STYLE-DOT-COM MAGAZINE. JAPAN AND THE GOSSIP QUANDARY.

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

STYLE.COMの雑誌をレビュー!こんなゴシップ誌の日本版でもいけるのかしら?

stylecom magazine

A few weeks ago I was sent a copy of the inaugural issue of the Style.com/Print magazine. What a silly thing, I thought…first, a NEW paper magazine?! (I love my VOGUE and my other magazines on my iPad, no shame) and then, a print version of a site that pretty much founded the online fashion mag scene. That’s some Fe-packed irony right there.
I started reading it when I first got it, and it has taken me several weeks to get through it little by little. Yeah, it’s racked with information. And, it has certainly exceeded my impossibly high expectations. 
数週間前、私の家に届けられた一通の小包。中身はStyle.comの雑誌,”Style.com/Print”。なんておかしいこと。最初はそう思った。今のご時世に、新しい紙媒体ですって?!ってね。(実際私自身VOGUEをiPadで愛読してるし…)しかもオンラインのファッションマガジンが紙にプリントされて出版されるのはどういうこと、と。きっと世間の評判はこんな感じ。でも、ページを開いてみると、お、なかなか面白いぞ。しかも、ものすごい分厚さもさることながら、驚くべきはその情報量。毎日少しずつ読んでいても最後のページまでたどり着くのに数週間かかってしまったほど。結果、予想を大きく上回る好印象だったのだ。
Which brings me to this…I read this magazine with two minds. One, as an English speaker who is vested in New York/Milan/Paris/London fashion weeks, and one who was not an English speaker but also interested in the goings-on of the industry (but maybe not so familiar with say, Graydon Carter). For someone who can sit down and read the articles without difficulty, I would say this magazine is a gem. Something good….like tourmaline, perhaps. The level of obsessive detail over industry folk is something to be both admired and ashamed at. Ashamed because I read it with full interest. For example, journalist Suzy Menkes breaking news about Raf Simons going to YSL…and then getting shot down by BusinessofFashion.com. And Bryanboy freaking out over someone impersonating him at the shows. Yes, there is a full page dedicated to some of the more interesting tweets by fashion people during fashion week..and it includes the number of retweets! Gossip galore!
というのも、これを読み進めるに当たって、2つの見方で捉えようと意識していたから。一つは英語を話す、NYやミラノ、パリやロンドンに行ったことのある人としての見方。もう一つは、英語は話さないが、ファッション業界のことに興味のある人の見方。もしこれを読むために腰を落ち着けて時間を取れる人にとっては、大変に貴重なものとなるだろう。何せ、ファッション業界を取り巻く情報が事細かに、時に賞賛の意で、時に恥として書かれているから。
例えば、スージー メンケスが、Raf SimonsがYSLに入るなんてつぶやいたら、これに関してはBusinessofFashion.comで否定されたり。他には、Bryan Boyがショー会場で、他の来場者に侮辱されたと主張している、とかね。
そう!ファッションウィーク中に、ファッションピープルがつぶやいたツイートなんてものも書いてあって、もう、ゴシップ満載!
tweet chic
Collections are given ranking depending on the number of page hits they had on Style.com (Louis Vuitton tops with 2.3 million), and the “best dressed” street icons are also ranked on their number of votes (Vogue Paris stylist Giovanna Battaglia comes way ahead). “Le Clique” is a giant diagram of fashion circles and how they are intertwined…like Alexander Wang’s group and Emmanuelle Alt’s group. I haven’t even heard of a lot of these people…Cassie Coane from the Olsen Twin’s circle? Wouldn’t recognize her on the street til now. Servicey. And the mag goes on and on with lots of other little details you never knew you needed to have in your memory cache.
そして今回のコレクションを、本家Style.comでの閲覧数によってランキング付けしてあったり (Vuittonね)、ベストドレッサーの人気投票も面白かった(スタイリストのGiovanna Battagliaさん)。”Le Clique”というコーナーでは、ファッション業界における相互関係をサークルのグラフにして分かりやすく図面化してあって特に興味深かった。(Alexander Wangのサークルの人たち、Emmanuel Altのサークルの人たち、のように。)中には私も聞き覚えのない名前もたくさんあったりして。Olsen姉妹のサークルのCassie Coane?誰?知っとくべきかな?みたいな。
stylecom
It was fun…I felt it really skirted the line between fluff and knowledge. Maybe someday I`ll need to know where Gianni Versace once had a workspace in Milan, or where Mark Ronson has breakfast in London, after all.
It’s these little tidbits…pieces of gossip. Being over in Japan really makes you feel like someone peering into another world, completely different from my own. In Japan, gossip in public arenas is definitely not kosher. Not to say it doesn’t go on behind the scenes, but it’s generally VERY hush-hush
他にも興味深い記事がたくさんあって、本当に盛りだくさんな内容!将来、いつ”Giannni Versaveがミラノで働いていいた場所”とか”マークロンソンがロンドンで朝食をするレストラン”とかなんてうんちくを披露する場が無いとも限らないしね。
それに、ファッション業界のゴシップなんて普段なかなか耳にすることが無いから貴重よね。日本ではゴシップを人前で話すのはあまりお行儀が良いことではないとされてるし(もちろん陰では言ってるんだけど)。裏話という深く掘り下げているものばかりではないけど、でもみんなヒソヒソ話、好きでしょ?>_>
 
cest chic
I wouldn’t stick my own foot in my mouth by *wishing* for a more gossip-and-opinion-friendly culture, but sometimes being able to speak one’s opinions freely about others in a public forum is what brings about a certain sort of progression that has yet to occur here. Everyone just pats each other on the back and says “well done!”. A little bit of buzz…erroneous or not, makes for an industry full of surprise. …is what I will say until I find something horrible written about me on 2ch. Or until someone makes an anonymous twitter account that gathers up local goss. Like a @condelevator, but for the Omotesando crosswalk. Foot, insert in mouth.
もちろん、ゴシップがいいばかりではないことは百も承知。時には人を傷つけることもある。しかし自分の意見を自由に発言できる環境というのは、その個人なり、集団なりに対してある一定の尺度における進歩を生む事も事実。
いつでも肩を叩いて、”良くやったよ!”と労ってばかりではそれ以上の進化は望めない。だから誰だって腹を割って話さなきゃ!…と思った矢先に、2chで私の悪口が書き込まれていたのを知るんだけどね。あと、ツイッターでアカウントを作って誰かれ構わずゴシップを流してる人とかね。やっぱり、配慮だけは欠かさずに、ね。だからローカルなゴシップは@modegossipで寄せてます。ww
Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー

READ SOME MORE! | もっと読もう!:

ここまで読んでくれたらシェアやいいねして下さい!レブログも歓迎。Tell me you read to the end! ↓

Pinterest

2 Responses to STYLE-DOT-COM MAGAZINE. JAPAN AND THE GOSSIP QUANDARY.

  1. mari says:

    ミーシャちゃん!
    今回の記事もすごく面白いです。
    I love your blog and following on bloglovin’.
    reading almost everyday!
    こんなたくさんの英文と日本文と写真を
    アップし続けていてすごいです!
    勉強になるー!

    こんな雑誌を日本でも読みたいなー!
    意地悪なゴシップはネガティブだけど、
    愛のあるゴシップは良いよね!

    • mishajanette says:

      そういっていただけてうれしいです!そうですね、ゴシップはけして100%悪いでもないのですが、その限界を知っておかないと駄目なっちゃうから責任多しーー でも読んでみたいですな^^

Leave a reply