TIME:  10:30 AM
LOCATION: Minami-Aoyama
THEME: The Year of the METROPOLIS ~都会年 (トカイドシ) の2017年~

 

私がニュース系ブログを開くたび、テクノロジーにまつわる記事が溢れる。人工知能やバーチャルリアリティー、とくに自動機械に関しては”人間の仕事を奪われるのではないかという危機がある”とビビらせられるようなこともよく目にするこの頃。そういえば、このような「機械が怖い」時代は過去にありました。1920年代のアールデコを代表するサイエンスフィクション映画「METROPOLIS」では近未来や先進技術などを描いた作品ですが、それを起想させたスタイルブックを撮影したかった。この映画では、今にも崩壊しそうな街が舞台になっているが、私たちの暮らすこの東京というメトロポリスは実に豊かである。変化は、野に咲く花の数だけある; 高層ビルは毎月のようにスカイラインを変えるし、他言語翻訳のデジタルメニューもどんどん増えている!地域を上げて行われるセレブレーションイベントにも変化が!ということで、渋谷のスクランブル交差点で今年から始まった” タイムズスクエアスタイル”のカウントダウンへ足を運んでみた。とても混んでいたけれど、集まった人たちはみんなとても礼儀正しくて大きな混乱もなく楽しめた。やっぱり日本文化って素敵だとおもった瞬間。東京は変化の街だ。でも変わらないこともある。近未来が本当に怖いのだろう?本当は明るいように思える。そう思いたい。

Every time I open a news site, I am reading about the newest technologies that are going to change the world as we know it. Artificial intelligence,  virtual reality and especially the automated machines that are threatening to steal our jobs. I recalled the 1920s art deco-style film “METROPOLIS” about a futuristic and technologically advanced society. The film brings drama by showing the imminent collapse of the city, but in our own reality, the Tokyo Metropolis is flourishing. The changes are popping up around us like wildflowers; skyscrapers changing the skyline monthly! digital multi-lingual menus everywhere! and city-wide celebratory events! For the latter, I ended up at Shibuya Scramble Crossing for their first ever “Times-Square-Style” city countdown. It was crowded but not , and everyone was incredibly polite- Japanese culture wins again.  The city is changing, but some things stay the same.

 

Photos: Celia Humphries

 


 

今回フォトグラファーとしてコラボしてくれたのは、長い間一緒に作品を撮ってきたCelia Humphries。クリエイティブなアウトフィットはAmorphoseというブランドのもの。2007 年にGiancarlo Bello が立ち上げ、スイスを拠点に9年間、ハンドクラフトのイノベーティブな洋服を作り続けてきた。(下の写真を見て欲しい。ジッパーで作られた花がバックにあるジャケットとか!すごい!)去年、大阪の大丸百貨店のウィンドーディスプレイのためにつくった“古くて新しい(レトロフューチャーな)”ヘッドピースにばっちり合って、かっこいいシューティングができた!

写真を撮ってくれたCeliaは多才で、フォトグラファーだけでなく、モデルもする。Amorphoseの最新コレクションでも、モデルを務めたみたい

2017年が、美しく、奇抜で、かしこい、思いやりのある、丁寧で、前向きな年になりますように。Happy New Year!!!

For this shoot, I called upon longtime collaborator Celia Humphries for these photos with the incredibly detailed and creative pieces by fashion brand Amorphose. Amorphose is a Swiss-based brand founded by Giancarlo Bello in 2007, and for 9 years he has been putting out hand-crafted, thoughtful and innovative clothing (check out the “flower” made out of zippers on the back of the jacket below!). It all fit together so well with my “old but new” art deco mood, topped up with some silver headpieces I made last year for the Daimaru Dept Store in Osaka’s window displays. Celia is a mutli-talented artist, who shot AND modeled pieces from the new Amorphose collection, released just last week on their Instagram.

Here’s to a beautiful, eccentric, intelligent, thoughtful, polite, and forward-thinking 2017. Happy New Year to all.