Categories
Style Book | スタイルブック Swarovski

当てはまらない豪華さ、マスク編。Glamour, where I least expect it.

地下鉄をいくつか乗りついで、懐かしい風情漂う東京のイーストサイドをぶらついたあと、今日の目的地である小学校に到着した。土曜日だったこともあるけれど、ここに通っている子供達はとうの昔に卒業しちゃったみたい。

“デザイナーズビレッジ”と言われるここは、これから世に羽ばたこうとしているデザイナーや職人の卵を支援するためのいわば学校のような場所。一歩足を踏み入れるとそこは、達筆な文字により刻まれた”校訓”に古い建物と内装とがそのままの状態になった場所で、昔にタイムスリップしたような気分になった。日本のホラー映画を見たら、すぐに「ああ!これか!」って想像できると思う(笑

This place was further out than I had predicted. Then, a couple of transfers underground and a stroll through a traditional old-school neighborhood on the East side of Tokyo later, I arrived at my destination; a Japanese Elementary School. It was a Saturday, but the kids that attended here have been gone for a long time now. Now, it sits proudly as a collective and incubation for budding designers and artisans in Tokyo as Tokyo’s “Designers Village”. The brands here are either still finding their footing, or simply choose to work in camaraderie, among a group of truly unique and one of a kind brands. A step inside is a slip through time, with the old “school rules” in perfect calligraphy scrawled across the length of the ceiling, and all of the old structure and interior intact. If you’ve seen any Japanese horror movies, then you would recognize it immediately.

Photo: (c) Celia Humphries
Direction & model: Misha Janette

Categories
Style Book | スタイルブック

スタイルブック:ミニッツから時代の先を感じる Wearing the next era Per Minute

 

Time: 13:45
Location: Sasazuka
Theme: Wearing the next era Per Minute 〜ミニッツから時代の先を感じる〜

 

ここで着ている服はみんな、 Per Minuteという新人ブランドの作品です。昨年、H&M主催する若手発掘デザインコンテストのファイナリストだったというニュースが。どの辺が審査員の目を引いたのだろう?と思うと、一見ナンセンスに見える服には、どっか「今」と「ちょっと先」っぽいところを反映しているところかしら。「ちょっと先」というのがキーワード。斬新というか、ちょっと不気味なところが「ちょっと先」の味。馴染みがないので、二度見する。好きか、嫌いか、判断ができない。でもきっと、この先にはこういう服があるはず。若手のパワーはそこにあるかも。

Everything here is by a great new brand I ran across recently, called Per Minute. Chosen as a finalist in the H&M Awards contest last year, the collection wasn’t chosen but getting so far means that there is something in this wild mix that represents a facet of fashion for today with a dash of the fashion of tomorrow. That little bit of “tomorrow” is what makes you do a double take because it’s something that we are just not used to seeing worn yet. It’s a bit odd, a bit funny, and not always immediately flattering. But young designers have a way with reading the future, and giving way to new ideas on what can be considered cool or fashionable. All of this, is perhaps just around the corner…

 

Categories
Style Book | スタイルブック

当てはまらない系のランジェリーファッション for クリスマス 。Stylebook: An Unconventional Christmas…

12月。空気が澄み、空が高くなり、街はどんどん冬らしくなっていく季節。一年で最も雰囲気のいいシーズンかもなんて、毎年12月になると思うのだけれど、、、なんだかここ最近暖かいし本気の冬ファッションになかなか移行できずにうずうずしているファッションファンも多いのでは?

それならおすすめなのがランジェリーファッション。寒すぎるとできないから、やるならいまでしょ!クリスマスのロマンティックさも、女らしさも、大人っぽさも完璧に表現出来る新しいスタイルは最近私もはまっているファッション。今日はランジェリーファッション系でお送りします。

Christmas doesn’t need to be just about red velvet and white fur….even Santa Claus thinks that’s all played out by now. And with these (un)seasonably warm temps we have to be opportunistic by going more lightweight on the body.

Perhaps this is why I am slow to move to a “winter wardrobe”. It’s all there, ready to be plucked out of my closet, but I just can’t do it. Instead, I`m stuck on this lingerie fashion style, which just seems more fitting for the holiday season. But in an elegant way, not a crude one…

Categories
Style Book | スタイルブック Swarovski

スタイルブック:闇があるから光に気付く Stylebook: Because of the darkness, you see the sparkle

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

LOCATION: Tokyo Tocho-mae (City Hall)
TIME: 17:30
THEME: The Golden Time ~ゴールデンタイム~

クリスタルにとって、ゴールデンタイムとはいつか?無論、夜だろう。暗くなった空の下、動くたびに街の光を受けきらきらと輝くそれに、人々の目は奪われる。

それこそ”視(聴)率が高い”、クリスタルゴールデンタイムだ。

“Because of the darkness, you see the sparkle”

It was a race to beat the sun before the “super moon” took over at the day’s yawn. Cuteness needs the daylight! …It was a lapse in calculation, an unfair prejudice against the sparkle and pink veneer of the clothes. No, these constellation prints, boudoir vetements and bejeweled baubles deserved something… darker. In a sneaky pinch, we ventured into the urban heart, to embrace the pallid streets and black curtain of night…

Categories
Swarovski Tokyo Brands SS 2017 | 2017春夏の東京ブランド

9BijouxCloud 世界中のパーツを集めて作るMIXスタイルジュエリー。Get on the miniature “nostalgie” train with 9BijouxCloud

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-16-06-14

東京ファッションウィーク中、ショー とショーの間を縫って合同展示会をチェックしに行った。

どんなにタイトスケジュールでも必ず行きたいと思うのは、お世話になっているブランド、応援してるブランドに”say hello”しに行くためだけではない。

行けば面白いブランドとの出会いがあるからだ…

今日紹介したいのは、アクセサリブランド9BijouxCloud。身につける、全ての人にとって毎日が〝cloud 9〟(パイロット達の使う言葉で、〝ウキウキ〟〝最高にハッピー〟を表現した言葉) になるように…という思いを込めたブランド名だそうだ。トランクショーではこのブランドの前で、自然と足が止まり、手が商品に伸びていた…。

It goes without saying that with days packed full of fashion shows and writing up reports, Fashion Week is B-U-S-Y. But even so, there are many brands that opt for exhibitions instead of throwing a lavish runway presentation, and many of them are brands that I support and want to keep up with. So then it becomes a mad rush to get to the location, even if the tight schedule means that the actual time I can spend in one is just 5 minutes. Peeping in and giving that “hello!” is just as valuable as all the time in the world.

And going into one brand’s exhibit, often means another will be exhibiting in the same space. And this is how I can come into contact with so many new, interesting brands. And today, I`ll be introducing you to a fun brand I recently got to know, 9BijouxCloud.

img_1383

Categories
Style Book | スタイルブック Swarovski

ジュエリーの価値は値段だけじゃないもの。Stylebook: Grandmatic-ally Correct.

grandmatic 1

LOCATION: Sendagaya, Tokyo
TIME: 16:10
THEME: Granmatic-ally Correct ~ジュエリーの価値は値段だけじゃないもの~

世界の大富豪で、私のミューズでもあるDaphne Guinnessが、ジュエリーについて語っている。”ジュエリーは本物じゃなくても価値があるものだから。”…

One of the richest women in the world (and my muse) Daphne Guinness said; “Jewelry doesn’t have to be real to make a statement.”…

Categories
Swarovski Tokyo Brands AW 2015秋冬の東京ブランド

KOTA OKUDA: アヴァンギャルドな衛生の軌道に乗ったレトロフューチャリズム。The final frontier; collection of avantgarde satellite accessories by Kota Okuda

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-15-43-44

ビンテージスタイルが台頭しているここ最近のファッションシーン。そのなかに密かに流れている異質なムードに気づいた。…”近未来”。Kota Okudaさんのサテライトアクセサリはただ単に”未来感”だけじゃない。そこにあるのはなんなのか?

While fashion trends have been taking us to a myriad of eras with a pastiche of pretty vintage styles recently, there’s only one period which serves as a true constant in our fashion oeuvre.: the near-future. Kota Okuda’s satellite accessories aren’t bringing us the future per se, but rather the idea that the future is still out there to be discovered.

kotaokuda its collection

Categories
Swarovski

クリエイションの意欲を満たすべく、スワロフスキーのゲストブロガーに就任!Time to dazzle: Announcing my partnership with Swarovski Crystalblog

01

ファッションは、私たちひとりひとりをよりユニークに、よりスペシャルに、そしてより美しくしてくれる。そこがたまらなく好きだ。ファッションを見れば、喋らなくても”どんな人なのか”示すことができる。それは、言って見れば”言語”のようにメッセージをもっている、”ヴィジュアルテレパシー”だ。考えるだけで鳥肌が立つ。ビジュアルテレパシー…‼︎

ちょっと本題から話が逸れてしまったけれど、この度とても光栄なことに、ミーシャはスワロフスキーとタッグを組むことになった。スワロフスキーは、スワロフスキーのクリスタルを使った世界中のアーティストやデザイナーによるクリエーションを積極的にサポートすることで、もっと世界に魅力的でどきどきするような作品が生まれるようにと活動している…(続き)。

My favorite part of fashion is the part that makes us feel more unique, more special and more beautiful. It’s the part that commands attention from the people around us, that tells them who we are without us having to speak. It is a language of its own, like visual telepathy. Isn’t that amazing? Just think about it: “Visual Telepathy”!!! …but I digress.

So it is with great honor and excitement for me to announce that I am teaming up with Swarovski and their division which supports the creative minds around the world that use their Austrian crystals to create some of the most mind-blowing and dazzling creations of our time.

screenshot-2016-10-01-14-09-52