05_Snapseed

Time: 14:20
Location: Yoyogi Station
Theme: Going Fashionably Meta -アナログ vs デジタル

アナログvsデジタルにまつわる話は、世間にいくらでも転がっている。代表的なのは”紙か、ウェブか”。また、ソーシャルメディア上の情報と現実の差。同じ現象が、才能あるデザイナーにも起きていると言える。アナログ派はファッションショーをし、都市部に店舗を持ち、有名人に着用してもらったり。一方、アナログ式にこだわらなくてもキャリアを積む方法が現代社会には大量にある。ひとつでもデザインやフォトグラフがオンライン上でバズれば、キャリアをスタートさせるきっかけの宣伝となる。(ヴェトモンとかね)…

There is so much talk about the material world vs the “virtual” one, paper vs the web, and what’s real vs perception in social media. The same could be said for what counts as being a “good” fashion designer. In the world of analog, it was one who put on fashion shows, had store fronts in top capitals and dressed “famous” people. But now, it goes beyond saying that there is a plethora of ways for a designer to forge a career. It could take just one hit design, one photograph, and one blurb to start a career if it takes off online (*cough* Vetements)….

All photos: Alex T Thomas

 

ソーシャルメディアに関してだけど、”写真がオンラインで発信されなかったら今の様な状況が生まれたか?”と議論されることがある。もし、誇張された感想やばかげた文だけだったら…?(ネットという無限の世界に、写真なしで思い出や経験をシェアしても需要はないだろう。)それは、販売されるプロダクトにも言えることだ。

店舗では500人に1人程度が実際に商品を買うとしたら、オンラインでは5000人に1人くらいだろうか?そうなると、オンラインを重視するデザイナーももちろんでてくるだろう。たとえ24時間365日、休み無く携帯に縛られインスタで拡散し続けることになっても。

オンライン発信という方法は、ある意味”恵み”だとも取れる。ミーシャ自身も、応援したい若手デザイナーや小さなブランドを”知って欲しい”と思ったら、SNSで発信する。ただ、先ほどのべた”写真がオンラインで発信されなかったら”という議論は、所詮架空の話。服が有形物である限り、ファッションは”アナログ”と切り離せない。vsデジタルという構図において、いつも勝者はアナログであるように思える。生の方が興奮も感動も大きい。
…目にデジタルチップを入れてホログラフィックの服を着るような、そんな時代になるまではね。

そんな流れを受けて、Spring of Fashionという日本ベースのサイトが最近勢いを増している。若手デザイナーのクリエーション発信基地になっているので、詳しくチェックするならこちらからどうぞ

去年旅行に行く時の飛行機の中で、Air Franceの機内雑誌を見ていたときのこと。上に載せた写真と同じスウェットを見かけた。なんといってもメッセージが秀逸すぎて、ミーシャもあれを着て皮肉な写真を撮りたい!と思ったのを覚えてる。デザイナーを見ると…日本人!連絡してみよう!そう思ったのと同時に、ほぼ無意識で、ページを切り離してどこかにしまったんだけど…失くした…もう見つからない…。アナログの苦戦ですね。

As for social media, it’s sometimes said, “If the pic isn’t online did it really happen?” For all its audacity to be the most ridiculous sentiment ever (when it comes to our own memories and experiences exactly 0% really need to be shared with the infinite universe and I certainly never share my private moments), it certainly rings true for products that need to be sold.

If only 1 in 500 people buy a product/fashion they see in store and 1 in 5000 online, then a designer would need to be strapped to their phones 24/7 churning out Instagrams to stay in the game. But with that said, having an online presence is absolutely a boon and it’s something I always encourage young designers/brands to embrace intensely. But the discussion will always come back to moot. Since clothing is tangible, fashion will always be “analog” and the battle between it vs. digital will always see the former take victory….until we can project holographic clothes through the chips in our eyeballs, that is.

And on that note, all clothes here are by budding designers featured on Spring of Fashion, a new Japan-based site for discovering new designers and other fashion creatives online. More on it, soon. For now, check it out here.
Footnote: On a trip last year, I was flipping through the Air France in-flight magazine and in it was a photoshoot featuring the sweatshirt I’m wearing above. The wording…the message… it was SO meta. I wanted to be in on the joke. I noticed the designer was Japanese and wanted to get in touch, so I instinctively ripped the page out of the magazine and put it away… somewhere… lost forever of course, until I ran across it again online. As it shall be.

 

11_Snapseed

10_Snapseed

“Magritteと私” Jacket: Moro  Skirt: Y-3  Boots: What For

 

14_Snapseed

13_Snapseed

12_Snapseed

“Personality Disorder” ensemble: Koyuki Hayashi

 

07_Snapseed

09_Snapseed

“Swim City” Jacquard zip-up: Shogo Sone   Shoes: Pierre Hardy

 

06_Snapseed

03_Snapseed

“Mess/Age -Web Communication-” top: Tilt Studio (ESMOD KYOTO) Skirt: 132 5. Issey Miyake

 

01_Snapseed

02_Snapseed2

“Mess/Age -Web Communication-” Plastic coat: Tilt Studio (ESMOD KYOTO) Inner: Kittima Shoes: What For

All photos (c): Alex T Thomas

Misha Janette
Natsumi Yasuoka