WORKING IN JAPAN: STYLIST VERSION (SAME PLANET, DIFFERENT WORLDS)

外国から見た日本の文化第2弾〜日本でスタイリストとして働くには〜

stylist-1裏方達が真剣に撮影現場を観察する
The behind the scenes workers carefully watch the photoshoot in progress

Last time I wrote about studying fashion in Japan, I had a mountain of requests on how to get a job here. Getting the job is just half the battle… think of it as a marriage; wedding day is just the beginning. You’re in for quite the ride…

以前日本でファッションの勉強をするには、という記事を書いたのですが、その時に多くよせられたのが“日本で仕事をゲットするにはどうすればいいですか?”という質問。正直、仕事をゲットする大変さは自分の身をもって体感した方が後々のためになると思うので、今回はその後の話、スタイリストの仕事をする上で私が今までに感じた日本と海外の違いについてお話したいと思います。

 

So, graduating from Bunka Fashion College in the stylist course, it’s pretty obvious I wanted to style. But I also couldn’t go out and assist for 5 years while living at home which is quite the norm here, and I needed to be in a company for legal reasons (if you’re a foreigner you cannot get around this…deal with it). So it was up to me work on this career on the side, building up a portfolio as I went along. And a quick 10-second introduction to styling, for those who don’t know what it means: a stylist puts together outfits on a model/celebrity/singer/etc for TV/magazines/commercials/appearances etc.

Sounds much easier said than done. Where do you get the clothes from? How do you carry the clothes? What if the clothes don’t fit? What if the clothes don’t match? What if you RUIN the clothes? What if your model hates your clothes? So many factors…. it is EXTREMELY political.

私が卒業した学校は、文化服装学院のスタイリスト科というところ。当然、将来はスタイリストになるんだと目論み勉強をしていた。そして卒業後、まず一つ目の壁が立ちはだかる。日本でスタイリストになるには、専門学校での勉強の有無に関わらず誰かのアシスタントにつくことが常識とされているのだ。私の場合、これは特に海外から日本に来ている人に共通することですがビザの関係で何かしらの会社に入ることを余儀なくされていたので、少し遠回りではありますが会社での仕事の合間に自分たちで作品撮りをしてポートフォリオを作る、という駆け出し期を送りました。
とざっと私の生い立ちをお話したところで、そもそもスタイリストってどんな仕事なの?という人のために簡単に説明を。細かいことを言い出すときりがないのですが、スタイリストの基本的な業務はテレビ/雑誌/広告/その他あらゆるクライアントの意向に沿ってモデル/芸能人/その他諸々の着用者の衣装を組み合わせること。これだけ書くともの凄く単純なことのように聞こえますが、この単純な業務を遂行するには想像を絶する水面下の作業があるのです。まず、どこから服を調達するのか、ということももちろんだし、服をどうやって運ぶのか、服が着用者の身体にフィットしなかったら?撮影の当日になってコーディネートの変更を余儀なくされたら?モデルがその洋服を着たくないと言ったら?そういった、信じられないほど細かい気遣いや人と人とのやりとり、それもスタイリストの仕事なのです。
 
stylist10ヘアメイクさんもチームメンバーの大事な一人
The MUA (make up artist) must keep a close watch and adjust at all times
 
 

Portfolio:

This is where everything in the world of styling is the same. Every stylist needs a potfolio, whether Japanese or American or Slavic or whatever. This portfolio shows your best work, including magazine shoots or celebrity styling, etc. I hear that in the West, you are judged on your WORST photos, so its very edited. In Japan, it seems like “the more the better” is the way. Some photographers and hair/makeup artists will bring like two or three books to show me their work. It’s kind of a pain to go through…. A true portfolio is usually leather-bound and super expensive and extremely heavy to carry around..in other words totally inconvenient for actually getting work. I moved all my work online and to my iPad and didn’t get any complaints. However, considering fashion editors here are mostly still from the “analog” generation and super picky, they might expect to see a 40,000-yen nice leather-bound portfolio book packed with lots of photos. 

さて本題に戻って、スタイリストがまずやらなければいけないもの、それはポートフォリオ作り。これについては古今東西違いは無く、どこの国に行っても仕事を獲得する上でポートフォリオの提示を求められる。これは要するに、今まで撮影してきた雑誌もしくはセレブなどの写真を一冊のバインダーにまとめたものなのだが、ここで日本と海外の違いは海外では“量より質”ということで厳選されたもののみをまとめる傾向にあるのに比べ、日本では“質より量”といったように、とにかくたくさんの写真を持っていた方が有利という風潮がある。私も、知り合いから紹介されたフォトグラファーやメイクアップアーティストの方がブック(ポートフォリオの通称)を見せに来てくれることがよくあるのだが、中には巨大な冊子が2冊、3冊にもわたる人もいて、なかなか目を通すのにも骨が折れることがある。私の場合、最近は自分の作品を全てiPadに移してしまっているのでこの“ブックを持って営業”という重労働を幾分か簡略化出来ているのだが、ファッション雑誌の編集部などではアナログ派がまだ多くを占めているようで、未だにレザー張りの一丁前なブックを持っていないと門前払い状態。考えてもみればあのレザー張りのバインダー、平気で4万以上とかするんですけど…

stylist-2アクセを付けなおす私
Adjusting a model’s accessory…

Building your Repertoire- Spec shoots, TFP

Even if you’re not getting editors and celebrities knocking down your door to work with them, you need to constantly be shooting and working on your skill. This is called TFP (time for portfolio). The photographer, stylist, MUA and model put in their time for free to get photos for their portfolio. In Japan it’s not too difficult to get “new face” models from agencies in return for photos for that model– I know in some markets like China, for example white models won’t even get out of bed if they’re not getting paid. In the west, you can get an AMAZING model anytime, anywhere…obviously. When shooting TFP, or even officially in Japan, you can’t just go outside and shoot, you have to have special permits. THIS FUCKS EVERYONE. I won’t even tell you how many times my team has been chased out of a location. One guy threatened to call the military, then the yakuza on us. Another building owner wouldn’t let us shoot behind his building just….because. It’s all done on the down-low…*shhhh*

レパートリーを増やすこと、作品撮りとは? 

この作品撮り、というのがまたクリエイターにとって一つの大きな壁となる。よっぽど鳴り物入りでファッション業界に入り、編集部やセレブから何もしなくてもお声がかかるような人(そんな人ほとんどいない、が。)で無い限り、作品撮りは無くてはならない必須項目。この作品というのは、要するにスタイリストならスタイリングの、メイクさんならメイクの作品を写真に収めたものなのですが、もちろんここでかかる経費などは自腹持ち。その際に必要になるモデル事情も、作品撮りならモデル料もなるべく安く抑えたいところですが、ファッションフォトで多くの場合重宝される白人モデル事情についても各国で違いが。日本だと比較的、エージェントに頼んでニューフェイスのモデルを無料で撮影に参加してもらうことも出来るが(だって駆け出しモデルだって宣材写真、いわゆるコンポジが必要だしね)、これが所変わって中国になると状況は一変。白人モデルが未だ貴重な国では高いモデル料を払わないと作品撮りにもモデルを借りられないのだ。逆にヨーロッパ、アメリカでは、もちろんいつでもどこでも白人のモデルを借りられるうえ、他の国で活動する白人モデルに比べ高い平均値の子が揃っている。そうしてモデルを借りたあとに立ちはだかる日本ならではの問題が、ロケーション。これについては作品撮りのみならずあらゆる撮影で障壁となるのだが、日本では公共の場を無断で撮影場所に使うことを禁じるのが通例となっており、大概の場合シャッターを切っているフォトグラファーを遮り“撮影許可は取っていますか?”と聞いてくる警備員だったりが出現する。これについては色んな裏事情も関わっているので詳しくは話せませんが、とにかく野外で撮影をしたいと思ったら十二分に注意を払う必要があります。
 
stylist-3スタイリストの武器:ポーチとクリップ!
Stylists’ main weapon: the clothespin!
 

Getting clothes for TFP is quite the challenge because you have to have a relationship with a brand to lend to you. In the west, many stylists will grab their credit cards, buy some stuff, then return it later. YOU CANNOT RETURN CLOTHING IN JAPAN. It’s not even an option. So then as a stylist you have to build up friendships with luxury brands, local brands, sporty brands, preppy brands, mens brands, womens brands, teen brands, missus brands, etc etc because each job is different. That’s a LOT of brands. We are talking a lifetime-worth here. It takes time. And in Japan relationships are really important so you can’t just ask for a catalog all the time..you need to go to the exhibitions, events, shows, etc to build that relationship.

Another way to build a career in the west is to do “spec” shoots, where a team shoots TFP but then gets the pics published in a magazine later (the magazine didn’t have to pay for the shoot, so it suits them- it’s a win-win situation since magazine shoots are the best form of advertising for a stylist, photographer, model etc). Japan does NOT do spec. The magazines know exactly who is going to shoot what at all times. I get so many requests from overseas photographers asking me to shoot with them and then wanting it to be published here later. It’s NOT gonna happen so don’t ask me. 

 

作品撮りのモデル、撮影場所と決まったら次は肝心の衣装。肝心なパートということはそれだけ骨の折れる作業ということ。とはいえヨーロッパやアメリカなどではこの行程も至ってシンプル。ブランド店で使う洋服を通常通りカードで買って、撮影が終わったら返品すればいい(っていってもお店には悪いからなるべくひかえた方がいい)。ですがこの東の果て日本にはまだこの返品文化というのが行き届いていないようで、駆け出しの貧乏スタイリストでさえ返品なんて選択肢お首にも出せません。だったらどうやって日本流に洋服を借りるのか、とにかく、あらゆるブランド、ショップと仲良くなるしかありません。海外のラグジュアリーブランド、ドメスティックブランド、スポーティーブランド、プレッピー、レディースにティーン、ミスブランド…テイストの異なるこれらのブランドと、生涯かけて仲良くなるのみなのです。とにかく時間のかかるこの作業ですが、ここで築かれた関係が無ければ衣装は借りられないので祖末には出来ません。とにかく、時間を見つけて展示会、イベント、ショーに足を運んで関係を築かなくちゃいけません。
 
こうして行われた作品撮りは、その後前出のブックに収められ売り込みの材料として使われるのですが、海外だとこのプロセスがそのまま雑誌に掲載される“Specシュート”というシステムがあることも少し触れておきます。これはつまりは作品撮りをしたフォトグラファー/スタイリスト/ヘアメイクの中に誰か一人出版社や雑誌と親交がある人がいれば、その人を通じて雑誌社などに自分達の作品を送り、実際に誌面に掲載してもらう“持ち込み”システム。海外の雑誌だとこれが比較的一般的で、雑誌側も撮影費を負担しなくて済むし、参加した無名クリエイターにとっても自分たちの作品を世に広められるという点で両者に利点がある。しかしこれについても日本ではそんなもの知りません、と言わんばかりに門前払いされるのが現実。だから海外から来たフォトグラファーなんかが、滞在中に作品撮りをして雑誌に送り込もうという話をくれるのですが、少なくとも日本ではまずそんなこと起こりえないので過度な期待は禁物。

 

stylist-11フラッツだから本格的に仕事している証拠!
You KNOW I`m seriously working because I’m in flats!

On-set

This is where the difference between a stylist who works in Japan and one who learned the ropes overseas differs greatly. I can’t speak for EVERYONE obviously since each stylist is different, but generally:

Jp- Outfits are decided beforehand. Many even sketch it out or do collage and bring it to the set. Many times, we don’t need to do fitting.
West-Stylist shows up on set and THEN picks out outfits according to mood, after fitting the model, etc.

いざ、撮影

 
の前に一つ言っておくと、ここまでの話も、これからの話ももちろん、スタイリストの人各々のやり方があるので一概には言えないということ。それを以てしても、日本と海外で一番大きな違いが出てくるのが現場でのスタイリストの仕事。
 
日本:スタイリングはあらかじめ決定されており、場合によってはラフスケッチやコラージュなどで具体的にイメージを作って現場に入る。だから当日はそれに沿ってモデルに洋服を着せるだけ。
海外:スタイリストは持って来た衣装を当日その場でカメラマンと話ながら、モデルをみながらスタイリングをする場合が多い
 
stylist-6たまには私もコーデのデッサンを描いていく
Sometimes I draw sketches of my outfits before I go on set
 

Jp-unless you have EXPRESS permission from the brand and magazine, you cannot mix brands on the same outfit. It’s a very fine line…very political, and one needs to be aware of the rules. Ignoring them will get you blacklisted, rather than a “Thanks for shooting our brand!”. In some cases, you may feel more like a “clothing babysitter” than a “stylist”. True story.
West- There are rules, but it seems far for free and open to mix labels, as long as the stylist gets to stick to the theme and makes the magazine happy (rather than the brand).

そして一番重要なスタイリングそのものでも、日本では気をつけなければならないポイントが。特に取り扱うのがラグジュアリーブランドの場合、
日本:特別な場合を除いて、一つのルックの中で他のブランドと組み合わせるのは御法度。これを破った場合、ブラックリストに載ってしまいその後リース出来なくなるケースも。この極めてポリティカルな局面を目前にすると、時たま自分はスタイリストなのではなく“服のベビーシッター”なのではないかと思うことさえある。
海外:もちろんルールはあれど、重要なのはスタイリストのビジョン。その為にはブランドのミックスも往々にして許可されており、素晴らしい作品に使ってもらった場合スタイリストにはブランド側から“使ってくれてありがとう”の言葉が送られる。
 
 

Jp-DON’T LOSE A TAG. I know it’s just a TAG but gezus, I have had nightmares about losing a tag and having to pay for a luxury item. I got a harried phone call once from a big brand right after I returned a sample, “Where’s the TAG??”…*heart attack commence* “I swear to God, that sample didn’t have one!!” and sure enough I was right. Heart-attack.
West- If the tag is in the way, they will CUT that shit off, so that at the end of the shoot, tags are all over the studio floor (thinking about it is giving me a heart attack)

日本:日本ではタグに最大限の注意を払わなければならない。いつだったか、もともとタグがついてなかったものをそのまま返却したところ後日電話が掛かってきて、“タグはどこですか?”と問いただされたことがある。必死でもともとついていなかったことを説明すると、ようやく確認がとれたようで何とか事無きを得たのだが、とにかくあの時はドキドキした。
 
海外:洋服のタグは取って着るものでしょ、と言わんばかりに豪快にタグは切り取り、そのまま返却。そこに一切にの躊躇は無い。 
 
stylist-7モデルキャスティングのボード
Model casting board
 

Returning-

In the west, it is generally understood that a showroom will deliver samples to a studio and it is up to the stylist to return them. In Japan, it is the *stylists* job to do both pick-up and return. So then one needs to have either a van or an army of assistants at their disposal. And pickup times and returns are limited to a window of just a few hours…it’s like you’re in an action movie where if you don’t return everything in time the bomb on your bus is going to blow up, like *KABOOM*! The general rule in returning in Japan is, “Give it back in better shape than when it was returned.” Which, if you think about it…clothing falls apart the more it is worn…and is nearly unavoidable. With that said however, I am like a muthaeffin HAWK on set, watching and making sure NOTHING happens. No sequin out of place, no hair to be seen. But sometimes…shit happens. A model I had once broke a zipper on a skirt. Tape we used to protect the sole of a shoe ruined the leather. HEARTATTACK! A big stylist friend of mine once called me up asking if I knew of anyone to be his new assistant. “What happened to your old one?” I asked. “I have to go do DOGEZA beg forgiveness for a broken sample”. He said. Uh-oh. This is not just “sorry”, this is get-down-on-hands-and-knees-beg-for-forgiveness-sorry DOGEZA. Stylists in the west tell me samples get broken, fall apart all the time and it’s no big deal as long as it’s in the magazine.

返却

 
これについては、先に海外の事情から説明しておくと撮影で使うサンプルはブランド側がスタイリスト指定の場所に送り、返却も同じく送り返すか場合によってはスタイリスト自身が返却に向かう。その一方で日本では、ピックアップ、返却ともにスタイリストが全て行うのが常識。ということは、売れっ子スタイリストになって撮影の数が増え、リースの量も増えた場合、大型のバン車か、それに匹敵する腕力と素早さをもったアシスタントを探し出すしか無いということ。ブランドによっては、ピックアップ、返却の受付時間をほんの一瞬しか設けていないところもあるので、それに間に合わせるにはハリウッド映画張りの緊迫感をもって臨まなければなりません。その上、ここでも律儀な日本人気質が必要以上に存在感を発揮しており、“借りた時よりも綺麗な状態で返却すること”という一見矛盾している無言のルールがまかり通っているのです。人間が洋服を着ている以上、最初の状態より綺麗になることなどまずあり得ないのですが、その為にスタイリストは命がけの注意を払うのです。スカートのジップが壊れてしまった、またはソールを守るためにやった底張り(ソール裏をテープなどで保護する行程)のせいでバックスキンのソールがすこし毛羽立ってしまった、そんなことあろう時には、心臓が止まる思いがするのが日本のスタイリスト。実際に起こった時には、とにかくそのブランドに土下座をするしか無いのです。その一方、海外のプレスでは自分のブランドを雑誌に掲載してもらうことが何よりの優先事項なので、その為に起こってしまった破損、汚れについては大きなお咎めはありません(ま、もちろん雑誌やセレブによるが。服をぼろぼろにしちゃダメだけどね)。
 
stylist-8

 モデルのフィッティング
Model fitting

Celebrity Styling

Again, mostly babysitter here… most celebs attend an event and the brand chooses what they think a celeb should wear. I am not SUPER versed in this area, but it has a lot to do with having a budget to rent clothing or major friendships with brands, and just making sure a sample fits (which they often don’t…samples are HUGE and celebrities are TINY). Compared to magazine styling, it’s a very tough job.

セレブ・スタイリング

ここでもベビーシッター脳を働かせなければいけません。 セレブがイベントに出席する際、着用する衣装はその人物、オケージョンに会ったブランドのもので無ければなりません。この時の衣装は、高いリース代を払って借りるか、もしくは大物セレブになればブランドにただで貸してもらえるよう交渉もできますが、ここでもブランドとの繋がりが無いと借りることは出来ません。その上多くの小柄なセレブにとって,ランウェイモデルサイズで作られたサンプルは大き過ぎるためここでも一悶着が。私はこの分野では経験が浅いので詳しくは分かりませんが、華やかなレッドカーペットの裏で恐らく相当大変な作業が行われていることでしょう。

 

stylist-9芸能人スタイリング:一つのコーデに対して沢山のチョイスを集めなきゃ行けない!ぎゃー!
For celebrity styling, it’s necessary to have a mountain of choices for even just one outfit

In conclusion…

It’s very stressful to work here because the road to becoming a stylist is generally very limited, its very political and everyone is so goddamned particular. HOWEVER, compared to *anywhere* else in the world, there is more fashion to be found in Japan than anywhere else. There’s so much going on, and so many magazines and so many celebs that there is a ton of opportunity if one is willing to fight for it. And the BEST part of working as a stylist in Japan? Magazines pay per page for work. This is UNHEARD of in the west. We win! 

Speaking of styling, my portfolio is here. And while I certainly have a particular style, I also do very commercial work. A stylist is considered great for their eye, how well they take care of clothes, if they can stay within budget, and how well they work with a very small team on set. Getting all of this balanced out means a stylist gets continuous work. I will keep on doing styling because its my passion, although I enjoy the creative direction side as well. As long as I don’t die from a heart attack first!

最後に、

ここまできて、日本のスタイリストって海外よりキツいんじゃん!と思ったあなた。それでも私は日本でスタイリストをやるのが一番好きな理由として日本がどこよりもファッションに対する自由な感性を持っていることを分かって欲しい。世界中のどこを見渡しても見つからない、様々なスタイル。世界中で一番数の多いファッション誌。芸能人の数だって他のどこよりも多い。だから本気になって戦えば、これ以上恵まれた土地は無いはず。その上、日本のファッション雑誌はスタイリストにちゃんとしたギャラを払ってくれるという他の国では見られないうれしい一面もある。
 
ところで、私のスタイリングポートフォリオのオンライン版がリニューアルされたのでお時間がある時に是非こちら見てみて下さいあるメディアではミーシャスタイルとかいう妙な呼び名を授けられた私のスタイリングですが、もちろんそれ以外にもコマーシャル向けのスタイリングもしているので、いつでもオファーお待ちしております!ww
 
stylist-12
撮影を終えて、みんなで集合写真。お疲れ様でした!
Final photo with everyone on the team after the shoot. It’s so amazing to be able to create something so powerful with such a small team every time!
 

ここまで読んでくれたらシェアやいいねして下さい!レブログも歓迎。Tell me you read to the end! ↓

Pinterest

7 Responses to WORKING IN JAPAN: STYLIST VERSION (SAME PLANET, DIFFERENT WORLDS)

  1. This is such a very useful information.. not only for a Stylist in Japan… but as a true-blue PROFESSIONAL STYLIST… I was a professional TV Stylist for several years and I really took it seriously. Nowadays, I feel disheartened that anyone could easily claim they’re stylist just because they can take nice lookbook photos… Not that I have anything against fashion bloggers… But during my time it was taken more seriously and I really think this should be read by anyone who wants to be a STYLIST!

    It’s so TRUE that it is not at all a glamorous job! It takes a lot of know-abouts, the protocols and everything you discussed here! This is so useful! This should be in some styling course curriculum somewhere!

  2. emi says:

    you ought to petition for a stylists union! though i don’t know the logistics of these transactions, the rigidity seems like a pair of platinum shackles.

  3. Lara says:

    You are a true artist. Don´t pay attention to opposite opinions. You must continue in your track. Keep it going!!!
    Cheers from Argentina.
    el juego de la moda

  4. Wendy Doe says:

    Thank you so much for this article !

    My dream is to be a stylist as you. Even If It is already difficult to become one, I never thought It was so complicated to be one in Japan ^^

  5. Silvia says:

    First, I’m glad I was bored tonight and browsing twitter on echofon sidebar otherwise I would have definitely missed this ahah.
    This is all so interesting, I haven’t seen many foreign people talking about their experience in the jp fashion market and I’m extremely curios because that’s what I’m interested in and hoping to have to deal with one day.
    I’ve been studying japanese in shibuya since april 2012 hoping to get into a fashion school here in Tokyo next year (I have an intention to go check out Bunka’s event Feel!Bunka on next saturday!) as I grew up in Italy and in comparison I find Japanese fashion to be SO refreshing I really don’t want to go back ahah.

    Thanks a lot for taking the time to write this, it was really useful! ^^

  6. マネキン says:

    I know this post is a bit old, but I deliberately searched for it to get some inspiration for my coming trip to Japan. I’ll be working as an English teacher, but that’s just my gateway to Japan. So, I’m interested in this part of your article: “I needed to be in a company for legal reasons (if you’re a foreigner you cannot get around this…deal with it). So it was up to me work on this career on the side, building up a portfolio as I went along.”

    Could you give me a little glimpse into this part of your life?

    Also, my transition to Japan will be around one year from now. If you were in my shoes, what preparations towards Japan do you think would be most helpful? Or, in other words, what preparations did you have/wish you had that were/would’ve been helpful?

    Thank you, Misha! And keep doing what you’re doing. You’re always an inspiration.

    • mishajanette says:

      Hi mannequin,

      It means quite what it says; in my spare time I worked on building up a portfolio of what I wanted to do. In my case it was styling, although it was getting gigs as a fashion journalist which opened doors. It was over several years I worked on this, it was never a sudden thing. I am still merely in the beginning stages of my career too. All I can suggest is study your Japanese, and maybe make contacts in the field you want to get into. It never hurts to reach out. Good luck–

Leave a reply