Categories
Japanese Brands SS 2016春夏の東京コレクション

生贄にされた子羊。アリスアウアアの作る世界に魅了されたあなたも、もうそれから逃げられない Sacrificial lambs make great gothic clothes. Alice Auaa 2016 SS

aliceauaa 2016 ss collection

 

子羊。臆病なその生きものは、古くから”従順の象徴”とされて来た。

神の生け贄。そんな存在としても知られている。

 

アリスアウアア2016ssは不自由な子羊の美を表したコレクション。

不健康に痩せ、覇気のない様子のそのか弱さ、

実態の見えない者に怯え、力なくうなだれるその様子、

まるで生け贄にされた子羊の様。

だがその孤独や絶望感さえ、”美”として表現してしまうところに、

デザイナー船越さんのセンスを感じる。

 

アリスアウアアといえば、ゴシックファッション。と聞いて、ゴスロリを思い浮かべていたら、それとは全く違う。ロリータはピュアでセクシャリティを隠したイノセンスの象徴。一方アリスアウアアは、セクシャリティを押し出したえぐいダークさが特徴だ。まさに、ハイパーゴス。

 

Alice Auaa is one of the most well-known Japanese gothic brands, but if you’re unfamiliar with it and immediately think of gothic lolita, then you are on the wrong road. While loli will prefer to shun sexuality and shock, Auaa wants to put it all out there wild and sexual and bloody and it doesn’t hold back. Aaaaand…There is also some great construction and design in there as well- this is exclusively couture, after all.

I always come back to Alice Auaa, the end-all-be-all of high-end gothic couture in Japan around this time of the year when Halloween is still in the air and the days get colder. Today was bone-chillingly cold out so it’s time to embrace the darkness of 2016 SS.

 

Docile. Submissive. Innocent.

 

The image of a lamb is not one of strength, but one of frailty. It’s got an innocuous innocence, of gaiety and frolick. And of course, it’s the go-to sacrificial animal when God gets hungry.

Alice Auaa’s 2016 SS collection is based on the lamb, an animal whose life may come with some… strings attached. The collection takes this idea of *not* being free, and designer Funakoshi interprets it as a thing of dark beauty.

aliceauaa 2016 ss collection

Categories
Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化 Tokyo Brands | 東京ファッション Tokyo Fashion Week SS 2015

東京ファッションウィーク?それとも東京リアルクローズウィーク? Is it Tokyo Fashion Week, or Tokyo Clothing Week?

tokyo-fashion-week-5

みなさんにとって、”ファッション”とはなんですか?ファッション=服?もちろんそうだろうけど、じゃあ、全ての服=”ファッション”って一概に言えるのだろうか?

個人的に、答えはノー。洋服屋さんと、ファッションブランドの間には違いがあると思う。全ての服飾用品が等しく作られているわけではなく、顧客のニーズに合わせてギャップがあるのは当然。そして、ミーシャがコレクション(ファッションウィーク)に期待するのは、”ファッション”を見ること。

毎シーズン、どんなデザインが発表されるのかとわくわくしたり、素敵なファッションでドレスアップすることや、それが自分のワードローブに加わるのを夢見たり、本当にファッションが大好きな私。でも正直最近…特に2015 SSは…面白みに欠けたシーズンだったと感じた。”ファッション”を感じられるもの、なにより、欲しい! と思うようなものに出逢えなくて寂しかった。たくさんのコレクションを見たけれど、目にするのはおとなしく落ち着いてしまったリアルクローズばかり。どうしちゃったんだろうー。と前回のファッションウィークが終わってから今までずっと気がかりでいる。

今日は、ジャーナリストや評論家としてのミーシャではなく、欲しいと思う“ファッション”を買うために働く、ファッションを愛して止まないひとりの人間、ミーシャジャネットとして記事を書きます。

これが本当に東京ファッションウィーク?それとも”東京”リアルクローズ”ウィーク?なの?

What is “fashion” to you? Is all fashion clothing? Sure. But is all clothing “fashion”?

Personally, I think not. I also think there is a difference between a clothing brand, and a ”fashion” brand. Not all clothing is created equal. And when it comes to fashion week I am there to see capital-EFF-ashion.

This article is not being written by Misha the critic or journalist. It’s being written by Misha who is interested in fashion, loves to buy fashion, and loves to work hard to earn money to spend on fashion.

Every season I should be excited to see the designs and dream of wearing the clothes or putting them into my closet. But recently… and especially last season….I didn’t see much fashion. I didn’t feel compelled to go buy it. But I did see a lot of clothing. A glut of….body-covering panels of cloth.

Is this Tokyo Fashion Week? Or is this turning into Tokyo Clothing Week?

tokyo-fashion-week-8

Below: Onitsuka Tiger by Andrea Pompilio 2015 SS. Top photo: Ne-net 2015 SS. Photo by Mitsugu Uehara.