Categories
Japanese Brands AW 2017 | 東京コレクション秋冬2017

Get into the GVGV Groove. 見逃しちゃいけない、そんな夜だった。GVGV東京凱旋ショー2017aw

UPDATE: 更新が非常に遅くなり、申し訳ありません!めでたくミーシャは新コンサルタント会社を設立し、クライアントに100%力を注ぐようにしたら、あというまに時間が経ち、ブログを放置してしまいました。週2回の更新頻度に戻れるように頑張ります!今後ともよろしくお願いします!

「昔は良かった」という表現。今、最前線で活躍している30代、40代の大人たちにとって、その”昔とは90年代のことだろう。日本では1991年にバブルが崩壊し経済はてんで元気がなかったが、そんな暗くなっていく世の中に対しての歯がゆさをぶつけるように、ロック、グランジ、ヒップホップなどのカウンターカルチャーが元気だった時代、それが90年代だ。

2017awコレクションで久しぶりに日本に帰ってきたG.V.G.V.のショーはそんな90年代を思わせる、パワフルでエネルギッシュなパフォーマンスだった。まるであの頃のクラブで、いきなり始まるゲリラショーや野外ゲリラパーティーのような、そんなワクワクする空間が恵比寿のLIQUIDROOMに広がった。

[UPDATE] Sorry for the lack of updates! In good news, I have established my own consulting company but it has been keeping me extremely busy while things are all set up with me and clients. I`ll be returning to a twice-weekly update now- or try my best! Thanks for understanding!

“The past was better”. To those in their 30s, that past is likely the 90s. In Japan in 1991 was when the economic bubble popped, and while things looked bleak, there were counter culture trends like grunge, hiphop, nu rock, and the Harajuku decora/goth/v-kei/lolita fashion scene which made that era rife with energy.

GVGV presented its first fashion show in Tokyo in 4 years at Liquidroom, a famous 90s club spot in Ebisu. The location was chosen for the nostalgic spin, as well as GVGVs dedication to bringing music into its collections (designer MUG has been a DJ in Tokyo for her entire career).
 
Categories
Photoshoots | フォトシューティング Press | メディア

`The Cult Issue` Inside IDOL Magazine. イギリス発ファッション誌「IDOL」の “カルト号” を探る

L1031230Aug-18-2014©-Celia-Humphries

For the newest issue (No. 7) of IDOL Magazine, I styled a shoot featuring some of Japan’s best AW2014-15 looks. The magazine hails from the UK and has no qualms about exploring the boundaries of fashion photography, the clothing, and it’s subjects. It’s consistently one of the most fascinating and high-quality fashion magazines from the country and has a permanent spot on my inspiration board.

For our shoot, we had a good to evil transition (or is that good *is* evil?), a transgender story, inspiration from clown cults, inspiration from regular cults, and lots of “find the wrong kanji” which is like the Where’s Waldo of Japan but a million times harder. I am obsessed, yes. Check out the freaky feature below.

IDOL Magazineの最新号で、2014-15秋冬の今回のミーシャ的ベストルック In ジャパンのスタイリングをしました。このファッション誌はイギリス発で、ファッションフォトと服の境界線を取っ払うことをテーマにかがげ、実際にそういうクリエーションを世にだし続けていることは疑いようもない。ミーシャのインスピレーションボードにいつもアイデアをくれる、魅力的なファッションマガジンIDOLのクオリティは、抜群の安定感を誇る。

今回の撮影では、栄光にすがる信仰者やカルト的な文化からインスピレーションを受けたトランスジェンダーストーリーを背景に、悪(悪は悪でもいい悪?) の遷移を表現。また、”ウォリーはどこ”?的な、でも100倍難しい、”漢字の間違い探し”をデザイン背景に。ミーシャも取り付かれたわ。この先に広がるすこし異常な恐怖をチェックしてみて。

 

Above: mintdesigns
http://mint-designs.com/

 

idol-DHYUYiU7FM_IueqjT5jdIwzU0f9CrZ_9Z2PMvO75Mmg

 G.V.G.V.
http://www.gvgv.jp/

Categories
Tokyo Brands | 東京ファッション

City Surfing with G.V.G.V 2015 Spring Summer ジーヴィージーヴィー 2015年春夏のシティ サーフ

GVGV_2015ss_12

Back in Paris, which already feels like years ago… but more like a week, I got to see a number of exhibitions of upcoming Japanese brands in the back-widing alleyways of the Le Marais district. Brands like Divka, mame, and GVGV show their collections to the best buyers in the world, and their Tokyo-born status usually gets them an automatic foot in the door; but charisma gets the sales.

GVGV has been prying for the global eye for three seasons now, and it was a huge loss for the Tokyo Fashion Week which reveled in the brand’s celebrity and pomp for their fashion shows. To see them relegated to a few lifeless racks does make me yearn for the days when things were much more entertaining.

But despite the calm, the brand is doing well overseas, catching the eyes of Colette in Paris and Alter in Shanghai- two of the world’s best boutiques. GVGV is sure riding the wave…. and it goes to say that they are taking it literally, with a surf-inspired collection for 2015 SS.

 

2014ssからパリデビューを果たしたG.V.G.V(ジーヴィージーヴィー)。あいかわらず東京でも圧倒的人気を誇るブランドであることに変わりないのだけど、その秘密はどこに?

デザイナーMUGさんのカリスマ性と毎シーズン様々なテーマでいろんな表情を魅せる飽きさせないコレクションに東京中の女の子は夢中になる。

先日、待ちに待った新作 “2015春夏コレクション” がパリにて発表されたのでさっそく紹介したいと思う!私ですが、ちょうどパリに行ったから、ショールームに足を運んで、自分の目で確かめました。

東京で発表する時はセレブ系の大規模のショーだった、と思うと、展示会でのラックにかかった生き生きのない服達に少し寂しさを感じる。この時はルックブックをみて、元気を取り戻す。GVGVのルックブックはいつも完璧なスタイリングで「馴染みやすさ」と「斬新さ」の絶好ミックスを見せることでよく知られている。

さ、今回のテーマは”City Surf”。ROXYとニューえらとコラボ。と、なんとも興味深いぞ!

G.V.G.Vファン、あつまれー!

GVGV_2015ss_28

Categories
Tokyo Brands | 東京ファッション Tokyo Fashion Week | 東京コレクション

TOKYO FASHION WEEK 2013 AW: GVGV. KILL 2 FETISHES WITH 1 STONE, GET BOTH YOUR HOUNDSTOOTH AND YOUR SPANKIN’ HERE

GVGV編。東京ファッションウィーク2013年秋冬をレポート。悪いファッショニスタにはG.V.G.V.がハーネスと鞭でお仕置きよ。

GVGV-0565 GVGV is gonna tie you up and give you a spanking if you’re being a bad, bad, fashionista.  

The theme was all fetish-y for AW 2013 and it was whip-tastic. Latex-like textiles (I doubt it’s ACTUAL latex, I have to see it up close at the exhibit) on form-fitting dresses with white apron applique and lots of corsetry-like lace-ups dominated the collection (pun intended). Also see the furry orange houndstooth and plaid.  

My favorite was the dominatrix print on the secretary skirt-suit and the cartoon of a blindfolded and ball-gagged girl. AND THE PUFFY SKIRT! Ordering, ordering….

今回、今までのなかでも指折りのフェティッシュなコレクションを展開したG.V.G.V.。実際の鞭こそ登場しなかったものの、ラテックスと思わしきヌメリ感のある素材、タイトなフィット感のドレス、女王様によく似合いそうなエプロンやサイハイ丈のレースアップブーツなど、全面的にSMテイストを押し出したラインナップが出そろった。

個人的に大好きだったアイテムは、女王様のプリント地のスカートスーツに目隠しをした女性のプリントアイテム、そしてボリューム感たっぷりのファーのラッフルスカート!!!なんて魅惑的…

 

PHOTOS by Mami Tanabe for TfD

GVGV-0522

 

GVGV-0503

GVGV-2-3

GVGV-0507

GVGV-2-4

GVGV-2-5

GVGV-0537

GVGV-0556

GVGV-2-6

GVGV-0330

GVGV-0444

GVGV-2-8

GVGV-3

GVGV-0365

GVGV-0406

GVGV-0411

GVGV-0416

GVGV-0423

GVGV-0447

GVGV-0449

GVGV-0465

GVGV-0473

GVGV-0497

GVGV-0543

Categories
Tokyo Brands | 東京ファッション

GVGV’s BUG-EYED GIRLS ON THE “INSECTOPIA” RUNWAY FOR 2013 SS, TOKYO.

昆虫といえば、東京コレクションで披露された GVGV 2013年春夏コレクション「INSECTOPIA」 。ファッションは BUG ってる!

G.V.G.V-0441

While we are on the subject of insects (see yesterday’s post on Joji Kojima’s “INSECTA” collection), how about we look at GVGV’s 2013 SS collection which also heavily borrowed from the beauty of of our little buggy friends? 

昨日のJoji Kojimaに引き続き、と言ってはなんですが、今日も昆虫にまつわる話。今回は、同じく東京を拠点に絶大なる人気を誇るG.V.G.V.の新作の昆虫インスパイアコレクションです。

Photos by Mami Tanabe for TfD

G.V.G.V-0464

G.V.G.V-0450

G.V.G.V-0424

G.V.G.V-0493

 
Appropriately titled “Insectopia”, the most obvious reference here are giant, bulbous “bug-eyed” sunglasses which give these girls the coolest “fashion face” of the runway. Then there’s the bright oranges and greens which serve to vreate the image of a insect utopia in the tropical jungle.
 
テーマをInsectopiaと名付けられたこのコレクション、最もそのテーマが顕著に表現されていたのは虫の目のような形とホログラムを施したサングラス。そこに更なるトロピカルな雰囲気を加えたのが、オレンジやグリーンの鮮やかなカラーパレット。
 
G.V.G.V-0459
 
G.V.G.V-0491
 
 
G.V.G.V-0509
 
G.V.G.V-0498
 
 
G.V.G.V-0512
 
 
G.V.G.V-0520
 
G.V.G.V-0524
 
G.V.G.V-0486
 
G.V.G.V-0477
 
G.V.G.V-0472
 
G.V.G.V-0466
 
Looking at the details we have horn beetle prints and a shiny jewel-beetle green proliferous throughout the clothing. There are even “wings” on the collars in the back like wings. The silhouettes are retro but the textiles are decidedly futuristic with high-tech inorganic textiles.
 
その他にもビートルのプリントや、細胞分裂を思わせるシャイニーなテキスタイル、極め付けはバックに取り付けられた羽など随所にそのイメージが組み込まれていた。それらにG.V.G.V流のアレンジとして、フューチャリステイックなハイテク素材やテキスタイルで遊びを加える。このテーマ性の強いスタイルと、ブランドが作り出す自信に満ちた女性像、そして毎度のことながら一糸乱れぬトレンド予測率で毎回観客を圧倒している。
 
 
G.V.G.V-0484
 
GVGV is always exciting because although the theme is a confident girl who dresses in somewhat mannish clothes, every season carries it’s own unique story and is ALWAYS on the pulse of trends. It’s also one of the most expensive domestic brands out there, so you’re definitely paying for its exclusivity. That’s not to say it’s underground, as fans of Tokyo Fashion Week will know it’s one of the hottest tickets out there. The show itself was packed to the brim and overflowing with celebs (Miliyah Katoh was there) and the top mags’ editors. It was an electric atmosphere… it helped they were passing out Zima Gold and the editors of ELLE and I couldn’t help ourselves to a few…
 
G.V.G.Vといえば、ドメスティックの中でも最も高価な服を作るブランド。であるにも関わらず、変わらぬ人気を維持し続けるのはやはりこれらの理由に加え、華やかなイメージ作りももちろん一役を買っている。現にこのブランドのショーは、東京コレクション中最も取りづらいチケットであると同時に、ショーのフロントローには数々のセレブリティ含め、錚々たる面子がズラッと並ぶ。
 
G.V.G.V-0534
 
This atmosphere definitely comes courtesy of designer MUG who is a major star in her own right as a super chic medemoiselle who DJs in her spare time. Just last weekend she was on after me at the PRISM party and was looking on FIRE in the shiftiest little shift dress with a giant ruffle heart on the chest. Don’t be fooled; she’s a badass and she’s taking her brand along for a wild ride.
 
そしてショーが終わると、そこにはデザイナーのMUGの姿がある。彼女はこのブランドでデザインをつとめるだけでなく、タフな都会の女性の模範ともいうべきそのクールな佇まいであらゆるファッションフリーク達のハートを射抜いてきた。そんな彼女は、デザインの合間にはもっぱらDJをするのが趣味のようで、先日も二丁目で開催されたPRISMでDJを披露しフロアを熱狂の渦に巻き込んでいた。そしてその胸元にはゴールドのラッフルで縁取られた巨大なハートモチーフ。さすが、何を着ていてもサマになります
Categories
International brands | 海外ファッション Photoshoots | フォトシューティング Tokyo Brands | 東京ファッション

IT’S 9PM KABUKICHO…GETTING TABOO IN LEOPARD, GVGV AND V%$!*A.

タブーな歌舞伎町の夜分にタブーなレオパード、GVGV,そして○○○を着用。ファッションダイアリー#7。

misha janette at nozomi ishiguro

This was shot after the Nozomi Ishiguro Haute Couture show last night at the FUUrin Kaikan in Kabukicho, Tokyo’s “red light” district. I say FUUrin Kaikan because if it were just FUrin Kaikan, it would be “adultery building”. But in this case is totally apt since this place houses oodles of hostess bars. Helllooooo furin kaikan. Nozomi held his show here because his collection was titled “taboo”, which I will get to more in depth when I post photos of the collection, but I just happened to be wearing my one piece of “taboo” clothing:

昨日の夜、Nozomi Ishiguroのオートクチュールショーが行われたのは歌舞伎町の”ふうりん”会館。
(わざわざひらがなで書いてるのは、始めこの場所の名前を聞いた時、”ふりん(不倫)会館”かと思って仰天した過去があるから…だって、場所柄も…(自粛))何故今回、ノゾミさんがこの場所を選んだかというと、今回のショーのテーマが” タブー”だったから。何がタブーかは、こちらの写真を見て感じ取って頂ければと思います。そしてこの日私が着ていたコーディネートにも、ある種のタブーだったんだけどね。

tights

Those aren’t stylized planets, my dear friend. Look again.

Or perhaps it is also taboo that you can see my little nude socks under my stockings. Ostensibly there so I don’t put holes in said stockings from all the walking I do all day. I would rather show nudie sock lines than get holes in my stockings T_T

In any case, these pieces are pulled from my own closet (most of it SS 2012) and I love the outfit so much I`m going to wear it allllll the time this spring.

そして、お決まりのこのストッキングも、ばっちりタブー。しかもこの日は、伝線防止用にソックスを下に履いていたから尚更。だって一日中歩き回ってたらすぐ穴が開いちゃうんだもん!本当はパンツのラインみたいに見せちゃダメだけど、まいいや。

とにもかくにも、この日のコーデは全部届いたばかりの春夏のもので揃えてみました。本当にお気に入り過ぎて、この春中ずっと着てる予感!

say what

candy necklce

leopard gvgv

kabukicho

Pink makeup dress with cape: Leopard (available at CANDY)
Peplum skirt: GVGV
Tights: Vive Vagina by Sioux
Shoes: Bought on Takeshita-dori
Bag: Reed Krakoff remake
Necklace: NYC SOHO street table
Wig: “Daphne” by Plumb

ケープ付きコスメ柄ドレスレオパード(CANDY取扱い
ペプラムスカートGVGV
タイツ: Vive Vagina by スー
シューズ:竹下通りで購入
バッグ:リードクラッコフのリメイク
ネックレス:NYCのSOHOで購入
ウィッグ”ダフネ” by プラム 


leopard

LEOPARD

gvgv skirt

GVGV

Photos taken by Yume Takakura for TfD.

 

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー

Categories
Press | メディア Tokyo Brands | 東京ファッション

READY FOR TOKYO FASHION WEEK? SS 2012 REVIEW: CHATTING WITH G.V.G.V.

東京コレクションの準備は良し?SS 2012年の予習:GVGVデザイナーMUGとインタビュー

gvgv 1
 
I was asked to revisit the spring/summer 2012 Tokyo Fashion Week collections for a nice feature in Chinese magazine YOHO that covered 6 established and young brands… basically those that are buzzy both in Japan and in China (good for us to know!). I spoke with each of the designers about their brands and the collections- think of it as a review to this month’s Mercedes Benz Fashion Week Tokyo which starts in a FEW DAYS! Mar 18-23. (Not. Ready. *_*)
 
毎月連載を書かせてもらってる中国の雑誌YOHOで、東京コレクションに参加している6つのブランドについてビッグなフィーチャーを書かせて頂いた。

これらのブランドは、日本だけでなく中国でも人気が高いそうだ。ということで、デザイナー達にインタビューをしてきたので、これを読んで今月末に控える東コレに向けて予習してみましょう! 

gvgv in yoho magazine

 

 

GVGV

G.V.G.V. has been a top “must-see” on the Tokyo Fashion Week calendar for several years now. While there is nothing inherently “Japanese” about the designs here, they still manage to tap into the zeitgeist of fashion in Tokyo for cool, stylish girls anyway. The cool designer MUG herself is the poster girl for this brand, and she is often seen in skinny jeans and leather jackets, or other fashionable “boyish” styles. That male edge comes through in the clothes, even if they sometimes seem really girly. It is definitely all about the attitude of a girl who wears GVGV, and they have lots of confidence and panache. This ss 2012 season was a retro look at 50s-style girls who vacation in the  urban tropics. The pastel colors and fauna are on-on-on trend like whoah.
 
G.V.G.V.

G.V.G.V.は、この数年の間に東京コレクションの大目玉の一つとなり、そのシーズンを語る上では”マスト”な存在にまで成長した。特別”ジャパニーズ”的なアプローチをしているわけでは無いのだが、東京で最もお洒落な人達から、最も暑いラブコールを受けているのだ。その理由の一つがデザイナーのMUGの存在だろう。普段はスキニージーンズにレザージャケットといった、気負わないボーイッシュスタイルに身を包んでいる彼女。そのボーイッシュな要素は作る服にもどこかしら影響を与えているように思える。たとえそれがガーリーなコレクションであったとしても、だ。そしてそのスタイルは、G.V.G.V.を着るファン達にも浸透しているようで、皆一様に自身に満ちあふれ、堂々たる佇まいだ。そして2012年の春夏は、50sのレトロルックにトロピカルなヴァカンスムードが加わったコレクションだった。このショーで押し出したパステルカラーは、この春夏のマストカラーとして既にいたるところで見られている。

 

tropicale urban by gvgv 

Interview with MUG, GVGV Designer

GVGVデザイナーのMUGとインタービュー

 

1) How long does it take you to design one collection? And are you a sketch or no-sketch designer?

Since we start on the next season as soon as the fashion show finishes, it takes about 5 months. I do sketches.


1)期間的に、一つのコレクションをデザインするのに、どれぐらいかかりますか?また、スケッチ派ですか?スケッチ無し派ですか?

showが終わってから次がスタートするから、およそ5ヶ月間。スケッチ派。

 

2)For this new collection, about how many sketches did you do? From those how many did you make samples of and then put on the runway?

I don’t remember exactly, but I drew about 200. From that, we made about 100-120 samples.

2)今回のコレクションにつき、何点のデザイン画を描かれましたか(デザイン画なければ、予定していたデザインとする)?その内、何点が実際サンプル化され、ランウェイに登場させましたか?

覚えてないけど200以上。実際にサンプル化したものは100~110くらい。

 

gvgv girl

 

3) If you weren’t punching out designs, what would you be up to?

I don’t know, I can’t imagine doing anything else.


3)デザイナーしていなくれば、どういう仕事をなさってると思いますか?
今では他の仕事が想像出来ない。

 

4)G.V.G.V. ‘s base aesthetic lies in the mix of masculine & feminine right? On top of that, where do your ideas for each season come from? Also, what was a specific inspiration for your SS 2012 collection?

I get my inspiration from the people around me everyday. People, things, music, movies…everything. 2012 ss was all about pastel tones and Miami Beach.

4)G.V.G.V.は”マスキュリンxフェミニン”をベースに、洋服を提案するブランドだと思いますが、そのインスピレーションのもとななんですか?(旅行、写真集、音楽など)。また、SS 2012のインスピレーションは具体的にどこからきましたか?

インスピレーションは日常の全てから。人、物、写真、音楽、映画etc…全部。ss2012のインスピレーションはパステルトーンの色とマイアミビーチから。

 

twins


5)Pin up girls seemed to play a big part in the collection too. Do you have a favorite pin up girl?

Yeah, Bettie Page.

5)今回はピンアップガールのイメージは強かったと思いますが、特にインスピレーションとなったピナップガールはいましたでしょうか?(またはお気に入りピンアップガールはいますか?)


ベティーペイジ


6) Let’s talk about your collaboration with the super-cool leather brand Blackmeans. How did that get started?

About 2 years ago I first saw Blackmeans’ work in a photograph and I truly was taken over by it. I hadn’t see anything like it! After that I happened to meet the Blackmeans guys at an event and they were just as cool themselves so we decided to collaborate.


6)前期から始まったブラックミーンズとのコラボのきっかけを教えてください。

2年近く前、最初にblackmeansの作品を写真で見て今迄感じた事の無い「凄い!」っていう衝撃を受けた。その後偶然イベントでblackmeansの人と出逢い、更にその人柄にも惹かれてコラボレーションをする運びに。

 

7) Music is a big part of the G.V.G.V. world. Can you tell me about your show soundtrack for this collection?

Since the collection was about 50s pin up girls I wanted to get something with a female garage-punk sound that was also nostalgic. I had trouble deciding which band to play.

7)G.V.G.V.というブランドにとって、音楽は特に大事な要素だと思いますが、今回のショーサウンドトラックについてご説明いただけますか?50’sのピンナップガールが大枠のテーマだったので、ガレージパンク的なノスタルジックで尚かつフィメールvocalのバンドという枠で、

どのバンドの音源にするかを迷った。

 

cool girls 

8) MUG, you DJ yourself too . How often do you spin? Can you tell me what kind of music you play, or what band you’re really into right now?

I DJ just about once a month. When I`m busy I do it about 4 times a month. I don’t stick to one genre, I play all from dance to rock.

8)MUG様はDJよくされると思いますが、月、どれぐらい回しますか?また、DJの時、どういう音楽を回しますか?今、はまってるバンドや曲はありますか?

月に1回程度。多い月で3~4回。特にジャンルは無いけど、ダンス、ロックetc…..。

 

9)Do you have any personal favorite used clothing shops you can share?

I like ALCATROCK in Ebisu and TORO in Shibuya.

9)東京でおすすめなビンテージ屋(古着屋)さんあれば、教えてください

恵比寿の「ALCATROCK」や原宿/渋谷の「TORO」とか。

 (Alcatrock and Toro)

 

10) Let’s talk fantasy. If you could collaborate with anyone today or in history, who would it be?

Andy Warhol.

10)夢なコラボについて。もし夢なコラボができるとしたら、どの方とコラボしたいですか?(現在、過去、業界、非業界、問いません)

今は亡きアンディーウォーホールと。

mug gvgv designer

 

MUG Profile:

Mug started designing GVGV in 1999, mixing feminine and masculine design with the trends of today and through her own style ethos. GVGV has become one of the most-watched Japanese high-fashion brands and MUG has branched out to include buying with the grapevine by k3 Daikanyama boutique in 2010.  

MUG
1999年ブランド立ち上げ。
フェミニンとマスキュリンの同居するオリジナルな世界観を、その時の感性で自由に発想し、毎シーズンコレクションとして発表。現在最も注目される東京ブランドの一つとなった。また2010年春夏シーズンよりgrapevine by k3代官山店にバイヤーとして参加。世界中の素晴らしいクリエイション作品をセレクトしている。

 

http://www.gvgv.jp

gvgv finalePhoto: Mami “Mamitan” Tanabe 

catalog photos (c) G.V.G.V.

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー

 
Categories
东京时装 @zh-hans

GVGV 东京2012年春夏

gvgv finale 2012 tokyo fashion week

这回GVGV的缪斯是在热带海滩上晒太阳的朋克女孩,就像从前海报上的那些。这系列衣服有着小心翼翼
的剪裁,多直筒裙以及细腰狭裙,还有那无处不在的绿色动物印花, 连手提包也不放过。Vogue日本的主
编Mitsuko Watanabe也出现在秀场(我之前从没在日本品牌的秀上见过她!!)。

gvgv ss 2012

 

gvgv 2012 spring tokyo

 

gvgv 60s pin up girl

gvgv swimsuit

 

Photos by Mami Tanabe

It was here that I actually made some new friends. This is Danny and David from the hit blog ” Igor and Andre.com”. Danny Roberts went viral recently with his highly characteristic  illustrations of fashion models and personalities that you probably have seen.  The brothers were so excited to be at Tokyo Fashion Week which always gives me a dose of anti-cynicism. It’s hard to look at things through new eyes every season, but the guests that come aid with that. My job is then to bring some subjectivity. It’s a great recipe. 

何人か新しい知人と出会った。二人、人気ブログのIgor and Andre.com のDannyとDavidだ。Danny Robertsが、モデルなどのイラストをキャラクタリスティックに描いているこのブログは、近年急激に注目を集めている。このイラスト、きっと一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。この2人も今回の東京コレクションをを心待ちにしていた様子だった。
毎回違う作品が披露されるコレクションだが、観客も常に新しい目線で見続けるのは簡単なことではない。でもその新しい目線こそが、コレクション鑑賞には重要。そしてそこに客観性を持たせるのが私の仕事。最高のレシピでしょ?

danny roberts in tokyo

igor andre
(c)Danny Roberts Igor and Andre

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー