OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日、ベルリンへ行く飛行機で荷物紛失事件にあった。ふたつ預けていたスーツケースのうち、失くなったのは私物の着替えが入っていたで、私はいきなりもうひとつのスーツケース(ベルリンの友人たちへ東京から持ってきたおみやげ)と、飛行機で着ていたラフな洋服という心もとない装備でドイツの寒空の下に放り出されたのだった。

市内へついた私はとりあえず最低限必要な下着やパジャマ、セーター、ジーンズなどを買わなければ!と思った。しかも、東京でも使えるような無駄にならないもの。…もちろん行き先は決まっている。ユニクロだ。

ユニクロは自社の作っている服を”ライフウェア”と呼んでいる。なんか前に”ライフウェア”をデビューさせたとき、私を含め多くの人が新ラインを立ち上げたのだと勘違いしたけれど、つまりライフウェアとはユニクロの服すべてを指す。ユニクロのもつ数々のラインやコラボレーションシリーズももちろん、総称してライフウェアと呼ぶ。おそらく、ユニクロは、”ライフウェア”という新しいワードを強く打ち出すことで、”ファストファッション”との差別化を狙っているのだと思う。「私たちが作っているのはファストウェアではない、ライフウェアだ」そんな、ブランドの想いが込められているのかも。

今ではすっかり、ユニクロといえば”機能性”というイメージが出来上がっているが、もはや機能性が高いからといって単純でシンプルな服ばかりというわけではない。ブランドDNA事態自体は多くのラインから作られていて、たとえば人気のイノベーティブ系(エアリズムやユニクロスポーツ)や、クリエイティブ系(Ines de la FressangeやUT)など。それから、ユニクロがプレミアムデニムの研究をしているとか、NYの美術館MOMAとコラボしてるなんて初耳だった。そこで、奥の深いユニクロというブランドについて、先月東京で開かれた巨大な展示会にもお邪魔して、そのDNAリサーチしてきたのでみなさんにシェアしたい。つまり、いったいどれぐらいコラボを今はたしているか、どんな風に生地の機能性を上げているか、「ベーシックな服だからユニクロのコレクションをレポートしない」のを敢えて徹底的にレポートします。世界的ブランドなのに、SS 2017年の展示会をするのはここ東京で1日だけ。スペシャルな瞬間をおすそわけです。(自分が想像した以上に大規模なブランドのため、展示会から少し間が空いてしまい、時間かかったのですが、こっち発のブランドとして誇りを持っていただき、そしてこの情報を活用させていただければ、と思っております)。では、ライフウェアのツアーを始めましょう!

Recently, on a trip to Berlin the airline lost my bag. It had all of my basic items in it, leaving me in the German chill with just my airplane clothes and souvenirs I`d brought. As soon as I got into the city, I went to the only place I wanted to go to get what I needed and would want to use when I got back to Tokyo, getting underwear, a warm sweater, scarf, jeans and pajamas. Of course, I went to Uniqlo.

Uniqlo calls it’s clothing LifeWear. When the brand debuted this “LifeWear” moniker a couple years ago, it was understandably mistaken to be a separate collection by me and many others. But, it simply refers to Uniqlo clothing as a whole, encompassing all of the smaller lines and collaborations within it. I imagine the brand asserts this LifeWear concept so strongly, so as to draw a line separating it from fast fashion. “This is not fast wear, this is life wear,” they deem to say.

The brand has become synonymous with “functional wardrobe” but it goes beyond being a few basic pieces. The brand’s DNA is made of a matrix of lines, some that come from an innovative stance (like AIRism, and Uniqlo Sports) and others that come from a creative stance (Like Ines de la Fressange and the UT t-shirts) that certainly take a little bit of digging to grasp. For example, did you know Uniqlo has a new denim laboratory? Or that it is collaborating with the MoMA in NYC? No? Well, I’ve done the research for you, at their massive  2017 spring/summer exhibition held in Tokyo last month. Because it’s considered a “basic” brand, no one really bothers to talk about its new collections. Well since I`m a rebel and a workaholic, I`ve set out to decode the DNA here for you. Despite being a global brand, Uniqlo only holds their press exhibitions in Tokyo for one day, so getting a peek at what is to come for SS 2017 is quite special.

(this brand is SO much bigger than I first expected, so bear with me as we tour through it all)

uniqlo lifewear 2017 SS street presentation
“street” scene ストリートのシーン

ユニクロのライフウェアコレクションの今回の展示会は、10個以上のラインからなっていた。展示会の日はそれぐらいのラインをミックスされたコーディネートが、ライブファッションショーという形で発表されるユニクロの展示会は、とても見ごたえがある。ショーは、ストリート、ワーク、パーク、ホームという4つのライフスタイルシーンで構成されており、各シーンをシュミレーションするようなスタイルで行われた。とてもリアルで、現実的なパフォーマンスはすごく勉強になった。最近バーチャルリアリティ(VR 仮想現実)とか、オーギュメンテッドリアリティ(AR 拡張現実)、人工知能(AI)、機械学習などのニュースばかり見ている私には、”リアルさ”が良い薬になった。

(PS: 人種を超えたインターナショナルカップルをショーでみることが好きだった。)

More than just a static exhibit of SS 2017 clothes, Uniqlo nailed in the LifeWear concept, by taking 10 of their lines and mixing them into wardrobes, presenting them as a live “fashion show”. It was based on 4 lifestyle scenes: street, work, park and home. This concept really hit a note with me, because even though the lifestyles were simulated, it was all very real and down to earth. Recently I can’t even open up a news website without another article on virtual reality or augmented reality or artificial intelligence or machine learning. Getting a dose of “realness” actually made me sigh with relief.

(PS:  I loved seeing all of the interracial and international couples in the show.)

uniqlo lifewear 2017 SS work presentation
“work” scene お仕事場のシーン
"Park" scene. パークのシーン
“Park” scene. パークのシーン
"home" scene ホームのシーン
“home” scene ホームのシーン

さて、ラインを見ていきましょう。そして、ライフウェアの”building blocks”とはいったいどういう意味なのか、2017ssはどんなものが出るのか、注目してみましょう!

So let’s dig through the lines and learn what the building blocks of LifeWear really are, as well as see what’s coming up for spring summer 2017.


Uniqlo DENIM

preview of uniqlo denim innovation center in LA

ユニクロが、ロサンゼルスにあたらしいデニム研究所を建てたというのが、今日の一番のビッグニュースだろうか。ユニクロは、その研究所を”Denim Innovation Center”と名付け、プレミアムデニムレーベルのJ Brandからデニムのエキスパートを迎えている。生地作りからカット、洗い、仕上げ、デザインまで自社で行っていて、予想よりだいぶリーズナブルな印象だ。リサーチの結果は、2017awコレクションまで解禁されないらしが、ディスプレイの中にはすでに興味深いピースもあったので注目したい。ひとつは、とてもカラフルで、”ミラクルエアデニム”と名付けられたもの。もうひとつは、裾のレーザーカットのアヴァンギャルドなデニム。今までは、デニムの研究や開発を委託してきたユニクロだが、新しい研究所を持ったことでさらに、革新的なものづくりを自社で続けていくことを可能にした。

The biggest news of the season is that Uniqlo is opening a denim research center and laboratory in Los Angeles called the “Denim Innovation Center”. Borrowing members from premium denim label J Brand and more in LA, the denim experts will experiment with fibers ,cut, washes, finish and design but keep it all reasonably priced as we expect. The result of this research won’t be seen on shelves until AW 2017, but I saw some really curious things on display already. One was a very colorfully named “Miracle Air Denim” fabric, as well as a pair of women’s jeans with a really cool laser-cut hem. Until now, Uniqlo had outsourced its denim research and development, but with the new research center, it will be able to keep its innovations within its own walls.

rolls of uniqlo denim on display at Tokyo SS lifewear exhibit 2017

jeans on display at Tokyo SS lifewear exhibit 2017

innovative denim techniques on display at Tokyo SS lifewear exhibit 2017

denim damage finishing on display at Tokyo SS lifewear exhibit 2017


AIRism

AIRism clothes on display at UNIQLO lifewear 2017 SS exhibit in Tokyo

日本でおなじみのエアリズム。肌に直接触れるライトウェアインナーの名前で、ヒートテックのように、暮らしを快適にするインナーのシリーズのこと。多くの国の多くの人が、ショーツやエクササイズパンツやタンクトップまで、エアリズムシリーズをもっているのではないだろうか?実はこのエアリズムの素材がとてもすごい。展示会場では、湿気をバキュームのように吸い取るデモストレーションが行われていた。ポリエステルが入ったチューブには蒸気が居座り続けたものの、エアリズムの方はすぐになくなり湿度も下がった。さらに、体から放出されるアンモニアも吸収してくれるらしい。日本の旭化成(WOMEN商品)や東レ(MEN商品)など、協力企業により開発されているその素材は、ユニクロエアリズム、このラインのみで使用可能と定められているそうだ。

In Japan, AIRism is very nearly a household name, referring to lightweight inner wear that’s meant to be worn closest to the skin. Much like its winter counterpart Heattech, many of us in clammy countries already have drawers full of AIRism pieces, from shorts to exercise pants to tank tops. The AIRism fabric is quite impressive, acting like a vacuum sucking up and vaporizing humidity and moisture instantaneously, as demonstrated in tubes of wet air. The polyester didn’t stand a chance. Also, it eats up ammonia (ammonia is found in body oils and body odor), diffusing it and breaking up the odor molecules. Developed in cooperation with Japanese fabric companies Asahi Kasei (for the women’s products) and Toray (for the men’s), these innovative fabrics are only found in the Uniqlo AIRism line of clothing.

airism vs polyester on display at UNIQLO lifewear 2017 SS exhibit in Tokyo

airisim womenswear on display at UNIQLO lifewear 2017 SS exhibit in Tokyo

airism on display at UNIQLO lifewear 2017 SS exhibit in Tokyo

arirism ammonia demonstration on display at UNIQLO lifewear 2017 SS exhibit in Tokyo


Uniqlo SPORTS

uniqlo SPORTS designs on display at Uniqlo Lifewear 20177 SS exhibit in Tokyo

私も大好きな滝沢直己さんが手がけているユニクロのスポーツウェアライン。伺ったお話によると、ユニクロは、一般的なスポーツウェアよりも幅広く広めていくつもりだというまた、縦横無尽にストレッチの効くワークパンツもあり、それはまるでアスレチックパンツのような機能性を備えていた。(これなら走っても問題ないので電車を逃すこともないですよ!と、スタッフの方が言っていた 笑) さらに、血の巡りをよくする効果のあるストレッチが効いたレギンス(血の巡りが良いと、足が疲れにくい)もあったのだが、ハイエンドのスポーツウェアブランドでは8000円以上するところ、ユニクロでは約2000円。運動選手以外の人も気軽に手が出せる価格設定だと思う。

One of my favorite Japanese designers Naoki Takizawa has now taken reign of the sportswear line within Uniqlo, and I was told the brand is really pushing to expand the line beyond basic nylon coats and spandex pants.  Then there were the work pants that look like dress slacks but stretch both horizontally and vertically like athletic pants (“You can run in them, so you know, you won’t miss your train!” I was told gleefully). Then there were the athletic leggings, with panels that stretch to help keep one’s blood circulation in good condition. Better blood circulation means the legs and feet don’t get tired as quickly. These types of leggings are often seen in high-end sportswear brands, but at 8,000 yen (abt 75$) and above, these low-priced 2000-yen Uniqlo ones can be worn by more than just hardcore athletes.

windbreaker by uniqlo sports on display at Uniqlo Lifewear 20177 SS exhibit in Tokyo

meanswear uniqlo sports on display at Uniqlo Lifewear 20177 SS exhibit in Tokyo

 works pants by uniqlo sports on display at Uniqlo Lifewear 20177 SS exhibit in Tokyo

sports bra by uniqlo sports on display at Uniqlo Lifewear 20177 SS exhibit in Tokyo


SPRZ NY
(エスピーアルゼット ニューヨーク)

SPRZ with MoMA NY designs on display at the Uniqlo Lifewear 2017 SS exhibit in Tokyo

このコラボには驚いた。まさか、ユニクロがニューヨークの現代アート美術館MoMAとコラボをしているとは!このライン名前は、Surprise(サプライズ)に由来していて、 様々なアーティストがグラフィカルをアレンジしてTシャツに落とし込み、「あっ」と驚くようなアートを発信していくプロジェクトを意味する。ドレスやスカーフ、ハット、バッグなどもあった。このラインも、私のお気に入りのひとつだ。

This was one of the most surprising for me, as I had no idea that Uniqlo had been collaborating with the Museum of Modern Art (MoMA) in NYC. The name comes from the word “surprise”, and it sees a number of artists getting their work arranged on items that go  beyond T-shirts. There’s dresses, scarves, hats and bags here. The graphical styles are the most fashion-forward in the entire lineup, and befitting the “SPRZ” name of the collection -it’s also my favorite.

SPRZ with MoMA NY designs on display at the Uniqlo Lifewear 2017 SS exhibit in Tokyo

polkadot SPRZ with MoMA NY designs on display at the Uniqlo Lifewear 2017 SS exhibit in Tokyo

abstract SPRZ with MoMA NY designs on display at the Uniqlo Lifewear 2017 SS exhibit in Tokyo

QR code pattern SPRZ with MoMA NY designs on display at the Uniqlo Lifewear 2017 SS exhibit in Tokyo

 

こちらページ2で UT, Ines de la Fressange, Hana Tajima, Uniqlo U,そしてディズニーのMagic For Allのラインアップをご覧ください!

There’s too many photos so please go on to PAGE 2 to see lineups from Ines de la Fressange, the wildly popular UT, the avantgarde Hana Tajima, Uniqlo U from Christophe Lemaire and Disney’s Magic For All