スケルトン付け襟にキャンディーやバラの花びらを入れ込み、”ラブリー”をクールに見せるYUKI INOUE

yuki-inoue-vinyl-collar-Union

Just when I think the detachable collar trend has been around the block and scraped the bottom of the barrel, I come across designer/artist Yuki Inoue’s vinyl collars. The lovely little trinkets like rose petals, candy and flowers he fills the clear accessories with appear to be suspended in glass at the collarbones. 
 
His collars as a brand are a new venture for him and he’s currently only available at Secret Museum in Harajuku and GARTER at Kitakore, but they are both the perfect homes for his work. 
 
もうすでに、ありきたりで出尽くしている、取り外し可能なカラー(襟)のことを考えていたときに、デザイナーでありアーティストであるYUKI INOUEのビニールカラーと出会った。それはビニールの中に入れ込んでるラブリーなバラの花びらやキャンディーがまるで首根の上に浮いているように、私の眼に映った。
 

ブランドは本格的に立ち上がったばかりながらも、すでに力のある原宿の Secret Museum とキタコレの GARTER で入手可能となっている。しかしどちらに行くにしても、彼の作品を取り扱うホームとしては完璧な場所。

yuki-inoue-vinyl-collar-Altogether

 

yuki-inoue-vinyl-collar-Candy-Collar

 

yuki-inoue-vinyl-collar-Roses

 

yuki-inoue-vinyl-collar-Carnations-2

 

yuki-inoue-vinyl-collar-Kiku

 

yuki-inoue-vinyl-collar-lace-Up-Black-Rose

 

And if the detachable collar trend DOES bottom out, he has lots more to fall back on or evolve to; he’s also a working artist making headpieces for magazines like TEN (10), creates clothing and is a pretty talented painter as well.
 
もしも取り外し可能なカラーのトレンドが限界に達したとするなら、井上氏は更に頼られる存在になって、カラーもより大きな進化を遂げることになると思う。その他にも彼は、TEN などの雑誌のためにヘッドピースを作成するアーティストでもあり、また、洋服を作ると同時に、とても才能豊かな画家としての一面も持っている

 

yuki-inoue-vinyl-collar-NEON-O'CLOCK-Harness-2

yuki-inoue-vinyl-collar-NEON-O'CLOCK-Harness

yuki-inoue-Winding Up

yuki-inoue-Mathmatical Bridge

He has an online shop as well for the collars, and even though they are handmade they only ring in at about 12,600-14,700yen (120-150$)

Check em out here, and know that the designer takes requests/special orders for the “fillings” of his collars.

井上氏はオンラインショップも運営していて、全てがハンドメイドなのにも関わらず、わずか¥12,600~¥14,700で手にすることができる。

まずはここでチェックしてみて。それから井上氏があなたのカラーの「詰め物」の特注やリクエスト等、色んな相談を受けてくれるのも、知っていたほうがいいかもっ!

Yuki Inoue
服飾デザイナー
ロンドンを拠点に活動後帰国

透明ビニール素材をベースにラムネやドライフラワーを使った付け襟、ヴィンテージ素材のパッチワークを使ったLaforet Harajukuショップスタッフユニフォーム等、ジャンルにとらわれず作品制作を行う。衣装・小道具製作としても雑誌UNIONやロンドンファッションウィークオフスケジュールショー等、様々なアートプロジェクトに参加するまた、ペインティング・ドローイング作品をLaforet HarajukuイベントスペースやロンドンOld Spitalfields Marketのアートフェアに出展、と服飾デザイン以外にも幅広く活動する

Asst editor Yoshi Peter