Categories
Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

ブラックのカムバック?!ネオカラス系など、かわいいよりかっこいい派の増殖。Is Kakkoii the New Kawaii? Why the Tokyo streets need black back.

aya-bambi-2

ネイビーブルーのドレスにブラックタキシードベストにヒールというシックな服で、手にはパステルピンクのハンドバックを持ち渋谷周辺を歩いていた夜のこと。それは、アバンギャルドでもゴシックでもなく、でも誰が見てもファッション系の人だなと分かるような、そんなスタイルだった。にもかかわらず、服に対して意味の分からない言葉をかけてきた男性の話を、まずははじめにさせてほしい。

“すみませんが…どうしたの、その服?お葬式帰り?”

 

うーん。。。。-________-

東京のストリートは、とても開かれた環境にある。デコラ、白塗り、ユメカワイイ…ジャンルを問わず受け入れてくれるそこは、まさに”なんでもあり”の世界。FRUITSの編集長、青木正一さんは”今はすごく支離滅裂な感じだから、もうすぐ大きなムーブメントが起きると思うよ”と話してくれた。”90年代の原宿みたいにね”。

ミーシャも昔はカラフルな原宿ストリートスタイルを着ていた時があった。”なんでもあり”ファッションは、人生のなかで1、2を争うくらい楽しいことだった。あの頃は、全く違う新しいことに挑戦したいという思いから、そういうスタイルを確立していった。ストリートはまるで96色クレヨンのようにカラフルで、にぎやか。でも、どんな色を着ても目立たない。

いや、ひとつだけ異質な色がある

…黒だ。

Just the other evening, I was walking home through the busy Shibuya neighborhood. I was in a chic but casual navy blue dress, black tuxedo vest and heels, and pastel pink handbag. It was definitely erring on the side of  “fashion”-y, but nothing avantgarde or gothic. Still, this dark ensemble was worn much to the chagrin of some random Japanese dude on the street. He couldn’t help but make sure I knew how annoyed he was with my outfit.

“Excuse me, but…. What’s up with those clothes? Did you come from a funeral or something?”

 

…….  -________-

There comes a point where trends become so heated that they boil over into a frenzy of incoherent parts. The streets in Tokyo have been like an open air discotheque, from the awe-inspiring costumes of decora or Shironuri, down to casual POP looks of Yume Kawaii. It is the era of “anything goes”. Editor in chief of FRUiTS Shoichi Aoki  even told me that it has become so disjointed that he suspects something big should happen soon. “It was like this right before Harajuku style appeared too, in the 90s.”

I have had my own heyday in colorful Harajuku street style, and it was some of the most fun I have ever had experimenting with “anything goes” fashion styling in my entire life. Street fashion has become like a 96-color box of crayons, with every shade represented. But no color in particular stands out among all the others.

Ah, but there is one… black.

Above: Black-color fashion icons Ayabambi

Categories
Best Tokyo Shopping | 東京の買物 Fashion News | 最新情報 Japanese Brands SS 2016春夏の東京コレクション Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

日本発ラグジュアリーブランドはどんなブランド?それを探るPOPアップNEXT LUXURYをプロデュースしました。What does the Next Luxury Japanese fashion brand look like? That’s at the POPup shop I produced, NEXT LUXURY with Daimaru Shinsaibashi.

Screenshot 2015-12-19 00.40.37

最後の、第3戦「エッジ」がスタート!クリスチャンダダ、Leonard Wong, Nocturne #22 In C Sharp Minor, Op. Posth., フレイクがレアなことに大阪に登場!下記で各ブランドと並んでいる商品の一部を紹介します。

ポップアップのご紹介:
大丸心斎橋店で開催されているポップアップショップ、”ネクストラグジュアリー”のプロデュースに参加させてもらっている私。日本を牽引するパワフ ルなブランドをセレクトさせていただき、2週間おきに入れ替わるというとてもエキサイティングな企画!というのも、もうすぐアートデコ調の素敵な建物をリ ノベーションする大丸が、その前に行うこの大きな企画にミーシャを招いたくださったのだ。

ポップアップショップは大丸の一階、御堂筋側エントランス右横でやっているのでチェックしてね!(大丸にいったならウィンドウディスプレイを観るのも忘れずに〜デザインさせていただきました!)

 

I have put together a rather unique pop-up shop for Daimaru Shinsaibashi in Osaka, as they allowed me to experiment before they close down to renovate the Art-deco-era building. Over the course of 6 weeks, three groups of brands which represent the next generation of luxury fashion from Japan will be presenting an ample lineup of their newest collections and archives for sale.

We are now into the second of the three parts, on from Dec 16 to 30th. The theme is “Edge”

I have asked 5 brands who have a strong sense of self and stand out better for it: Christian Dada, Leonard Wong, Nocturne #22 In C Sharp Minor, Op. Posth., and accessories brand Flake. Please read about these special brands below and check out the store at the first floor of the grand Daimaru Shinsaibashi Department Store on the main Midosuji Road. (and don’t forget to check out the holiday windows I designed for them!)
Categories
Tokyo Brands | 東京ファッション

ROGGYKEI IS PULLING THE SOFT CURTAINS OFF THE FUTURE WITH “NEW HORIZONS”

ROGGYKEIの新コレクション “NEW HORIZONS” でソフトな未来が迎えてくれそう。

roggykei_MG_9228

One of my favorite up and coming brands is Roggykei, which hail from Osaka. They have released their newest collection “New Horizon” at long last. They first presented it in Paris during fashion week in a show of wont for global permeance which is getting rarer in high-end Japanese fashion these days, methinks. Together with Balmung they had a great showing and I hear they are going again so if you’re industry and going to PFW in Feb., be sure to look them up.

日本のモードシーンで今一番”キテる”ブランドRoggykei。大阪を拠点とするこのブランドから、新作のNew Horizonコレクションのルックが届いたので紹介させて頂きます。このコレクションは、今シーズンパリコレクションのスケジュールの中で発表したもの。東京ブランドのBalmungと共に展示を行ったRoggykei、若手の日本人デザイナーでパリに挑戦する人が年々減少しているように思う昨今、頼もしい限りだ。来シーズン2013年秋冬でも参加するようなので、パリコレに行く人は是非チェックしてみて下さい。
 

roggykei_MG_8030

Now, to New Horizon. Roggykei transcends a lot of the Japanese brand cliches and they’ve got their own style; nonchalant futurism, with a heavy dose of mixing colorful organic and inorganic textiles in minimalistic yet graphical shapes. Their lookbooks are often very edgy, saturated, cool and quite in-your-face but this season the image is much softer. Two androgynous models wander a dreamy beach lanscape in creative, pale makeup. They almost look like two otherworldly beings whose spaceship crashed on the earth at this desserted beach.

そしてそして、今回のNew Horizon。Roggykeiのお家芸といえば、有機素材と無機素材を組み合わせたフューチャリスティックスタイルですが、今回はそこに更なるカラフルなマテリアルと、グラフィカルなシェイプが加わり唯一無二のスタイルを作り上げていた。そしてその世界観を引き出すルックブックは、例年のクールかつエッジーなものと比べ幾分かソフトな印象の画で展開され、アンドロジナスなモデルとメイクも相まり、さながら砂漠に不時着した宇宙船かのような様相。

roggykei_MG_8250

That is to say their designs haven’t totally softened, although it’s a new leaf to see knitwear and an abundance of chiffon in the designs. They so fluidly waver between menswear and womenswear that it truly seems to transcend gender-specific clothing. The laser cutting and high-tech textiles they use are stunning so look at the pics closely!

洋服の方はというと、これまであまり使われることのなかったニット素材やシフォンを多用しているのは意外だったが、それでも相変わらずのエッジーさは健在でブランドの新しい一面を見たような気がした。特徴的なメンズ/レディースを区別しないジェンダーフリーな展開、そしてもう一つのお家芸レーザーカットのハイテクなテキスタイルも十分に目を楽しませてくれ、ディテールにまで趣向を凝らした珠玉のコレクションとなっている
roggykei_MG_8114

roggykei_MG_8208
roggykei_MG_8347

roggykei_MG_8359

roggykei_MG_8395

roggykei_MG_8720

roggykei_MG_8777

roggykei_MG_8829

roggykei_MG_9006

roggykei_MG_9122 21.43.06

roggykei_MG_9164

roggykei_MG_9213
roggykei_MG_9276 21.43.01

roggykei_MG_9331 21.43.01

roggykei_MG_9424 21.43.01

roggykei_MG_9494 21.43.01

roggykei_MG_9609

 

 

http://www.roggykei.com

Categories
Tokyo Brands | 東京ファッション

BUT, COUTURE. NO DOUBT. ROGGYKEI 2012 SS TOKYO/OSAKA.

大阪拠点のロギーケイの”But クチュール”。2012年春夏コレクション発表。

roggy kei but couture

Let’s just say it how it is: Roggykei is fucking cool.

The Osaka-based brand is kickin’ it orbital style, because they have created for themselves a planet with a distinct style light-years away from anything else on the Japanese market.

The newest collection “But Couture” is for spring/summer 2012 (they don’t release their collections for press ahead of time) and it is of course a continuation of the pop-futuristic taste the brand is getting to be known for. Vinyl, bright colors, asymmetry, accessories as weaponry… it’s a cheeky kind of chic.

まず最初に言わせてほしい。ROGGYKEIは、最高にカッコいいってことを。

大阪を拠点に活動するこのブランドは、設立からまださほど長い年月が経っていないにも関わらずその独特のスタイルで業界の内外からの評判を欲しいままにしてきた。そして注目の最新コレクションとなる2012年春夏の、”バット クチュール”は(ROGGYKEIはそのシーズンが始まる直前まで発表しないのだ)先シーズンに引き続き”ポップなフューチャリズム”を提案している。ビニール、ブライトカラー、アシンメトリー、アクセサリーも。なんともキッチ的にシック。

roggykei but couture skirt

but couture yellow top

I say “cheeky” because the two designers, Hitoshi Korogi and Keiko Miyakoshi both are humorous firecrackers themselves and don’t seem to be taking themselves too seriously (Keiko joked about looking like a giant Kapybara when donning a fuzzy Roggykei sweater).

They have a small shop/atelier in Osaka, in a hip area I can only like to the East Village (and not just because there’s a swanky brownstone-style Marc Jacobs shop nearby). You walk through a bistro run by Moroccan expats to get there, and reach their minimalist space that carries new and archived pieces.

この”キッチ”というワードをあえて使ったのは、このブランドのデザイナー2人コオロギ ヒロシと、ミヤコシ ケイコがユーモア溢れる人で自分たちのブランドに関しても必要以上にシリアスになるということをしない人だから。(先日撮影でお世話になったとき、自分たちの作ったスウェットを着たミヤコシさんは”巨大なカピバラみたい”とふざけていたしww)彼らが普段活動しているのは、大阪の中でもヒップな、イーストヴィレッジのようなところにある小さなショップ兼アトリエ。モロッコ人が経営するフランス料理屋を通して3回にあがったここには、過去の作品も置かれているのだ。

kimono dress by roggykei

cage bracelet roggykei

blurry blue

on the ground

cute bodysuit

Roggykei is carried by XANADU in Tokyo (with tons of selection) and Mousses in Kobe. For other locations see here.

そしてこのブランドを手に入れられるのは、今のところ原宿のXanaduと、神戸のMousses。その他の取扱い先はこちらご覧下さい

http://xanadutokyo.jp

www.mousses.jp/

orange shirt

easy outfit

pants orange shirt

I also LOVE their giant vinyl clutch bags. They come in a variety of colors (I saw a ton at XANADU last week) and they are literal arm candy.

あと、同ブランドから出されているビッグクラッチも個人的にはヒット。カラーバリエーションが豊富で、キャンディみたいに鮮やかなの。先日もXanaduで溢れんばかりにディスプレイされているのを見たばかり。

 

yellow bag

orange bag

black bag

 

http://www.roggykei.com

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー

Categories
Outfits | コーディネート Personal Photoshoots | フォトシューティング Press | メディア Style Book | スタイルブック Tokyo Brands | 東京ファッション

I PUKED TO DEATH AT CHANEL COUTURE. TOKYO FASHION DIARY DAY 5.

シャネルクチュールでGLAMをゲロと吐いた・・と?!ファッションダイアリー5日目。

puked to death

This outfit was a huge hit today, and I don’t think half the people who saw it really understood what it was. Take the hat…it is a a pair of fang-y lips drooling out chains and braids of crystals. It’s by hat designer Sawa Vaughters and it’s called, appropriately, “Puked to Death”. This surrealism lent well not only to my clothing, which is by the incredible Osaka-based duo ROGGYKEI, but also because I feel like my life is taking fantastic surreal turns at every corner. I think a Dali painting would make more sense at this point….

 このコーディネートは大好評でした。といっても、ハデだけでみなさんに声をかけていただいたと思いますが、じっくり見て、理解できた人はほとんどいなかったと思う・・汗。たとえば、この帽子は何なのか、わかります?実は赤いリップスなの。グラマラスなチェーンとか、クリスタルをゲロッてる口。制作者のSawa Vaughters (ex スティーブンジョーンズ)が名付けたのは “吐きすぎて死んじゃった”。もちろん、ジョークめいたネーミングで。すごくシュール系で大好きな作品の一つ。ROGGYKEIの服とアクセもシュール系でぴったり合う!その上、私の人生も最近おもしろいことばかりで正にシュール的って感じで更にマッチする。ダリーのシュール的な絵の方が解読可能かも・・ww^^

roggykei misha janette

bracelets

full look at chanel

 

Pants, blouse, bangles, and necklace: ROGGYKEI
Hat: SAWA VAUGHTERS
Shoes: United Nude
Wig: “Tango” by Plumb

パンツ、ブラウス、バングル、ネックレス全て:ロギーケイ
ハット: SAWA VAUGHTERS
シューズ:ユナイテッドヌード
ウィッグ:”タンゴ” by プラム

photos by Mami “mamitan” Tanabe

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー

Categories
Fashion News | 最新情報 International brands | 海外ファッション

SINGAPOREAN FASHION MAGAZINE GIVES THEIR TAKE ON TOKYO STYLE.

シンガポール発ファッション誌「CATALOG」の見るトーキョースタイルとは?

catalog magazine

The question I am asked most often in interviews is “What does the `outside world` think of Japanese fashion?” When I answer, I really can only speak for the west and what little of Asia I’ve seen… but here’s a new one! It’s Singapore’s CATALOG magazine, and this month they’ve dedicated the entire issue to Japan/Tokyo. It’s a monthly fashion zine that has the coolest typography and design I’ve ever seen. This time, from the graphics to the fashion pages bits of Nipponisme runs throughout   (see the looks below- they pegged Tokyo street style pretty well! And all using their own local brands.)

I was given six pages and had the great task of picking out some of the city’s best boutiques, a few restaurants and hotels. If you’re on top of things you will already know these shops…and perhaps visit them often. If you don’t know them, then focus for a few minutes and fold them into your grey matter!

インタービューを受けるとき、よく聞かれる質問は「東京のファッションについて、むこうはどう思っている?」。もちろん、アメリカ生まれの私にとって「むこう」というのは西洋圏だけに占めるのですが、アジア圏はどうでしょう?例えばシンガポール?

これはシンガポール発ファッション誌の「CATALOG」。12月号はまるごと「ニッポン」というテーマになってて、グラフィックやモチーフから洋服選びまで、ジャポニズムの色に染まっている。下記でみるコーディネートページも、東京からイメージを受けていることは明らかだが、完全にローカルのブランドしか使っていない。上手い!

この雑誌は今回の仕事で初めて知りましたけれど、このデザインはめちゃめちゃ良い!構成、デザイン、タイポグラフィーなど、すごくカラフルでおしゃれ。だからお仕事の依頼が来たときは喜んで寄稿しました〜今回は6ページを担当し、ショッピング場、フード場、酒場、そして泊り場をピックアップしました!このブログの読者はファッションフリークがほとんどだと思うからこういう教育は必要ないと思いますが、もし知らないショップあったらメモっておき、今度足を運んでみてちょ〜

tokyo style catalogpastel catalogcatalog menscatalog style

 

tokyo shoppin guide
catalog tokyo
catalog tokyo

Credits:

Harcoza (Daikanyama) 
Tsukikageya (Yoyogi Hachiman)
Xanadu (Harajuku)
Candy (Shibuya)
The Contemporary Fix (Aoyama)
Kitakore Bldg (Koenji)

Glorious Cafe (Shibuya Diesel)
M Event Space and Bar (Daikanyama)
(I even decided to hold my birthday party here this year. So “neighborhood-y”. Love it!)
(ここにいると”近所”って感じがするからとても好き。ここで今年の誕生日パーティーをすることにしているし^^) 

Hotel Claska
Granbell Shibuya Hotel

Ok, I love these hotels but Tokyo needs more cool additions STAT. Is everyone really just going to the love hotels?   
んんん・・このホテルもステキなんだけど、何故こんな大メトロポリスなのにブーチックホテルはもっと沢山ないの?!不思議過ぎる!! 

obi belt

I tried making one of these obi belts once (err…It’s ended up a table runner in my living room). Or, you can buy something similar but cooler from ROGGYKEI 

こういうの、アメリカでも一時はやったね!私も、一回帯ベルトに挑戦したことはありますが、現在その作品はテーブルクロスという使命に変わってる 笑。そういえば ロギーケイは素敵な帯ベルトを今のコレクションで出している。

wonder atomie in catalog magazine

This top is by a Thai brand called Wonder Anatomie which I bought a necklace from a few years ago at the International Fashion Fair here in Tokyo. I didn’t know they moved on to clothing…I would sell a lung for this yellow blouse. 

このブラウスはタイ発「Wonder Anatomie」というですが、数年前に総合展示会IFFでネックレスを購入しました。今はこういうステキな洋服も作っているとは!!このイエローブラウスを手に入れるためにブラックマーケットまで通してやる。ほしイ!!>_<

See more fashion and interviews, including one with Mademoiselle Yulia in English at the Catalog site, where you can see the whole issue for free.

カタログのサイトで一冊まるごと無料でご覧になれる!沢山のファッションページ、そしてマドモワゼルユリアなどのインタービューも載っているから要チェック!(英文のみ)

CatalogMagazine 

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー

Categories
International brands | 海外ファッション Tokyo Brands | 東京ファッション

FNO TOKYO 2011. THE PARTY IS AT DIOR.

FNO東京2011年をレポート!上げ上げ気分ならディオール!

Christian Dior FNO 2011

I could hear the music pumping out of DIOR all the way up Omotesando.

By now it was dark out, but for most people the day was just getting started. It was amazing to see all of the people on the street… all dressed up, in groups…excited… Reminded me of Halloween a little, everyone all excited like children but instead of trick or treating for candy, we were all on the hunt for champagne (I only drank like three glasses the entire night…so proud of myself! Too busy to drink, actually!!).

次の目的地を目指して表参道を歩いていると、どこからともなく聞こえてくるあげぽ音楽。そう、その音楽がかかっていたショップこそが次の目的地、Dior表参道。

このあたりから外は少しずつ暗くなり始めていて、ようやく夜型人間も加わってきて更に賑わいを増し始めていた。表参道のストリートが人で埋め尽くされている様は本当に信じられなかった…そして各々がドレスアップしてて、グループで、興奮した様子で。まるでハロウィンみたい。ただしこの時に限っては店先で配られるのはキャンディじゃなくて、シャンパンだったってこと。そういえば私は、この日一日通して3杯しかシャンパンを飲んでなかったのよ!スゴいでしょ!というより、飲でいる時間すら無かったのが現実だけど T_T

momoko ogihara MURUA FNO 2011
On my way to DIOR I ran into Momoko Ogihara, who is a model and producer of local Shibuya brand MURUA. I have a platonic girl-crush on Momoko-chan because she’s super cute, and is the sweetest girl ever. She’s a “mode gyaru” which is an interesting new subculture I won’t get into here….yet. 

So it was a major MOSHPIT inside Christian Dior, and you could tell right away this is where the hip kids were. Why?

Diorへ向かう途中、モデルで、109ブランドのMURUAのデザイナーのオギハラ モモコちゃんに会った。モモコちゃんは本当にキュートで、初めて見た時からガール クラッシュだったわ。ハ〜イ、モモコ〜♡
このDIORでのイベントは、当日一番の盛り上がり、そして人混みをみせていた。そしてその多くはヒップな若者達。何でだろう?

yoon and yuya on deck at diorDIOR Yoon and nara yuya
Oh, say hello to YOON and YUYA on the deck—- (I was in argument whether this was YUYA’s real hair or not…I thought it was a wig, but now I realize..this is his real hair! And it’s his job to do hair… I concede!!)

あ、そうだ。ちょうどDJをしていたYoonとYuyaに挨拶しなきゃ。
このYuyaの髪型!地毛かどうかは議論を呼ぶけど、私は本物なんじゃないかと思ってるの。本職はヘアドレッサーだし!

models at DIOR
Models were showing off the latest looks for an attentive crowd.

Safely in the back, I started to run into readers, fans and all my friends! Joji Kojima (who made my gold necklace! It’s gooorge), Fumi-chan, the ROGGYKEI crew…. then upstairs at the VIP show introducing Kris Van Assche, Emannuelle Alt, Tsuchiya Anna, Ai Tominaga … I ran into Bryanboy among the crush of people.

モデル達が最新のコレクションに身を包んでお披露目。

奥に入ると幾分か安全を確保でき、そこにいたファン、ブログ読者、そして友人達にもご挨拶できた。Joji kojima(首につけているゴールドのネックレスを作ってくれたの!ゴージャス!)フミちゃん、Roggykeiの皆さん。そしてエレベーターに上がりVIPフロアにいくと、そこにはKris Van Asshe、Emannuelle Alt、Tsuchiya Anna、Ai Tominagaなどの姿が。Bryan Boyも。

fans at DIORjoji kojima FNO dior 2011roggykei kidsroggykei kidstsuchiya anna FNO 2011

misha bryanboyai tominaga FNO 2011

I had to dash out….it was impossible to see any of the goods with all people but I got a glimpse of la Lady Dior before running outside…. !! There’s no time limit for Dior. 

残念なことに、ここでもやはり次のスケジュールがあってすぐに会場を後にしなければならなかったの。
でも外に出る前にLady Diorのディスプレイを一瞥。いや、足を止めたわ。DIORにはタイムリミットなんてないわね^^

;ady dior FNO 2011

 

 

Photos by Mami-tan 

 

Dior Japan 

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー

 

Categories
Outfits | コーディネート Style Book | スタイルブック Tokyo Brands | 東京ファッション

MERCEDES BENZ TOKYO FASHION WEEK DAY 6. WEARING A FUZZY DOG FACE.

メルセデスベンツ東京ファッションウィーク6日目のコーディネート。ファジー犬顔を身につけたら。

misha day 6 tokyo fashion week

hat misha janette by mich dulce

shirt by toshiko imo

 

polka dot skirt 

wearing day 6 tokyo fashion week

 

mercedes benz fashion week tokyo

Dog-face Top: Toshiko Imoto |  犬顔トップス:Toshiko Imoto

Hat: Mich Dulce at Kika Style  |  ハット:Mich Dulce @ キカスタイル

Blue necklace: ROGGYKEI  |  青いネックレス:ロギーケイ

Mine Sweeper necklace: Mawi  |  ゴールドネックレス:Mawi

See-thru polkadot skirt: Sleeping Pills  |  シースルースカート:Sleeping Pills

Elephant Bag: Old Comme des Garcons  |  像バッグ:コムデギャルソン

Wig: Plumb | ウィッグ:プラム

Photos by Mami Tanabe

 Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー