Categories
Best Tokyo Shopping | 東京の買物 Fashion News | 最新情報 Japanese Brands SS 2016春夏の東京コレクション Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

日本発ラグジュアリーブランドはどんなブランド?それを探るPOPアップNEXT LUXURYをプロデュースしました。What does the Next Luxury Japanese fashion brand look like? That’s at the POPup shop I produced, NEXT LUXURY with Daimaru Shinsaibashi.

Screenshot 2015-12-19 00.40.37

最後の、第3戦「エッジ」がスタート!クリスチャンダダ、Leonard Wong, Nocturne #22 In C Sharp Minor, Op. Posth., フレイクがレアなことに大阪に登場!下記で各ブランドと並んでいる商品の一部を紹介します。

ポップアップのご紹介:
大丸心斎橋店で開催されているポップアップショップ、”ネクストラグジュアリー”のプロデュースに参加させてもらっている私。日本を牽引するパワフ ルなブランドをセレクトさせていただき、2週間おきに入れ替わるというとてもエキサイティングな企画!というのも、もうすぐアートデコ調の素敵な建物をリ ノベーションする大丸が、その前に行うこの大きな企画にミーシャを招いたくださったのだ。

ポップアップショップは大丸の一階、御堂筋側エントランス右横でやっているのでチェックしてね!(大丸にいったならウィンドウディスプレイを観るのも忘れずに〜デザインさせていただきました!)

 

I have put together a rather unique pop-up shop for Daimaru Shinsaibashi in Osaka, as they allowed me to experiment before they close down to renovate the Art-deco-era building. Over the course of 6 weeks, three groups of brands which represent the next generation of luxury fashion from Japan will be presenting an ample lineup of their newest collections and archives for sale.

We are now into the second of the three parts, on from Dec 16 to 30th. The theme is “Edge”

I have asked 5 brands who have a strong sense of self and stand out better for it: Christian Dada, Leonard Wong, Nocturne #22 In C Sharp Minor, Op. Posth., and accessories brand Flake. Please read about these special brands below and check out the store at the first floor of the grand Daimaru Shinsaibashi Department Store on the main Midosuji Road. (and don’t forget to check out the holiday windows I designed for them!)
Categories
Tokyo Brands | 東京ファッション

CHOUX CREME AND COUP D’ETATS. NOZOMI ISHIGURO SS 2012 TOKYO BACKSTAGE

 シュークリームとクーデター。ノゾミイシグロクチュール2012年春夏バックステージ。

nozomi ishiguro backstage

Time for backstage goodies, starting with Nozomi Ishiguro S/S 2012. he collection was dubbed “Choux a la creme and coup d`etat” which has to be one of the most brilliant names for anything I’ve ever heard. A band, a brand, a book, a boutique hotel… (YES!)…  “PUT IT ON A T-SHIRT!” I would say, but Nozomi was already ahead of us. The title came about when he became discouraged with all of the articles on tragedy he had been reading in the newspapers, and was jolted into his own reality when he saw his wife and child making cream for choux puffs in his kitchen.

Even though there was a “coup d’etat” going on the runway, it was an extremely delicate collection with the blouses looking like they were knitted with silkspider webs. Even the hair was web-like and messy, like the models have already been in the throes of battle.

Nozomi Ishiguro Haute Couture is the name of the brand, and it is what punk is doing for couture that luxury denim is doing for jeans. His couture is one-off, but it’s not meant to be perfect…it’s far more organic and free. Even so, it is still crafted meticulously and always comes with meaning and punch.

I love this collection so much I want to coup d’etat it all. Oh! And it’s going on sale starting Jan 28 at Destination Tokyo in the Lumine Est mall in Shinjuku (It’s in the basement-it’s an amazing store-a must-visit!). Get there!

 

さて、そろそろ春夏コレクションがお店に並び始めます!忘れてはいるかもしれないので、少し前に遡って2012年春夏の東京コレクションのバックステージレポートをご覧頂こうと思います。まずはNozomi Ishiguro Haute Coutureから。

“シュークリームとクーデター”と名付けられた今回のコレクション。まずこのタイトルがすでに素晴らしい。おそらく今までに聞いた中でも最も素晴らしい名前の中の一つ。バンド、ブランド、ブック、ブティックホテル…(YES!)…”Tシャツにプリントして着たい!”そんな風に思っていたのだが、実際のショーを見て
ノゾミさんは私たちのずっと先を行っていたようだ(tシャツだけどころか、作品はタイトルまみれだったw)。このタイトルが浮かんだのは、去る2011年3月11日の震災以降新聞などでその惨事が報道される度に胸が詰まるような思いだった彼が現実世界を見いだすきっかけとなったのは、彼の奥さんとお子さんがシュークリームを作るのを見た時。そしてその胸の中のクーデターをランウェイで表現した彼だがその荒々しいテーマとは対照的に、極細のシルクのような編み上げたクモの巣のように、コレクションは極めて繊細で優雅なラインナップだった。ヘアメイクもそれに合わせて、クモの巣のように絡まり合うスタイルを発表していた。

文字通りNozomi Ishiguro Haute Coutureは、素晴らしくロマンティックなパンククチュールを作り上げたのだ。実際にはクチュールというものの、一点物の作品、という意味でなのだが。彼の作り出す”高級仕立て服”は、一糸乱れ無い完璧な洋服ではなく、どこか未完成なのが特徴だ。ただしその未完成には、必ず何か意味があり、未完成に仕上げるために綿密に作り込まれているということも忘れてはならない。とにかく、今回のコレクションは私の大のお気に入りの一つとなった。

実店舗では、ルミネ エストのDestination Tokyoで1月28日から販売を開始するそうなので、気になった方が是非見てみて下さい!

working on hair

rila backstage

model getting ready

lineup

white hair piece

black hair piece

rila getting hair done

black knits

white knits

knitting backstage

hat backstage

laughing backstage

mens backstage

models look fierce

at the venue

choux creme spring summer 2012

choux creme and coup d'etat nozomi ishiguro

backstage 2012

spring summer nozomi ishiguro haute couture

backstage nozomi ishiguro couture

white dress

choux creme coup d'etat nozomi

flags

otsukare sama

Otsukaresama boys! Now go do some real coups.
お疲れさま!今度は本物のクーに挑戦^^

All photos taken by the best backstage photographer ever Yume Takakura
カメラマンは東京ファッションウィークのバックヤード達人の高倉夢

http://web.me.com/nozomi.ishiguro

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー

Categories
Fashion News | 最新情報 Tokyo Brands | 東京ファッション

NOZOMI ISHIGURO’s “CREME PUFF AND COUP D’ETAT”. SS 2012 TOKYO.

NOZOMI ISHIGUROの『シュークリームとクーデター』。春夏2012年MBFT東京コレクション。 

choux cream nozomi ishiguro

Nozomi Ishiguro went sweet but dicey with his Haute Couture line (basically one-off pieces) with a “Creme Puff and Coup d’etat” theme. It started out extremely elegant…. the embroidered midriff tops in black and white were gorgeous. Think Givenchy haute couture AW11-SS12 giant embroideries but made spiderweb-y with cotton stuffing or fuzzy yarn. Then there were the skirts of defiance, made of banners wrapped around the body…they were defiant against cream puffs? Or for the need of more cream puffs? I`m not sure… I couldn’t stick around to hear Nozomi speak because I had to run off, but I wanted so many pieces from this collection! I’ll take a dozen of them please, freshly baked and ready to go.  I can’t wait to talk more about pastries and fashion with Nozomi at his exhibition soon.

Nozomi Ishiguroの”オートクチュール”コレクション(厳密には一点物のコレクションだが)は、スイートかつ冒険的な”シュークリームとクーデター”がテーマだった。始まりは至極エレガント。刺繍入りのブラック×ホワイトのミドリフトップスがゴージャスだった。個人的に、Givenchyの2011年秋冬と2012年春夏で披露された、コットンや毛羽立った糸で巨大なクモの巣の刺繍が施された作品と似てるかな…

なんて思っていたら、次に登場したのは反骨精神をむき出しにしたスカート。体にそって主張するバナーに書かれたのは、シュークリームに対する反抗かしら?その真意を確かめる間も無く次の会場へと移動してしまったのだが、今回のコレクションは本当に素敵で、実際に着たい作品も数多くあった。
日を変えて行われる展示会にて彼とのシュークリーム話が楽しみで仕方が無い。


nozomi ichiguro haute couture

nozomi ishiguro tokyo

nozomi ishiguro ss

nozomi ishiguro 2012

 

Photos by Mami Tanabe

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー

Categories
Favorites | お気に入り Outfits | コーディネート Press | メディア Style Book | スタイルブック Tokyo Brands | 東京ファッション

ILLUSTRATOR P.SOBOCKI AND MISHA COLLABORATION “MY SHU KAN”.

イラストレーターのP. Sobockiとミーシャのコラボ!「私のSHU KAN」。この世界観を覗いてみて・・

illustration by przemek sobocki for Tokyo Fashion Diaries

UPDATE: 8/18 New Illustration!

I am so very very proud to share with you a project done in collaboration with Przemek Sobocki, a dear friend and one of my favorite illustrators this side of the runway.

This project features one illustration for each “day” in my life in Tokyo, given a surreal, fantasy-spin. I sent snippets of my favorite items from Japanese brands and he magically transformed them into stylized works of art.

Przemek Sobockiとのコラボレーションが実現!ここで発表する事が出来てものすごく誇らしく、光栄に思う。彼は私の友人であり、ファッション界の中でも大好きなイラストレーターの一人だ。

このファッション・エディトリアル名は、東京での“ミーシャの日常”。でも私の日常はけっして「普通」でもないので、私との話からヒントを得て、彼なりのイラストでシュール、ファンタジーに描きあげてくれた。日本のブランドの中から、私がお気に入りの2011年春アイテムでコーディネートを指定し、彼がそれらを魔法をかけたかのようにスタイリッシュなアートの中へと描きいれた。

#4 Thursday
That moment, when you’re in the middle of an intense conversation with Ms. or Mr. X sitting next to you about fluff….fashion follies and fantasy…and the lights drop and a maniacally tall unearthly being steps out on the runway grabbing everyone’s rapt attention. 10 times out of 10 that intense conversation will never be returned to again, left to languish. We are already on to the next thing.

#4 木曜日
隣の席の誰かさんと熱い論議を交わしている。主には批判的な内容。ファッションの風刺とファンタジー。しかしその次の瞬間、ライトが落ち、見上げるほど背の高い、この世のものとは思えないような実体がランウェイに足を踏み入れると、皆の陶然たる視線は一点に注がれる。そしてそれまでにしていた議論は、その後一度として戻ることはなく忘れ去られる。既に次の話題に取って代わられてしまっている。

misha janette illustration by przemeck sobocki(c)Przemek Sobocki

Dress MIHARA YASUHIRO
Pants FUGAHUM
Bolero Jacket MURUA
Shoes NORITAKA TATEHANA
Hat NOBUKI HIZUME 


#3 Wednesday

A full moon usually showers light down below, but in Tokyo the city lights reflect off of the moon. The sky, as seen from a Tokyo Midtown perch, is dotted with summer fireworks.

#3 水曜日
ふだん満月の光が街 に照らすところ、東京というメトロポリスではあえて街の光が月に反射する。東京ミッドタウンの高いところから見る空は花火でキラキラする。

misha janette imagined by przemek sobocki

(c)Przemek Sobocki

Jacket ANREALAGE
Dress NOZOMI ISHIGURO
Skirt AGURI SAGIMORI
Mask and Ring JOJI KOJIMA

#2 Tuesday
It must be fashion week, because the photogs don’t come out on just any old day. Time to show some Tokyo colors-anything and everything goes.

#2 火曜日
こんなカメラマンの固まりはコレクション時期に限るけれど、スナップ撮らせるのが私にとっての喜び。東京のカラーを身につけて、GO! なんでもアリですね。

misha on tuesday

(c)Przemek Sobocki

Upside-down gather dress: Saphir East
Leopard leggings: TOGA
Horsetail shoes: Masaya Kushino
Head piece: Nobuki Hizume

 

#1 Monday
Picking up clothes for a shoot-I’ve got my trusty four-legged assistant to help me outso I can go out dressed to killin’. Those Sacai/Louboutin collabo heels won’t let me down.

#1 月曜日
毎日をランウェイにしている私は、洋服のリースで荷物が多くてもお洒落して仕事に向かうわ。今日は大変だからワンちゃんにアシスタントしてもらおー

 

misha janette monday in tokyo by przemek sobocki

(c)Przemek Sobocki

Bouse and skirt: TOGA
Shoes: SACAI
Lips Belt: Dresscamp
Sunglasses: Chanel

 See the rest below (or after the jump) | TOPページからは下記クリックして続きご覧下さい

Categories
Tokyo Brands | 東京ファッション

Nozomi Ishiguro Couture Fall/Winter 2011 in Tokyo

ノゾミイシグロ秋冬2011年コレクションショー in 東京

Nozomi ishiguro finale

 

Under the glow of red lightbulbs strung from the Laforet ceiling in Harajuku, Nozomi Ishiguro presented his fall/winter 2011 collection. Of course, the show comes about a month late due to the earthquake, but I think the extra time afforded really lent to a high-quality show. Nozomi is known for his always-changing collections every season, always evolving, but within his own contained wind tunnel. One thing is for sure, this brand is truly “Tokyo” as it is highly experimental and kept small-scale.

Matsuyou, who is one of Japan’s uber-bloggers and Tweeters, was covering the show for WWD Japan. Sitting next to me she asked, “How do you judge a show when it isn’t necessarily your own taste?” I advised her to pick apart the looks; forget the hair and makeup, and look at just the skirt or just the jacket and determine if it is a good piece or not. This is how fashion professionals learn to translate the shows for themselves.

This collection is one of his best yet. It was chicer and the clothes had an extremely high quality to them than I had ever seen before. His publicist said he drove his manufacturers crazy going for such complicated, high-quality techniques. It truly showed! I went gaga for the black and white look seen below and the red poufy skirt! They are one-off pieces though, and very hard to acquire. Fans take note!

 

原宿ラフォーレの天井から吊るされた赤い電球のうす光の中、ノゾミ・イシグロの2011年秋冬コレクションが行われた。地震の影響で1ヶ月遅れの開催となったが、その1ヶ月間は更にハイクオリティなショーへと完成させる時間であった事は間違いない。ノゾミは毎シーズン、ユニークなコレクションで知られている。彼独自の風洞で常に発展し続けているのだ。小規模だが、挑戦的なこのブランドは、まさに”東京”を象徴するブランドだ。

日本を代表する有名ブロガー・ツイッターの利用者である、まつゆうさんもWWD JapanでJFW連載のためショーにきていた。私の隣の席だった彼女は、「ショーが自分の好みのテイストじゃないとき、どう客観的にみればいいの?」と私に聞いた。全ルックをパーツごとに分解して見ること、とアドバイスをした。ヘアーやメイクはその時だけ忘れて、スカートだったらスカートを、ジャケットはジャケットだけで見て、作品自体を判断する。デザイナーの世界観もすごく大事だが、バイヤーやジャーナリスト、ファッションのプロフェッショナル達はこうやってショーを自分の視点で見ているのだ。

今回のコレクションは、これまでの中でも彼のベストの一つにランクイン!可愛らしくもあり、高完成度な洋服達が勢ぞろいしていた。彼の広報係は、ノゾミはとても複雑で高技術を要する作業に、製造業者をクレイジーにさせたよ、と言っていた。まさにその通りだったことだろう!私は下の写真の黒・白のルックと、赤のプーフスカートに大興奮!けど「クチュール」なので全て一点もの。手に入れるのは難しいかも・・!要チェックだね!

 

misha's favorite look from nozomi ishiguro