Categories
Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化 popular

私が着物を着ない理由。Why I don’t wear Kimono in Japan

kimono vogue mag

 

先日、歴史ある着物屋さんに招待された。この着物屋さんは近年自己のイメージをトレンディにアップデートし、成人式などの着物を探す若者の間でとても人気 がある。ここまでは良い。とても素敵!でも、自分が着るとなると、それで写真を撮ったり観光をしたりってなると、話は違ってくる。着物屋さんに、自己流モードでルーズに着くずしてもいいか聞いてみた。自分の持っている服と、着物を合わせられたらって思ったのだ。でも、崩した着方は絶対NGとのことでした。このとき私は、伝統的な着方を守るべきだったのか、無視していいのか….?

Recently I was invited to a long-standing and respected kimono store in southern Japan that has updated itself to a trendy image and is extremely popular among youths for their coming-of-age ceremonies and others. So far so good! But then I was asked if I could wear a kimono myself. Far ahead of our appointment, I asked if I could arrange the kimono in my own way, and I specifically asked if I could wear it looser than usual. Since I have my own personal style, I requested to arrange the kimono to match some of my own clothes. But I was told the store wouldn’t allow me, and I had to wear it the traditional way or not at all. Eh? Is this the only way to wear kimono in Japan?

(above) Saki Asamiya in VOGUE Japan

kimono obi ties

Look at the rhinestones on these turnt Obi ties! ラインストーンアクセントもついている!

どこかへ招かれるとき、その場所を見る事はもちろん楽しみなんだけど、初めて触れるもの、見るものとの出逢いがいちばんわくわくする。心は浮かれて飛び跳 ねる。そしてそれには自分自身と向き合い、そして自分が感じた事を正直にフォロワー(読者)の皆へ伝えることが必要だと思う。

When I’m invited somewhere, I am expected to not just observe the locality but also experience it first hand and show it through my personal perspective. This means getting to eat, prance and dance to my heart’s delight. But this must all be done while keeping true to myself and being honest to my followers about what I feel.

 

– なぜ着物を着ないのか?

残念ながら、ミーシャは着物を着ない。それは、自分の美学に基づいた選択で、何度か着物を着た事があるけど、その結果、自分の身体には合わないなと感じたから。日本人が口を揃えて”私(ビクトリア調の)ドレスとか絶対似合わないと思う!”って言うように、ミーシャには着物が似合わないのだ。

着物というのは、極力身体の凹凸をなくして寸胴にみせる。そのために、凹んでいる所にはタオルを当てる訳だけど、例えばお尻がしっかりしていたりするとウエスト周りにはたくさんのタオルを巻くよね。これは、日本やアジア のひとたちのしなやかでスレンダーな体型だとすごくきれいに着れる。ミーシャは基本的に、ウエストが分かるような服が普段から好みで、上下のバランスなどはそこではかる。なにより、自分のウエストはチャームポイントのひとつだとおもってる。もし、着物屋さんがルーズに着たり、タオルなしで着てもいいと言ってくれていたら、自己流のアレンジを見つけて、着こなせたかもしれない。 こうして、「こういう着方しかない」という服については、ファッションだといえるのかな?

-Why I don’t wear Kimono in Japan-

Unfortunately I don’t wear traditional kimono in Japan anymore. It’s a personal choice in aesthetic, as I have worn kimono on many occasions and I just don’t like how it looks on my body. Just like many Japanese have said to me, “I don’t think I would look good in a western (like victorian) dress”, I don’t mesh with kimono.

The kimono is meant to make the body a curve-less cylinder (in Japanese-“Zundo-gata” which means “barrel-shape”). To create it, the waist and curve of the back area is stuffed with rolled-up towels which are then strapped in by the obi. So when your body type is blessed* with hips, it means a lot of rolled towels and a disappearing waist. But for the typical* Japanese/Asian body type, this is gorgeous as their lithe and slender figures lend well to the silhouette. I personally prefer to have a waist when I wear clothes, as it helps me to create balance on the top and bottom, and, well, I like my waist. So when I wear something like the Kimono which takes that away from me, I feel uncomfortable and am unsure of how to move. I wondered if the kimono shop had just allowed me to wear it looser, or without the towels, would I feel OK in it?

 

jotaro saito 2015 -typical wear kimono in japan

Jotaro Saito 2015-16 at Tokyo Fashion Week (c)MBFWT

 

-着物ファッションとは

実は着物を久ぶりに着てはしたかった。ちょっと話をややこしくしてしまうかもしれないけど、それはあくまでも”自由に着たい”という話。

何回も、様々な着物を着たことがある。始めてきたとき、気に入ったのはお葬式用のものだった。黒いからモード服っぽく、肩に家紋のついた黒の着物は粋だったし、かっこよかった。それに、成人式のサロンモデルでも何度か伝統的な着物を着た事がある。また、文化服装学院でも着付けを教わった。そうやって何度も着れば着る程、着物は相性が悪いなと思うようになった。そしてそれからは着物を着るのをやめた。でも去年の夏、NHKの仕事で台湾のファッションアイコンのJudy Chouと伊勢丹の浴衣フェアに行ったとき、自分のクローゼットの服と浴衣をミックスしたコーデを考えて欲しいと言われ、久しぶりに和服に袖を通した。メ ンズのオーバーサイズの浴衣と自分たちの洋服を合わせたらとても相性がよかった!

-Is Kimono fashion?-

The hardest part of all this was that although I did *want* to wear Kimono, I just wanted some freedom with it.

When I wore Kimono for the first time in Japan, I ended up wearing a funeral one meant for the mother of the deceased because I wanted to wear black and the “kamon” (house of arms) on the shoulders was very cool. Obviously I wasn’t going for authenticity, but I actually felt OK in it. I was also a hair model for Coming of Age Ceremonies for quite a few salons and wore traditional kimono then, and also learned how to put them on during my studies at Bunka Fashion College. But the more I wore them, the more I noticed it didn’t look as good on me. So I stopped wearing them. Last year I went to Isetan’s Yukata fair in the summer with NHK and me and Judy Chou from Taiwan were asked to coordinate a Yukata with our own western clothes together. We wore oversized mens Yukata and added in our own western clothes and I thought it looked pretty amazing and felt very good in it.

 

http://instagram.com/p/aw_KMoGo68/

Judy Chou and Misha going crazy in Yukata at Isetan for NHK

 

– モダンな着物でもファッションか、コスチュームか?

着物VSヨーロッパのドレスを考えたとき、 おもしろいのは着物は今でも多くの人に着られているという事。むこうで、もしコルセットや大きなウィッグを着けている人を見かけたら、迷わずコスチュームを着てるんだて思うもん。着物の現代化を計った活動はたくさんみられて、例えばパリで着物とドレスをミックスさせたスタイルで有名な桂由美、日本のデザイナー(ソマルタなど)がプロ デュースした着物のイベントを伊勢丹が企画したり。モダンなジオメトリック柄の着物や浴衣を出しているヒロコタカハシはミーシャのお気に入り。また、月影屋はギャングスタイルのポップな和服を扱っている。原宿では若者たちが伝統的な和の要素とパンクやロックスタイルを合わせた、新たな サブカルを産んでいる。東コレにはランウェイで着物を発表するジョウタロウサイトウまで参加している。

でも、現代化という点ではまだまだ日本人は保守的だと感じる。桂由美や原宿キッズを除けば、上に挙げたブランドの多くは大胆にアレンジされる事をよく思わないだろう。もちろん、ここは”お客様は神様”の日本なので買ってしまえばその後はどう着てもそれはあなたの自由だけれど、好奇の目にさらされることもあるので、ご参考までに。

-Modern Kimono- fashion or costume?-

The most interesting thing about Kimono vs. old Western (ie Belle Epoque/Victorian etc) dress, is that Kimono are actually still worn day to day by many. If I saw a woman all corseted up and in powedered wigs back home, I would definitely think they were wearing a costume (note I said “back home”, Harajuku’s amazing Lolita/Shironuri subcultures are another story). There are many ways that the kimono have been modernized for today. For example, Yuumi Katsura is a famous couturier who mixes Kimono with western dresses and serves it up Parisian style. Isetan Dept store has been a huge purveyor of melding Kimono with modern fashion, producing a lot of events where Japanese designers like Somarta have produced Kimono. For modern patterns (and on Yukata, not just Kimono), my favorites are Hiroko Takahashi with her gorgeous geometric stencils, and Tsukikage-ya with their gangsta POP styles. Plus, there is a subculture in Harajuku where girls and boys wear elements of traditional “wa” (Japanese) mixed in with western punk or rock clothes (wa-punk?). Even on the Tokyo Fashion Week calendar we have Jotaro Saito who does a collection of Kimono for the runway.

But despite the modernization, the Japanese are still very protective of this tradition. Aside from Yuumi Katsura and the Harajuku kids, the other brands above would not be happy with someone going all willy-nilly on their Kimono/yukata. Of course, since this is the world where customer is King, once you buy it you can wear it however the hell you want, but you might get some major side-eye for it FYI.

 

hiroko takahshi hirocoledgeI just love the geometric prints of Hiroko Takahashi

tsukikageya shopTsukikageya in Yoyogi-hachiman (and laforet in the summer)

how akira wear kimono in japan

Japanese rock band Disacode with Akira (center) a master at mixing Wa with modern clothing.
和と洋をミックスするj-rockバンドのDisacodeとその代表のアキラ(センター)

-着物の実態

ひとつ言っておきたいのは、”着物は良いのか?”という議論を投げかけている訳ではないという事。伝統的名ものの視点から見ると、着物は超絶美しい傑作衣装だって思ってる(似合う人はすごく綺麗だもん)。でもファッションの面からみると、伝統を崩したとこが白い目でみられるのが気分よくないので、現代服にはとり入れにくいかも。

結局最後まで、その着物屋さんで着物を着る事はなかった。ポリシーはポリシーなので、守るしかない(これはすごく日本的な考え w)。そのかわり、お店にある生地やスタイリングなど隅から隅まで見て楽しんでいると伝えた。すこし皮肉的なことに店内には洋もののアイテムもたくさんあったの…レースやベルベットのケープ、ラインストーン…なんだか「崩し的」にモダンに見えた。それでもやっぱりウエストあたりは帯がきつく縛られ、ズン型だった(笑。やっぱり「着物」というのはシルエットを指す?着方を指す?それとも、和柄や生地のことを指すのだろう?

さて、トラディッショナルスタイルの着物は自分のスタイルとは違うと感じたという話をしてきたけれど、皆さんにとってはどうですか?着物は伝統的な 着方を守るべきなのか?それともアレンジに寛容になるべきか??ご意見ください!

-Kimono real-talk-

So just let me say that I am not arguing whether Kimono are good or not. As an artifact of culture it is a gorgeous masterpiece. And when it looks good on someone…damn, it’s gorgeous. But from a fashion standpoint, it would be tough to really put into a modern woman’s closet- especially if one is going to get “tsk-tsk”ed for not wearing it perfectly.

Although in the end I did not wear the Kimono of that store I was visiting, I told them that I respected their policy, and I enjoyed looking at the fabrics and styling on others instead. What is interesting is that they had a lot of western fashion elements mixed in like lace, velvet capelets and rhinestones which looked very modern. ..but still, the waist was all stuffed up and the kimono wrapped tight (haha).So what makes a kimono, then? The silhouette? Or can it be just the robe?

So I guess this type of traditional style is just not for me, but what about you? When you wear Kimono in Japan should they only be worn the traditional way or is it OK to mix it up? Tell me what you think!

Misha Janette
Natsumi Yasuoka

 

 

[ess_grid alias=”relted-kimono” layers='{“custom-type”:{“00″:”image”},”use-skin”:{“00″:”48”}}’][/ess_grid]

 

最新記事 Recent Posts:

[ess_grid alias=”related-posts-green” settings='{“max-entries”:”20″}’ special=’recent’][/ess_grid]

7 replies on “私が着物を着ない理由。Why I don’t wear Kimono in Japan”

コメント拝見させていただきました。
私も現代の若者は和服に見えない壁を持っているのではと思います。
(私は20代後半ですが)

ただ、書かれている内容にいくつか違和感を感じました。
着崩してきることが良いのかどうか。
そこは勿論お店の人ならNOというでしょう。
テーラードスーツのお店に行って、スーツを変な感じ(頭から被ってなど)に格好いいから着てもよいかと尋ねたら、勿論NOと言われることと同じだと思います。
お洒落かどうかは個人個人によって違うと思いますが、一般的な評価を得られるお洒落はやはり歴史背景を踏まえた上で、そのレールに乗った中でのアレンジだと思います。
若い人たちは和服のそのルートをわからず、変な格好をするからよくないのではないでしょうか。

ちなみにですが、よく文面を見させていただいているのですが、誤字が多いように思います。
少し気にしていただければ幸いです。

こんばんは
コメントありがとうございます
これに関しては、みなさんのご意見が多くわかれているようなので、得に「答え」があるように思えません。
「寛容になるべき」という着物屋さんから、「それはかっこわるい」という着物の愛着者まで。
とにかく、みなさんはどう思っているか、意見を寄せたかった次第です。ご意見をいただきありがとうございました!
それでは、良い夜をーー

初めまして。素敵な記事ばかりでブクマしました┏○ペコ

本題(今更ですが笑)

ジャネット先生へ
私も一応ファッションの学校へ通って、現在も何かできないかと希望を持ちつつ生きています(笑)。
今まで生きてきた中で感じた部分も踏まえての意見ですが書かせてください。
着物の件ですが、私は和装関係の勉強をした訳ではなく偉そうなことを言う立場ではないですが、結局最後は個人の自由でよろしいのではないでしょうか。

守るも崩すも自由。

ただし、他人を尊重する場合と自己表現の場合とをきっちり分けたほうがいいでしょうかね。
相手を尊重する場合にはファッションではなくなってしまいますけど(汗)。(抑制のファッションとも言えるでしょうか。。。。紳士服的な考えになりますが)

生き方として、そういうものを一切無視して自己を貫くのもまた一つの道。

結局、先生の言う通り答えは無いように思います。

着物の正統な着付け、織物、染色など和装に対しての知識を十分に習得した上で、一旦ぶち壊して自己表現で好きに着るというのであれば、どちらにも対応できますし一歩進んだ大人のファッションになるのではないでしょうか。
着崩したりアレンジしたりする場合も、ちょっぴり正統なものを隠し味にするとか(笑)
玄人クイズで店員さんを出し抜いてやりましょうw。
本物の店員さんに当たれば見抜いて感心されるでしょう(たぶん。。。)

紳士服のレジメンタルタイの話で、意味もわからずに本場の国につけていくのは危険という話もありますし(失礼という意味なども含める)、ルールや伝統をわかった上でぶち壊すということは私は凄く感心し尊敬します。

ファッションは、生き方を表現する、美しさを表現する、周りから良く見られたい、訴えかける等、千差万別。

結局その人の自由に思います。

ただし、それらに付随してくる結果を自分でどういう風に受け止めるのか?
着崩したり、アレンジしたり、作り変えたりなど、着物の新しい形によって白い目で見られたり、陰口を言われたり、入店拒否などをされたり、その他諸々、それも相手側の個人の自由です。

私は考えるのに疲れたので、いいものはいい!の裏付けも理由付けもない感覚派になってきていますが汗。

余談ですが着物屋さんではなく、着物や和装に関わる職人さん(それも本物の一級品を作るような方)に意見を求めるとまた話が違ってくるかもしれません。

長文になってしまいましたが、読んでいただければ嬉しく思います。

それでは失礼します┏○ペコッ

こんにちは。着物の着方ですが、昔は、胸もお尻も協調してちゃんと3Dで着られていて、ずん胴になったのは近年のようです。
能や歌舞伎の衣装ですと、畳んだ平面の状態から持ち上げると、すごいボリュームの3Dになります。衣装を着る前の完成度は60%で、着る人の体形に合わせて着せる人が紐でアレンジして100%になります。まるでしかけ絵本のようです。提灯や七夕のお飾りのように、広げると立体になるのは日本人の得意なところで、isseyや川久保玲が多く取り入れています。ミーシャさんでしたら、コットンのカジュアル着物をかわいいクリップなんかであちこち留めて上手に着ていただけそうです。現代の若い方々は、ほとんど日本家屋で育っていませんし、日常で着物を着ることもありません。きっとその目に、日本のクラシックな文化はエキゾチックなものと写っていることでしょう。明治以降、日本の文化は破壊されてしまったので、勿論クラッシックな着物も素敵ですが、新しい楽しみ方を提案していただければと思います。楽しみにしておりまーす!
参考・・・井嶋ナギさんのブログhttp://nagi-ijima.com/
      能の演者でゲームプログラマー森田登さんhttp://watowa.blog.jp/

着物はファッションであると定義して、ニューヨークで活躍中のデザイナーさんがいます。
HIROMI ASAIさんです。2月にニューヨークファッションウィークで着物を中心にショーをされています。
http://nyfw.com/hiromi-asai
モデルさんの着姿はロングドレスのようでとても美しいと思いました。
https://www.youtube.com/watch?v=RkVcVBI5fns
ぜひファッションとしての着物を世界に広めていただきたいと思います。

Thank you for your information! I hope everyone can see the new modernization of Kimono with fashion-

Definitely mixing it up helps increase the popularity of the piece no? But also maintaining tradition is important. I don’t see why you can’t just do both.

Leave a Reply

Your email address will not be published.