Categories
Best Tokyo Shopping | 東京の買物 Fashion News | 最新情報 Japanese Brands SS 2016春夏の東京コレクション Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

日本発ラグジュアリーブランドはどんなブランド?それを探るPOPアップNEXT LUXURYをプロデュースしました。What does the Next Luxury Japanese fashion brand look like? That’s at the POPup shop I produced, NEXT LUXURY with Daimaru Shinsaibashi.

Screenshot 2015-12-19 00.40.37

最後の、第3戦「エッジ」がスタート!クリスチャンダダ、Leonard Wong, Nocturne #22 In C Sharp Minor, Op. Posth., フレイクがレアなことに大阪に登場!下記で各ブランドと並んでいる商品の一部を紹介します。

ポップアップのご紹介:
大丸心斎橋店で開催されているポップアップショップ、”ネクストラグジュアリー”のプロデュースに参加させてもらっている私。日本を牽引するパワフ ルなブランドをセレクトさせていただき、2週間おきに入れ替わるというとてもエキサイティングな企画!というのも、もうすぐアートデコ調の素敵な建物をリ ノベーションする大丸が、その前に行うこの大きな企画にミーシャを招いたくださったのだ。

ポップアップショップは大丸の一階、御堂筋側エントランス右横でやっているのでチェックしてね!(大丸にいったならウィンドウディスプレイを観るのも忘れずに〜デザインさせていただきました!)

 

I have put together a rather unique pop-up shop for Daimaru Shinsaibashi in Osaka, as they allowed me to experiment before they close down to renovate the Art-deco-era building. Over the course of 6 weeks, three groups of brands which represent the next generation of luxury fashion from Japan will be presenting an ample lineup of their newest collections and archives for sale.

We are now into the second of the three parts, on from Dec 16 to 30th. The theme is “Edge”

I have asked 5 brands who have a strong sense of self and stand out better for it: Christian Dada, Leonard Wong, Nocturne #22 In C Sharp Minor, Op. Posth., and accessories brand Flake. Please read about these special brands below and check out the store at the first floor of the grand Daimaru Shinsaibashi Department Store on the main Midosuji Road. (and don’t forget to check out the holiday windows I designed for them!)
Categories
Style Book | スタイルブック

スタイルブック:キスだらけのラブソング Your lips all over me

MISHALOOKDAY4_MBFWT15_16aw_-5

TIME: 11:00
PLACE: SHOTA GALLERY, SHIBUYA
THEME: キスだらけのラブソング Your lips all over me

Photos: Mami Tanabe

 

Categories
Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化 Tokyo Brands | 東京ファッション Tokyo Fashion Week SS 2015

東京ファッションウィーク?それとも東京リアルクローズウィーク? Is it Tokyo Fashion Week, or Tokyo Clothing Week?

tokyo-fashion-week-5

みなさんにとって、”ファッション”とはなんですか?ファッション=服?もちろんそうだろうけど、じゃあ、全ての服=”ファッション”って一概に言えるのだろうか?

個人的に、答えはノー。洋服屋さんと、ファッションブランドの間には違いがあると思う。全ての服飾用品が等しく作られているわけではなく、顧客のニーズに合わせてギャップがあるのは当然。そして、ミーシャがコレクション(ファッションウィーク)に期待するのは、”ファッション”を見ること。

毎シーズン、どんなデザインが発表されるのかとわくわくしたり、素敵なファッションでドレスアップすることや、それが自分のワードローブに加わるのを夢見たり、本当にファッションが大好きな私。でも正直最近…特に2015 SSは…面白みに欠けたシーズンだったと感じた。”ファッション”を感じられるもの、なにより、欲しい! と思うようなものに出逢えなくて寂しかった。たくさんのコレクションを見たけれど、目にするのはおとなしく落ち着いてしまったリアルクローズばかり。どうしちゃったんだろうー。と前回のファッションウィークが終わってから今までずっと気がかりでいる。

今日は、ジャーナリストや評論家としてのミーシャではなく、欲しいと思う“ファッション”を買うために働く、ファッションを愛して止まないひとりの人間、ミーシャジャネットとして記事を書きます。

これが本当に東京ファッションウィーク?それとも”東京”リアルクローズ”ウィーク?なの?

What is “fashion” to you? Is all fashion clothing? Sure. But is all clothing “fashion”?

Personally, I think not. I also think there is a difference between a clothing brand, and a ”fashion” brand. Not all clothing is created equal. And when it comes to fashion week I am there to see capital-EFF-ashion.

This article is not being written by Misha the critic or journalist. It’s being written by Misha who is interested in fashion, loves to buy fashion, and loves to work hard to earn money to spend on fashion.

Every season I should be excited to see the designs and dream of wearing the clothes or putting them into my closet. But recently… and especially last season….I didn’t see much fashion. I didn’t feel compelled to go buy it. But I did see a lot of clothing. A glut of….body-covering panels of cloth.

Is this Tokyo Fashion Week? Or is this turning into Tokyo Clothing Week?

tokyo-fashion-week-8

Below: Onitsuka Tiger by Andrea Pompilio 2015 SS. Top photo: Ne-net 2015 SS. Photo by Mitsugu Uehara. 


Categories
Fashion News | 最新情報 Tokyo Brands | 東京ファッション

10k ARCHIVE DRESSES, GIANT WALL ART AND A REGISTER-CUM-CHAMPAGNE BAR USHER IN A “CONTEMPORARY” DRESSCAMP ERA

100万円のアーカイブドレス、巨大「遊び」アート、そしてレジ兼シャンパンバー。これらはドレスキャンプならではの”コンテンポラリー ラグジュアリー”な世界:青山店

dresscamp and misha janette

Walking into the DRESSCAMP AOYAMA shop today, a rash of memories came flooding in: one of my first experiences on a photo shoot was here in the shop, when I was a lowly assistant. We were using 10,000 dollar gowns and other priceless pieces and I was star struck. This is one of the most legendary tokyo brands of this century after all, and the gilded salon atmosphere with chandeliers, sofas, and champagne on tap, made me feel I was somewhere special. 

Fast forward to 2013 and I was here to see the newest collection and reveal of a refreshed direction for the brand. It’s an especially important one since it marks the return of Iwaya Toshikazu as designer, after he left to pursue other projects. It was a shock when he left and equally but happily surprising when he returned!
 
2000年代初期の東京ファッションを知るものにとって、そのおおよそ全てが特別な思いを抱くブランドDRESSCAMP。私についても例外なく、アシスタントとして仕事をし始めた当初、青山に構えるこのブランドのフラッグシップストアで撮影をしたのを今でも鮮明に記憶している。その時は、触れるのも恐ろしいうん百万のドレスに、もはや値段をつけるのを諦めたかのようなゴージャスな“参考商品”の作品たちを目の当たりにし、大いに胸を躍らせたものだった。今も昔も変わらない、東京の伝説的なブランド。その威厳を象徴する存在がこのフラッグシップストアであり、豪奢なシャンデリアやソファ、シャンパンの泡に飾られた店内はさながら桃源郷のような様相をはなっていた。
 
その後デザイナーの岩谷氏は惜しまれながらもブランドのデザイナーの座去から降り、様々はプロジェクトでデザイナーとして活躍し、そして昨年2012年本家ブランドへのカムバック及び復帰後初のランウェイショーは東京のファッションシーンに大きな衝撃を与えた。
 
dresscamp-aoyama-tokyo-4
 
dresscamp-aoyama-tokyo-2
 
dresscamp-aoyama-tokyo-3
 
To mark the reborn again collection, the aoyama flagship is displaying some amazing archives in the front windows.
 
I saw Iwaya tweet about the archives and I knew i needed to see them in person. When I went, unfortunately Iwaya was on business in hong kong but his assistants were very helpful. I was looking at some archives and did wish I could have heard more about them straight from Iwaya though— for example about this glass bubble dress accented with forks and spoons. Apparently the materials alone cost about 10k!
 
今回発表された最新作に加え、今までのアーカイブを揃えたショーディスプレイを現在このフラッグシップストアにて開催しているということで、早速お邪魔させて頂きました。
 
今回の展示についてはデザイナーの岩谷氏のツイッターで知ったのですが、残念ながら現在彼は香港に出張中とのことで、彼のスタッフが対応して下さいました。このドレスは、ガラス製のバブルで製作されており、本物のフォークやスプーンがアクセントに加わった、材料費だけでも100万くらいかかるんじゃないかと思われる代物(上)このドレスについてデザイナー本人から話を聞けたらどれだけ贅沢だっただろう…
 
dresscamp-aoyama-tokyo-14
 
dresscamp-aoyama-tokyo-15
 
dresscamp-aoyama-tokyo-10
 
Inside, the store has gotten a colorful facelift thanks to artist Shohei Takasaki and he will do another panting on the store facade as well from 3/11.
 
The theme is: “PLAY (Instead of anything)”
 
Even if we didn’t have all of this media to entertain us,  we would be able to find ways to play ourselves. That is the way it’s supposed to be. Just “I`m gonna have a great time time today.” That is all.
 
このカラフルなディスプレイはShohei Takasakiによって製作されたもので、3/11〜ファサードにも同様のディスプレイを施す予定だそう。
 
テーマ[PLAY (instead of anything)]
 
あらゆるメディアがもし元々無かったとしても、それでも僕たちは自分が好きなものは自分で決め
られる。それが普通のことなんだ。ただ、「好きな子と今日を遊ぶ」それだけなんだ。
 
The SS collection was laid out for me, and I got to see why high-end sporty works so well; collaborating with football brand Lotto, they had access to high-tech fabrics with look like plain polyester but are thick and spongy and they are engineered to keep the body cool. The Dresscamp accents like acid-color fur, blingy gold and tinsel fringe were all there too. Don’t forget the Mondrian print!
 
そして通された奥で、最新の2013年春夏コレクションをじっくり拝見。今回のコレクションはイタリアのスポーツウェアブランドLottoとのコラボということで、ハイテク素材を用いて作られたドレスがベストなシルエットを作り出してくれる魔法のような作品が並ぶ。他にもアシッドカラーのファーやギラギラのゴールド、輝くメタリックのフリンジなどDRESSCAMPの十八番ともいうべきディティールがぎっしり凝縮されています。あ、あとモンドリアンプリントも!
 
dresscamp-aoyama-tokyo-13
 
dresscamp-aoyama-tokyo-11
 
dresscamp-aoyama-tokyo-8
 
dresscamp-aoyama-tokyo-12
 
dresscamp-aoyama-tokyo-6
 
dresscamp-aoyama-tokyo-9
The register doubles as a champagne bar (hey, I have made some excellent shopping decisions while buzzed. Bring on the bubbly!!)
レジ兼シャンパンバー〜記憶力浅くしてから思い切って買物することをおすすめしますw
 
It’s a fun place to come and shop, and the label exudes a modern fusion of sporty chic, being at the forefront. Various archives will be on display indefinitely so stop on by when in Aoyama. Also don’t forget the fashion show on march 20 for Tokyo Fashion Week! Now THOSE are always affairs to remember!

 

都会の喧騒を忘れ、ひとときのラグジュアリーな時間に浸ることのできるこのショップ。展示はもちろん、買い物をするにはより一層もってこいのスペースになっているのでまだチェックしていない人は是非足を運んでみて下さい!あと、今月20日に開催されるファッションショーの大きな赤丸でチェックすること!

dresscamp-aoyama-tokyo-1

 dresscamp-aoyama-tokyo-16
Hat: DRESSCAMP
Jacket: X-lienoid (from Osaka!)
Shoes: dazzlin’
Categories
Inspirations | インスピレーションの源 International brands | 海外ファッション Outfits | コーディネート Style Book | スタイルブック Tokyo Brands | 東京ファッション

LOOKING TO FALL IN LOVE. BEST OF THE DRESS THUS FAR IN MY TOKYO.

エヴリデーイ・フォリング・イン・ラブ。ベストコーディネート編。


Continuing the 1 year anniversary celebration…

A gallery of my favorite outfits, for which I express utter gratitude in having the opportunity to wear. There is something transformative about a great outfit. I remember when I was head over heels in love, near strangers would tell me I looked like I was glowing, or asked me point-blank, “Are you in love or something?”. I kid you not…and it’s a testament that how we feel inside reflects on the outside. For me, wearing something that makes me feel good is like a defibrillator for my mood.

And then we have unrequited loves…in fashion as in real life. Like falling for things we can’t afford. Or not buying things when the opportunity is there. I wish I got the Dresscamp lips belt, the Marios Schwab down dress jacket, this rainbow dress and that asparagus-colored one-piece at Mican in Laforet 5 years ago that disappeared the day before I was going to buy it and who would do that it was an asparagus!?! All lost… Heartbreak.

These pieces below made me feel like I was in love. Am I glowing? No matter sartorially or humanly, I wish that everyone will find theirs.

一年の祝いに続き・・お付き合いください!

 活動し始めていろんな洋服を着させて頂いたので気に入りをこちらで紹介!本当に素晴らしい洋服ばかりで、それらを見る度に気分が高揚して毎日の活力となっていたといっても過言ではありません!人間中身が重要だって?もちろんそうだけど、中身が外見に出てくるのも事実だし、私は美しい洋服を着ることで確実で気分が↑↑↑ります!例えば、恋に落ちると顔に出るよね?顔色はキラキラするようになるから、言わなくても周りにバレてしまうと同じように(そういうハプニングは私に実にあったので・・!!)ね。

でもファッションには片思いもありますね。高価格のものが手に入らなかったり・・とか、ほしかったものを他人に買われたり・・私は何度も買わなかったことを後悔した。例えば、ドレスキャンプのリップスベルト。マリオスシュワーブのドレスコート、この虹色ドレス、そして5年前にラフォーレの”Mican”で見つけたアスパラ色のワンピース(ずっとラックにかかってたのに買いに行ったら突然なくなってて、それは誰が買うんですか?!と。アスパラ色だったよ!私はアスパラ大好き!あ!)

下記のようなコーディネートを身につけたとき、恋に落ちたと同じくらいのキラキラ気持ちにさせてくれた。顔に出てるのかしら?

皆様も恋に落ちるように願います☆

Thanks to Mami Tanabe, Yume Takakura, So-en, Dropsnap, Streetsnip, Numero Tokyo, Vogue Japan, Fabian Parks, Matsuyou, Chiho Hatae and Luisaviaroma for the pics. 

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー

Categories
Favorites | お気に入り Outfits | コーディネート Press | メディア Style Book | スタイルブック Tokyo Brands | 東京ファッション

ILLUSTRATOR P.SOBOCKI AND MISHA COLLABORATION “MY SHU KAN”.

イラストレーターのP. Sobockiとミーシャのコラボ!「私のSHU KAN」。この世界観を覗いてみて・・

illustration by przemek sobocki for Tokyo Fashion Diaries

UPDATE: 8/18 New Illustration!

I am so very very proud to share with you a project done in collaboration with Przemek Sobocki, a dear friend and one of my favorite illustrators this side of the runway.

This project features one illustration for each “day” in my life in Tokyo, given a surreal, fantasy-spin. I sent snippets of my favorite items from Japanese brands and he magically transformed them into stylized works of art.

Przemek Sobockiとのコラボレーションが実現!ここで発表する事が出来てものすごく誇らしく、光栄に思う。彼は私の友人であり、ファッション界の中でも大好きなイラストレーターの一人だ。

このファッション・エディトリアル名は、東京での“ミーシャの日常”。でも私の日常はけっして「普通」でもないので、私との話からヒントを得て、彼なりのイラストでシュール、ファンタジーに描きあげてくれた。日本のブランドの中から、私がお気に入りの2011年春アイテムでコーディネートを指定し、彼がそれらを魔法をかけたかのようにスタイリッシュなアートの中へと描きいれた。

#4 Thursday
That moment, when you’re in the middle of an intense conversation with Ms. or Mr. X sitting next to you about fluff….fashion follies and fantasy…and the lights drop and a maniacally tall unearthly being steps out on the runway grabbing everyone’s rapt attention. 10 times out of 10 that intense conversation will never be returned to again, left to languish. We are already on to the next thing.

#4 木曜日
隣の席の誰かさんと熱い論議を交わしている。主には批判的な内容。ファッションの風刺とファンタジー。しかしその次の瞬間、ライトが落ち、見上げるほど背の高い、この世のものとは思えないような実体がランウェイに足を踏み入れると、皆の陶然たる視線は一点に注がれる。そしてそれまでにしていた議論は、その後一度として戻ることはなく忘れ去られる。既に次の話題に取って代わられてしまっている。

misha janette illustration by przemeck sobocki(c)Przemek Sobocki

Dress MIHARA YASUHIRO
Pants FUGAHUM
Bolero Jacket MURUA
Shoes NORITAKA TATEHANA
Hat NOBUKI HIZUME 


#3 Wednesday

A full moon usually showers light down below, but in Tokyo the city lights reflect off of the moon. The sky, as seen from a Tokyo Midtown perch, is dotted with summer fireworks.

#3 水曜日
ふだん満月の光が街 に照らすところ、東京というメトロポリスではあえて街の光が月に反射する。東京ミッドタウンの高いところから見る空は花火でキラキラする。

misha janette imagined by przemek sobocki

(c)Przemek Sobocki

Jacket ANREALAGE
Dress NOZOMI ISHIGURO
Skirt AGURI SAGIMORI
Mask and Ring JOJI KOJIMA

#2 Tuesday
It must be fashion week, because the photogs don’t come out on just any old day. Time to show some Tokyo colors-anything and everything goes.

#2 火曜日
こんなカメラマンの固まりはコレクション時期に限るけれど、スナップ撮らせるのが私にとっての喜び。東京のカラーを身につけて、GO! なんでもアリですね。

misha on tuesday

(c)Przemek Sobocki

Upside-down gather dress: Saphir East
Leopard leggings: TOGA
Horsetail shoes: Masaya Kushino
Head piece: Nobuki Hizume

 

#1 Monday
Picking up clothes for a shoot-I’ve got my trusty four-legged assistant to help me outso I can go out dressed to killin’. Those Sacai/Louboutin collabo heels won’t let me down.

#1 月曜日
毎日をランウェイにしている私は、洋服のリースで荷物が多くてもお洒落して仕事に向かうわ。今日は大変だからワンちゃんにアシスタントしてもらおー

 

misha janette monday in tokyo by przemek sobocki

(c)Przemek Sobocki

Bouse and skirt: TOGA
Shoes: SACAI
Lips Belt: Dresscamp
Sunglasses: Chanel

 See the rest below (or after the jump) | TOPページからは下記クリックして続きご覧下さい