Categories
Best Tokyo Shopping | 東京の買物 Tokyo Brands AW 2015秋冬の東京ブランド

Tokyo Above-Underground Fashion Show: From the backstreets of Harajuku, to NYC. 原宿の「裏」から、NYCの「表」へ。東京のストリート系ファッションは通じるか?前半

DSC03283-1024x682

わたしは東京ストリートファッションを誇らしく思っている。それは、この10年、自分のキャリアに欠かせないもので、沢山のことを教えてくれた。言わば、人生の一部。そして、ブルックリンの一角でひっそりと行われたショー。そこでは東京ストリートを引っ張る 10 のブランドが注目を浴びていた。わたしの前には素晴らしい光景が広がっていた。下に続くレポートで、東京ストリートカルチャーの多様性が少しでも伝わって欲しい!
Recently, a rather interesting milestone occurred. It may not be a game changer in the grand scheme of the fashion world, but it is something I am extremely proud of and it sure taught me more about my life’s work (which is Tokyo-based street-style) than anything in the past 10 years of my career. It was a teensy humble show in a corner of Brooklyn, which saw 10 totally different Tokyo underground street styles together on one runway. It was fantastic, and I hope you’ll go through it with me and see how varied the street culture of Tokyo really is.

tokyoaboveunderground

 

Categories
Fashion News | 最新情報 Tokyo Brands | 東京ファッション

KOENJI AND HARAJUKU GALAVANTING AND CARNIVALING WITH COLETTE IN PARIS..?!

高円寺と原宿の名店がパリのコレットとカーニバルをしてきたと・・?!

tokyo pop up at colette

I just got off a Skype interview with accessories and costume designer KiNG. She regaled me with her experience in Paris last month, at the “Colette Carnaval” which she and a handful of Tokyo’s edgiest shops and brands banded together to set up shop for the two-day festival.

We all know that Colette is not only one of the most most experimental shops in Paris, but in all of Europe…. so it goes as no surprise that a Colette carnival is not your ordinary one (think bowling for fun, and instead of cotton candy you’ve got Laduree macarons. Yes, please!). And when it came to “little Tokyo” within the 1km-long tents set up in a park near the Louvre, patrons were given something different than the usual sushi or kokeshi souvenir doll fare.

For their shopping, they could choose from KiNG, Garter, Hayatochiri, DOG, GIZA, Faline, and SHINe. I wonder if all this overload of personality just cancels themselves out to zilch??! Never! 

このブログでも何度か登場しているアクセサリー/コスチュームデザイナーのKiNG。少し前に、パリのコレットが開催したフェスティバルで、東京を代表するエッジィなデザイナー達と共に展示を行った彼女に、Skypeでインタビューをしてきました。

皆さんもう既にご存知かと思いますがコレットは、パリで一番どころかヨーロッパでも屈指のエッジィで実験的なショップ。だからありがちな綿菓子やピエロでなく、ラデュレーマカロンやボーリング場などが登場した。

そのコレットのフェスティバルで!”リトルジャパン”ブースを出展するとのことで、これまたやはりただの寿司ブースやコケシの露店では済みそうにない。
そうしてお声が掛かったのが、KiNGやGarter、はやとちり、DOG、Giza、Faline、そしてSHINEeなどの東京を代表するヒップなショップ達だった。

colette carnival

bowling at colette

KiNG attended the event and said it was invaluable experience in showing at a place like “Colette Carnaval”

“It’s not like small brands like ours can just participate in things like this anytime we wish. But I think big brands are seeing the potential in our generation in how we create things true to ourselves and unique to our viewpoints. This time Casio helped us out because they see the differences in us and respect it. In fact it was such a success that we are looking to do it again and maybe in some other cities!”

これらのメンツを招集したのが、他でもないKiNGだったのだが、彼女にとってもこの盛大なイベントで日本が誇るべきカルチャーを紹介できたことに誇りを感じているそうだ。

やっぱり私たちみたいに小規模で個性的な作品を作ってる人達にとって、こういうイベントはいつでも参加出来るものじゃないと思う。でも、最近は大企業でもこういったポテンシャルを秘めた若い世代に期待を寄せているところもある。今回は私たちのポテンシャルをみとめてくれたカシオが全面的に支援してこの催しに参加させてもらえたんだけど、本当にみんなにとって素晴らしい経験になったと思うし、それに現地での評判も上々だったからまたやりたいなって。次はどった違う都市とかで。”

 

tokyo street popup

 

king

hayatochiri

Near the end of our conversation we started talking about the generation gap among designers.

“I think the younger designers are about doing things collectively and banding together to make things bigger. If you were to talk to designers of my generation (she’s only in her 30s!) they would prefer to do things alone. With what we did at Colette, it was like a family, and we respect each other and what we do so much.”

Speaking of that, I can’t recall who said it to me, but I was interviewing a big Japanese designer and they complained that designers in Japan don’t support each other enough. I didn’t think he had it right at all, but now I see he probably was speaking with experience and totally right.

 そうしているうちに話題は、デザイナー達の間のジェネレーションギャップについてになる。 “最近の若い世代って、同世代で協力して、より強大なものを作ろうって意識をきちんと持ててる子が多いと思う。私の世代ってほら、なんでも孤高であろうとしてたから。(とはいえ彼女もまだ30代だが。)今 のコレットのイベントなんか、本当にみんなファミリーみたいな感じだったし、互いのことをきちんとリスペクトしているって感じた。”

そう言えば昔、私に同じようなことを言ってきたデザイナーがいたっけな。その時は分からなかったけど、今になれば理解できる。

lineup

giza at colette

giza goods

 She also talked about how this banding together is what is creating the street movement in Japan and making it bigger-which benefits everyone.

“It’s just like the cubism movement. It became huge because there were all these artists doing it, and from there some became especially famous like Picasso. Maybe that’s what will happen.”

So after meeting 30,000  carnaval-goers, what did KiNG take away from it?

“We can’t do our business like a stone-faced salaryman. That’s not what we represent. I’ve been designing for 17 years now and I see that having people on the street is a million times faster to achieving success.”

Check out the photos of Parisians and Tokyo localites trying on the Reebok costumes, uber-studded jackets, crazy sunglasses and more…you can take the street fashion out of Tokyo, but you can’t take the Tokyo out of the street fashion.

そうして、ストリートが一丸となってムーブメントを作り上げていくことの重要性についても話していた。

“例えばキュビスムのムーブメントとかだって、それを支持するアーティストが山ほどいたからあんな大きなムーブメントになったわけで、その中の1人としてピカソなりなんなりが出現したわけじゃない?それと同じようなことが今起ころうとしている気がする。”

そうして、述べ30,000人もの来場者を見た彼女が感じたこととは。
“私たちがやるべきは、仏頂面でコンサルタントをするサラリーマンとは違う。私自身、この仕事を17年やってるけど、ストリートで生まれた才能が瞬く間に開花するのをこの目で目撃してきているから。”

そこで来場者達が品定めするのは、リーボックをあんな形やこんな形でカスタムしたものや、イガイガのスタッズジャケット、クレイジーなサングラス。やっぱり東京といえばストリートのファッションの勢い無しでは今や語れないでしょう?イベント時の、その他の写真も是非この下からご覧下さい。

trying a jacket

tokyo street pop up customer

shito rei at colette

guests

pray for japan sunglasses

king accessory

sunset

 

http://www.colettecarnaval.com

 

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー

Categories
Outfits | コーディネート Photoshoots | フォトシューティング Press | メディア Style Book | スタイルブック Tokyo Brands | 東京ファッション

KITAKORE EDITION! TOURING THE COOL TOKYO SHOPSCAPE WITH CHINESE MAG “YOHO”

キタコレ版! 中国のユースカルチャー誌『YOHO』連載で東京のクールなピーポルとショップを巡ろー! 

kitakore family

YOHO is the primo fashion and culture magazine for discerning Chinese in their 20s, and the numbers are crrrazy. 600k+ circulation, and passed among 7 people per issue. And they publish twice a month! When I was given the column, my idea was to go to some of Tokyo’s best shops loved by the street fashion aristocracy and talk to the cool girls and boys there about their style. In Japan, it is not unusual for a shop sales person to become a mini celebrity, with some of them being singled out and given their own brand. In the street scene, these people are the heroes, the leaders, and the are having fun and experimenting with style-here’s a look at them and their shops.

Edition #3 Kitakore Building

The first time I ventured out to Kitakore I didn’t actually get to go inside. What appeared to be entrances were shuttered…was it closed that day? I was totally lost…where were the doors? How many shops were there? What were they called? Who, what where, why?! I felt that it was almost like I needed to speak a secret code and perhaps a door would open for me. It was like some forbidden temple and all I could do was peer inside in a kind of horror… strange objects and stranger clothes staring back at me through the dark. I HAD TO GET IN!!

“This place doesn’t open until at least 3pm”, said a voice behind me.

Oh. Fack.

YOHOというのは、中国で人気のユースカルチャーをコンセプトにしている雑誌。出版部数は本当に半端ないっす。60万部以上!しかも一冊にあたり、7人も手に取る!?その上、月2回も出ている・・目眩*_*。この連載のテーマは「東京の本当のファッションリーダー」。それはストリートから生まれる。ただしい、ストリートショップのおしゃれスタッフから始まる・・だよね?!ファッションに挑戦して、楽しんでいるおしゃれショップスタッフにスポットライトを当てたいと思い、連載を始めました。

第3回「キタコレ」

初めてキタコレに行った時のこと。いや、厳密に言うと初めて見つけた時のこと。何故ならその時、中に入ることが出来なかったから。表のシャッターは、見たところ閉まりきっていて、まるで閉店しているよう。あれ、おかしいな?っていうか、そもそも入り口ってここで合ってるの?と疑問に思った。すると次から次へと疑問が湧き出て来て、大体ここって、いくつのショップがあるのかしら?なんて店なの??気になって仕方が無かった。見れば見るほど不思議なその容貌は、まる秘密の暗号を唱えないと開かないような雰囲気だった。もしくは、立ち入り禁止お寺みたいな感じ。勇気だして中を覗くと建っているのは、奇妙なオブジェと、それよりもっと奇妙な洋服のディスプレイ。何が何でも気になって仕方が無い!そう思っていたら通りすがりの人が一言。

“ここ、いっつも3時くらいにしか開かないよ”

 

マジかよ…笑

I ended up leaving in defeat, but thank god because it built up in my mind this image of a fantastic place where they said “fuck you” to the rules (and the customers too…heh) and go their own way. When I finally had the chance to visit sometime later, it didn’t disappoint. The Kitakore Building in Koenji may be far from Harajuku and Shibuya, but that is exactly why the unique fashion here has been able to thrive and grow into it’s own unique style. It is also why this small “shopping mall” has become legendary. The shops inside each have their own distinct personality, but their extreme dedication to being avant garde and completely
individual is their common denominator. Nearly every time I come here I end up buying something, like an old Versace belt, crazy sunglasses or other
accessories. It’s a must-see for designers, and has been visited by quite a few stars…Jeremy Scott, Frieda Giannini of Gucci and Pharrel Williams to name drop just a few.

 

そうして私の初高円寺は、見事に惨敗に終わったのだった。でもこのこともあり、私の中でどんどんここのイメージが膨らんで行った。なんてマイペースだな。世間の慣習なんかに囚われない。そんなものはFuck Youだって(それがたとえお客さんだとしても、だ)。超クール。そうしてすこし経ってから、ようやく私にもドアが開かれる時が訪れたのだった。そして、私のイメージが寸分違わなかったことに感動した。キタコレビル。高円寺にそびえるこのスポットでは、原宿や渋谷からはほど遠いところにあるが故にそれらの場所では見られない、強烈な個性とスタイルを持った、本当のユニークな人々が生息していた。そしてそれこそが、この小さなショッピングモールがこれほどまでに伝説的に語られるようになった所以なのだろう。ここに在籍するショップは、それぞれが全く異なる独特のテイストを打ち出していながらアヴァンギャルド、という見地からいえば完全に統一感を持っている。私自身、ほぼここに足を運ぶ度に何かしら買わずにはいられなくなってしまっている。そして何をかくそう、ここは世界中のデザイナー達にとってもマストな場所となっているのだ。ここを訪れた著名人は、ジェレミー スコット、グッチのフリーダ ジャンニーニ、ファレル ウィリアムスなど少し挙げただけでも錚々たるメンツだ。

 yoho magazine featuring kitakore

Top photo, from left: Mademoiselle Yulia, Koshiro Ebata, Rachel, KiNG, Kae, Cathy, I and Mamitan behind the camera.

(一応) 左から マドモアゼル ユリア、コーシロー エバタ、レイチェル、キング、カイさん、キャシー、私、そしてカメラの後ろにはマミタン!

shops at yoho magazine kitakore 

Come here and visit all of the shops; outside upstairs is Southpole by Nincompoop Capacity where you’ll meet Cathy, Hayatochiri is in the front (but was unfortunately closed on the day of our photoshoot). Inside the entrance at the back of the building are Secret DOG, GARTER and ilil, manned by Kae, Koshiro Ebata and Rachel respectively. There is also a gallery they built inside now that features some of the edgiest underground artists and designers in Tokyo (right now is NEON O’CLOCK WORKS). Upstairs is an atelier where Koshiro, Mademoiselle Yulia and other friends who rent desks put their hands to work making pieces for their original brands. In fact, all of these people you will find behind the counters at a table making something new and pushing the boundaries  throughout the day. 

では実際に、中にどんなショップがあるのか見てみよう!まず舗道に面した階段を登ったところにあるのが、キャシー率いるサウスポー ニンカンプープ キャパシティ。その下にあるのがハヤトチリ(残念ながらこの撮影の時は閉まっていた(泣))。そして脇の小道を少し入ったところにある入り口を入ると、まず目に入るのがカイさんのシークレットDOG。そしてコーシロー君のGARTER、レイチェルのililへと続く。そして最近改装して上に出来たのが、階段上のギャラリー。ここでは新進気鋭のアーティストのエキシビションなどを行っている(現在行われているのは、Neon o’clock worksの展示)。そして、もう一つの(もともとあった)階段を登ったところには、コーシローとマドモアゼル ユリアが自分たちのブランドの作品を作っているアトリエがある。とはいえ、お店にいる時でさえレジの後ろで何か製作していることがほとんどなのだが…

yoho kitakore edition with misha janette

For the shoot I was wearing a dress by DEFACE, designed by budding Canadian designer and friend Daphne Mohajer- it’s her first collection and it’s already being carried at GARTER. I would say that is something to brag about! The metallic arm cuff is by KiNG, and the purple one and rope necklace are by GIZA. The other necklaces can be found at GARTER and the glasses (which I love! HONTOU.) are from ilil.

この時私が着ていたのは、カナダ出身デザイナーと友人の Daphne MohajerのブランドDEFACEのドレス。これは彼女のファーストコレクションなのに即GARTERで取扱。めっちゃ自慢じゃない!それを彩るアクセサリー類は;メタリックのアームカフス by KiNG、パープルxゴールドのカフスとロープのネックレス by GIZA、それ以外のネックレス by GARTER、サングラス (好き!ホントウ!)by ilil。

koshiro ebata in yoho 

Name: Koshiro Ebata
Age: Secret
What magazines have your street snaps been featured in?
DROPTOKYO/WAD MAGAZINE/Numero TOKYO/CRACKER YOUR WORD ROBE MAGAZINE…etc 

If you could sum up your personal style what would you call it?
Super nerdy

How many pieces of clothes do you own?
In my apartment I have one pair of jeans, one suit, about 20 t-shirts, 2 jackets and 2 pairs of shoes. If I want to dress up I wear what’s in my store.

How long does it take you to get dressed up in the morning?
1 minute.

Tell me what got you started with your shop GARTER
It opened in April of 2009 when I was looking for a studio where I could make clothes and I got wind of this great space.

What do you usually do at the shop?
I’m either making clothes or fixing up the interior. I don’t bother with customers much.

Can you tell me about some cool or surprising happenings you’ve encountered here?
1. The day we opened we all got so drunk that we ended up puking everywhere. The next day we had to close the store just to clean it all up.
2.  I lend a lot of costumes for celebrities, but one time in particular I lent something to Lady Gaga and when it came back it came with one of her stick-on acrylic nails with it. Then, one of her fans came in and stole just the nail!
3. Mademoiselle Yulia rents space with me in the studio to make her brand GIZA and fashion editor Tiffany works with us too! But Tiffany moved to Paris recently which sucks…will miss her.

If you are abducted by aliens and can only bring one item from your shop, what would it be?
This chain mask made by LEO CANDYCANE! I’ll use it to hide my real face and instead try and get the aliens to be friends with me. 

 

 名前:KOSHIRO EBATA  
年齢:  ヒミツ 
スナップ掲載暦:
DROPTOKYO/WAD MAGAZINE/Numero TOKYO/CRACKER YOUR WORD ROBE MAGAZINE…etc

*自分のマイスタイルをネーミングしてください。
スーパーダサイ

*お部屋には洋服は何点ぐらいお持ちですか?
自分の家には、デニム1本、スーツ1着、Tシャツ20枚くらいとジャケット2着、靴2足しか持ってません。お洒落したいときはお店の服を着ます。

*朝のコーデ準備、ヘアメイク、など、どれくらいの時間かかりまあうか?
1分

*GARTERをつくることになったいきさつ、いつから始めたのかを教えて下さい。
2009年の4月1日OPEN。洋服をつくるためのスタジオをさがしていたら。良いスペースを見つけたので、お店を始めました。

*普段お店では何をされていますか?
洋服をつくるか、内装をしているか、酒を飲んでるか。接客はしません。

*お店で起きたハプニング、楽しいこと、面白いことを教えてください!
1.お店がオープンの日、皆酔っぱらって店のいろんなところにゲロが散乱。翌日は掃除の為、お店を休みました(笑)
2.いろんなアーティストに衣装を提供、製作するんですがLADYGAGAに衣装提供したときに彼女のネイルが入って返却がきて、そのネイルだけファンに盗まれた!
3.アトリエはMADEMOISELLE YULIAのアクセサリーブランドGIZAとファッションエディターのTIFFANYも一緒に借りてる!パリに行ってしまってさみしいけど・・

*ufoに誘拐されます。GARTERから一点しかもっていけないなら、何をもって行きますか?(笑
LEOCANDYCANEのチェーンマスク!!宇宙人に顔を隠して、友達になる作戦

 crazy kitakore

An off-shot that didn’t make the magazine pages. For good reason maybe. When Rachel came out wearing a mask, we all decided to follow suit and went a little ….crazy…. with the accessories and hats.

ちなみに、今回の撮影時にはレイチェルが颯爽とマスクを被って出て来たのでそれにつられてアクセサリーやハットを付け出したところからどんどん歯止めが効かなくなっていき最終的にみんなクレイジーになるという事態に。雑誌不掲載。だよね。笑。

kae with helmet

kae in shop

dancing in garter

trying on clothes

mademoiselle yulia giza

giza by mademoiselle yulia

mask by leo candycane

southpole

ilil

airforce 1 getas

watch your step

artwork

kitakore building

Photos by Mamitan! 

 http://ameblo.jp/kitakore-blg/

地図はこちら |   See a map here

There’s also a special KITAKORE pop-up store at PARCO shibuya now!

ちなみにキタコレの限定店は今渋谷パルコで登場中!!

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー

Categories
Tokyo Brands | 東京ファッション

MASSIVE TOKYO’s MASSIVELY ENCHANTING FASHION.

大のトーキョーの大のおしゃれスタンス。その不思議なスタンスとは・・?

tokyo landscape

I was just mulling over the vastness of Tokyo today. The first time I came, circa 2002, I went up in the observatory at the Tocho Metropolitan building and I couldn’t believe how the city just went on and on for eons and a day. It’s as if the little clumps of buildings (each one surrounding a train station, natch) are copy-pasted and then given aesthetic surgery with Photoshop to give the city visual berth. Even ten years later, and as a pro who is supposed to know the WHOLE fashion landscape like the back of my hand, the city is still so big to me. There are nooks and crannies everywhere, and they hide amazing little boutiques and ateliers.

I often find myself giving merit to Tokyo when designers and other professionals are visiting and I get curious if they are aware of the majority of hip boutiques in their respective cities. Most say they know of most, if not all. But Tokyo is always surprising me with shops that just seem to appear out of nowhere. I fail at getting to Shimokitazawa or Kichijoji often enough, much less the East side “shita-machi” that are starting to boom now. The constantly evolving scene keeps me on my toes, my fingernails, my lashes…

 

今日の東京の広大さについて思いを馳せてみる。
私が初めてこの地に足を踏み入れたのは確か2002年だった。その時は都庁の展望台に登ったのだが、この街がどのようにして作られたのか、知る由もなかった。駅を中心にしてビルが雑木林のように建っているその光景は、まるでコピーペーストをした後にフォトショップをしたかのような異様なものだった。10年経った今、ファッション業界に身を置くようになった今でも、この街はとても大きく感じられる。
人目につかない場所や隙間に囲まれて、ひっそりと佇む小さなブティックやアトリエは数知れず。これは海外から来たデザイナー達に、”今一番ヒップなブティックはどこか”を紹介する時なんか顕著に感じることね。おそらくほとんどの海外の人は、相当日本のカルチャーに精通していない限りは多くを知らないのではないだろうか。かくいう私も、ほんのちっぽけなスペースにできたショップが、あれよあれよという間に人気を博していく様を驚きをもって見ているのだから。そしてちょうど今、東京でキてるエリアといえば、下北沢や吉祥寺などの下町をおいて他にないだろう。もっと行かなきゃ(反省)。常に進化する下町の景観は、いつでも足を止める魅力に溢れている。
kitakore garter
Kitakore “Garter”
Speaking of being kept on my toes, there is the notorious  Kitakore Building in Koenji. It is a slight trip outside of the comfort of the Yamanote Loop, but it serves it well as only those who want to find it will be able to. A few years ago it was the most underground, secret jewel of a place… before Gucci’s Frida Giannini went there, before
Jeremy Scott went there, before Pharrel went there… before Kitakore had a blog.
そう言えばこの間、あの有名な、高円寺にあるキタコレに行って来たのだが、あそこはまさにトリップといった感じだ。山手線のループから外れたところに位置しているが、探してみる価値は多いにある。数年前まで、そこは本当のアンダーグラウンド、ダイヤの原石だった。今は結構前に出て、グッチのフリーダ・ジャンニーニや、ジェレミー・スコット、ファレル・ウィリアムスなど海外のセレブが数多く訪れているし、「キタコレブログ」だって持つようになっているんだから。
kitakore garter jewelry
While it is far more well-known now, it is still the best place to pick up reasonably priced one of a kind pieces. There’s the selection of hand-made baubles for under 10,000 yen at Garter, Air-force1 sneakers attached to geta sandal blocks at Ilil and mouth masks made of so many lacquered cigarette butts at Hayatochiri they’ll give you lymphoma just looking at them. Then there’s Kae-san at secret DOG, who was yesterday busily working on another artistic piece. This time he was hand painting a camel trenchcoat with retro propaganda graphics. Then Southpole by Nincompoop Capacity is all vintage and re-worked girly goods. There was a steady stream of customers, all with a unique style all their own. It was a reminder at how give-and-take this organism is.
 
以前と比べてはるかによく知られるようになった今でも変わらず、ステキなアイテムがリーズナブルに手に入るのだ。Garterではハンドメイドのアクセサリーが一万円以下で手に入るし、ililではナイキのエア・フォース1に下駄が取り付けられたユニークなアイテム、ハヤトチリではラッカーで塗られたタバコで作られたマスク(チェインスモーカー…)、Secret DOGではKaeさんがアーティスティックなピースを作っていて、今回見かけた時はキャメルトレンチコートにプロパガンダのグラフィックをハンドペイントしていた・・。そしてサウスポー ニンカンプープではヴィンテージをガーリーにカスタムしたアイテムが並んでいる。これらのショップには、足繁く通う熱烈なファンが数多くいる。そして彼らも独自のスタイルを持っていて、東京のスタイルの幅広さ、そしてお店とストリートのギブアンドテイクさを感じる。
chainsmoking mask
 
On that note, I leave you with this very cool video, which happened to be posted up yesterday. It’s a look at some of the most well-known street fashion icons in the city about theirs and Tokyo’s myriad of styles. There’s Nude Trump’s Yuri, Spank’s Tabuchi, DJ Yuki, model Sioux and more…
 
そして最後に最高にクールなビデオをご覧頂きたい。このビデオではストリートで影響力のあるスタイルアイコン達が各々のファッションを披露している。その顔ぶれはNude Trumpのユリちゃんから、Spank!のタブチさん、DJのユウキやモデルのSioux…他にもたくさん!クール!

 reebok
http://www.youtube.com/watch?v=SNdovzXaUHM

 

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー