Photo By Celia Humphries

クリエイティブが必要とされる業界のリーダーでいることにおいてもっとも必要な能力は、これだ!って言われる自身を象徴するスタイルを確立することだと思う。それが作家であれ、音楽プロデューサー、グラフィックデザイナーや画家に、スタイリストであれ、その人として認識される”何か”がその人の興味をひきつけたり、良くも悪くも評価の対象となる。

それがファッション業界ならなお必要なことであって、ビジュアルがほとんど全て。

スティーブジョブスのタートルネックやアナウィンターのボブカットといったように、歴史に名を残す人物には揺るがないスタイルが必要不可欠だ。

けれど、それ以外の私たちは?自分を確立するオリジナルスタイルを見つけることは難しい。みんながみんな世間の注目を浴びるような服に対する鋭いアンテナを持っているわけではないし、パーソナルスタイルとやらは居心地の悪い世界や不安をはねのける鎧とかを作り上げる元凶にもなりうる。(よくないとわかっていてもやめられないストックホルムシンドロームみたいな。。。)私も自分のスタイルを変えることが恐怖になっていて、変えたくてもやめることができない!みたいなもどかしい悩みがここ数年続いていた。

けれどやっと決心がついて今に至る。やっと自由よ!って(笑

そんなわけで今日は個性とは何なのか。どう見つけるべきなのか。そして、その確立したパーソナルスタイルから抜け出せなくなったトラウマと、実際にそれを破るための突破口について話します。どうぞ、お付き合いください★

One of the most important skills to have as a leader in a creative industry is the ability to create and cultivate a signature style. Whether a person is an author, music producer, graphic designer, painter or stylist, the people with a recognizable style gains them more attention and notoriety. It’s especially true of fashion, the most visual medium of all. From Steve Jobs’ black turtlenecks to Anna Wintour’s bob, these people had unwavering style and will go down in history with it.

But what about the rest of us? Finding one’s own distinct personal style is already incredibly hard. Not everyone has the eye to find the type of clothing that will speak for them so they don’t have to. Personal style can become a comfort in an uncomfortable world, a billboard for your creativity, an armor for your own insecurity, and sometimes it’s an unrelenting captor (stockholm syndrome, for real). I struggled with the fear of changing my personal style, and it was an ongoing battle within myself for the past year or so. I’d like to talk here about what personal style is, how to find it, and the trauma & breakthrough that comes with tearing off the skin of “personal style”.

Photo by Celia Humphries

自分のスタイルってものを確立するためには、とにかくなんでもやってみる、着てみる、試してみることに限ると思う。もちろん若くして”自分スタイル”を確立した天才もいることは確かで、もちろん彼らもそこへたどり着くまでにいろいろあったと思うけど。

例えば、ティーンジャズピアニストのマッピーに、双子のアミアヤは二人の持つ世界感をブランドにまでしてしまったわけだからとても参考になる。ヨシっていう男の子は中学生ながらに世界のブランドからも注目されつつあるインフルエンサー。本当に彼ら、彼女たちのセンスには脱帽しちゃう!

けれど、残された私たちにとってパーソナルスタイルを探すということは一生をかけた旅のようなもの。私の代名詞とも言える「原宿カワイイ」スタイルにたどり着くまでには、ゴスもやってみたし、イザベラブロウのようなスタイルを取り入れたこともあった。

けれどそのカワイイスタイルにたどり着けたからこそ任された仕事があったことも事実。ニッキーミナージュの衣装を手がけたり、ブランド マークスタイラーとのコラボレーション、NHKワールドのカワイイインターナショナルの司会やテレビや雑誌の取材など。カワイイスタイルがなければ、ここまで来られなかったとも思う。けれどこのキャッチーなパーソナルスタイルが”客寄せパンダ”のように興味だけを引くものにもなりうると感じた。(ベタな例えかもしれないけど、本当のことだと思う。)

The only way to find one’s own personal style is to try. a. lot. of. things. There are a few ingenues who just ‘know’ what they like from a very early age, and of course they get a huge head start on getting attention and buzz for their craft. Those girls (or boys), like teen jazz pianist Mappy, or brand directors AmiAya are great examples of people who turned personal style into a way to boost their careers. Now there is young Yoshi who is a precocious teen getting attention from major brands around the world. Brava, guys!

But for the rest of us, finding a personal style is a lifelong journey. I dabbled in goth, then Isabella Blow-like sculptural millinery before landing on the colorful Harajuku “Kawaii” style, just as it was emerging as the hottest thing in the world. That personal style landed me jobs I would not have achieved without wearing it, like designing for Nicki Minaj, collaborating with Mark Styler, and working with NHK World among many TV and magazine appearances. My knowledge and skill set was still important to get the jobs done, but the personal style was the catchy title that gets the “clicks”  on me in the first place (this metaphor is so lame but it’s true).

Circa 2012

そして、ちょうどこの頃からウィッグをかぶり始めた。素のままの髪型ではちょっとつまらなかったから、毎日違う髪型も含めた頭からつま先までトータルでファッションを楽しみたかった。若い子にとってファッションウィッグは普通のことであったから、特に何も気にしなかった。ウィッグブランドも立ち上げていたから、計算するとウィッグ歴はかれこれ6年になる。そしてその最後の方にウィッグ被らないと自分じゃないと思ってしまった。楽しめるファッションじゃなくなったかもしれない。

これがこのまま奇抜な格好で一生い続けるんだ!と本気で思っていたミーシャ史の中の「カワイイ時代」。死ぬまでこの格好でいるんだ!ってね。

きっとそれはそれでよかったとも思うけれど、カラフルな格好やユニークなシルエットのアイテムを身につけることに対して、もうサプライズとワクワク感が弱まった。それにトレンドは日々変わっていく。スポーツミックスなモードスタイル、ヴィンテージにギークガール…

新しくて面白そうなスタイルを試したかったけれど、ずっとこのカワイイスタイルでいなければいけなくて、他に道はないんだとも思い込んでいた。全部がどうにかなるまでリハビリが必要なのかな。。。なんて思ったりもした。

決断を迫られたような気分だった。有名になれたカラフルで、キュートなカワイイスタイルを貫くべき?自分のしたいように気まぐれなトレンドを取り入れたスタイルに変えるべき?だから歴史上のアンナピアッジのような存在になるか、またはただのキャッチーなインスタガールになりたいの…?

This was around the time I started to wear wigs. To me, nothing was too wild or outrageous, and I would get so bored that I couldn’t go a day without wanting to change my hair style. In Japan, fashion wigs for young people are quite common so I didn’t worry about any stigma (and if other people didn’t like them, I could have cared less). I even developed my own wig brand Plumb and wigs became a way of life for me for 6 years. In the end, I realized that it was the wigs, not the fashion, that held me hostage.

There was a point in time during the “kawaii” era  in which I really thought I would dress like that forever. “I can wear this wild stuff until I die!” …yes, of course I can, but fast forward three years later and I was extremely bored. I felt that I had mixed and matched so many colors and shapes on my body, the rainbow had melted into a brown mess. Plus, the trends were changing. Athletic-mode, and then vintage and geek girl… the styles were new and exciting and I wanted to move on, but felt like I had no choice but to stay that way. I felt like I needed to enter some kind of rehab to let it all go.

It was here that I had to make a decision; do I stay with the same colorful, fun, cute, kawaii style that I had become known for? Or do I change with the trends, allowing myself to be malleable to their whims? Do I want to be a Anna Piaggi or just another Instagram Girl? ….

One way is to take note of the trends, but make them fit to you. This is truly a test for exceptional personal style, because if one can do this well, then they have won the game of style.

Circa 2011

パーソナルスタイルを持つにはいくつか方法があって、一つは自分に似合うトレンドを知っておくこと。そして、トレンドをひねさせて、自分に合わせること。これは意外な方法かもしれないけれど、うまくいけばもうその試合では勝ったようなものだもの。

どちらにせよ、パーソナルスタイルを変えることは怖かった。着る服を抑えめにしたり徐々に変えていくことから始めたら、「ミーシャ今日はなんだか地味だね。」なんて言われたりした。。。日本語で言うところの「心の準備が必要。」ってやつ。

本当にウィッグを取りたくて、もう何もかも全部脱ぎたかった。

時間が必要だったから、去年はたくさん旅をしてみた。日本の以外の場で多くの時間を過ごし、現地のローカルなトレンドを見て、現地のブランドやデザイナーの服を買って、現地で様々な「自分」を着てきました。

そしてこの春、とうとう時がきた!って感じた。ついにウィッグを取って、余計なものはいらない。これが私よ。アマゾンで買ったバリカンとキッチンバサミを使って自分で切った。やりたいように。好きなように!

そんなわけでそのままの自分でいることを自然に感じることができた。新たなミーシャで旅行をすることがたまらなく待ち遠しい!

ま、こんな熱く語っているのに、どう見ても私の服はまだ派手だ。そして「個性」や「可愛い」エレメンツは外せない。「大人可愛い」というのをよく耳にするけど、まさにそうかもしれない。

まだまだファッションに対する熱い心は健在だから、買い物中毒でリハビリもはさみながら(笑

そして何よりも、特別なひとときとともに写真を撮ってくれたセリアに大きな声でありがとうと言いたい。(素敵なヴィヴィアンのチョーカーも貸してくれたしね!)。「毎日がランウェイ!」

Either way, the idea of changing my personal style was terrifying. And as expected, as I toned down my clothes, some people called me out on it. “Well, you look boring today”… Shady. There’s a Japanese term that says, “kokoro no junbi ga hitsuyou” which means, “my heart needs to be ready”. I really wanted to take off the wigs, take off some fabric, take off some accessories… but I needed some buffer time.  So last year I spent a lot of time outside of Japan, traveling around, seeing global *local* trends, and shopping for small brands and designers there.

And then this season, I finally felt it was time. That I could finally FINALLY take of the wig. And shed some excess fabric. No more “armor”. Just me. My hair came off with it, with a men’s beard shaver I ordered on Amazon and some kitchen scissors that seemed sharp enough to do the job. Snip, snip!

I felt lighter, and so refreshed! And now I can’t wait to embark on a new sartorial journey, one that heightens me and speaks to who I am at this moment. And that moment is one that is still far too over the top and dramatic for a usual daytime romp. And elements of twisted kawaii and avant gardeism will never leave me. It haunts me. And the fashion obsession is still BURNING in my soul.

I want to thank Celia Humphries for taking my photograph for this special moment, I wouldn’t have done it with anyone else (and for lending the gorgeous Vivienne Westwood choker!).

Visit Celia Humphries Portfolio here