Categories
Fashion News | 最新情報 Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

ジェントリフィケーションが進んだ原宿が “ダサくなった”?!「ファッション特区」で救える? The gentrification of Harajuku: how the world’s coolest city is becoming “uncool”

Cat Street, all shiny and new … -_- . Source; wikipedia

 

(※小声で読んでね。)

….原宿がださくなってきてる??

だとしたら、このままではまずい。

1970sから原宿というエリアは、トレンドの中心地として、日本のファッションアイコンを発信し続け、ユニークファッションのベストショッピングスポットとして世界から注目されてきた。ロリータ、ゴス、デコラ、カワイイ、ヒップホップ、ネオ、オタク、ビンテージ、制服ガール…正真正銘のサブカルワンダーランドは、いろんなファッションが一緒に盛られたおいし〜いパフェのような夢の街だったはずだけど、よそ者がたくさん入ってきてバランスを失ったパフェは今溶け始めている…?

Could it be? Is Harajuku becoming …. *whispers* uncool?

Since the 1970s the area has been THE epicenter of new trends and fashion icons in Japan and undoubtedly boasts the most unique shopping anywhere in the world today. Lolita, goth, decora, kawaii, hiphop, neo, otaku, vintage and schoolgirl, it is a veritable wonderland of subculture and chaos all blended into one scrumptious parfait. But then gentrification happened, and that parfait is melting into an unfashionable mess.

Calling it uncool is really unfair to the long history the area has endured, as well as my own affinity and memories attached to it. But what is even more unfair is letting it go and handing it off to the highest bidder. I`m talking about chain stores and fast fashion and shopping mall developers and rude tourists. Harajuku has survived both in part to foreign investment (aka tourist shopping and global chain stores) but is also becoming gentrified because of it.

Recent Jan 2017 looks directly from Harajuku. Source; Tokyofashion
Categories
Best Japanese Brands 2016 | 最強日本ブランド 2016年保存版 Tokyo Brands AW 2015秋冬の東京ブランド

『ヘイヘイ』東京ストリートど真ん中の謎めいたブランド。What you get when you cross preschool with Tim Burton, the mysterious Harajuku brand HEIHEI

heihei 2016-17aw collection

「HEIHEI 2016-17aw」と検索にかけると、まっさきに出て来るのは英語のページ。

2013年にブランドをスタートさせたまだ新しいブランド”HEIHEI”について英語で書かれた記事は、
tokyofashion.comでかなり人気で注目を集めた。東京のストリートブランドがこうやってどんどん世界の目を集めること、それにはどんな意味があるのか?

そして外の人が知っているのに、日本国内にいながらまだHEIHEIを知らないという方、ぜひここで頭に入れておくことをおすすめします!これからどんどん話題になること間違いなし。

With furry mascots-cum-Frankeinstein monsters, teddy bears disemboweled to hold iPhone cases, and white overalls with a giant ghost face plastered on the paunch, you would be excused for finding it all a bit… disconcerting. But that was the point, with HEIHEI’s 2016-17 collection titled “Horror School”.

This young brand’s (since 2014) designer Shohei Katoh has his roots planted firmly in Harajuku. ..and before you say, “Well, of COURSE Harajuku”, let me just remind you that nowadays the ‘juku is rampant with commercialized goods and ever-rising rents that are making it difficult for eclectic designer labels to get off the ground. So beyond scary animal character, are the clothes worth their salt? Let’s see:

heihei 2016-17aw collection

Categories
Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化 Tokyo Brands AW 2015秋冬の東京ブランド

パトリシアフィールドNYC が閉店に向かう…なぜNYCのストリート系が死にかけるのに、原宿が生きれるの? Patricia Field closes her store; NYC street style dies…how does Harajuku keep on surviving?

patriciaFIELD-master1050-v3

パトリシアフィールドが閉店。Patricia Field NYC Bowery Closing; photo via NYT

NYにあるパトリシアフィールドのショップが閉店するというニュースが飛び込んできた。まだ具体的な日程は公開されていないが、3月中だと思われる(追伸:2月28日!)ミーシャのショックとは裏腹に、ファッション界ではそこまで騒がれていない気がするけど、きっとこのニュースの波紋はこれから広がるだろう。彼女は、奇抜なNYファッションのゴッドマザー的存在。パティーピープルやクラブキッズたちのファッションにずっと影響を与えてきた。そんなクラブキッズたちは多くのハイファッションデザイナー達のインスピレーション源となり、それをまた彼らがアレンジしたりと、多くの良い連鎖を生んでいた。

パトリシアフィールドは、セックスアンドザシティやプラダを着た悪魔のスタイリストを務め知名度がぐっと上がってからは、他のショップでは扱われないようなフリンジ系の若手デザイナーをどんどんプッシュしていった。言ってみれば彼女のショップが閉まるといのは、ロンドンのワールズエンドや原宿のDOGが終わるのと同じ事。

ついこの間、パトリシア本人にインタビューをしたばかりなのに、その時は「閉店」なんて一言もなかった。逆に私が紹介した東京発のブランドをいくつか取り扱いたいという依頼のメールがきたくらい。本当に突然に決めたことなのかな。そしてなぜこの出来事が、嘆きのニュースとしてそ こまで広まっていないのか。きっと理由はこう。ニューヨークファッションが大きく変わってしまったのだ。クラブ系ストリートスタイルファッションのマー ケットがどんどん縮小しているのでは?「数えきれない程のショップを駆け回ってやっとおもしろいものに出会える」のだと、彼女自身言っていた。

OH NO…とショックを受けた直後、もしかしたらユニークファッションの生き残りはもう原宿だけかもしれない。という思考が働いた。これが、ミーシャがこのニュースを聞いた時に思った正直な感想。

It was a total shock when Patricia Field announced that she would be closing her famous New York City store indefinitely. No date has been set yet, but it is speculated to be in March (Update: it appears to be Feb 28!). I was actually surprised that it wasn’t MORE of a shock to the fashion community. Perhaps the grief hasn’t really set in yet. After all, she is a godmother to the unique, flashy side of New York City fashion and to all parties concerned, had been supplying the club kids with their clothes for decades. Then those NYC club kids went on to inspire many high-fashion designers and it has been a self perpetuating cycle for a long time. While she is more known for being the stylist of Sex and the City or Devil Wears Prada, she in fact did a service to the young start-up designers who made fringe clothing when no other shop would take their stuff. I suppose it would be like World’s End closing in London, or DOG closing in Harajuku.

Perhaps, there was a reason there weren’t cries of grief like I expected, and that’s probably because the fashion scene in NYC has changed so much, there wasn’t such a huge market for club-ready street-style fashion anymore? Is that what happened? Patricia herself just said she was too busy these days to run the shop, and that she got such a “good offer” on the real estate she couldn’t pass it up.

My first thought was, “Oh-no”. My second thought was, “Wow, maybe Harajuku is one of the the last bastions of unique clothing on Earth.”

TK-2015-06-07-019-001-Harajuku-600x955

原宿ストリート系の今。Harajuku style. Not closing. Photo via TokyoFashion.com

Categories
Fashion News | 最新情報 Tokyo Brands | 東京ファッション

BUBBLES HARAJUKU IS MORE THAN JUST AIR. POPULAR SHOP OWNER “COI” TELLS ME ALL ABOUT IT

 原宿の空気を吸い尽くす、巨大なシャボン玉ここにあり。カリスマショップBubblesのオーナーCoiちゃんがその人気の秘密を公開!bubbles in the senken

Street style for men in Tokyo has been getting a fair chunk of the world’s attention lately, and with good reason – a Harajuku boy can rock deconstructed jackets and long skirts like no other. But where are my ladies at? They still know how to innovate, and this is especially apparent in the niche used-clothing styles that are keeping Tokyo’s fashion subcultures on the map. Three of the city’s most popular are “forest girl”, “80s disco”, and “neo vintage mix”, and I set out to find the girls who are making and cultivating these genres into successful new style trends.

世界が注目するストリートスタイルの宝庫といえば、我らが原宿の右に出るものはいない。特に近年、男の子達のファッションの躍進には目を見張るものがあり、何でもない日常でもスカートなどのフェミニンな装いを取り入れたスタイルがよく見られるようになった。そんな中、女の子達のファッションはどうなっているかというと、もちろんこちらも負けてはいません。中でもヴィンテージの洋服を取り入れた、独自のスタイルを提案する女の子のショップオーナーに注目が集まっている。今回は東京のストリートでも特に人気の”森ガール”、“80sディスコ”、そして”ネオヴィンテージミックス”の3つのスタイルに着目し、それぞれのスタイルを牽引するショップオーナー達のインタビューを交え分析していきます!
 

This paragraph is the opening to an article I wrote for The Senken Newspaper, a daily fashion and apparel newspaper in Japan but also available in Paris and Tokyo during fashion week. It’s titled “Tokyo’s Girl Trend Setters are Behind the Registers” and I interviewed 3 leading ladies of fashion in Japan for it. Please pop over and read it online (In English only) . Everyone is so busy that it’s hard to sit down with people and hear their stories, so I was glad to have the excuse to get a one-on-one. Since I could only fit a couple hundred words onto the page, here are their interviews more in-depth.

今回この冒頭のイントロダクションで始まる記事を、“Tokyo’s Girl Trend Setters are Behind the Registersと銘打って繊研新聞で書いたのですが、普段多忙な彼女達のインタビューはあまりに興味深く、新聞の文字数では足りない!ということでここで未公開トークも交えて披露したいと思います!ちなみに原文の記事はオンラインでもご覧頂けるので、英語の勉強がてら読んでみてもいいかも!(英文記事)

*Let’s start with my first interviewee, Coi the head honcho and used and new boutique Bubbles in Harajuku. It opened in Feb 2011 and Coi was about 27 when she jumped ship at her previous used-clothing shop position at Kinsella. She took 7 years of experience in that market and decided to open a shop that more suited her tastes….

Coi: I knew about the malls, like 109 and Laforet but to me, I wanted to wear things that were more “free”. I was working at a [famous] place called Kinsella in Harajuku and learned the ropes there. My boss told me one day, “If you want to start your own shop, I`ll help you out.”

まず最初は、原宿で今ヴィンテージスタイルのリバイバルに一役を買っている人気ショップ、BubblesのオーナーCoiちゃん。この店が出来たのは2011年の2月。当時27歳だった彼女は、もともとヴィンテージショップKinsellaで7年働いており、そこで得た知識と自分のスタイルを武器に、このヴィンテージ激戦区で新しいショップの門を叩いたのだった。

Coi: 古着はずっと好きだったね。もちろん、109とか、ラフォーレとか、ああいうショッピングセンターは頭に入ってたけれど、もっと自由なものを着たいな、と思ってた。KINSELLAで販売とかしてそこでいろいろ学んだけれど、上司に「自分のお店やってみたいなら支援してあげるよ」と言われたのがBubblesのきっかけ。

 

*I started to really pay attention to Bubbles last Dec when I heard news they were moving to a new location right off of Meiji Dori. I thought how amazing it was that a new shop was already moving to a better place from popularity! Well… 

Coi: I`m super lucky that everyone thinks we moved because of just popularity, but to be honest our new store is a little bit smaller than before. The truth is our past owner was a little bit strange and unfair and wouldn’t renew our lease even though that’s what we were promised. So I had to pack up my shop and move it away! One of the most stressful things I’ve been through!

私がBubblesに注目し始めたのは、去年の12月に前あった場所から現在の場所に移転した時。まだ出来たばかりのショップが、オープンから短期間でほぼ路面の立地に移転するなんて、ただものじゃない!と思ったのだった。

Coi:みんな今の場所に移転したのは、人気があったからだと思ってくれてて嬉しいんだけど、実は今のショップは前と比べて少しだけ小さいの。あとは、前の大家さんが凄い変な人で、契約の時は何もなかったのにある日突然更新を打ち切られて、それで移転したの。そんなこと最初は考えてもなかったから、突然のことに慌てて全て荷物を詰め込んで引越ししたな…あんな大変なこと今まで経験したことない!


*Bubbles has a rather unimposing atmosphere, and is decorated kind of like the bedroom of a girl in her 20s who doesn’t want to grow up and still nostalgic for the 70s, 80s and 90s (but also wants some MiuMiu). There’s even a Mac computer on display (is it still there?) like any stylish girl would have. That, and funky bags and backpacks strewn from the ceiling and closets full of mom’s cool vintage clothing. For the interview, Coi herself was wearing flat sneakers (she was on a bicycle), a vintage MiuMiu dress, huge gemstone costume jewelry and an NBA basketball cap. Just try and make THAT fashion cocktail yourselves! Caution! Not for the amateurs….

Coi: I just wanted a store full of stuff that I liked. And I didn’t even really have an idea or concept until 3 months before we opened. I don’t even have a name for my personal style, even though I get asked to tag it as something all the time [oops, sorry for asking!!]. I used to like 70s style a lot but now I`m more into the end of the 70s into the 80s.. a big mix. But now the 80s stuff is starting to run out. It can’t last forever! We’ll have no choice but to move onto the 90s eventually before 80s stuff gets too expensive. I go on buying trips once about every 3 months to the US. Where do you recommend I go, Misha?

Bubblesといえば、20年代の女の子のベッドルームのような印象のインテリアがまず思いつく。そこに70s、80s、90sのテイストがミックスされて、でもなぜかMiu Miuだけは手放せなくて…という女の子の心情を上手く表しているような。 そして店内には、オシャレ女子の必需品Macコンピュータもインテリアで使われており、天井からはファンキーなバッグやバックパックがぶら下がっている。そして壁には一面のクールなヴィンテージの洋服。このミックス感はもちろんCoiちゃんのセンスが反映されたもので、彼女は今回のインタビューの際にもフラットスニーカーに、Miu Miuのヴィンテージドレス、巨大なビジューネックレスにバスケの選手がかぶるようなキャップを身につけていた。もしこれを見て、うちにある洋服で真似をしてみたいと思ったあなた、これはかなりの上級者向けだから気をつけてね!
 
Coi: とにかく私が大好きなものでお店をいっぱいにしたかったの。だからお店のコンセプトも後回しで、オープン3ヶ月前にようやく決めて、みたいな。ちなみに私のスタイルはなにに当てはまるのかってよく聞かれるけど、それも分からないの。70sも好きだけど、その終盤から80sにかけてをざっくりミックスしたのが好きで、 最近は80sの割合が増えてるかな。 いつも好きなものが変わっちゃうの!でも80年代の洋服って高いから、90年代のものにシフトしようかとも思ってる。あと洋服の買い付けは3ヶ月に一度アメリカに行ってるの。どっかアメリカでいいところ知ってる??

*I had no idea, sorry…I`m in Tokyo 11 months of the year for the past 9 years….. but back to Bubbles. I spent one entire afternoon perusing her blog because she puts together some really great outfits that have an air of maturity to them, but still experimental enough to play a leading part of Harajuku culture. This blog helped spur Bubbles to instant buzz…

Coi: I really was surprised that people knew about my shop so quickly. Especially since I was doing everything myself and couldn’t do tons of proper PR. But you know, everyone gets excited about a new shop, the hard part is keeping them interested.  So I would put up lots of posts on my blog…. but then something terrible happened. Apparently one of my ideas from my shop was copied by another store. I couldn’t believe it. I felt really hurt…we are all just trying to keep Harajuku exciting and fresh and make our own way and stay in business. So now I don’t know if I should put anything on my blog anymore… even though some customers see something they like there and then come in to buy it. It puts me in a difficult position.

*あんまり分からないかな…東京に出てきて9年、一年のほとんどを都内で過ごしてるから笑 ところでこの前、お店のブログを見ていたら凄く面白いスタイルがいっぱい載ってて、結局半日見続けちゃったの。どこかマチュアなんだけど、実験的でもあって舌を巻いたわ。やっぱりブログの反響はある?

Coi: 私自身、みんながこんなに早くお店のことを知ってくれたのには驚いてるの。だって最初はバタバタしすぎてろくなPRもできなかったし。でもやっぱりみんな新しいお店には常にレーダーを張ってるみたいで、むしろこれからが大変かなと思ってる。 そのためにブログを使ってたんだけど、この前それでひどいことがあって、私がブログに載せたアイデアを他のショップに盗まれたの!私たちは自分で考えた方法で原宿に刺激を与えたいと思ってやってるのに…だからあんまりブログに載せすぎるのは良くないのかなとも思うけど…でもお客さんでブログを見てくれている人がたくさんいるのは分かってるし、なかなか難しいかな… 

*I asked about an online shop then, and she explained she was setting one up as we were speaking….herself. She does her shop’s main website as well, and pretty much everything else. POWER! Gurl keeps the reins on and won’t just relinquish to anybody. Sometimes being a female and trying to grasp so much power is looked down upon in Japan. It’s far too “masculine”. What does Coi do when she has doubts?

Coi: Ari who owns The Virgin Mary is kind of my friend-slash-mentor and she gives me advice or stops by to see me. After six months I realzied how tough running a store was…I wanted to really do everything myself and control it all. I guess it’s like a maternal instinct a woman might have. This shop is my baby. But men are able to delegate and leave work to others which allows the business to get bigger. I have to work on that, I guess. 

そうして話はオンラインショップの話題に。彼女は店舗の他にオンラインショップも近日オープンする予定だそうだ。今でさえお店の他にいくつもの仕事をこなす彼女。なんでも出来るパワーウーマンのようだが、この東京で女性がパワーを持ちすぎると多少なりとも不便が生じてくるもの。そんな彼女が道を迷ったときどうしているのだろう?

Coi: The Virgin MaryのオーナーのAriちゃんて子がいて、彼女は私の親友兼メンター なんだけど、私が困ったときには彼女にアドバイスをもらうようにしてるの。お店をオープンして半年経ったとき、その大変さを身に染みて分かったんだけど、やっぱり自分で出来る限りはやりたかったし、多分女性特有の根性強さが幸いしてなんとか切り抜けられたの。このお店は私の赤ちゃんみたいなものだからっていう考えもあるけど、でもそういう時に男性のビジネス的なやり方も必要なのかなと思って、今はそっちに頭がいってる。

*It must be really exciting though, to have so much influence and see your concept of fashion being put into practice on the streets of Harajuku with your customers.

Coi: *silence*

*Girl, you are totally influential! You know that, right?

Coi: I try not to acknowledge it…I think it’s better that way now, to not let it go to my head or influence me.

*Ok, but all of your fans love you. I know they’re there…

Coi: *silence*

*I’ve seen them on Twitter. They want to know when you’re working in the store! I KNOW you have fans!

Coi: ….I try not to think about it. It’s a funny thing. Of course I’m happy and thankful. But recently I`m not in the store as much, I`m doing back-end things.

*Cool cat, I see. 

*でもやっぱり原宿で、自分のスタイルをみんなに認めてもらえて、インフルエンサーとして認識してもらえるのは素敵なことじゃない
Coi: *無言*
 
*?だってCoiちゃんは十分人気があるじゃない?
 
Coi: それについては、あんまり意識しないようにしてるの。そこに気が向いちゃうと今の流れを乱しちゃうから…
 
*なるほどね。でもあなたのファンが沢山いるのは事実だからね!
 
Coi: *無言*
 
*Twitterでも、いつ出勤してるのかってみんな知りたがってるし。
 
Coi: …でもやっぱり考えないようにしたいな。もちろん、そうだったら嬉しいけど、実際最近はあまりお店にいなくて裏方ばかりだし….
 
*冷静なのね!笑

bubbles shop

Well, since this interview I didn’t see Coi around much, so she must be growing her balls and getting shit done. Good girl!! Your child is growing up and leaving the home…set it free! (she has a lot more employees to help out now). I suggest checking out her instagram and of course her shop’s blog. She also got her  Bubbles online store set up as well! And the shop’s Twitter account is @BubblesTokyo (Japanese, but you’re jsut going to click on the photos anyway). Bubble go forth and float, up and away~

ここで言っていたように、この後彼女をあまりお店で見かけないようになったのは事実。もちろん見えなくても、きっと裏でお店の為に走り回ってるのは明らかだが。さて、急速に育ってきた彼女のベイビーは、この後どう変化していくのか。いつか親離れは来てしまうのか。でもまぁそんな心配も、彼女の周りの素敵なスタッフを見ればする必要もなさそうね。彼女のinstagram、お店のblog、あとBubbles online storeとTwitter@BubblesTokyoには女の子必見のアイデアが盛りだくさんなので、是非チェックしてみて下さい!

Categories
Fashion News | 最新情報

MIKA AND HIROKO NINAGAWA MOTHER-DAUGHTER EXHIBIT AT LAFORET ON NOW! IT’S A FLURRY OF FLOWERS AND… QUILTS?!

ラフォーレにて親子の蜷川実花と蜷川宏子の「二人展」。一体何が展示されてるかというと・・?!

ninagawa mika ten

I walked into a nearly empty exhibition hall yesterday at Laforet to see the Mika Ninagawa and her mother, Hiroko Ninagawa’s exhibition preview. The exhibition was of Mika’s photos (of course) and of
Hiroko’s quilts. Quilts?! I was there before the reception started because of scheduling conflicts, and wasn’t sure what to expect…especially without people there to infuse some life into the lonely tapestries on the wall.

 Her mom was actually an actress before she gave it up to raise her daughters, including Mika. Mika is in the biz now herself, in the director’s chair (along with her photography work, she has a new movie called Helter Skelter starring Erika Sawajiri coming out this July). I am very familiar with Mika’s work, but would I be inspired by her mother’s quilts?

I mean they’re QUILTS.

But…Yes!
I dare say again, yes!

昨日のことなのだが、原宿ラフォーレで行われていたNinagawa Mikaと、彼女の母でキルトアーティストのHiroko Ninagawaさんのエキシビションのプレビューにお邪魔して来ました。

この展示では、ミカさんの写真はもちろんのこと、ヒロコさんの作品も一緒に展示されていた。始めこのインビテーションを頂いた時は、キルトというワードから何を想像すればいいのか戸惑った。キルト?…壁にかかった布で何を表現するのだろう??ヒロコさんは、実は娘であるミカさんが生まれる前女優をしていた経緯を持っているそうだ。そして今ではその娘がフォトグラファーとして確固たる地位を築き上げ、今や写真だけに留まらず映画の監督まで務めるようになった。(ちなみに彼女の最新作は、沢尻エリカさんが主演のHelter Skelterという映画だそうだ。公開予定は7月!)
実際、ミカさんとは何度もお会いしたことがあり、作品展にも何度もお邪魔させて頂いていることもあり、今回も写真展をすると聞いていつも通り期待に胸が膨らむのだが。

何せ、未知なのはキルト…なんだか、本当に未知。

とにもかくにも、行ってみなきゃ始まらない、ということで拝見させて頂いたのだがこのキルトが、何と言っても素晴らしかったの!

くどいようだけど、本当に、素晴らしい!

goldfish

chirimen quilt

interesting patch

many flowers

closeup

I have never seen such imaginative quilts before… many of them feature flowers and goldfish and other motifs turned into objects of obsession by her daughter. Photo-realistic prints of flowers, or
quilted fabric flowers, odd shapes and chiri-men (traditional crepe fabric) all are used in different, creative ways by Hiroko. There is an area set up like a bedrooms with most of the knickknacks and
interior made of fabric from Mika’s photos and Hiroko’s imagination. The table with a fabric strawberry shortcake is a sweet touch.

I have a special affinity for quilts as my grandmother makes them… they may not be fashion in the sense that you wear them outside on your body, but seeing the patchworked pieces of fabrics and all of the
hand stitches warms the cockles of my fashionista heart.

 

これほどまでに創造性豊かなキルトを今までに目にしたことがあっただろうか…インスピレーション源はもちろん花、金魚といったところだろうか。奇しくも娘ミカさんの傾向と合致するのだが。
ミカさんがこれらのモチーフを写真で表現するのに対して、ヒロコさんはより触覚的な布という素材を用いて、ちりめん織りの独特の縮れがもつ素材感を生かした作品を作っていた。会場ではこの他にベットルームをイメージした展示も行われていて、そこにあった布で出来たショートケーキのカワいいことと言ったら!

正直始め、キルトやパッチワークのようなものはどうしてもおばあちゃんのイメージしか出来なかった。事実私も幼い頃おばあちゃんがよく作ってくれたし。でもこのパッチワークほどクリエイティブなものは今までに見たことが無かったし、いつもパッチワークのもの触れると感じるのとは違うとてつもなくお洒落で、かつ心が和むような感情で胸が一杯になった。

bedroom

strawberry table

ninagawa mika tokyo exhibition hiroko laforet

flower

patchwork quilt

bear ninagawa mika

ninagawa and hiroko mika

shiho

goods for sale

This is just a preview—– there are many more to see, on until Feb 19 at Laforet Harajuku 6F. Entrance is 600 yen or 400 yen for students.

これはあくまでプレビューですので、実際の展示はもっとスゴいはず!
とにかくパッチワークの概念を覆すこの展示、原宿ラフォーレの6階で、2/19日まで行われているので是非足を運んでみて下さい

入 館 料: 一般 600円、学生 400円 ※ラフォーレカード会員は入場無料

http://www.lapnet.jp

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー

Categories
Fashion News | 最新情報 Tokyo Brands | 東京ファッション

AVANTGARDE YOUR LEGS…A TIGHTS AND LEGGINGS HEAVEN IN HARAJUKU UNDERGROUND.

タイツとレッギンズの天国が原宿の地下に登場。足下を”アヴァンギャルド”にして!

avant garde in harajuku

I am never one to let my legs go bare… I just can’t. Too white…pasty….like a blank canvas….and you know what we do with canvases… paint them up! I have drawers full of stockings I have collected over the years…I suppose that was all too obvious. Still, for many years finding unique, high-quality tights was always a challenge in Tokyo, and good ones would pop up only once every blue moon. It wasn’t until the ast few years have we seen an upsurge of unique stockings and leggings for our stems (and shelling out 100+$ for cool ones became no biggie. Me, I have Bernard Wilhelm, Balenciaga and Phi among others…). When searching for places to find unique leggings and tights in Tokyo, there was always the default; the 4th floor of 109 in Shibuya. But those imports are expensive, and one little hole and they’re finito (RAGE!!).

Then came local brand MAM 3 years ago, and a shop in Tokyo followed. It was recommended to me within *days* of its arrival in Harajuku last year.You’ll find the entrance thanks to the mannequins outside with prom dresses that look like a tango of 50s and 80s styles overdone. Either that, or from the disembodied legs hanging from the roof outside that lead you down a staircase to the basement shop. Inside, it’s all very straightforward; with racks and racks of colorful tights and leggings. There are imports here too, but most are from the original brand MAM.

突然こんなことを言うのもなんだが、私は絶対に素足で出歩かないと決めている。理由はただ一つ、足が白過ぎるから(*_*)!白い、というか、もはや青白いってかんじで、まるで真っ白なキャンバスみたいなの。だからそれを克服する(キャンバスに色を乗せる)為に必ずに身につけているのが、過去数年集め続けているストッキング!そのこともあって、日頃街を歩く度にステキなストッキングは無いものかと目を凝らしてみるが、そのチャンスにはそうそう巡り会えない。
マルキューの4階に行けば、お高いインポートものは見つかるのはみんなご存知のはず(ね?)。だケドそれが破れた時のショックといったら(キレる!!)!全く、一体どこに行けばストッキングを選びたいだけ選べるの??

去年そんなことを思っていた私の耳に飛び込んで来た情報(Gunjiさんholla!)。原宿にストッキングの店が出来るって。聞けば、3年ほど前に卸だけで立ち上がったMAMというブランドの後継らしい。それはチェックしなければ!というわけで遅ればせながら行ってきました。向かった先でまず目に飛び込んでくるのは、50sと80sのプロムドレスみたいな衣装を着ているマネキンが目を引くエントランス。これなら迷うことはあるまい。その隣の屋根から突き出た足のディスプレイのある階段を降りて行くと、お目当てのショップAvantgardeがある。そこに並ぶのは、少数のインポートものを含む、主にMAMブランドのストッキングとレギンスの山!

manneqins outside

colorful tights

mona lisa

venice market

venice details

searing colors

minnie mouse tights

sailor tattoo tights
The best ones are the tattoo tights, inspired by sailor tattoos but are created to be asymmetrical on the legs.

中でも気に入ったのは、このタトゥータイツ。セーラーのタトゥーにインスパイアされたプリントがアシンメトリーに施されている。

disney tights

Also, I would never wear Disney on my person…and wouldn’t really recommend it for an adult (unless you’re Azaelia Banks) but I would go for these tattoo tights….preferably with a contrasting sleek LBD and Louboutins.

普段ディズニーものは滅多に身につけないんだけど、このミッキータイツは例外。クールな黒ドレスとルーブタンのヒールを合わせて着たい。

 

choco moo tights

Also, don’t forget to check out the pieces by Osaka-based illustrator Choco Moo. I have the “OMG” versions. The Elvis stockings actually look like Karl Lagerfeld to me.

Also in the shop is an interesting interior that straddles between kitsch, chic and schizo. There is also randomly a rack of high-grade denim, a hobby of the manager’s…and a rack of costumes for stage shows…er…drag shows…and that explains the mannequins outside.

あと忘れてはならないのが、大阪を拠点にイラストレーターとして活動するChoco Mooの作品。私がチョイスした物の名はOMG。エルビスの似顔タイツもあるけれど、私にはどうみてもカールラガーフェルドにしかみえないww

インテリアも面白いものが揃っていて、キッチュで、シックでな雰囲気が魅力的だった。そのインテリアの一環としてか、店長が趣味で集めたデニムや、ステージ衣装のようなもの(ドラァグの、ね。)も見られた。マネキンの衣装はそこから来たのだろう。

mannequin

chanel poster

pink shoes

corsets

avant garde harajuku

So if ever in the market for tights then this should definitely be the first place you hit up– they also have an online shop. Let those legs express themselves!

とにもかくにも、これでようやく私のタイツジプシーの旅は終焉を迎えられたというわけだ。めでたしめでたし。
皆さんもタイツ、レッグウェアをお探しなら、迷わずアヴァンギャルドへ!お店のホームページでは、オンラインショップもやってるのでこちらも是非!

avantgarde

avantgarde

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー