さて3月末と4月頭といえば、東京はファッションウィークと展示会の群!各ブランドからぞくぞくと2017awコレクションが発表され、情報の波に飲み込まれる前に前シーズン渋谷の街をジャックしたHAPPENINGのコレクションをおさらい!

新進気鋭の若手クリエイターたちによるパワフルな”ファッションランウェイatセンター街”は、道行く人たちの足を止め、目を点にし、口をあんぐりと開けさせた。そして衝撃を飲み込んだあと人々はみな携帯を取り出し必死に写真や動画を撮る。東京のど真ん中の渋谷のど真ん中、センター街は間違いなくあの瞬間、東京という町をリプレゼントし、「東京ファッション」を発信していた。

In Tokyo, the end of March and early April means that it’s fashion week and exhibit season, with a flurry of brands revealing their 2017aw collections on and off the runways. There is one collection that *especially* eschews the traditional catwalk for something more unique and surprising. That collection is called “The Happening” and while they brought it last year, their goods are now hitting the shelves and the new collections are hitting the stores (shout out to Destination Tokyo in Shinjuku!). So here is a belated but still VERY worthy look back at when fashion took over the Center-gai in Shibuya.

 

今回で6シーズン目となるTHE HAPPENINGのストリートジャックショー。参加したのは前回に引き続き参加の、KOSHIRO EBATA(江幡晃四郎)、MEG MIURA(メグミウラ)、TAKUMA(タクマ)の3名に加え、VANESSA NAOMI(ヴァネッサ ナオミ)、QUALWIN(クオルウィン カツ アヤノ)、TENDER PERSON(ヤシゲ ユウト)とマスクデザイナーのKOTARO SAKAZUME(コータロー サカズメ)の4名が初参加となった。

2020年の東京オリンピックに向けて、ファッションインキュベーション活動に力を入れているTSUTAYAが中心となって、これまで許可の下りなかった史上初のセンター街でのファッションショーを警察の許可を得て実現させた!
お金をかけずに若手のクリエーションを発表する方法としてストリートランウェイをやってきたディレクターの伏見さんは、「最近ストリートショーが増えてきたので何か他の方法を考えたいと思っている」と語っている。”誰もやっていないから意味がある”そんなクリエーターとしてのプライドが覗ける。これからどんなことを仕掛けてくれるのか、ますます楽しみな発言が聞けて嬉しい。

Can’t really believe it, but The Happening is now in it’s 6th season! Although the lineup does change every season, there were many familiar faces: KOSHIRO EBATA, MEG MIURA, and TAKUMA, plus new members VANESSA NAOMI, QUALWIN, TENDER PERSON, and KOTARO SAKAZUME.

The gig was supported by TSUTAYA, everyone’s favorite video and CD rental shop at the Shibuya Scramble Crosswalk, and it has been putting quite a bit of effort into supporting the local arts in the run up to the 2020 Olympics. So a high-five to them.

This was the first time anyone got permission to highjack the Center-gai and not get arrested or chased out for it. This was thanks to Tsutaya, but also to Kyoko Fushimi, the stylist and producer extraordinaire who doesn’t take no for an answer. Last season, she managed to get last minute permission to highjack the Ginza subway line (!). See what creation came from it:

KOSHIRO EBATA(江幡晃四郎)

「NIRVANA -涅槃-」
構築的なシルエットを曲線で表現。フォトプリントでデニムを新しい形で表現したという。”紐、ロープ”のディテールが特徴的だ。

“NIRVANA”
Koshiro has a thing for spirals and curves, and it lends well to this set of tribal made of ropes in braids and weaves.

 

MEG MIURA(メグミウラ)

アフリカ民族の自然と共存する生き方に普遍性と神秘的な魅力を感じコレクションに落とし込んだ。エレガントでプリミティブな女性の強さを発信。

KOTARO SAKAZUME(コータロー サカズメ)

内と外の境界として存在する(かもしれない)「実在しない部屋」を陶器のマスクで表現。

MEG MIURA & KOTARO SAKAZUME

This was also a tribal parade, with a mysterious mix of natural woven fabric in architectural forms. The masks are done by the master of face armor, Kotaro Sakazume

 

TAKUMA(タクマ)

TANGLEというアメリカの子供用のオモチャからインスパイアされ、排水管のパーツを組み合わせることでDIYファッションを魅せた。

Takuma said he was inspired by an american child’s toy called “tangle” , and he fused the clothes with colored pipes that twist in a sinister manner all while staying true to the Tokyo pop scene (I can’t help but be reminded of the marbled pipes toy I had…).

VANESSA NAOMI(ヴァネッサ ナオミ)

アンティークの着物や帯と異素材の組み合わせで生物の様なものが誕生したイメージだという。” fashionはエネルギー生命”メッセージを込めた彼女は山本寛斎の大ファン!

Vanessa Naomi says she is a huge fan of legendary designer Kansai Yamamoto, and one can see it in the wildly colorful creations that she made with antique kimono fabrics and obi.

QUALWIN(クオルウィン カツ アヤノ)

蛇をあらゆる観点から見てデザインに落とし込んだ。光る鱗のような皮膚、鋭い歯と自由自在にくねる身体や狩りの姿、それとは対照的な神経質で繊細な性格。いろんな表情を持ったファッションを作り上げた。

Qualwin by Katsu Ayano. This collection was inspired by snakes, as seen in a plethora of forms. There were scale-like shiny textiles,  and dangerous, slithery curves in the silhouettes. This was a varied and thoughtful collection for being so fresh out of the oven.

TENDER PERSON(ヤシゲ ユウト)

誰かが着てるからいい。SNSで誰かが投稿してたから良い。みんなが着てるから良い。そんな感情が当たり前に沸いてしまっている現代のリアルな問題を投げかけるコレクションにしたかったとデザイナーは語る。

Tender Person has a lot of of not so tender things to say. “Just because someone else is wearing it… just because someone posted it online…just because everyone is wearing it.. I created this collection to express a frustration with this modern fashion industry.”

See more at http://www.your-happening.jp/