VOGUE日本がめったにフィーチャーしないローカルなアイコンたちをピックアップ!ペリ、ひらり、Tiffany C、栗原類、アミアヤ…

vogue-japan-july-2013-vision-of-freedom-nam-8

It can’t be denied that magazines are an extremely important part of the fashion landscape here in Tokyo. That goes for all printed matter, in fact. In terms of fashion styles, Japan’s is the most segmented market in the world and each style/tribe/age/ladies/mens/orientation has one or several titles dedicated solely to that style like a Bible. I won’t get into that right now, because now I want to talk about that ONE Bible that everyone knows: VOGUE Japan. VOGUE-J is often considered one of the top VOGUES in the world, probably in terms of fashion editorials which are always top-notch. This is thanks to the amazing teams that shoot the best of the best in locations around the world. The style of photography for local mags is quite different from “foreign” glossy mags, and VOGUE tries to keep the global standard bar set high to appeal to their readership which wants fantasy. So anything shot locally tends to be the item shots for the catalog-like layouts or local celebrity interviews. 
 
雑誌という媒体が、ここ東京でファッションの情景を映し出す、とても重要なポジションに位置している。(特に世界で印刷物がまだまだ売れるのは大体日本だけ、とも言われるほど全ての印刷物は重要という)。事実、ファッションのテーマにおいて、日本のものは世界でも有数の、細かくカテゴライズされた特有の市場である。雑誌もすごく多く出てる日本はジャンル、年齢、レディース、メンズ、族… それらのどれもがひとつ、もしくはいくつかの、まるでバイブルのような「スタイル」にその身を固める雑誌がほとんど。またその話はしてみたいと思いますが、今回は一つの雑誌にしぼって… 誰もが知っているVOGUE JAPAN について。
 
VOGUE 日本 は VOGUE の中でも、世界的にトップクラスのクオリティであると有名である。おそらく常に超一流であると、ファッション界での定説とされている。それは世界の中でも有数のベストロケーションで撮影ができる環境と、トップクラスの素晴らしいチームのおかげだろう。よりローカルなファッション雑誌の写真のスタイルは、海外のハイファッション雑誌とは異なる。VOGUE は全体として、国際的な標準値をファンタジックなものを望む読者のために、より高い位置で保とうと努めている。なので、「海外」というイメージを反映させるためにVOGUEは日本でファッションシューティングをめったにしない。こっちで撮るとしても物撮りや日本セレブの撮影ぐらいでしょう。
 
vogue-japan-july-2013-vision-of-freedom-nam-9
 
 
But sometimes, they come out with something produced locally that shows off why Tokyo is so cool. And it’s funny that these shoots tend to star the young people of the streets rather than Japanese models or actresses (……*crickets*). So in revisiting the July issue of VJ, there was a really cool street-style shoot that featured some really interesting characters that you may or may not recognize from around town. It was shot by Seoul-based street photographer NAM of STREETFSN. He shot a really good pic of me at the last Tokyo Fashion Week, so he’s quite good. Even if it’s odd VOGUE didn’t ask local street photographer Shito Rei to do it.
 
だけどたまに、東京がなぜこんなにクールなのかということを引き出すような、東京なりにプロデュースされた物と一緒に姿を現すことがある。面白いと思うのは、これらの撮影が日本のモデル、または女優よりもむしろ通りを歩いている若者を出演させる傾向にあること 苦笑。VOGUE JP の7月号を振り返ってみると、本当に興味深い、個性豊かな人たちを特徴とした、クールなストリートスタイルのシュートがあった。それは “STREETFSN” の、ソウルを拠点としたストリートフォトグラファー、NAM によって撮られたもの。NAM は前回の東京ファッションウィークで、とってもイイ感じの私の瞬間をカメラでとらえてくれた。彼の腕は確か。VOUGE USにはTommy Tonがついてると同じように、VOGUE日本にはNAMがいる。
 
vogue-japan-july-2013-vision-of-freedom-nam-5
 
Peli : Pameo Pose select shop director and best known as the edgiest, most fashionable DJ in the city. Her own style is very vintage pin-up inspired with the curled Monroe hair being her signature.
 
Peli: Pameo Pose は、エッジが効いた人物であるということでよく知られている、Pameo Pose セレクトショップのディレクター。また、街で最もオシャレな DJ であるという顔も持つ。彼女のスタイルは、ヴィンテージピンナップからのインスパイアを強く受けていて、カールがかかったモンローヘアーは彼女のトレードマークとなっている。
 
vogue-japan-july-2013-vision-of-freedom-nam-4
 
On the left is Hirari Ikeda, the New Muse of Harajuku thanks to her dun-give-a-fuk attitude towards fashion and being the “face” of the coolest shop in the city, DOG, since she works there. Hirari’s own wardrobe and skill at putting together wild outfits is much better than what is displayed on this page though, you can see some at her Tumblr.  The girl on the right looking ecstatic is “Katie” shop staff Risa Nakamura.
 
左手に見えるのはHirari Ikeda。原宿のニューミューズは彼女の “なんでもファッキンあり” というアチテュードで、Hirari はまた、最もクールなショップのひとつ、”DOG” で働き始めて以来、ショップの顔になった。Hirari 自身を包み込むその衣装、それからワイルドなコーディネイトを組み上げて作り出せるそのスキルは、このページで表現できないほど素晴らしく、そのいくつかはみなさんもTumblr で、もっとHirari の魅力に迫れる。それから最高にご機嫌な様子の隣の彼女は、 “Katie” のショップスタッフ、Risa Nakamura。
 
vogue-japan-july-2013-vision-of-freedom-nam-2
 
Rui Kurihara and Tiffany Cadillac.
 
Rui is the breakout male model in the past year here reaching celebrity status, and it’s all because he’s an inherent “debbie downer” pessimist that the public finds endearing. He’s come a long way from starting as a Non-no model, but he did tell me once that his dream was to walk in Milan or Paris. Hey man, getting in VOGUE ain’t half bad either.
 
Rui は生まれながらに市民の心を惹きつける力を持つ”ペシミスト”というようなキャラでブレーク。彼は永らくメンズノンノのモデルを経て、セレブまで登りつめた。だけど実際の彼の夢は、ミラノかパリを歩くことだと、前に一度私に話してくれた。ねぇ Rui, VOGUE の位置を手にすることは全然悪いことじゃないよ? 
 
vogue-japan-july-2013-vision-of-freedom-nam-3
 
 
Tiffany is a rad chica who has been taken under the wing of several big name brands like GVGV and Vive Vagina. These outfits they are in kind of look silly but there are some Harajuku kids who dress very similarly. Of course, it’s far more DIY and not so “royal” looking…and wearing head-to-toe luxury brands is REALLY rare in Tokyo these days.
 
Tiffany Cadillac は、GVGV や Vive Vagina 等の、いくつかの名のあるクールなブランドをバックに持つ、いかしたラテンアメリカンガール。これらのアウトフィットは一見思慮無くも見えるけど、だけどほとんど同じように服を着る一部の原宿キッズがいるからね。もちろんそれは想像を超えるほど、自分で製作しなきゃいけないことが多くて、やった結果このラグジュアリー度のような立派に見えないだが…。それからここ最近の東京では、この写真に映ってるような徹底的に高級ブランドを身に着けるということは非常にレアになったし。
 
vogue-japan-july-2013-vision-of-freedom-nam-7
AmiAya, singers/the faces of street brand Jouetie
AmiAya シンガーであり、ストリートブランド “Jouetie” の顔でもある。
 
The girls are fun to hang out with, and often travel in a pair dressed to complement each other. I hear they are trying to make their image edgier to reflect their tastes as artists, but this shot doesn’t help that, does it? Last I counted they were 25 but you wouldn’t know from this shot… I have to wonder who signed off on this.
 
この二人のかわいい子ちゃんによく会うけど、いつも元気をくれるほどエネルギッシュ。双子だけあって、よくペアで洋服着てみたりして、お互いの距離が縮まったり、二人で一人みたいな一体感が生まれたりする。彼女たちはアーティストの持ち味として反映させようと、「エッジが強いというイメージ作りを意図的に行なっている」と私は聞いたけど、このショットはかわいすぎて逆効果かも…汗汗
 
vogue-japan-july-2013-vision-of-freedom-nam
 
Ikumi and Misa Uramine- budding designers
Met them for the first time recently and was smitten with their poise and confidence for being so young. Oh, maybe that’s because they are the only girls from Japan invited to the debutante ball in Paris this year? They are planning a brand to debut in Paris and it sounds really incredible and it’s sure to get ample buzz. It doesn’t help that they’re young, beautiful and ricch0rs too.
 
Ikumi と Misa Uramine。新鋭デザイナー。
つい最近、初めてお二人と会ったけど、とても若いというのにその冷静さと溢れる自信に驚かされた。多分それは彼女たちが、最近パリで初舞台を踏む(デビュタン)日本人として、唯一の女性たちであるからかもしれない。Ikumi と Misa はパリでデビューするためのブランドを企画していて、まさに順風満帆で、十分な結果を出せることが間違いない。だけどそれはただ単に若くて美しくて、品が良いだからというわけではなく、紛れも無いIkumi と Misa の実力である。
 
There’s more in the July issue of VOGUE Japan, which *is* available for purchase on the iPad— SO much cheaper than the print version (like $5?!), if you’re so inclined!
 
VOGUE JP 7月号にはまだまだ盛りだくさんの情報が!なんとiPadで購入ができるよーーーしかも印刷物である雑誌よりも、値段が買いやすかったり(450円)… !もしみなさんご興味あればぜひ!
 
 
Vogue Japan July 2013 issue :
Editorial: A Vision Of Freedom
Photography: HB Nam
Styling: Saori Masuda
 
Asst editor: Yoshi Peter