Categories
Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化 Tokyo Brands | 東京ファッション Tokyo Fashion Week SS 2015

東京ファッションウィーク?それとも東京リアルクローズウィーク? Is it Tokyo Fashion Week, or Tokyo Clothing Week?

tokyo-fashion-week-5

みなさんにとって、”ファッション”とはなんですか?ファッション=服?もちろんそうだろうけど、じゃあ、全ての服=”ファッション”って一概に言えるのだろうか?

個人的に、答えはノー。洋服屋さんと、ファッションブランドの間には違いがあると思う。全ての服飾用品が等しく作られているわけではなく、顧客のニーズに合わせてギャップがあるのは当然。そして、ミーシャがコレクション(ファッションウィーク)に期待するのは、”ファッション”を見ること。

毎シーズン、どんなデザインが発表されるのかとわくわくしたり、素敵なファッションでドレスアップすることや、それが自分のワードローブに加わるのを夢見たり、本当にファッションが大好きな私。でも正直最近…特に2015 SSは…面白みに欠けたシーズンだったと感じた。”ファッション”を感じられるもの、なにより、欲しい! と思うようなものに出逢えなくて寂しかった。たくさんのコレクションを見たけれど、目にするのはおとなしく落ち着いてしまったリアルクローズばかり。どうしちゃったんだろうー。と前回のファッションウィークが終わってから今までずっと気がかりでいる。

今日は、ジャーナリストや評論家としてのミーシャではなく、欲しいと思う“ファッション”を買うために働く、ファッションを愛して止まないひとりの人間、ミーシャジャネットとして記事を書きます。

これが本当に東京ファッションウィーク?それとも”東京”リアルクローズ”ウィーク?なの?

What is “fashion” to you? Is all fashion clothing? Sure. But is all clothing “fashion”?

Personally, I think not. I also think there is a difference between a clothing brand, and a ”fashion” brand. Not all clothing is created equal. And when it comes to fashion week I am there to see capital-EFF-ashion.

This article is not being written by Misha the critic or journalist. It’s being written by Misha who is interested in fashion, loves to buy fashion, and loves to work hard to earn money to spend on fashion.

Every season I should be excited to see the designs and dream of wearing the clothes or putting them into my closet. But recently… and especially last season….I didn’t see much fashion. I didn’t feel compelled to go buy it. But I did see a lot of clothing. A glut of….body-covering panels of cloth.

Is this Tokyo Fashion Week? Or is this turning into Tokyo Clothing Week?

tokyo-fashion-week-8

Below: Onitsuka Tiger by Andrea Pompilio 2015 SS. Top photo: Ne-net 2015 SS. Photo by Mitsugu Uehara. 


Categories
Photoshoots | フォトシューティング Press | メディア

`The Cult Issue` Inside IDOL Magazine. イギリス発ファッション誌「IDOL」の “カルト号” を探る

L1031230Aug-18-2014©-Celia-Humphries

For the newest issue (No. 7) of IDOL Magazine, I styled a shoot featuring some of Japan’s best AW2014-15 looks. The magazine hails from the UK and has no qualms about exploring the boundaries of fashion photography, the clothing, and it’s subjects. It’s consistently one of the most fascinating and high-quality fashion magazines from the country and has a permanent spot on my inspiration board.

For our shoot, we had a good to evil transition (or is that good *is* evil?), a transgender story, inspiration from clown cults, inspiration from regular cults, and lots of “find the wrong kanji” which is like the Where’s Waldo of Japan but a million times harder. I am obsessed, yes. Check out the freaky feature below.

IDOL Magazineの最新号で、2014-15秋冬の今回のミーシャ的ベストルック In ジャパンのスタイリングをしました。このファッション誌はイギリス発で、ファッションフォトと服の境界線を取っ払うことをテーマにかがげ、実際にそういうクリエーションを世にだし続けていることは疑いようもない。ミーシャのインスピレーションボードにいつもアイデアをくれる、魅力的なファッションマガジンIDOLのクオリティは、抜群の安定感を誇る。

今回の撮影では、栄光にすがる信仰者やカルト的な文化からインスピレーションを受けたトランスジェンダーストーリーを背景に、悪(悪は悪でもいい悪?) の遷移を表現。また、”ウォリーはどこ”?的な、でも100倍難しい、”漢字の間違い探し”をデザイン背景に。ミーシャも取り付かれたわ。この先に広がるすこし異常な恐怖をチェックしてみて。

 

Above: mintdesigns
http://mint-designs.com/

 

idol-DHYUYiU7FM_IueqjT5jdIwzU0f9CrZ_9Z2PMvO75Mmg

 G.V.G.V.
http://www.gvgv.jp/

Categories
Tokyo Brands | 東京ファッション Tokyo Fashion Week SS 2015

Ne-net 2015 SS Tokyo: an encyclopedia of tradtional Japan ネネット2015春夏の「和」百科事典

_MG_6758

 

The theme for Ne-net’s 2015 spring summer show was “WA” (“Japanese”).

Hmmm…. a Japan-themed collection in Japan? How….original?

But Ne-Net has proved itself time and again to take the zeitgeist and make it definitely its own (last season it brilliantly interpreted manga, afterall). As the models came out one by one, me and every other person in attendance played a guessing game of which part of Japanese culture it was referencing. Did you know the “San-zaru” (monkey spirits of “hear, see, and speak no evil”) and “kokeshi” (Japanese wooden dolls) could look so stylish?

It also made me remember what VOGUE China editor in chief Angelica Cheung said about Japan tradition in fashion recently: “I am so impressed, and jealous even, that the Japanese view their tradition as something so stylish and meant to be proud of.” It’s very true… but why is it like that??

First, here’s the collection– see if you can recognize everything!

ネネットの2015春夏コレクションのテーマは”和” (“日本”)

おー日本のブランドが”日本をテーマにするなんて。なんともストレート!

でも実際は、ネネットは日本に流れる伝統的な時代精神を見事にコレクションに取り入れ自分のものにしていた。(前シーズンは、漫画をテーマにした素敵なショーを披露) ひとりひとりモデルが出てくれる度に、どこに日本要素が潜んでいるのか考え、見つけるために夢中で服を見つめた。”三猿”や”こけし”がこんなにスタイリッシュになるなんて、だれが想像できただろう?

このショーを観て、思い出したことがある。中国版ヴォーグの編集長、アンジェリカ・チャン氏が語っていた日本のモダンファッションにおける伝統的ファッションこと。”日本人はトラディッショナルな自国の服をスタイリッシュで誇るべきものだと思っていて、私はとても感動したし、うらやましいとさえ感じる。” そう、本当にそうだと思う。…でもどうして日本人にはそういう視点があるのだろう?

まず、ネネットの最新コレクションをご覧ください!かくれんぼする”和”なポイントに全て気付けるかしら?

_MG_6556

Photos by Mitsugu Uehara