Categories
Best Tokyo Shopping | 東京の買物 Fashion News | 最新情報 Japanese Brands SS 2016春夏の東京コレクション Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

日本発ラグジュアリーブランドはどんなブランド?それを探るPOPアップNEXT LUXURYをプロデュースしました。What does the Next Luxury Japanese fashion brand look like? That’s at the POPup shop I produced, NEXT LUXURY with Daimaru Shinsaibashi.

Screenshot 2015-12-19 00.40.37

最後の、第3戦「エッジ」がスタート!クリスチャンダダ、Leonard Wong, Nocturne #22 In C Sharp Minor, Op. Posth., フレイクがレアなことに大阪に登場!下記で各ブランドと並んでいる商品の一部を紹介します。

ポップアップのご紹介:
大丸心斎橋店で開催されているポップアップショップ、”ネクストラグジュアリー”のプロデュースに参加させてもらっている私。日本を牽引するパワフ ルなブランドをセレクトさせていただき、2週間おきに入れ替わるというとてもエキサイティングな企画!というのも、もうすぐアートデコ調の素敵な建物をリ ノベーションする大丸が、その前に行うこの大きな企画にミーシャを招いたくださったのだ。

ポップアップショップは大丸の一階、御堂筋側エントランス右横でやっているのでチェックしてね!(大丸にいったならウィンドウディスプレイを観るのも忘れずに〜デザインさせていただきました!)

 

I have put together a rather unique pop-up shop for Daimaru Shinsaibashi in Osaka, as they allowed me to experiment before they close down to renovate the Art-deco-era building. Over the course of 6 weeks, three groups of brands which represent the next generation of luxury fashion from Japan will be presenting an ample lineup of their newest collections and archives for sale.

We are now into the second of the three parts, on from Dec 16 to 30th. The theme is “Edge”

I have asked 5 brands who have a strong sense of self and stand out better for it: Christian Dada, Leonard Wong, Nocturne #22 In C Sharp Minor, Op. Posth., and accessories brand Flake. Please read about these special brands below and check out the store at the first floor of the grand Daimaru Shinsaibashi Department Store on the main Midosuji Road. (and don’t forget to check out the holiday windows I designed for them!)
Categories
Tokyo Brands | 東京ファッション Tokyo Fashion Week SS 2015

Deep inside the body with SOMARTA 2015 SS Tokyo ソマルタの深く追求した不思議な身体展、春夏2015コレクション

somarta-2015-spring-tokyo-21

 

“Where are the avant-garde Japanese designers??”. If a foreign fashion editor isn’t looking for street-style, then they’re usually on the hunt for some wild forward-thinking brands a la Comme des Garcons, Yohji, Junya, Issey, etc. High-fashion avant-gardism tends to be celebrated in Europe with more grandeur than here at home, so it’s tough to find. But one brand that they might be interested to meet is SOMARTA, if they aren’t on the checklist already. This is one of the most highly technical, business-savvy and experimental brands of Japan today.

On the flipside, local customer will be surprised to see just how couture and crazy Somarta is at heart. Their off-the-rack clothing is high quality and casual, but not overwhelming in any way, so it would take research to see just what they are. To remind us all how far they have come in terms of artistic fashion, Somarta has an exhhibition on the 7th floor gallery space of Shibuya Seibu now called “Body Geneaology”. This is timely…get there by the 19th!

The human body has played a big part in Somarta designer Tamae Hirakwa’s ouvre… which is kind of a “duh” since this is fashion, but I`m not talking waists and ankles. If you’re into the beautiful, the weird, and the the little bit gross or surprising, then this is for you. See below…

“アバンギャルドな日本のデザイナーはどこに?” ストリートスタイルにあまり目を向けていない海外エディターは、だいたいギャルソンや、ヨウジ、ジュンヤ、イッセイのようなアバンギャルドなハイファッションブランドに続くのはどこだろう?と求めがち。こういうブランドは国内よりもむしろヨーロッパで高く評価されているため、未来を担うブランドというと、探すのが難しいという現状がある。けれど、実は日本にはまだ隠し種があるかもしれない。ソマルタはハイテクニカルでビジネス力のある日本を代表する”アバンギャルド”といえるブランドのひとつだ。

一方、国内でもソマルタは人々を驚かせる最高のブランドの中心的存在。ハイクオリティでカジュアルな既製服でありながら他を圧倒するプロダクトづくりは、このブランドは何者なんだ?と興味をそそる。彼らのアーティスティックなファッションクリエーションを真近で感じる事ができる展示会が渋谷の西武、7階で開催中。タイトルは”Body Geneaology”。19日までやっているというので、とてもタイムリーなニュースです!

ソマルタのデザイナー廣川さんにとって、人体はとても重要な要素。それは、ファッションなのだからあたりまえじゃんっていう人がいるかもしれないけれど、美しく、すこし不思議でグロテスクな驚き、もっと深く追求したクリエーションを好む人にはうってつけのブランド。そんなみなさんはぜひ下記をご覧あれ。

somarta-2015-spring-tokyo-16

Photos by Mitsugu Uehara

Categories
Tokyo Brands | 東京ファッション

SOMARTA 2012 FW TOKYO, BACKSTAGE AND DETAILS. APPRECIATE ME NOW, NOT LATER.

“今”だからこそ、評価すべきソマルタ2012年秋冬コレクション。バックステージとディテールに迫る。

somarta backstage

 Somarta is perhaps trying to tell us something about appreciating them now rather than later. The collection was inspired by Goede crystals, rocks of glossy, fossilized rings in blue and pink with a diamond-like sparkle in the middle. But they don’t get that way in a day. The collection also had elements of religion like in the stained-glass inspired pieces (of
embroidered silk organdy), of incubation and birth, and Leonardo DaVinci…specifically his illustration “The girl with tousled hair” as we see in the twisty, clotted petticoat knits. Da Vinci is also someone who has benefitted in reputation by the passage of time. Incubation…infamy…

But what designer or brand wants to be remembered or appreciated only after a significant amount of time has passed? Designers are natural narcissists (as they should be allowed to be! With varying degrees, of course) so I am going to say “no one”.

So here you are; appreciate Somarta with some backstage shots and details from the collection below now, better sooner than later.

 

ソマルタが今回のショーで伝えたかったメッセージは、今まさにこの瞬間の姿を捉えてほしいということのようだ。今回のコレクションのテーマはジオードクリスタルという、中心部がブルーやピンクに輝く宝石にインスパイアされたもの。しかしそこには、予想を遥かに超えたエピソードがありそうだ。もう一つのイメージに、宗教的なテーマがあったこともあり、ショーではステンドグラスにインスパイアされたようなシルクオーガンジーのピースもあった。そこに見出すのは、孵化と誕生、そしてかの有名なレオナルドダヴィンチの不朽の名作”乱れ髪の女”の肖像。それに影響されたピースには、ひねりを加えたペチコート付きのニットなど。

ダヴィンチはそれと同時に、没後になってから高い評価を得た画家としても知られている。だからこその、今回のテーマの一つ、”今”なのだ。そもそもデザイナーにはナルシスト気質な人が多いんだから、(決して悪い意味ではなく、というかデザイナーはそうあるべきとさえ思っているのだが…)死んでからの評価よりも今評価された方がいいに決まってる!
そんなソマルタのショーのバックステージショットが届いたので、今すぐこれを見て、感じて、評価してみて下さい!

hair

more hair

mirror

heart

shoes

models ready

shoes

shoes

down jacket

walk

red

white piece

red up

crossing

red

red walking

tall

white

white black

up close

red walk

finale

lonely clothing

 Thank you to Yume Takakura for the awesome photos

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー

Categories
Outfits | コーディネート Photoshoots | フォトシューティング Press | メディア Style Book | スタイルブック

TOKYO FASHION DIARY 2012 DAY 2. AN IMPERFECT MANDALA IN SOMARTA SKIN.

東京ファッションダイアリー2012年秋冬2日目:ソマルタのスキン着用で無完成マンダラ。

wearing deface by daphne

Today was a sunny day. Still fucking COLD, but still, I count my blessings and took advantage of the sun’s shiny properties by offering it this Sawrovski belly necklace to bounce off of. And blind people with it’s sparkliness. I suited up in Somarta, not even making the connection that the show was today. Someone out there is watching over me. A fashion angel. *blows kiss*…

今日はなんて素敵な晴れの日だったな。ま、確かにまだめちゃくちゃ寒いですが・・。晴れという事で、今日はスワロのトップスで光の反射を思い切って遊びたくて付けてみました。反射激しすぎて回りの人間の目に危険を与えたかも知れなくて・・すいません>_<;;  w 

今日はソマルタのショーがあるって頭のどっかの奥の隅でしまってたのに、考えずにソマルタのスキンシリーズで合わせて着用しました。なんだ、私には天国から見守ってるファッションエンジェルがいるみたい。ラッキー。*投げキス*

back side

handpainted

swarovski necklace

united nude iris van herpen

full outfit somarta iris van herpen tokyo

Handpainted skirt: “Imperfect Mandala” collection by DE-FACE
Swarovski top:  “Imperfect Mandala” collection by DE-FACE
Both from GARTER
Seamless tights and top: SOMARTA
Shoes: Iris Van Herpen for United Nude
Purple/Brown wig: “Debut” by Plumb

手書きスカート: “Imperfect Mandala” collection by DE-FACE
スワロヴスキートップス:“Imperfect Mandala” collection by DE-FACE
両方はガーターで取り扱い
シームレスタイツとトップス:ソマルタの”スキンシリーズ”
シューズ:Iris Van Herpen for ユナイテッドヌード
ラヴェンダー/ブラウンのウィッグ:“デビュー” by プラム 

mami photo

インスタグラムでもめっちゃ光る。This things blew up sparkles even with instagram.

photos by Mami “mamitan” Tanabe

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー

Categories
Fashion News | 最新情報 Tokyo Brands | 東京ファッション

SOMARTA’s BLOOD-RED AND MILKY WHITE “TOUSLED” KNITS. TOKYO FASHION WEEK AW 2012-13.

ソマルタ2012年秋冬東京コレクション ショー。ヴァンパイヤー赤とミルキー白の”ほつれ髪”ニット群。

somarta finale walk

Somarta went darker than usual for fall 2012-13, beginning with a brown palette and prints that looked like animal print from the seats. I’m thinking “hmmm” …is this a new direction for Somarta?

ちょうど先ほど行われたSomartaのショー。始まりはブラウンなどの極めてダークなトーンが出そろった。そのあたりではまだ、”うーん、これが新生ソマルタ?”なんて思っていた。

brown somarta

And then it got dainty with blushy pink.

And then it got detailed with ice crystal accents.

And then it got tres interresante with ribbon knit ensembles.

And then it got RED with OOHH OMG Audrey Hepburn-worthy “new look” RED TEA ROSE SKIRT REDDDD.

And finally it got EXOSKELETON WIRE KNIT PETTI COATS LAYEREDGOODNESSYUMMM.

すると突然、淡く色づくピンクが投下される。

そしてそれを皮切りに、クリスタルのアクセントが加わえり始める

それに続くリボンニットも凄く美しい。

そして色づき始めたカラーパレットは、ついに真っ赤に染まる。

オードリーのニュールックを彷彿とさせるティーカップスカートが本当に本当に美しくて一瞬心臓が止まりかけた!!!

次に出てきた、スケルトンのワイアーペチコートをレイヤーしたコートのルックも素晴らしく、総じてお気に入りのコレクションとなった。もう心臓ストップ状態。

 

red coat

dress satin

ribbon knit

red rose skirt

white dress

white exoskeleton dress

dress

black layers

red dress

finale

somarta show

 

So, I liked it.
And Noritaka Tatehana provided his wonderful heeless shoes again, although they seemed to be the same “COMET” model from 1.5 years ago.

The collection was inspired by this illustration by Leonardo Ca Vinci, “Head of a woman with tousled hair”. Aye, messy, natural curls are SO in. 

そして先シーズンは見られなかったNoritaka Tatehanaの靴もカムバックを果たした!形は1年半前のコラボと同じコメットシリーズ。

今回のコレクションはダヴィンチの”ほつれ髪の女”というイラストからインスピレーションソースだったそうです。うん、ナチュラルカールが今年トレンド・インしてるね。^^

leonardo da vinci

I do miss the psychedelic visual experience of the past SOMARTA shows though. Remember the Adamantine? Epic.

あ〜すばらしい。でもヴィンテージのソマルタでみた視覚的な面でも刺激をうけたADAMANTINEなどのようなヴィジュアルがなくて寂しいな。それもいつかカムバックするのかしら?

spotlight

photos by Mami “mamitan” Tanabe

 

http://www.somarta.jp

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー

Categories
Fashion News | 最新情報

RANDOM ACTS OF FASHION: YAYOI KUSAMA DOTS VUITTON, SOMARTA AND MADONNA, SWEET TSUMORI CHISATO, JAPAN AT NYFW.

気になるファッションニュース!弥生草間xヴィトン公開、スイートなツモリチサト、ジャパンatNYコレ、&ソマルタがマドンナに提供したのは??

louis vuitton infinitely kusama yayoi

Louis Vuitton loves Japanese artists more than Japan does.
For real. The next artist collaboration features the best friend polkadots ever had, the infamous Kusama Yayoi.  The products themselves haven’t been revealed yet, but the “Infinitely Kusama” site is now open. It is sure to be AMAZEDOTS. (louisvuittonkusama.com)

ヴィトンの日本画家へのラブコールは耐えない。弥生草間のコラボが実現!
水玉の一番強い味方の弥生草間さんがヴィトンとコラボを果たしてる!商品はまだ未発表だが、オフィシャルサイトがオープンし、公開が間もなく。楽しみ!!(louisvuittonkusama.com)

 

Speaking of Kusama, she just designed this lingerie for Une Nana Cool.
It features the amazing yellow and black motif often seen in her pumpkin series. I know this sounds too childish to be associated with lingerie, but Iwant!Iwant!Iwant!Iwant! It’s available at Une Nana Cool shops from the 24th but will be sold early at Aoyama’s Spiral 1st floor from Wed 15-19th. (wacoal)

弥生草間といえば、このUne Nana Coolとコラボしたランジェリー
イエローx黒の水玉柄を用いたブラとパンツは可愛すぎて、アイ・ワント、アイ・ニード! 2月24日(金)より全国のウンナナンクール42店舗、ZOZOTOWN、ワコールウェブストアで発売します。また、2月15日(水)より19日(日)までの5日間、東京・青山のスパイラル1階に期間限定ショップがオープン! (wacoal)

yayoi bra

SOMARTA’s contribution to the Madonna Superbowl halftime show.
Seamless lace bodysuits for the backdancers. “We’ve been working on this since December,” tweeted designer Tamae Hirokawa. So incredible, otherwise presented without comment. See more: (V Magazine) 

ソマルタがマドンナのハーフタイムショーに提供したのは?!
そう!あの有名なシームレスニット“skin series”! “12月から取り組んでます”とデザイナーの廣川玉枝さんがtwitterでつぶやいた。圧倒的! (V Magazine)  

somarta for madonna

 

3.1 Phillip Lim’s 31 Hour Bag Series coming to Japan
I see this bag picked up all over western fashion news sites, so great to see it available over on our little fashion island. It will kick off with a launch at the Aoyama flagship on the 23rd before going on sale to the public. The motto for this is “For those who feel 24 hours isn’t enough.” *raises hand* I have this disease…SO HAPPY there’s a cure! Phillip Lim

3.1プィッリップリムのメガ人気バッグ”31時間バッグ”が日本でも発売
 海外ファッションサイトでよーく取り上げられてきた人気が耐えない31時間バッグシリーズがフィリップリムの青山店での23日ローンチ後、一般発売されます。『1日24時間では足りないあなたへ。』ていうのがキャッチですが、ワカる!24時間足りなさすぎー!!!!この症状はバッグで治るのってほっとするわ+_____+ Phillip Lim

31 hour bag series in japan

Maison KITSUNE opens first American shop.
Next month, A new hotel is opening in New York city called the NoMad (NoMad= “North of Madison Square”. … … … …^^;). INSIDE this new hotel will be Kitsune’s first North American boutique. You know Maison Kitsune as the music+fashion brainchild of Francophile Gildas Loaec and Japanese architect Masaya Kuroki. Mark your calendars! (kitsune.fr)

3月にMAISON KITSUNÉがNYにアメリカ初の直営店をオープン
来月、マンハッタンのNoMadエリア(NoMad=北マジソンスクエアー)に新しくNoMadホテルが誕生すると同時に、その中にMAISON KITSUNÉが直営店をオープン!メゾンキツネはフランス人のGildas Loaecと日本人の黒木理也さんによる誕生した音楽+カジュアルクローズのライフスタイルブランドです。(kitsune.fr)

kitsune

Taishi Nobukuni created the Agent Provacateur logo?!
Your totally random fashion trivia of the day: Japanese fashion designer Taishi Nobukuni drew the now-famous stylized and sexy typography for lingerie brand Agent Provacateur when he shared an apartment with creator Joseph Corre 17 years ago on Illustrator. The more you know! (agentprovacateur.com)

ランジェリーブランドのAgent Provacateurのロゴを描いたのはファッションデザイナーの信國太志さん?!
本日のまめ知識:「17年前にフラットシェアとしてた(創立者の)ジョセフの横でイラストレーターで描いてた。懐かしい。」って!今やあのクラシック+エロスを感じさせるフォントは誰だって知っているね。 (agentprovacateur.com)

agent provacateur

Laduree teams up with Tsumori Chisato for some extra-sweet macarons
Tsumori Chisato has produced a set of macarons and a sakura-scented candle for Laduree. I have never eaten so many macarons in my life than when I was in the Saint-Germain-Des-Pres Laduree boutique in Paris and I HAVE NO REGRETS.  The Tsumori ones are making me hungry…Mmm. From Mar 1 (WWD.com)

ラデュレーxツモリチサトの待望コラボ!
ツモリチサトによるプロデュースした限定マカロンセットは、これ以上スイートなマカロンはないでしょう。サクラキャンドルも発売〜3月から!! あぁ、数年前にパリのサンジャーマン・デゥプレのラデュレー店でどれほどマカロンを食べたか、本当恥ずかしいくらいですが・・いや、幸せすぎて恥なんてないわww (WWD.com)

tsumori chisato

Japan Leather Fair at New York Fashion Week with SOMARTA, Noritaka Tatehana, etc.
 If you’re in NY for fashion week right now, then too bad because you’re missing the great weather in Tokyo. Hah!Jokes of jealousy aside, if you ARE there and you’re press/buyer/industry pro, then check out the Leather Japan presentation and party on Monday night that will feature goods from my favorite brands SOMARTA, Aguri Sagimori, Noritaka Tatehana, Motonari Ono and No, No, Yes! among others 6:30-7:30pm at The BOX at Lincoln Center. leatherjapan.jp

レザー・ジャパン at ニューヨークコレクション!ソマルタ、ノリタカタテハナ等も参加
今NYFWで東京を離れてる方は残念!今東京の気候最高にいいわ!!ハハハ。 ってエンビーめいた冗談をおいておいて、月曜日の夜に開催されるレザージャパンのプレゼンテーションと パーティーはお忘れずに。人気日本ブランド(てか自分のお気に入りの)ソマルタ、アグリサギモリ、ノリタカタテハナ、モトナリオノ、No, No, Yes!なども参加。リンカーンセンターのThe BOX, 18:30-19:30。leatherjapan.jp 

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー

Categories
Fashion News | 最新情報 Tokyo Brands | 東京ファッション

FEEL AND THINK: A NEW ERA OF TOKYO FASHION. FUCK THE NOISE.

感じる服 考える服:東京ファッションの現在形。ファック・ザ・ノイズ

feel think fuukei

The “Feel and Think” (感じる服 考える服:東京ファッションの現在形) exhibit that features 10 Japanese fashion brands at the Opera City Gallery comes to a close on Sunday (25th) so I made a beeline there to see it before coming to the US. Half-way through it, not only was I thinking a million miles a minute, I was certainly feeling something too. 

Here, we’re being given an insight into the workings and the ideas behind what the brands stand for, and none of them were to be taken lightly. Most of them had their beating hearts stitched on their sleeves. I then had mind flashes of a lot of those big brands whose own stories are lost… to business and commerce. I’m sure there are dreams and fantasies and desires and stories behind the brands, but it just gets lost in the noise.

 

Well, fuck the noise.  

 

If there were ever a person who said fashion is nothing more than clothing, they need to see this exhibit. It really delves into so much more than the delusion of fame and half-inch integrity. This is where “exclusivity” isn’t meant for the “image” of the brand, but because resources for the operations are scarce and it really is meant to be special.

“感じる服、考える服:東京ファッションの現在形”というエキシビション。10の日本のブランドをフィーチャーした展示をしているこのエキシビションが今週日曜日、25日で閉幕してしまうということで、アメリカに旅立つ前に駆け込みで見て来ました!充実感満載のあるこの展示は、確かに歩いているだけでも見応え十分なのだが、その名前にあるように、確実に胸の中に何らかの感情を脇起こさせるラインナップなのだ。
こちらでは、それぞれのブランドが裏でどのように動かされているのか、またそのブランドに込められた思いなどが見て取ることができるんです。どれもとても意義深すぎて、見入ってしまう。

一つ一つの作品の、袖のステッチ一つ一つにもその意思が吹き込まれていてるよう。これらの精神でさえ、ビジネスやコマースといった現実を前にすれば薄れていってしまうのかと思うとなんとも複雑な気持ちになってしまった。いわゆる”ノイズ”だよね。

ファック ザ ノイズ 

こうなってくると、これらの阻害物が忌々しくさえ思えてくるのは不思議なこと。
もし、”ファッションなんて、所詮洋服でしょ。”なんて思ってる人がいるとしたら、今すぐこのエキシビションを見に行って欲しい!有名だからとか、そういったことに囚われずに、ブランドの真の姿を映しているから。貴重な資材を用いて、特別な行程を経て作られる洋服達。そこから生まれるものこそが、単なるイメージではなく本当のエクスクルーシブでスペシャルなものとなるのだ。

hnaotoPhotos from domusweb.it

It is so much better than the Japan Fashion Now exhibit at FIT last year, even. Each brand was given free reign over their installation space, and most of them used it magnificently. The “Feel & Think” exhibit is a small delight….brands on display are ANREALAGE, SasquatchFabrix, Mina Perhonen, Somarta, h.Naoto, Matohu, Keisuke Kanda, Mintdesigns, Writtenafterwards and Theatre Products.

正直、去年FITで行われた、”ジャパン ファッション ナウ”のエキシビションより遥かに面白い展示だったと思う。それぞれのブランドはインスタレーションの場も設けられ、そこでも素晴らしい展示を繰り広げていた。
参加してるブランドはアンリアレイジ、SADQUATCHfabrix, ミナペルホネン、ソマルタ、h.ナオト、まとふ、神田ケイスケ、リトゥンアフターワーズ、そしてシアタープロダクツ。

Keisuke Kanda was one of the brands I was the most excited to see, since he is such a mysterious creature. I feel like his clothes are made for a very specific subset…and while I “get” it, I don’t GET it. Lots of subversion…. happiness swaddled in loneliness… It’s real, as the clothing is tangible, but it’s set in a fantasy land different from my reality.  I want to know more, but keep it at arm’s length. A head trip. The antique lace and patchwork is amazing work, however!

 He told a story about falling in love (obsession?) with a girl he saw at the Bunka Fashion College library…poignant for me and my alma mater, but I don’t remember seeing any cute boys at the library ;)

(the sweater tatami mats I can get behind!)

神田ケイスケ。このエキシビションの中でも一番期待していたブランドの一つ。なんたって、ミステリアスこの上ないから。彼の作る洋服はあまりに独特で、着こなせる人が限られているから。私でさえ、難しく感じてしまう。破滅、寂しさに包まれた幸福、リアルで、まるで触ることのできるオブジェクトのような、ファンタジーの世界から来たような感じ。もっと知りたいと思いながらも、近寄れないような雰囲気。ヘッドトリップ。アンティークのレースとパッチワークの作品は秀逸だけど!ニット畳もおもしろい!

keisuke kanda feel and think

As for Anrealage…

I thought HOW did they get everything in this room to stretch and squish down?! I felt vertigo. Standing in front of the short and wide mannequins in the “shop” I nearly lost my balance because the vertigo was so strong. People just shouldn’t look like that…and it gave my head a trip. Contrastingly, the tall and long mannequins seemed as if they could come to life any second and take a giant’s swing at me.

(the fat and stretched receipts at the register were an amazing touch!)  

 Show notes say: The shop installation is called “Question the Standard” and features the 2010-11 collection “shortwideslimlong”.

アンリアレイジ。彼らが、一体どうやってあのマネキン作品達を想像、制作できたか?!と驚く。平衡感覚が惑わされて、クラクラしてしまう。実際の人間がこんな縮尺で現れたりしないことを願うばかり。それに併せてレシートもストレッチされているという遊び心。カワいい!
このインスタレーションの題名は、”スタンダードを問う”。2010年のコレクション、”Shortwideslimlong”をフィーチャーしている。

feel and think anrealage

Somarta has some incredible interior items, like a giant “drip” hanging from the ceiling, caught in a web of the brand’s own seamless knit. How many oil fields will I have to mine to be able to afford to 1)buy a house to fit it and 2) get it made in white? (see top photo)

It was an incredible chance to look at their creations up close, which is what needs to be done to appreciate the work.

Finally, I have to say Writtenafterwards had one of the most poignant installations of the show. It tells the story of an Eden where Adam broke a promise with the animals and peeked into their factory. ..what he found there was all the animals printing Zero-yen bills…. this installations was incredible!! You need to see it yourself.

Somartaでは、ブランドのシンボルでもあるシームレスニットに囚われた巨大な雫を模した素晴らしいインテリアアイテムが披露されていた。
すごくほしくなって、これを1)収納できる豪華家 2)白い番 を手に入れるため、どれぐらい金持ちにならなければいいけないでしょう?という質問が自分の中でわいてきた。ww
なにより、ソマルタの作品を間近で見られるなんて貴重な経験!近くで見れば見るほどそれらの作品の素晴らしさが分かるというもの

そして、何を隠そうWrittenafterwards。今回の展示の中でも一番辛辣なインスタレーションだったことは間違いない。ストーリーは、動物達との約束を破り、工場で0円札を印刷している動物のところを目撃してしまったアダムが、エデンの園を追われる。これはぜひ自分の目でみてほしい!

mintdesigns matohu feel and think

Mintdesigns and Sasquatchfabrix (a brand I was totally unfamiliar with) used “trash” for their installations, with the former making dresses out of shredded paper, and the latter making giant objects out of “zombie clothes” or items that have been discarded after becoming untrendy. 

It’s not just that these brands are good just because they are from Tokyo, they are excellent PERIOD. Go see the exhibit and rediscover fashion, you hear me?

Don’t forget to pick up a show catalog..there are special editions made from fabric of each brand and signed inside! I picked one up…I won’t say which one ;p

MintdesignsとSasquatchfabrixはどちらも、屑を使ったインスタレーションを披露していた。Mintdesignsはシュレッドされた紙で出来たドレス、Sasquatchfabrixはトレンドが過ぎて使われなくなってしまった”ゾンビ”アイテムを使ってオブジェを製作していた。

日本のブランド達がこれらの展示を、他でもない今この期間に作品を展示するということは、ただのインスタレーションとはまた違った深い意味があるように感じられた。
だから、残りわずかな期間ですが、是 非!!見にいってみて下さい!!!
会場には、それぞれのブランドが、独自のファブリックを使って作られ、サインまでされているカタログもあるからこちらも是非。全部素晴らし過ぎてどれにするかめちゃ悩んだ~> <!

opera city gallery info 

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー

 

 

Categories
东京时装 @zh-hans

SOMARTA东京2012年春夏

somarta 2012 ss

回忆今晚那万众期待的SOMARTA秀,我想到的是镀金的盔甲上衣和有着生动繁复的装饰艺术线条的紧身
衣。总而言之,这些无缝的紧身衣、紧身裤和上衣有着太多美丽的新图案,和以往波浪似的花海图案相比
显得更生动、更具部落感。

somarta tokyo spring 

somarta aves 2012 ss

somarta 2012 tokyo fashion week

somarta 2012 tokyo 

somarta tokyo night 

somarta 2012 closeup skin series

Photos by Mami Tanabe

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー