最もモダンで最もクールで最も旬な着物と浴衣ブランド:ヒロコレッジ by 高橋ヒロコ。この円と線の大胆柄に迷い込んできなさい。

hirocoledge kimono

If there were a place for kimono in a modern design aficionado’s life, Hirocoledge would be the ONLY brand you need turn to. A kimono’s silhouette does not change, therefore not only is it difficult to be innovative with them, they aren’t even considered fashion in Japan and are separated in the Japanese lexicon ( [“yofuku” western style] and clothing [ “wafuku” Japanese] ) . But if there is ever to be a case for including it on a runway then this would be it, dammit. 

Hirocoledge’s bold graphics….pop colors…. architectural lines…and mesmerizing dance of circles and waves… they are the brainchild of Hiroko Takahashi, the genius behind the robes.

現代のデザイン至上主義な社会にも通用する着物があるとしたら、それはHirocoledgeを除いて他にいない。日本を代表する伝統衣装、着物。しかし、完膚なきまでに西洋化された現代では、完全に時代遅れと認識されてしまいがちなうえにもっと言えば”洋服”と”和服”という言葉の隔たりからも分かるように、全くの別物として捉えられているのが現状。

でも、着物がもっとファッショナブルになって、ランウェイショーを行うようになったら…Hirocoledgeが着物に使うグラフィックは極めて大胆なものが多く、建築的なラインに円やウェーブを駆使して天才的な柄を作り上げる。まず何を隠そう、彼女自信が素晴らしい人物なのを説明したい。

 

hirocoledge kimono

takahashi hiroko

 First things first, this girl is amazing: Hiroko graduated not only post-graduate from the most prestigious art school in Japan, GEIDAI University, but she got her *doctorate* in kimono there as well….all the while running her company, Hirocoledge

These are not some cheapo printed pieces that you’re going to find at UNIQLO (although I would be SO stoked if they did a *cough* collaboration together!). All of her prints are made by artisans using only legitimate, time-tested traditional techniques (ie, stop-resin dyes “Yu-zen” from the Meiji Period). Know the difference? This technique allows the pattern to show through on either side of the fabric, unlike prints which fade on the underside.This is like an artisan sewing Hermes or Louis Vuitton bags…. you can tell a knockoff by how patterns don’t line up at the seams, etc.

 

彼女の素晴らしい点は、もちろん日本国内でもトップの芸大出身ということもそうだが、それだけでなく着物において博士号を獲得しその後現在に至るまで自分の会社”Hilocolede”を経営しているというところ。同じ着物と言えど、某ファストファッションブランドの代物とは全く異なる彼女の着物(彼女がデザインをしたコラボ着物があれば話は別だけど。ね、ね、ユニクロさん)。その柄を染色するにも、日本の伝統の染色技術”友禅染”を用い、熟練の職人が一つ一つ丁寧に施している。

 
この伝統技術が現在主流のプリントと違う点は、友禅染は裏表無く均一に染まるということ。この行程を見ていると、エルメスやルイヴィトンのバッグを作るプロセスとも通ずるものを感じる。丁寧は制作というか、たとえば縫い目のところまで柄と柄が綺麗に合わせていることで、ラグジュアリーブランドの本物という証拠になる、と同じように。さすがだな、とため息がでる。

 

Takashi considers herself an artist, and since I have been following her for 6 years now (she was one of my first ever subjects right after I graduated in my fashion column for The Japan Times) she has branched out into blanketing her swirls onto lifestyle products like textiles for furniture, cloths (tenugui), notebooks, lamps and more.

タカハシさんは、彼女自身の活動を”アーティスト”として動いており、それに何を隠そう私が卒業して初めて書いたジャパンタイムスのコラムが彼女のことだったからかれこれ6年にも及んで彼女のことは追跡していることになる。今までに、着物以外にもこのプリントを用いてテキスタイルや家具、手ぬぐい、ノートやランプなどのライフスタイルグッズを手がけて来た。
 

chairs

 Even her origami paper is achingly cool!

But she started out in Kimono and Yukata and she wears her creations so well…in fact from the very beginning she has always been her own model and she pulls off the designs with aplomb. Let me get “mi-ha” for a second: SHE IS SO CUTE!

そしてそれだけでない彼女の魅力、それは彼女を見て頂ければ分かることだが、彼女自身凄く美人だということ。なんだかミーハーな響きになるけど、彼女が着るからこそ殊更際立つこの作品達なのだ。彼女のかわいさでブランドの顔になり、セルフポートレートまで話題になっている。
 

To get her products you can head to some of the best design shops in the city, like the design store at Roppongi Hills for the Mori Art Museum. Or, you can go to her online shop here.

But if you’re hankering for a kimono you’ll have to visit her at her studio over by Akihabara in the (somewhat) newly christened “AKI-OKA 2k540” shop and studio complex (an impossible name to remember! C’mon!!). There she works on her art, when she’s not jetting around the world showing exhibitions or working on window displays or museum displays. 

彼女の作品について興味を持ったという方は、六本木ヒルズの森美術感のデザインストアや、ブランドのオンラインショップでご覧頂けるので是非クリックしてみて下さい
 
そしてもっと彼女のデザインの心髄に触れたいと思ったあなた、秋葉原の”アキオタ2k540というショップ兼複合スタジオにある彼女のスタジオでは年に何回かエキシビションなどの催し物も行われているので、こちらも是非チェックしてみて下さい。

She even makes me reconsider my policy of not wearing yukata/kimono myself because I love the graphics so much…

彼女の着物を見てからというもの、私の中での着物のイメージがガラっと変わってしまい、俄に興味が再沸しつつある今日この頃です…


With UAMOU, a popular character designer who has an atelier next to Hirocoledge in AKI-OKA

AKI-OKAでお隣になっているキャラクターアーティストのUAMOUさんとの作品

http://takahashihiroko.com/ 

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー