出すこともある(これは特に外国人向けのアドバイスであり、たとえば風刺という意味のSarcasmは、日本ではアメリカンジョークなんて呼ばれてるってことの知らない人が多い)でもこの頃になるとある程度の言語統治がきくようになってくるから、結構なレベルでの会話をすることができるようになる。

 

そこから10年後、それまで一度として気付かなかった間違いにようやく気付く。例えば”家”の読み方だったり、数字の書き方とかね(私の書く”6″は日本人は読みにくいらしい。あらら)。もうホントに!

つまりどういうことかって?つまり、今でも私は日々学ぶことが多いってこと。私は日本語のエキスパートではないもの。そして日本のファッションに関しては比較的精通してるとは言え、ここでも常に新しい、基本的なことを日々吸収しようとしているの。この行程はイライラすることもあるけど、エキサイティングであることには変わりないわ。

さて今回新しく学んだものは?今回は新しいショップね。その店は本当に素晴らしいと思った。それに何より先の言語の話と同じように、知ったつもりでいたステージから、ガラスの天井にブチ当たる過程、そこを乗り越えてもなお学ぶことばかりというステップが存在していたの。 

tsukikageya 7th anniversayparty

 

I discovered a new shop the other day, one that I really think is amazing. And just like language, I had thought I knew everything. But I realize I had just hit my own glass ceiling, and there is still SO much more out there.
This shop is called “Tsuki-kageya” and it is in Yoyogi-koen, one stop past Harajuku on the Chiyoda line. I stepped in with only 15 minutes to spare, because it is just a few minutes from my office and I heard they were having a special party. I had *heard* of this place before, but just never bothered to study up on it. Actually, I still don’t know a whole lot about it. Right now, I am in the ignorant blissful stage so I will just share my giddy naivete with everyone like a kitten taking a swipe at a crow.
  
さて今回新しく学んだものは?今回は新しいショップね。その店は本当に素晴らしいと思った。
名前は”月影屋”。代々木公園にほど近いところにある店で、原宿から千代田線で一駅。その店のことはその前から小耳にはさんではいたんだけど、なかなか調べる機会が無かったの。実をいうとまだ全て調べられたわけではないんだけど、今は知ったばかりで有頂天になってるステージだから、これでもかってくらいのしたり顔で話しちゃお。まあ出かけるとはいっても15分ほどしか入っていないんだけど。何を隠そうこの店、私のオフィスから徒歩数分のところにあるのだ。しかもその日は何やら特別な催しが行われていると聞いていた。

さあ一緒に冒険に出かけましょ

collection

(They’re well connected in the cool-kids scene. Nara Yuuya 2nd from right modeling new yukata)

 I was taken aback immediately upon entering… all of those intriguing yukata!

 入った瞬間に思わず後ずさりしてしまったわ。だって…見渡す限りの不思議な浴衣、浴衣、浴衣!

mahjonng rings

 Mahjong rings

麻雀の指輪 

punk tenugui

Tenugui cloths with original Tsukikageya prints.

 月影屋のオリジナル柄てぬぐい

python geta

Python geta sandals.

パイソンの下駄 

tokyo tower obi

tsukageya swarovski obi

Retro printed and iced out obis.  

レトロなプリントされた帯やブリングブリングのスワロのも。

yukata tsukikageya

 Punkish, defiant prints. This isn’t your obaachan’s (grandma’s) yukata.

 パンキッシュで反骨精神溢れるプリント。そんじょそこらのおばあちゃん浴衣とはまるで違う。

porn yukata

 Yep, it’s a print of old school Japanese porn.

 ええ、そうよ。春画プリントの浴衣

natsuki san

A little get together for the party. On the right is Natsuki san, the manager. If you are a regular customer and she likes you, she may invite you to the after-hour bar time where you get to meet some interesting characters. So much better than a golden-gai bar!

 パーティーの様子。右の方がマネージャーのナツキさん。もしこの店のお客さんで、ナツキさんに気に入ってもらえたら、お店が終わった後に飲み屋へと姿を変えたショップに呼んでもらえるかもしれないわね。そこにいる人も面白
いし、確実にゴールデン街よりは素敵な時間が過ごせるはず!

hair accessories

Accessories made of silk, but which look like hair. Paging Sadako to aisle 9.. 

シルクで出来た髪の毛にみえるアクセサリー。貞子の使い捨てた分ね。

open everyday

It was their 7th(!!) anniversary.

聞くとその日は、7周年のアニバーサリーだったそう(!)

They are open, so come check it out. I will be.

私みたいに”聞いたことはあるけど…”って方、四の五の言わずに行ってみれば感動するから! 

 Tsukikageya.com 

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー