Categories
Best Japanese Brands 2016 | 最強日本ブランド 2016年保存版

LVMH Prize 2016ファセッタズムに勝算はあるか?Can Facetasm realistically win the LVMH Prize 2016?

facetasm-LVMH-prize
LVMH Prize nominee, Facetasm past collections/ファセッタズムの過去コレクション達

 

東京のブランド、ファセッタズムが、今快挙を繰り広げている。世界最強ファッション会社LVMHが開催するLVMH Prize 2016でファイナリスト8に残っているのだ。最終結果は6月14日に発表されるが、優勝することでファセッタズムが得るものとは?まず、分かりやすいものから言うと賞金30万ユーロ。(4000万円弱くらい) それに加え、世界のトップレベルブランドが名を連ねる巨大グループ、LVMH支援下でのメンタリング。(知的財産やグローバルなブランドイメージのコンサルティングも含めて) このアワードに勝つということは、将来の成功を手中に収めることと言える。実は日本人がここまで躍進したのは初めてのこと。では、歴代勝者と今年のファイナリストのデーターを見ながら、優勝の確率を当ててみましょう!

Japanese brand Facetasm was nominated for the LVMH Prize 2016, and has survived the vetting process to be one of 8 finalists. The final announcement will be made on June 14th. What chance does Facetasm have to win the LVMH Prize 2016? Winning it means a 300,000 euro grant and hands-on mentoring (including figuring out their intellectual property rights and global brand image consulting) by the world’s biggest and most successful fashion group, Louis Vuitton Morris-Hennessy. Winning it is basically a mainline to future success. This is the first time a Japanese designer has made it so far, so let’s look at the past winners and current finalists to see Facetasm’s chances.

Screenshot 2016-04-05 21.56.52

Categories
Style Book | スタイルブック

スタイルブック:大人的なおもちゃ風 If it walks like a toy, talks like toy…

MISHA_LOOKDAY6_MBFWT15_16aw-7

 

TIME: 17:01
LOCATION: Daikanyama
THEME: 大人的なおもちゃ ~Big Toy~

Categories
Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化 Tokyo Brands | 東京ファッション Tokyo Fashion Week SS 2015

東京ファッションウィーク?それとも東京リアルクローズウィーク? Is it Tokyo Fashion Week, or Tokyo Clothing Week?

tokyo-fashion-week-5

みなさんにとって、”ファッション”とはなんですか?ファッション=服?もちろんそうだろうけど、じゃあ、全ての服=”ファッション”って一概に言えるのだろうか?

個人的に、答えはノー。洋服屋さんと、ファッションブランドの間には違いがあると思う。全ての服飾用品が等しく作られているわけではなく、顧客のニーズに合わせてギャップがあるのは当然。そして、ミーシャがコレクション(ファッションウィーク)に期待するのは、”ファッション”を見ること。

毎シーズン、どんなデザインが発表されるのかとわくわくしたり、素敵なファッションでドレスアップすることや、それが自分のワードローブに加わるのを夢見たり、本当にファッションが大好きな私。でも正直最近…特に2015 SSは…面白みに欠けたシーズンだったと感じた。”ファッション”を感じられるもの、なにより、欲しい! と思うようなものに出逢えなくて寂しかった。たくさんのコレクションを見たけれど、目にするのはおとなしく落ち着いてしまったリアルクローズばかり。どうしちゃったんだろうー。と前回のファッションウィークが終わってから今までずっと気がかりでいる。

今日は、ジャーナリストや評論家としてのミーシャではなく、欲しいと思う“ファッション”を買うために働く、ファッションを愛して止まないひとりの人間、ミーシャジャネットとして記事を書きます。

これが本当に東京ファッションウィーク?それとも”東京”リアルクローズ”ウィーク?なの?

What is “fashion” to you? Is all fashion clothing? Sure. But is all clothing “fashion”?

Personally, I think not. I also think there is a difference between a clothing brand, and a ”fashion” brand. Not all clothing is created equal. And when it comes to fashion week I am there to see capital-EFF-ashion.

This article is not being written by Misha the critic or journalist. It’s being written by Misha who is interested in fashion, loves to buy fashion, and loves to work hard to earn money to spend on fashion.

Every season I should be excited to see the designs and dream of wearing the clothes or putting them into my closet. But recently… and especially last season….I didn’t see much fashion. I didn’t feel compelled to go buy it. But I did see a lot of clothing. A glut of….body-covering panels of cloth.

Is this Tokyo Fashion Week? Or is this turning into Tokyo Clothing Week?

tokyo-fashion-week-8

Below: Onitsuka Tiger by Andrea Pompilio 2015 SS. Top photo: Ne-net 2015 SS. Photo by Mitsugu Uehara. 


Categories
Photoshoots | フォトシューティング Press | メディア

`The Cult Issue` Inside IDOL Magazine. イギリス発ファッション誌「IDOL」の “カルト号” を探る

L1031230Aug-18-2014©-Celia-Humphries

For the newest issue (No. 7) of IDOL Magazine, I styled a shoot featuring some of Japan’s best AW2014-15 looks. The magazine hails from the UK and has no qualms about exploring the boundaries of fashion photography, the clothing, and it’s subjects. It’s consistently one of the most fascinating and high-quality fashion magazines from the country and has a permanent spot on my inspiration board.

For our shoot, we had a good to evil transition (or is that good *is* evil?), a transgender story, inspiration from clown cults, inspiration from regular cults, and lots of “find the wrong kanji” which is like the Where’s Waldo of Japan but a million times harder. I am obsessed, yes. Check out the freaky feature below.

IDOL Magazineの最新号で、2014-15秋冬の今回のミーシャ的ベストルック In ジャパンのスタイリングをしました。このファッション誌はイギリス発で、ファッションフォトと服の境界線を取っ払うことをテーマにかがげ、実際にそういうクリエーションを世にだし続けていることは疑いようもない。ミーシャのインスピレーションボードにいつもアイデアをくれる、魅力的なファッションマガジンIDOLのクオリティは、抜群の安定感を誇る。

今回の撮影では、栄光にすがる信仰者やカルト的な文化からインスピレーションを受けたトランスジェンダーストーリーを背景に、悪(悪は悪でもいい悪?) の遷移を表現。また、”ウォリーはどこ”?的な、でも100倍難しい、”漢字の間違い探し”をデザイン背景に。ミーシャも取り付かれたわ。この先に広がるすこし異常な恐怖をチェックしてみて。

 

Above: mintdesigns
http://mint-designs.com/

 

idol-DHYUYiU7FM_IueqjT5jdIwzU0f9CrZ_9Z2PMvO75Mmg

 G.V.G.V.
http://www.gvgv.jp/