serge-lutens-dior-9 So I want to share a story, one that has been inspiring me since it was privately told to me a few years back. It involves one of the most celebrated visionaries in history, Serge Lutens, and how he got started. The story is sprinkled with a message about believing in yourself, and also holding fast to your intuition and judgement of others. Here we go…

何年か前にミーシャが個人的にものすごい影響を受けた話をみなさんに紹介したい。それは、史上最上級ビジュアル アーティスト、メイク、フォトグラファーのセルジュ・ルタンスと著名仏日文化人のフランソワーズ・モレシャンによる話。そこには”自分自身のセンスを絶対に信じること”そして“他人を批評することの影響”というメッセージが込められている。さて… lutens3 A few years ago I found myself profiling Francoise Morechand for a long article in The Japan Times newspaper. She has been one of my confidantes in Japan, a guide and inspiration as a successful writer, designer and figurehead. My interview recalls her life, being born in Paris and moving to Japan in the 50s, going on to becoming one of the first western TV celebrities (“talento”) in Japan and then being majorly influential in the fashion industry, bring one of the founders of VOGUE Japan among many other accolades. Her history is fascinating in itself, and you can read all about it online (In English). But this particular story did not make the cut into the interview, and I have been sitting on it for YEARS.

数年前に「英字新聞ジャパンタイムス」にてフランソワーズ・モレシャンとのインタビューを掲載することになった。彼女はとても日本に友好的で、日本でエッセイスト、デザイナー、美術館のキューレーター、そして仏日文化交流のもっとも大事な存在の一人。ミーシャのインタビューは、パリで産まれ50年代に日本へと移り住んだ彼女の人生の回想のような感じ。彼女は日本のNHKのフランス語会話先生で初の外国人TVタレントの一人となり、キャリアはファッションを通して数々の素晴らしい成績をつんで、そしてなんっとヴォーグジャパンの創刊にも関わった。その魅力的な人生についてはオンラインで読める(英語で書かれてる)けど、これから紹介する話はそこには書かれていないこと。ミーシャはこの話から教訓を得た。 serge-lutens-dior-3 Francoise Morechand: “There was a time in the 60s where I left Japan and went back to work in France. You may not be interested in this part for the article since you’re focusing on my life in Japan, but I might as well tell it anyway. When I went back to France I found a job working in the office at Christian Dior in the cosmetics division. It was the period in time where women still dressed and coiffed conservatively. Women all wore hats and gloves to the office, and men always wore suits and ties. Always. It was very proper.” “My task was to find a new director to develop makeup for us. Makeup was still quite primitive…for example at the time eyeshadow was basically just blue. There was no variety.” “So I was looking at so many makeup artists’ portfolios, and I came across one. It was so artistic and colorful and creative. All the others in the office agreed that it was brilliant. I needed to meet the artist so I called him in. He was young but had started to make a name for himself. He was Serge Lutens.” (It was at this point in the interview I dropped my jaw and got goosebumps….. “You mean THE Serge Lutens?? Wait, …WHAT?? TELL ME MORE!”)

フランソワーズの言葉: “60年代に私は日本を離れフランスへ帰って仕事をしました。もしかしたら、日本での暮らしに焦点を当てているあなたには興味のない話かもしれないけれど、話した方がいいと思うから聞いてください。帰国したフランスで見つけた仕事はクリスチャン ディオール本社のコスメ部門。当時、女性たちはまだコンサバスタイルで髪もきれいにセットしていて、ハットを被りグローブをはめてオフィスへ向かい、男性はみんなスーツにネクタイ。これは不動のスタイルだった。” “わたしの役目は、我々のメイクアップを発展させてくれる新しいクリエイティブディレクターを見つけることだった。メイクアップという部門はまだまだ原始的で、アイシャドウといえば基本的に青と緑といった感じ。バラエティーに欠けていた。” “だから、いろんなメイクアップアーティストのポートフォリオを見て、ついに気になるのをひとつ見つけた。それはすごく芸術的でカラフルでクリエイティブだった。オフィスに居た他の社員たちもみんな賛成した。そして彼に連絡をとり会うことに。彼はすごく若かったけどフリーのメイクアップアーティストとしてスタートしたところだった。彼の名はセルジュ・ルタンス。” (ミーシャはそれを聞いた瞬間、衝撃を受けて空いた口が塞がらなかったし、鳥肌が立った。”え、まさかあのセルジュ・ルタンス?え?もっとお話聞かせてください!”そして彼女は続けた…) serge-lutens-dior-7 “So in comes Serge. The office was in an uproar. He was basically… a beatnik. A rebel. He had long wavy hair and wore a turtleneck. No jacket or tie. Well, he was just as amazing as I expected so I wanted to introduce him to my boss. My boss takes one look at him and decides “Never. At Christian Dior all men wear jackets and ties. That is final.” “I begged Serge to come in again and just wear a jacket and tie for my boss so he could get the job. “NEVER! I WILL NEVER WEAR A TIE!” he insisted. But my boss was stubborn as well… and even though we all knew he was perfect for the job he didn’t want to budge.”

“セルジュが入ってくるとオフィスがざわめいた。 ビート族だったの。癖っ毛のロングヘアにタートルネック。ノージャケットノーネクタイ。彼の素晴らしき、革命的なポートフォリオと作品を持って、ボスに彼を紹介した。ボスは彼がオフィスを去ったすぐさまに “ありえない。クリスチャンディオールでは男性は必ずジャケットをネクタイを着用しないといけない。これは絶対です。決定事項。”と言った。” “私はセルジュにどうかジャケットとネクタイを身につけて、もう一度来てくれと頼んだ。すると彼は”無理です!私は絶対にネクタイなんてしません!”と言った。困った!でも、見たことのないセンスを持つセルジュがこの会社にパーフェクトだとみんな分かっていたにもかかわらず首を縦にふらなかった。” serge-lutens-dior-8

serge-francoise Above: Serge Lutens at the time, and below that a photo of a young Francoise Morechand in Tokyo
上:当時のセルジュルタンスと若くしたフランソワーズモレシャン (東京で)

“After much prodding, my boss finally relented and allowed Serge to come in and make a new line of colors for Christian Dior. It was 1967 and they were incredible, like nothing we had seen before. We packed them up in a trunk that was used to package our haute couture dresses and we traveled around France to show the cosmetics. It was an incredible hit!” “Two years later the “May Day” revolution happened in Paris, where the young people rebelled against rules and poor conditions. We shut down the Dior boutique due to the riots. When we opened it again we no longer wore gloves or hats.” And as for Serge, he went on to work for Shiseido and create some of the most iconic images for the “inoui” line as well as for his own perfume. Serge had full control as photographer, makeupartist and creative director and it’s said he still owns the rights to all of these photos. Some of the commercials he created for Shiseido are SO surreal that there’s no way they would be allowed to be shown today. It’s amazing to me to hear how he stood fast on who he was as an artist; and it wasn’t about how he *looked* but *what* he created. The fashion industry often gets hung up on whether people fit the moulds, judging on style alone. Well here’s your inspiration to hold fast to who you are, and SHOW what you can do. Serge is ♥ Forever. The End.

“なんどもボスを説得し続け、ついにセルジュを迎え新しいクリスチャンディオールのメイクカラーを作ることに成功。1967年に出したそのカラーラインは革新的ですばらしかった。オートクチュールドレスのパッケージに使われていたトランクにその新しいメイクアップ商品を詰め、私とフランス中を周りそのコスメティックを宣伝した。そして大ヒットをおさめた!” “その2年後、若者たちが厳しいルールなどの悪状況に反発して、”労働改革”をパリで起こした。大混乱が生じたためクリスチャンディオールも一時閉店した。そしてもう一度オープンしたときには、もうグローブもハットも身につけなかった。” “セルジュはその後、資生堂で働くことになり、資生堂を代表する”インウイ”のイメージクリエイションをした。これは彼によるフレグランスライン。セルジュはフォトグラファー、メイクアップアーティスト、クリエイティブディレクター、ライティング全てを自分で行った。彼が手がけた資生堂のコマーシャルイメージはどれも奇想天外。ファッション業界は型にとらわれてしまうことが多い。ここにはあなたがあなたであるためのインスピレーションがある。何が出来るか示すことが大事。” みなさんはこのセルジュの作品、またはオマージュ的な作品を沢山目にしているはず。そして、アイシャドウの様々な色で遊んでるはず。これはフランソワーズがこの「例外」的な人の才能を見いだせて「NO」って言われても勘を信じた。そしてセルジュは外見や服装よりも、自分の内面と発想力を守ろうとしてブレなかった。 なんて素晴らしいリアルな話です。インスピレーションにして下さいね。 ♥ おわり

mode, architecture, beautŽ,

mode, architecture, beauté, mode, architecture, beautŽ,

-Misha Janette
-Natsumi Yasuoka

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette
FACEBOOK: MishaJanette
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

[srp widget_title=”最近のポスト↓Recent Popular Posts” widget_title_header=”h2″ thumbnail_width=”50″ thumbnail_height=”50″ post_limit=”4″ post_content_length=”70″ post_title_length_mode=”chars” post_noimage_skip=”yes” post_link_excerpt=”yes” post_date=”no” post_author_url=”no” post_category_link=”no” targetblank_links=”yes” layout_mode=”multi_column” layout_num_cols=”4″ vf_allposts=”yes” vf_allpages=”yes” vf_everything=”no” vf_allcategories=”yes” vf_allarchives=”yes”]