ルヌルヌの2013年の別次元コレクションとそのミューズ、赤毛のアイコン Sioux。

Let’s talk about Runurunu and then let’s talk about muses. 

Runurunu is a blade runner of a brand as it is iconically consistant with it’s zippy colors and swirly seams, and it’s tough to put an era on it, even though it may seem to decidedly have dropped somewhere from the immediate future. Like it’s just one step ahead and you’re getting the remnants of wearable duds from something more fantastical. This type of fashion is starting to spread and gain more popularity as other designers like Veveroppuu and Algorithm also join in the “patchwork” club of neon and curvy seams. The construction of these pieces CANNOT be easy, as those are not prints you see, they are all seams and they give the clothing a hyper-real 3D shape. Runurunu is not even too “manga/anime” yet, I think it is a great beginner brand to try out this otaku-inspired fashion. There are definitely some chic pieces in there even tho most die-hard French-chic Rick Owens fan could rock.
 
このブログでも何度か登場している東京ブランド、Runurunu。今回はその新作と、ブランドのミューズについてお話したいと思います。
 
Runurunuの象徴といえば、鮮やかなカラーブロッキングに切り替えを多用した洋服。フューチャリスティックでありながら、そう遠く離れてもいない、まさにすぐそこまで来ている近未来のような印象のこのスタイルは、今では他のブランドにまで派生し、VeveroppuuやAlgorithmなどもこの鮮烈なカラーブロッキングを取り入れた作品を作っている。新作を見るたびに、パターンの複雑さに目を見張るこれらの洋服達は、一見するとプリントかと見まがうようなラインまで全て別布で切り替えられている。そのことによって生まれるハイパーリアルな3Dシルエットはまるでフィギュアの洋服かのようだが、実際に来てみると思いのほか非現実的では無いのも魅力。マンガっぽくなりすぎず、上手くシティウェアに落とし込まれたこれらの洋服からは、Rick Owensなどにも通ずる構築美が感じ取られる。
 
 
 
 
 
 
So then let’s also mention “muses” because if you’ve seen Runurunu’s catalogues before you’ll recognize Harajuku icon Sioux is the model for all of them. It’s safe to say she is the muse for Runurunu even though designer Kawabe hasn’t come out to purport as much. It’s actually really great to see a Japanese designer take a muse, one who actually embodies the brand down to her DNA (alright, alright, the red hair isn’t natual….but it might as well be by now!). She wears the brand like no other. In fact, I ran into Sioux on the train just last week and was wearing a new 2012 FW Runurunu piece while showing me previews of this lookbook. As more and more individualistic, polished girls and boys start coming out of Harajuku and Shibuya’s woodworks, we may start seeing some more muses taking their rightful place in Japanese fashion history. Who do you think will be next?
 
そしてそのブランドの世界観を一身に体現するのが、Siouxちゃんa.k.a.原宿の赤髪アイコン。Runurunuのルックブックのモデルをデビュー当初から皆勤で努めている彼女は、このブランドのミューズとしての位置づけを確固たるものにしてきた。ヨーロッパのデザイナーなどに良くみるこのミューズとデザイナーの関係性を、東京でここまではっきりとした形で持っているのは他に思い当たらない(川辺さん自身がこのことについてどう捉えているかは定かでは無いが)。いずれにせよ、Siouxちゃんがこのブランドのモデルにピッタリなのはルックブックの写真を見れば一目瞭然で、彼女以上にこのブランドの洋服を着こなせる人はこの世にいないんじゃないかとさえ思えてくる。ちなみに数週間前に偶然、電車でSiouxちゃんに遭遇した時にも同じくRunurunuの作品を着ていた。もはや日常生活にまで馴染ませるSiouxちゃん、こりゃ本物だわ。彼女の際立つ個性の影響もあってか、今原宿、渋谷界隈では久しく見ていなかった個性的なストリートチルドレンを目にする機会が増えてきた。これから先彼女、彼の中からSiouxちゃんに続くファッションミューズが誕生するのか、しっかりと目を見張っていようと思います。
 
Archive pieces / アーカイブ作品: