Categories
Style Book | スタイルブック

スタイルブック:新たなチャレンジへ Stylebook: Softer but harder with XANADU

Time: 10:30am

Location: Setagaya

Theme: Softer but harder.

知ってる知ってる、みんな何か言いたいんだよね。

そう、、、花柄を着てまーす!

っていうのは冗談で、新たなチャレンジ精神とともに生まれたヘアセットのいらない髪型。使うシャンプーは少なくて済むし、髪の毛もかゆくならないんだけど、どんな服を着たらいいか選んでしまうのも本当のこと。ボーイッシュなヘアーはどんな格好が一番似合うかってことにこだわりがあって、いままでしたどんな髪型よりも悩んじゃう!!

I know, I know. We should first talk about the elephant in the room.

…I`m wearing floral.

Alright, so having my real hair set free comes with a new set of challenges. I may be able to use less shampoo and have a less itchy scalp with this haircut, but this kind of hair comes with a mind of its own. That is especially true when it comes to picking out what kind of clothes to wear. A boyish cut is far more picky about what it likes to look good with, more than any other hairstyle I`ve ever had.

Categories
Tokyo Brands AW 2015秋冬の東京ブランド

さかしまに白を。Absurd in white.

Time: 12:30
Location: Yoyogi Hachiman
Theme: Absurd in white さかしまに白を

今回も続編として、文化ファッションコンテストのファイナリストをピックアップして、スタイルブックを通して紹介してます!たまたま集まった作品たちがみんな白だったのでデニムでアヴァンギャルドxカジュアルにスタイリングして見ました。

As a continuation to the last time, I am picking up some of my favorite finalists from the Bunka Fashion Contest this year. Just by chance I ended up with a group of white looks so I put them to denim for an avantgarde take on casual friday.

Categories
Style Book | スタイルブック

スタイルブック:ユティリティ ❤︎’s エレガンス Tu es Mon Tresor. Translation: utility, meet elegance.

misha janette models tu es mon tresor rabbit fur coat

 

Time: 14:30
Location: Hatsudai 3chome
Theme: The risk that comes with wearing jeans ~デニムを身につける、という冒険~

Categories
Style Book | スタイルブック

スタイルブック:ミニッツから時代の先を感じる Wearing the next era Per Minute

 

Time: 13:45
Location: Sasazuka
Theme: Wearing the next era Per Minute 〜ミニッツから時代の先を感じる〜

 

ここで着ている服はみんな、 Per Minuteという新人ブランドの作品です。昨年、H&M主催する若手発掘デザインコンテストのファイナリストだったというニュースが。どの辺が審査員の目を引いたのだろう?と思うと、一見ナンセンスに見える服には、どっか「今」と「ちょっと先」っぽいところを反映しているところかしら。「ちょっと先」というのがキーワード。斬新というか、ちょっと不気味なところが「ちょっと先」の味。馴染みがないので、二度見する。好きか、嫌いか、判断ができない。でもきっと、この先にはこういう服があるはず。若手のパワーはそこにあるかも。

Everything here is by a great new brand I ran across recently, called Per Minute. Chosen as a finalist in the H&M Awards contest last year, the collection wasn’t chosen but getting so far means that there is something in this wild mix that represents a facet of fashion for today with a dash of the fashion of tomorrow. That little bit of “tomorrow” is what makes you do a double take because it’s something that we are just not used to seeing worn yet. It’s a bit odd, a bit funny, and not always immediately flattering. But young designers have a way with reading the future, and giving way to new ideas on what can be considered cool or fashionable. All of this, is perhaps just around the corner…

 

Categories
Style Book | スタイルブック

スタイルブック:都会年 (トカイドシ) の2017年へ。Stylebook: 2017 is the year of METROPOLIS.

TIME:  10:30 AM
LOCATION: Minami-Aoyama
THEME: The Year of the METROPOLIS ~都会年 (トカイドシ) の2017年~

 

私がニュース系ブログを開くたび、テクノロジーにまつわる記事が溢れる。人工知能やバーチャルリアリティー、とくに自動機械に関しては”人間の仕事を奪われるのではないかという危機がある”とビビらせられるようなこともよく目にするこの頃。そういえば、このような「機械が怖い」時代は過去にありました。1920年代のアールデコを代表するサイエンスフィクション映画「METROPOLIS」では近未来や先進技術などを描いた作品ですが、それを起想させたスタイルブックを撮影したかった。この映画では、今にも崩壊しそうな街が舞台になっているが、私たちの暮らすこの東京というメトロポリスは実に豊かである。変化は、野に咲く花の数だけある; 高層ビルは毎月のようにスカイラインを変えるし、他言語翻訳のデジタルメニューもどんどん増えている!地域を上げて行われるセレブレーションイベントにも変化が!ということで、渋谷のスクランブル交差点で今年から始まった” タイムズスクエアスタイル”のカウントダウンへ足を運んでみた。とても混んでいたけれど、集まった人たちはみんなとても礼儀正しくて大きな混乱もなく楽しめた。やっぱり日本文化って素敵だとおもった瞬間。東京は変化の街だ。でも変わらないこともある。近未来が本当に怖いのだろう?本当は明るいように思える。そう思いたい。

Every time I open a news site, I am reading about the newest technologies that are going to change the world as we know it. Artificial intelligence,  virtual reality and especially the automated machines that are threatening to steal our jobs. I recalled the 1920s art deco-style film “METROPOLIS” about a futuristic and technologically advanced society. The film brings drama by showing the imminent collapse of the city, but in our own reality, the Tokyo Metropolis is flourishing. The changes are popping up around us like wildflowers; skyscrapers changing the skyline monthly! digital multi-lingual menus everywhere! and city-wide celebratory events! For the latter, I ended up at Shibuya Scramble Crossing for their first ever “Times-Square-Style” city countdown. It was crowded but not , and everyone was incredibly polite- Japanese culture wins again.  The city is changing, but some things stay the same.

 

Photos: Celia Humphries

 

Categories
Style Book | スタイルブック Swarovski

スタイルブック:闇があるから光に気付く Stylebook: Because of the darkness, you see the sparkle

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

LOCATION: Tokyo Tocho-mae (City Hall)
TIME: 17:30
THEME: The Golden Time ~ゴールデンタイム~

クリスタルにとって、ゴールデンタイムとはいつか?無論、夜だろう。暗くなった空の下、動くたびに街の光を受けきらきらと輝くそれに、人々の目は奪われる。

それこそ”視(聴)率が高い”、クリスタルゴールデンタイムだ。

“Because of the darkness, you see the sparkle”

It was a race to beat the sun before the “super moon” took over at the day’s yawn. Cuteness needs the daylight! …It was a lapse in calculation, an unfair prejudice against the sparkle and pink veneer of the clothes. No, these constellation prints, boudoir vetements and bejeweled baubles deserved something… darker. In a sneaky pinch, we ventured into the urban heart, to embrace the pallid streets and black curtain of night…

Categories
Style Book | スタイルブック

スタイルブック:ファッションの遊戯 Stylebook: Play Date With Fashion

j-misha4142%e7%b7%a8%e9%9b%86%e5%be%8c-copy

 

TIME: 22:10
LOCATION: Studio in Meguro
THEME: Play Date With Fashion ~ファッションの遊戯~

Categories
Style Book | スタイルブック

スタイルブック:高層的にハイなスタイル Stylebook: Sky Scraping Style in Shinjuku

OLYMPUS DIGITAL CAMERA Processed with Snapseed.

 

Time: 15:50
Location: Shinjuku Southern Terrace
Title: Sky-scraping Style ~高層的にハイなスタイル~

今日のシューティングは神がかっていた。:アメリカ通販サイトのショップボップでオーダーした服が理想通りで到着し、台風もゲリラ豪雨にも邪魔されずにいい撮影ができた。まだ暑さは厳しいけれど、ファッショナブルなオニューの服を着て新宿南口に新しく開発された巨大なエリアを散策。そこには素敵なウッドデッキの散歩道と、たくさんのカフェがある。

う〜ん、ここはもしかして、ただの駅ビルにおさまらない、ハングアウトの目的地になるのでは?

Today’s shoot came out of a two divinities: the outfits I ordered from Shopbop all arrived in well-fitting ready to rock condition, and there was no typhoon or rainstorm to flood us out. The mercury wasn’t as forgiving, but we can’t have it all. Traipsing around the new massive Shinjuku south terminal with its breezy wooden deck and endless choice of cafes in my fashiony duds, I wondered: is Shinjuku on the precipice of being a place that people can actually admit to going to hang out at?