Categories
Style Book | スタイルブック

ファッションって(たまには)プロダクトより、クリエーションであるべき。Sometimes fashion should be a product. And sometimes it should be a creation.

こんなにファンタジーなものを着るのは久しぶり。

SNSの時代になってしばらく経ち、生活の一部になり、自己表現やビジネスツールとして立派に確立されるようになった今すごく感じることがある。「制約の多い大きな企業よりもむしろ、自由な個人の方が影響力があったり、注目度が高かったりする」ということ。

ファッションも、いろいろな大人の事情の中で作った”プロダクト”より、若い感覚で自由に、パワフルに作り上げた学生の”クリエーション”の方が、何倍も心を動かされることが多くある。彼らが毎日の生活で感じていること、思い入れ、刺激を受けたこと…”自分”の全てでぶつかって取り組んだ作品のスピリットをぜひ感じてほしい。

こちらの作品はみんな、先月行われた全国文化ファッションコンテストのファイナリストより。私が審査員を務めさせているが、ランウェイだけで見るのが勿体無い!と思い、自分も着用してみました。

It’s been a long time since I put on a piece of fantasy.
After entering the era of the “Social Media” craze/haze/daze, things have changed not only for me but everyone who uses it and looks at it. What once was merely a tool for self-expression has become a business machine unto itself, and determining what is real and what’s genuine is as clear as sludge. There’s one thing for sure; that more than in corporations with rules upon rules on what someone can do, personal expression and freedom is what truly grabs attention.

Fashion also has become a product of its own demise, a fault of the “adults” who have their own reasons for doing what they can to keep whatever going because it’s comfortable that way But there are still some people, and especially the youth, who see fashion as more than a product, but as something with transformative power. And what’s interesting about young people’s collections is that they’re usually a direct response to what is going on in the world, but without the marketing jingo and heaps of trend forecasting books stacked behind them.

Perhaps it had just been too long since I wore something truly unique, but I surely felt that spirit in the clothing here, all courtesy of some creative and talented up-comers. These three pieces are from the finalists of the national Bunka Fashion Contest last month where I was judging. I just couldn’t let the storage rooms and boxes swallow them up without taking them out for a spin.

Categories
Tokyo Brands SS 2017 | 2017春夏の東京ブランド

食べるアートを着るとは、こういうことか。 Quantize 2017ss. Wear your heart AND your stomach, on your sleeve

quantize 2017ss

世界では何年か前から、空前の日本食ブームだ。今やそれはただのブームではなく、確実に世界中の人々の日常に溶け込み毎日の食事のルーティンのひとつとなった。日本食レストランが増えるにつれて、人々の注目は味だけではなく、美しいその盛り付けや彩に注がれるようになった。

「japanesefood、art」と検索すると、画像検索結果には繊細なジャパニーズフレンチの盛り付けから、お寿司、巻き寿司アート、和菓子、さらにはキャラ弁まで、大量の画像が出てくる。

ミラノ万博では、日本館の入場に最大10時間も並んだそうだ。もちろん日本のテクノロジーや建築などの展示も魅力的だったが、本場日本食が食べれるというのは、食通のイタリア人にとってかなりキャッチーにうつったのだろうと思う。

デザイナーとオーガナイザーのふたりがチームを組んで手がける、福岡のブランド、Quantizeは2017ssで、料理をテーマにコレクションを制作。NYやオーストラリアでの海外経験で培ったグローバルな目で発信する、ファッション×食べるアートの世界をご紹介。

Even more than fashion (and much to my chagrin), Japanese food has blown up in popularity around the world. And more than just a fad, the wonders of “washoku” have enlivened the daily food routines of people across the globe. And as more and more Japanese washoku restaurants open up, people become privy to the custom of presentation and delicious “heaping” on the plate.

At the Milan World Fair, it was said that people waited for more than 10 hours to get inside the Japan Tent, and while technology and art is certainly a pull, being promised a chance to taste real Japanese cuisine was surely a huge selling point for cuisine aficionados like the Italians are.

Quantize is a Fukuoka-based brand born from the minds of two creative and savvy women, one a designer and the other an events and business organizer. For their 2017 SS collection, they took to the tables to create an intriguing cuisine-inspired collection, with a surprising twist.

quantize 2017ss

Categories
Swarovski Tokyo Brands AW 2015秋冬の東京ブランド

KOTA OKUDA: アヴァンギャルドな衛生の軌道に乗ったレトロフューチャリズム。The final frontier; collection of avantgarde satellite accessories by Kota Okuda

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-15-43-44

ビンテージスタイルが台頭しているここ最近のファッションシーン。そのなかに密かに流れている異質なムードに気づいた。…”近未来”。Kota Okudaさんのサテライトアクセサリはただ単に”未来感”だけじゃない。そこにあるのはなんなのか?

While fashion trends have been taking us to a myriad of eras with a pastiche of pretty vintage styles recently, there’s only one period which serves as a true constant in our fashion oeuvre.: the near-future. Kota Okuda’s satellite accessories aren’t bringing us the future per se, but rather the idea that the future is still out there to be discovered.

kotaokuda its collection

Categories
Best Japanese Brands 2016 | 最強日本ブランド 2016年保存版 Tokyo Brands AW 2015秋冬の東京ブランド

『ヘイヘイ』東京ストリートど真ん中の謎めいたブランド。What you get when you cross preschool with Tim Burton, the mysterious Harajuku brand HEIHEI

heihei 2016-17aw collection

「HEIHEI 2016-17aw」と検索にかけると、まっさきに出て来るのは英語のページ。

2013年にブランドをスタートさせたまだ新しいブランド”HEIHEI”について英語で書かれた記事は、
tokyofashion.comでかなり人気で注目を集めた。東京のストリートブランドがこうやってどんどん世界の目を集めること、それにはどんな意味があるのか?

そして外の人が知っているのに、日本国内にいながらまだHEIHEIを知らないという方、ぜひここで頭に入れておくことをおすすめします!これからどんどん話題になること間違いなし。

With furry mascots-cum-Frankeinstein monsters, teddy bears disemboweled to hold iPhone cases, and white overalls with a giant ghost face plastered on the paunch, you would be excused for finding it all a bit… disconcerting. But that was the point, with HEIHEI’s 2016-17 collection titled “Horror School”.

This young brand’s (since 2014) designer Shohei Katoh has his roots planted firmly in Harajuku. ..and before you say, “Well, of COURSE Harajuku”, let me just remind you that nowadays the ‘juku is rampant with commercialized goods and ever-rising rents that are making it difficult for eclectic designer labels to get off the ground. So beyond scary animal character, are the clothes worth their salt? Let’s see:

heihei 2016-17aw collection

Categories
Style Book | スタイルブック

スタイルブック:アバンギャルドなストックホルムシンドローム。Patrik Guggenberger: The Swedish Avangarde-ist

TIME: 18:30

LOCATION: Nobis Hotel, downtown Stockholm

THEME: Stockholm Syndrome ~ストックホルムシンドローム~

この間、仕事でスウェーデンのストックホルムに行くことがあり、そこでファッションデザイナーのPatrik Guggenbergerにお会いした。自身のブランドを立ち上げる前に、スウェーデンのアクネやニューヨークのアレキサンダーワンで経験を積んだ。そしていよいよ今、アクネに匹敵するようなクールなデザインチームを立ち上げ取り組み始めた…

Recently I had the opportunity to travel to Stockholm, Sweden and meet up and coming fashion designer Patrik Guggenberger there. Patrik has worked for Acne Studios in his native Stockholm as well as Alexander Wang in New York among others, and is now on a new design team set to rival Acne in coolness…

All clothes by Patrik Guggenberger

Categories
Art | アート Japanese Brands SS 2016春夏の東京コレクション Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

人材、才能、発掘アワード!アジアでいちばん”フレッシュな”コンペ2015年受賞者は、ひきこもりにフォーム版画にイーゼル服。A recluse, some foam, and a wearable easel of “skin”. These are the winners of Asia Awards 2015.

asia-awards-2015-fashion-7

 

This past weekend was Tokyo Design Week, one of the biggest conventions for design, technology, art and fashion in Japan. Within the week are the Asia Awards, awarded to young creators in a number of fields. For two years I`ve been on the judging panel, and I want to introduce to you the top three winners who masterfully blend concept with art and fashion.

One uses mattress foam to make extremely intricate 3D floral fabric, one created a fashionable piece of confounding art, and then one found the positive side to being a “hikikomori” (a shut-in). Here they are!

先日まで東京デザインウィークが開催されていた。日本のデザイン、テクノロジー、アート、ファッションの4つの分野にわたる大きなエキシビション。その企画の一環で、若いクリエイター達に賞を送るアジアアワードが開かれていた。ここ2年間、ミーシャも審査員の1人として参加させていただいているのだけど、今年の賞獲得者も素晴らしいので紹介します!

 

3Dの花柄加工を施したオリジナルファブリックを開発したものや、アートの観点からファッションを掘り下げたもの、、ひきこもりをポジティブに表現したもの、どれも面白い作品!

 

Categories
Fashion News | 最新情報 Tokyo Brands | 東京ファッション

AVANTGARDE YOUR LEGS…A TIGHTS AND LEGGINGS HEAVEN IN HARAJUKU UNDERGROUND.

タイツとレッギンズの天国が原宿の地下に登場。足下を”アヴァンギャルド”にして!

avant garde in harajuku

I am never one to let my legs go bare… I just can’t. Too white…pasty….like a blank canvas….and you know what we do with canvases… paint them up! I have drawers full of stockings I have collected over the years…I suppose that was all too obvious. Still, for many years finding unique, high-quality tights was always a challenge in Tokyo, and good ones would pop up only once every blue moon. It wasn’t until the ast few years have we seen an upsurge of unique stockings and leggings for our stems (and shelling out 100+$ for cool ones became no biggie. Me, I have Bernard Wilhelm, Balenciaga and Phi among others…). When searching for places to find unique leggings and tights in Tokyo, there was always the default; the 4th floor of 109 in Shibuya. But those imports are expensive, and one little hole and they’re finito (RAGE!!).

Then came local brand MAM 3 years ago, and a shop in Tokyo followed. It was recommended to me within *days* of its arrival in Harajuku last year.You’ll find the entrance thanks to the mannequins outside with prom dresses that look like a tango of 50s and 80s styles overdone. Either that, or from the disembodied legs hanging from the roof outside that lead you down a staircase to the basement shop. Inside, it’s all very straightforward; with racks and racks of colorful tights and leggings. There are imports here too, but most are from the original brand MAM.

突然こんなことを言うのもなんだが、私は絶対に素足で出歩かないと決めている。理由はただ一つ、足が白過ぎるから(*_*)!白い、というか、もはや青白いってかんじで、まるで真っ白なキャンバスみたいなの。だからそれを克服する(キャンバスに色を乗せる)為に必ずに身につけているのが、過去数年集め続けているストッキング!そのこともあって、日頃街を歩く度にステキなストッキングは無いものかと目を凝らしてみるが、そのチャンスにはそうそう巡り会えない。
マルキューの4階に行けば、お高いインポートものは見つかるのはみんなご存知のはず(ね?)。だケドそれが破れた時のショックといったら(キレる!!)!全く、一体どこに行けばストッキングを選びたいだけ選べるの??

去年そんなことを思っていた私の耳に飛び込んで来た情報(Gunjiさんholla!)。原宿にストッキングの店が出来るって。聞けば、3年ほど前に卸だけで立ち上がったMAMというブランドの後継らしい。それはチェックしなければ!というわけで遅ればせながら行ってきました。向かった先でまず目に飛び込んでくるのは、50sと80sのプロムドレスみたいな衣装を着ているマネキンが目を引くエントランス。これなら迷うことはあるまい。その隣の屋根から突き出た足のディスプレイのある階段を降りて行くと、お目当てのショップAvantgardeがある。そこに並ぶのは、少数のインポートものを含む、主にMAMブランドのストッキングとレギンスの山!

manneqins outside

colorful tights

mona lisa

venice market

venice details

searing colors

minnie mouse tights

sailor tattoo tights
The best ones are the tattoo tights, inspired by sailor tattoos but are created to be asymmetrical on the legs.

中でも気に入ったのは、このタトゥータイツ。セーラーのタトゥーにインスパイアされたプリントがアシンメトリーに施されている。

disney tights

Also, I would never wear Disney on my person…and wouldn’t really recommend it for an adult (unless you’re Azaelia Banks) but I would go for these tattoo tights….preferably with a contrasting sleek LBD and Louboutins.

普段ディズニーものは滅多に身につけないんだけど、このミッキータイツは例外。クールな黒ドレスとルーブタンのヒールを合わせて着たい。

 

choco moo tights

Also, don’t forget to check out the pieces by Osaka-based illustrator Choco Moo. I have the “OMG” versions. The Elvis stockings actually look like Karl Lagerfeld to me.

Also in the shop is an interesting interior that straddles between kitsch, chic and schizo. There is also randomly a rack of high-grade denim, a hobby of the manager’s…and a rack of costumes for stage shows…er…drag shows…and that explains the mannequins outside.

あと忘れてはならないのが、大阪を拠点にイラストレーターとして活動するChoco Mooの作品。私がチョイスした物の名はOMG。エルビスの似顔タイツもあるけれど、私にはどうみてもカールラガーフェルドにしかみえないww

インテリアも面白いものが揃っていて、キッチュで、シックでな雰囲気が魅力的だった。そのインテリアの一環としてか、店長が趣味で集めたデニムや、ステージ衣装のようなもの(ドラァグの、ね。)も見られた。マネキンの衣装はそこから来たのだろう。

mannequin

chanel poster

pink shoes

corsets

avant garde harajuku

So if ever in the market for tights then this should definitely be the first place you hit up– they also have an online shop. Let those legs express themselves!

とにもかくにも、これでようやく私のタイツジプシーの旅は終焉を迎えられたというわけだ。めでたしめでたし。
皆さんもタイツ、レッグウェアをお探しなら、迷わずアヴァンギャルドへ!お店のホームページでは、オンラインショップもやってるのでこちらも是非!

avantgarde

avantgarde

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー

Categories
Best Tokyo Shopping | 東京の買物 Fashion News | 最新情報 Tokyo Brands | 東京ファッション

GUIDE TO THE BEST TOKYO SHOPS THAT OPENED IN 2011. Pt 1.

 2011年内にオープンした行く価値ありショップの手帳・パート1

tokyo shops banner

This is a completely non-scientific, non-comprehensive, and totally biased list of the best  shops that opened in Tokyo this year by neighborhood. Haven’t been to them all? Then hurry up and git, git git! See something I maybe missed? Let me know! 

2011年内にオープンしたかっこいいお店をリストアップしてみました。自分の好きなとこのみなので完全にわがままなリストだけれど、忘れた可能性のありそうな店あれば教えてくださいね!順番もバラバラです〜 さて、どうぞ!

AOYAMA

 

Red Valentino Aoyama

東京都港区南青山5-2-11
5-2-11 Minami Aoyama, Minato ku
Red Valentino Japan HP

red valentino tokyo

 

SUPER A MARKET

東京都南青山 3-19-9  
3-19-9 Minami Aoyama, Minato ku
Super A Market 

super a market aoyama

 

Optrico Aoyama

東京都港区北青山3-12-12 HOLON-R1F
Holon-R1F 3-12-12 Kita Aoyama, Minato ku
Optrico

 optrico tokyo

 

James Perse

東京都港区南青山5-5-2
5-5-2 Minami Aoyama, Minato ku 
jamesperse.com 

 

james perse tokyo

 

Moncler

港区南青山3-16-9
3-16-9 Minami Aoyama, Minato ku
Moncler.jp

 

moncler aoyama

source 

Roberto Cavalli 

 

港区南青山5−5−4
5-5-4 Minami Aoyama, Minato-ku
jp.RobertoCavalli
 

 

cavalli aoyama tokyo

 

HARAJUKU/OMOTESANDO

 

I Am I Hole

渋谷区神宮前5-25-7
5-25-7 Jingumae, Shibuya ku
IamIhole HP 

 

i am i holesource

 

Tracy Reese

渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ 本館 B1F
Omotesando Hills B1F 4-12-10 Jingumae, Shibuya ku  
TracyReese.com

tracy reese tokyo

 

North Face Womens

渋谷区神宮前6-10-8
6-10-8 Jingumae, Shibuya ku
NorthFace Japan

 

 

northface womens

Anrealage

渋谷区神宮前2-15-10  
2-15-10 jingumae, Shibuya ku
Anrealage.com

anrealage tokyo

 

White Mountaineering

東京都渋谷区神宮前4-21-7 1階
1F 4-21-7 Jingumae, Shibuya ku
Whitemountaineering.com 

white mountaineering aoyama

 

Rugged Factory

東京都渋谷区神宮前6-17-11 JPR原宿ビル 1F  
JPR Harajuku bldg 1F 6-17-11 Jingumae, Shibuya ku 
Rugged Factory

 

rugged factorysource 

 

Rags McGregor

東京都渋谷区神宮前4-13-4  
4-13-4 Jingumae, Shibuya ku
RagsMcGregor 

ragsmcgregorsource

 

Armani Exchange Harajuku

東京都渋谷区神宮前3-28
3-28 Jingumae, Shibuya ku
Armani A/X 

 

armani exchange harajuku

 

Final Home

渋谷区神宮前 3-27-1
3-27-1 Jingumae, Shibuya-ku
FinalHome.com  

final home harajuku

 

Matohu

東京都渋谷区神宮前5-9-25
5-9-25 Jingumae, Shibuya-ku
Matohu.com 

matohu omotesando

 

Avantgarde

渋谷区神宮前3-22-7 藤原ビルB1
B1 3-22-7 Jingumae, Shibuya-ku
Avantgardejapan.com  

 

avant garde shop

 

BeautiK Laforet

ラフォーレ原宿1.5F 東京都渋谷区1-11-6
Laforet harajuku 1.5F 1-11-6 Jingumae, Shibuya-ku
Beautik.jp

beautik laforet

 

Bubbles

1/3から新ロケーション(地図ご覧ください)
New Location from Jan 3, see map
Bubbles HP 

bubbles new map

bubbles harajukusource 

 

Part 2 Nakame/Daikanyama, Ginza and Shibuya is here.
パート2:中目/代官山、銀座そして渋谷はこちら! 

 

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー