tsumori chisato

Japan is a popular place for studying abroad thanks to it’s lively pop-culture scene and dedication to high academia. With that, interest in studying fashion here has been intensifying over the past few years as well…which is why my inbox fills with emails from all corners of the internet asking about my experience studying fashion here and requesting advice.

So I think it’s time to let the cat out of the bag… this is going to go DEEP y’all. I`m neither going to sugarcoat the shit, nor going to water down the awesomesauce either. And perhaps not just fashion education, but for anyone who wants to study/work in Tokyo you might find some of the points into Japanese education/ work/ psyche extremely helpful. This article is written from the viewpoint of a [female] foreigner coming to Japan to study at a young age. If it happens to be educational to Japanese as well (who might want to know the differences in education) then cool.
私達が住む日本という国は、世界でも有数のポップカルチャー大国であることと高い国民的知的指数のおかげで、今でも留学したい国として世界中で認識されている。それと比例して日本のファッションの認識がどんどん高まり、海外から日本にファッションの勉強をしに来る人が後を絶えない(だから今でも私のメールボックスは溢れ返ってるわけです、質問はみな“日本でファッションの勉強をするに当たってアドバイス下さい!“ってな感じ。)だから今回、満を持して私の意見をぶちまけたいと思います。かなりディープな話になるから覚悟して下さい!笑 私の経験に基づく話だから、特別美化したり特別卑下したものでは無いのでご安心を。あと、ファッションに限らず日本で勉強をしたいと考えている海外の方には是非読んでほしいです。あと日本人の方にも、何か感じ取ってもらえたら幸いです。まずはストーリー設定、主人公は日本に留学をしに来た外国人の女の子。 

bunka fashion college
Bunka Fashion College as seen from above.
見下ろす文化学園
Background: I attended Bunka Fashion College from 2005-2007 in the stylist course for two years. It is a technical degree and as far as I know isn’t recognized in the US schooling system (maybe it’s an AA? I could be wrong…someone help me out here)… I`m not sure about anywhere else or the actual specifics of it, but make sure you are cool with spending two year of education on something that may or may not transfer back home (if you go back).
Why is it good to go to fashion school vs. just University? Well there’s this big myth that it’s like so way cooler to be in the fashion industry but not have any background in fashion. When I was a student we had a stylist come in and give special lecture and he was pretty pompous.. “None of my assistants are going to be fashion students. They’re boring.” Going to fashion school isn’t required at all, but it does give these huge benefits:
* Insider look at the workings of the fashion biz early on
* A school that will network for you
* A group of classmates and alumni who will ostensibly go into the industry and give you jobs later
* Being able to study a subject you love for several years
Now whether your school in Japan actually comes through with those is another story. My experience is 50/50. Let’s get started:
私は文化服装学院で2005年から2007年の間、スタイリスト科で勉強してました。2年課程ということで、海外ではAAみたいな感じになのかもしれない。この学校選びというのはもちろん、何より重要。大切な若いうちの2年間を費やすんだから、それに値するもの、かつ本国に帰った時にも適用できるものを獲得できるかどうか、じっくり考えて欲しい(日本では、認められている服飾学校は文化と杉野学園だけらしい)。そこで一つ考えるべきポイントが。ファッション業界で働きたい人が行くべきはファッションの学校?それともそれ以外の普通の大学?ある文化での講義に招かれたスタイリスト曰く”私がアシスタントをとる時、まずファッションスクールの学生は選ばない。だって面白くないもん。”だそうだ。まぁこの神話に関しては俄には信じられないが、私としてはファッションスクールに行くことで得られるベネフィットは少なからずあると思う。だから私はアメリカのグラフィックデザインコースを退学してはるばる日本に来たわけ:

※ファッション業界の事情をリアルに体感できるためそれに必要な視点を持つきっかけになること
※学校が用意してくれたコネが出来ること
※そこで出来た友人などの繋がりが後々、仕事などに繋がる可能性があること
※自分の好きなことに数年感没頭できるってこと

このベネフィットに関しては、学校に行くことで格段に差が出ると思うのが半々くらいだし、他の学校の状況に詳しいわけじゃないから何とも言えないけど…ともかく、日本でファッションの勉強をする、とはどういうことか具体的な例を挙げながら解説していこうと思います。

 

mode gakuen
Mode Gakuen’s Cocoon Tower in Shinjuku
モード学園のコクーンタワー
* GET READY TO WORK
So I was lucky to attend Bunka Fashion College which boasts a nice reputation among the world’s fashion institutions (supposedly it’s #3 in the world?!). It has alumni like Yohji Yamamoto, Kenzo, Tsumori Chisato, Limi Yamamoto (Limi Feu), Miyamae (new head of Issey Myake), Jun Takahashi (Undercover), and NIGO was here before dropping out…basically a who’s-who of the global Japanese fashion industry. Not to mention the Tokyo brands like Somarta, Matohu, Guts Dynamite Cabarets, FACETASM and many more.
So it’s a good school, but it’s reputation precedes it. HOMEWORK is insane, yo. Before I came over I was researching on the net about it I found only ONE tidbit in English that went something like, “This is the hardest fashion school you will attend due to the amount of work. Be prepared. Not everyone comes out alive.”
Whoah. Scary.

*ファッション勉強は遊びではない

まず、私の行っていた文化服装学院は世界でも有数の評価を得ている学校だからラッキーだった(世界で3位だって?!)。ファッションの本場、モードの発信地パリから地球半周分も離れたこの日本という国にありながらこの学校の卒業生であるヨウジ ヤマモトや ケンゾー、ツモリ チサトやヤマモト リミ、イッセイミヤケのミヤマエさんにアンダーカバーのタカハシ ジュンさんなどは海外で絶大なる評価を得ているし、あのNIGOもこの学校に入っている(彼の場合はドロップアウトしたわけだけど)。それ以外にも、もちろん東京コレクションのメインブランドであるソマルタやまとふ、ガッツダイナマイトキャバレー、ファセタズムなんかのデザイナーも皆一様にこの学校の出身だ。

この錚々たる卒業生のリストを見るだけで、かなり優秀な学校であるということは確実なのだがこの評判の高さは一重に、課題の大変さに比例しているということを忘れてはならない。
今でも鮮明に覚えている。入学前に母国で文化をリサーチをしようと、インターネットで見つけた一つだけ英文で書かれたレビュー:”この学校でやらなきゃいけない仕事の量は、他とは比べ物にならないくらいキツいです。ですので準備してないと生き残れないです。”

うわ~…って感じだった。

I knew the Japanese were hard workers, but this just had me freaked out. I wanted to rescind my application to Bunka and apply to “MODE Gakuen” in Osaka or something which looked like a frolic comparatively (and their commercials are awesome).
With that said, a Japanese technical school is basically 4 years of Uni work crammed into two years so yeah it’s going to be intense. And these teachers are strict. They expect perfection. How do you think the Japanese learn to be such perfectionists in presentation and detail?! It’s in the education. You will pour over your hand-drawn patterns, your stitches, and you will panic and you will start from square one over and over again.
However, I found that online blog post about it being a limbo to hell to be hyperbole and I survived just fine, even coming without ANY prior sewing experience at all. Of course, I was in the most “lenient” course as stylist which may have contributed. My roommate at the time was American as well and she took the design course at Bunka and I remember she hardly ever slept over the two years.
もちろんその頃から日本人が働き者であることは知っていたけど、それを覚悟していてもかなり音を上げる寸前、いやもう手遅れだったかもしれない。あんなに大変なら、文化を辞めて、モード学園にしよーかなーってまで悩んだし。(だって、なんか楽しそうなイメージがあったし、何よりCMがイケてたから。)でもよく考えてもみれば、普通の大学なら4年間かけて学ぶ量の勉強を2年間に詰め込んでるんだもん、ほとんど狂ってると言っていいと思う。そうして先生達も一概にして厳しい。常に求むるは完璧。だって日本人の誇る繊細さとストイックさはここ、教育で始まってるもん。パターンからステッチに至るまで、一ミリの乱れも許されない。それでも、「生き残れない」なんてまで、という環境じゃなかったな。それはいい加減な言葉だった。でもこれが、一番学内でも緩かったスタイリスト科の状況だったからかもしれない。デザイン科なんてどれだけハードか想像もつかない。現に、一緒にルームシェアしてたデザイン科の友人は一緒に住んでた2年間、ろくに寝てる姿を見たことがなかったし。

 

entrance catalog
Application page for study-abroad hopefuls. Yep, it’s only in Japanese!
日本語わからないと資料請求もできないこと。
*GET YOUR NIHONGO IN ORDER
“I want to study at Bunka, but I don’t speak Japanese. They have classes in English? And how do I apply in English?”
If they don’t even have an English application page do you think that they teach in English?! Don’t even think about coming to study without getting your Japanese ducks in line first. It doesn’t need to be fluent level, but 2 kyuu at least! I studied for 1 year before going to Bunka at their language school on campus that was full-time, everyday (but in my case it was more to straighten out my wacky Kansai-ben to Kanto-ben..keke). Test scores count high (much too high) in your grades and you’re going to need to study. And if you want to work here afterward at all, it’s very much necessary.
THAT SAID…over the past 5 years, the English competency in the Japanese fashion industry has increased exponentially. But still, learning the local language is flattery and flattery will get you everywhere.
Also, I hear Bunka actually started an experimental English course this year. I met a couple students from it, but I don’t have the details on what it entails, sorry.
*日本語は、マスト
海外からこんな質問がくる。”文化に行きたいと思ってるんだけど日本語はしゃべれないの。英語のクラスってあるんですか?英語の志願書が見つからないから分からなくて…”

英語の志願書が無いんなら英語のクラスなんてあるわけ無いでしょ

ということで、とにもかくにも日本で勉強するんだから日本語が話せなきゃ始まりません。もちろんネイティブのように話せる必要はないけど、日本語検定の2級レベルは必要でしょ。私の場合、文化に通う前に1年間付属の語学学校で勉強したわけだけど、これがまた毎日朝から晩まで授業づくしでキツい。特に私なんか、無駄にちょっと関西弁が入ってたから尚更ややこしくて仕方が無かった。しかも文化入学するならテストの点数がグレードに直結するからサボるわけにはいかない。それに結局卒業した後日本で仕事をしたいと思ってるならどの道必要だし。

この数年で国内でも英語を話す人口が増えてきたのは確かだが(特に業界では。。英語楽しいから助かったわ!)、日本語で話さなきゃいけない状況はいたるところにある。

ただ聞いたところによると、今年から実験的に英語での授業が行われるているらしい。これに関しては詳しくは知らないけど・・・。

bunka college
業界で活躍している文化卒業生を集めた「お仕事ブック」。
Featured in a book that gathered some top Bunka-alum industry pros.  
*CURRICULUM
Ok, I gotta say the system just really doesn’t work for me. For example, it might go like this back home in the US:
Teacher: I want you to make a skirt. I don’t care how, just get it done.
Japan:
Teacher: Do this, now do that, then we do this, next do that. Oh look, we have a skirt.
The process is heavily taken into account which means you MUST do it their way. There isn’t much room for thinking outside of the box, or even for going above and beyond. And it didn’t work for me because the steps were just too detailed and I can’t remember it at all. I didn’t understand the obsession with detail-especially in the stylist course- when costumes aren’t products made to last forever, but need to be made QUICKLY and EFFICIENTLY on the spot. I had a tiff with a teacher when I went out of order when sewing a tag on a dress I made. I mean, really??
This type of education works for some but not all…
*カリキュラムこれは、私に関しては完全に相性が合ってなかったと思う。例えば、アメリカの例でいうと先生が生徒に指示する時はこんな感じ:

“スカートを作って下さい。やりかたは問いません。とにかく期限内に作ること。”

それが日本だとこんな感じ。

“ここをこのやり方でやって、次にここをやって、その次はここ。そうすればほら、スカートが出来ましたよ。”

しかもこのやり方というものがかなりの重要性を持って評価されてるから、従わなければ評価はしてもらえない。その他のやり方というものに対する理解はまず無い。私がこのやり方に合わなかったのはまず、細かい指示が多過ぎて覚えられるわけも無かったこと。なんでこんなにもディティールにばっかりこだわらないといけないの?ここはスタイリスト科でしょ?私達が作るのなんてせいぜい衣装くらいなんだから、そんなに永遠に縫製が保てる方法なんて学ぶよりいかに早く、いかに効率よく縫い上げていくかの方が重要なんじゃないの?

そんなことを考えていたら意図せずタグの付け方を少し間違ってしまった。その時はちょっとしたいざこざになってまた大変だったものだ。

Also, if you’re coming from the West, you will find that going to tech college here is like being in high school again. You’ll have to remember that education in Japan is very focused on memorization through highschool, so being in college is the student’s very first forays into public speaking, presentations, and group work.  But look at the bright side: your refined presentation skillz will make you a hero in your group! [Speaking of groups, sometimes the teacher will ask you to get into groups. A silence will fall over the class. Some of their faces will turn white. It’s like the teacher asked everyone to choose a sacrifice. Just be cool about it.]
Everything is also pre-planned. If you’re a non A-type person like me you will go crazy, but just remember it means the chance of failure is miniscule. Just be thankful that most people around WILL be type A and try not to piss your classmates off with your spontaneity.
分かって欲しいのは、このタイプのやり方が万人に通用するわけじゃないということ。これは本当に海外から来る人は覚悟しておいた方がいいと思う。専門学校というものは、まるで高校の授業と同じようなものでとにかく専門の知識を如何に覚えるかということが全て。にほんのこうこうまでの教育には、暗記が殆どだから、大学や専門学校に入ってはじめてプレゼンやグループワークを経験するの。プレゼンの経験ありという人はグループになった時、スキルが高いからヒーローになれてめっちゃ楽しいww。(このグループという話題に関して言えば、授業で時折グループに別れるよう指示があった時に顔面蒼白になる子がいるけど別にそこから殺し合いが始まるわけじゃないからそんなに殺気立たなくてもいいんですよ・・・と思ったりもしたww。)とにかく、日本ではこのように全ての物事において完璧に用意した環境が求められるため、私みたいにA型気質じゃない人はかなり大変だということ。でもまあそれも、日本人の大多数がA型気質ということと、クラスの子独りをキツい状態にして放っておくなんてことはしない日本人だからそこまで気にする必要も無いっちゃ無いわけだけど。でもそのおかげさ、何でもかんでもスムーズに行くし、それ日本に来てはじめて経験しました!!

 

bunka fashion college
Say it with me: SUGOI! I want this jacket! (From Bunka’s Culture Festival show)
すごい!(このジャケットいけすぎてる)
*BE MI-HA TO BE HAPPY
Ok, in the west, fawning over things is seen as totally NOT COOL. Being indifferent IS TOTALLY COOL. But here, you need to give props to everything.
Did someone sew a button on a coat properly? SUGOI.
Did someone pack their own homemade lunch? SUGOI.
Did someone walk up the stairs instead of taking the escalator? SUGOI.
Just go with the flow and be MI-HA for everyone else  whether you are actually impressed or not (Mi-ha means to aimlessly fawn over something)..in return, they will be mi-ha for you. It’s a real confidence booster. It’s weird at first, but don’t be a jerk about it, ok?
 *ミーハーであれ

これも日本と海外の違いだが、海外では他人と同じことをするのはまずクールじゃないとして嫌われる。対照的に評価されるのは、他人に興味を持たない自己を貫く姿勢。
でも日本ではご存知のように、この全く反対の状況となる。

あの子、コートのボタン付け完璧だったんだって!凄い!
なんとかちゃん今日手作り弁当なんだ!凄い!
え、エスカレーターじゃなくて階段使うの?凄い!

このミーハー気質は日本人に根強く染み付いてるようなので、慣れる以外に手は無い。でもそのかわり、ミーハーでいる人にはミーハーな態度をとってくれる。その分、めっちゃ自信持たせてくれるのは嬉しい。多分最初は戸惑うと思うが、慣れて下さい。

And this is too long and I have stuff to do so PART 2 will come tomorrow (up now!)—
まだまたこの話は続くのですが、かなり長くなるので続きはパート2をお待ち下さい(ここでアップ!)!
Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー