Categories
Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

ド派手なファッションで注目を浴びた自分の”マイスタイル”を捨てた理由 The terrifying act of throwing away your personal style for something new

Photo By Celia Humphries

クリエイティブが必要とされる業界のリーダーでいることにおいてもっとも必要な能力は、これだ!って言われる自身を象徴するスタイルを確立することだと思う。それが作家であれ、音楽プロデューサー、グラフィックデザイナーや画家に、スタイリストであれ、その人として認識される”何か”がその人の興味をひきつけたり、良くも悪くも評価の対象となる。

それがファッション業界ならなお必要なことであって、ビジュアルがほとんど全て。

スティーブジョブスのタートルネックやアナウィンターのボブカットといったように、歴史に名を残す人物には揺るがないスタイルが必要不可欠だ。

けれど、それ以外の私たちは?自分を確立するオリジナルスタイルを見つけることは難しい。みんながみんな世間の注目を浴びるような服に対する鋭いアンテナを持っているわけではないし、パーソナルスタイルとやらは居心地の悪い世界や不安をはねのける鎧とかを作り上げる元凶にもなりうる。(よくないとわかっていてもやめられないストックホルムシンドロームみたいな。。。)私も自分のスタイルを変えることが恐怖になっていて、変えたくてもやめることができない!みたいなもどかしい悩みがここ数年続いていた。

けれどやっと決心がついて今に至る。やっと自由よ!って(笑

そんなわけで今日は個性とは何なのか。どう見つけるべきなのか。そして、その確立したパーソナルスタイルから抜け出せなくなったトラウマと、実際にそれを破るための突破口について話します。どうぞ、お付き合いください★

One of the most important skills to have as a leader in a creative industry is the ability to create and cultivate a signature style. Whether a person is an author, music producer, graphic designer, painter or stylist, the people with a recognizable style gains them more attention and notoriety. It’s especially true of fashion, the most visual medium of all. From Steve Jobs’ black turtlenecks to Anna Wintour’s bob, these people had unwavering style and will go down in history with it.

But what about the rest of us? Finding one’s own distinct personal style is already incredibly hard. Not everyone has the eye to find the type of clothing that will speak for them so they don’t have to. Personal style can become a comfort in an uncomfortable world, a billboard for your creativity, an armor for your own insecurity, and sometimes it’s an unrelenting captor (stockholm syndrome, for real). I struggled with the fear of changing my personal style, and it was an ongoing battle within myself for the past year or so. I’d like to talk here about what personal style is, how to find it, and the trauma & breakthrough that comes with tearing off the skin of “personal style”.