ロサンゼルスは、ファッション過疎地?ストリートスタイルのパラダイスってわけでもないし、クチュールメゾンがはびこってるわけでもないけど、今敏感な人たちは感じている: ロサンゼルスが、ニューヨークを差し置いてファッション業界を牽引するビッグシティになろうとしていることを!

“モスキーノがロスでショーやったのね!” と興奮した様子の友達。”エディスリマンがサンローランの拠点をロスに移動したし!”と、また他の友達。ふたつのブランドのふたつのショーってだけじゃ、まだファッションキャピタルとは言えないけど。

では、LAのクリエイティビティの根源はどこにあるのか?隅々までチェックする必要があると思う。それが、一体どこで生まれ、どこで大きくなっているのか。ニューヨークやどこか他のファッションシティのコピーではなく独自のスタイルを確立しているのか。ロスにファッション性をもたらしている新しい動きは誰によるものなのか?何によるものなのか?直接足を踏み入れてこの目で確かめる価値あり。

 

Is Los Angeles a fashion wasteland? No…. but, it’s not exactly flush with the waters of street style parades or endless couture maisons either. But there are certainly whispers in the air that LA is going to be ramping up its fashion pull to try and put a dent in rival New York City. “Moschino is going to be showing here!” squealed one friend. “Hedi Slimane moving Saint Laurent here has and will continue to do wonders!” said another. But two brands and two shows does not a fashion capital make.

So then we have to look deeper, into the nooks and crannies and see where the creatives in LA really are. The ones forging their own style born and bred by the city, and not just mimicking those of NY or abroad. It’s people like this that bring a city into the fashion spotlight, bringing something new to the table that people will happily travel long distance to see in person.

There, I was able to meet up with Steve David, a hair artist and designer of avant garde headpieces who loves the city he grew up in and is banking on it getting its (and his) time to shine.

ロサンゼルスでは、ヘアアテーィストでアバンギャルドなヘッドピースも作るSteve Davidに会った。幼い頃から育ったロスが大好きで、最近注目され始めているデザイナー。

スティーブのスタジオは、コーヒーショップとスーパーが立ち並ぶ活気のある街、LAのダウンタウンのサウスパークにある。「子供の頃の僕に”このへんに住みたい”なんて言ったら、たぶん大笑いしたとおもう。ずっと前、ビルはボロボロでヤバかった!」とスティーブ。はじめてLAのダウンタウンに来たとき、世間は2Pacが殺されたことにより騒がしかった。街の空気は冷戦のような、決して安全とは言えないものだった。でも今自分がスタジオを構えているこの建物には、クリエイティビティの芽があちこちから出ている。

壁一面に飾られたスティーブのヘッドピースと、現在取り組んでいる仕事の数々。角に置かれた独りがけのサロンチェアとミラーはパーソナルクライアントを通す場所。

目に最初に止まったのは、難破船を墨で黒く塗って螺旋状にねじりあげたように見えたひとつのヘッドピース。

「実はそれ、高速道路で拾ってきたしぼんだタイヤなんだ。それに色を塗ったりして作って、ちょっと話題になっ。なかには、高速でタイヤを見ると君を思い出すよなんて言う人もいる。」とスティーブは笑う。

Steve’s studio is located in downtown LA, in an area called South Park teeming with coffee shops and Trader Joe’s style supermarkets. “If you told me I would be living in this building when I was young, I would have laughed at you. Back in the day, that building across the street was a crack den!” Steve said. Even when I was in downtown LA for the first time, right after 2Pac was murdered, it felt like a cold war battleground and extremely unsafe.  But now, we were in a building of lofts which seemed like they would be rife with budding creatives.

All along the walls were shelves displaying some of Steve’s headpieces and works in progress, with a single salon chair and mirror in the corner where he takes personal clients.  

The first headpiece that caught my eye was one that looked like leather from a shipwreck painted black and fashioned to be spiraling out like a wisp of calligraphy ink.

“It’s a blown-out tire. I treated it and painted it, after I picked it up on the freeway. These works of mine have become so well known among my colleagues and friends that some people say they think of me when they see tires on the freeway,” he laughed.

 

 

ス ティーブは、”ファウンドオブジェクト”(found object) デザイナーで、そのアクセサリデザインはクールでニーチェ。彼は、ロケ撮影の最中にでも使えそうと思ったものを 拾って帰っては、ヘッドピースにどんどん組み込んでいく。「このアブストラクトな金網が地面にちょこんといるのを見つけて、家に連れてってもいい?」って 聞いたんだ。

フェイクフラワーを金のピンで留めた作品(パンクなウェディングがしたい人にぴったり!)や、かみそりの刃でできたキャップ(シェイプが最高!)

モダンな”ヘッドピース”は魅力の革命。頭をオーナメントでデコレーションするという概念は基本的に、19, 20世紀のヴィンテージから来ている。”魅力”に ついて考えたとき、ミーシャの頭に浮かぶのは宴の時の帽子。でも現在言う”ヘッドピース”というのはもっとカジュアルで、モダンだ。アナデロルッソがつけていた、さくらんぼのクリスタルが散りばめられたヘッドバンドみたいに、昼でも夜の街でもつけられるようなもの。

日本には、 実は多くのヘッドピースアーティストやデザイナーがいる。そして、私が今まで何回かお仕事や取材で縁があるのは喜ばしいことだと感じている。例えばカワイイモンス ターカフェで一緒に仕事させていただいたKunio Kohzakiさん。彼は自身のヘアアクセサリーブランドも立ち上げた。他にも、ジュンヤワタナベをやっているTomohiro Kono、さらに伝説的ヘッドピースアーティスト、Katsuya Kamo。東京で彼らに対するマーケットは比較的に大きい。日本の女の子、特に原宿では、自分の頭にたくさんのものを付けるスタイルをする子も珍しくないしね。

Steve is a “found object” designer, which is a very cool and still very niche type of fashion and accessories design today (my mind always goes back to Project Runway Austin Scarlett’s corn husk ball gown as bringing attention to the possibility of found-object design to this generation). Steve will pick up things he finds while on location shoots and bring them home, before manipulating them into headpieces. “I saw this abstract-looking chicken wire sitting on the ground during a shoot, and I asked if I could take it with me,” he said.

Some interesting ones he had on display during my visit included one with fake flowers pierced with gold safety pins (if you’re a bride but want to go a little more punk!) and a cap made of razor blades (“I dull each of them then melt them into shapes”).

The modern “head piece” is an evolution of a “fascinator”, a term for an ornamental decoration for the head, usually a vintage piece from the 19th or early 20th century. When I think of “fascinator” I think of vintage galas and millinery, but “headpiece” is more casual and modern, a la Anna Dello Russo in her crystal-encrusted cherries headband or something you and I might wear on a night out on the town.

Japan has a number of headpiece artists and designers, and I’ve had the pleasure of having the company with a number of them, like Kunio Kohzaki for the Kawaii Monster Cafe who has his own brand now, Tomihiro Kono who now does Junya Watanabe and then legendary headpiece artist Katsuya Kamo. The market for it in Tokyo isn’t huge, but it’s not uncommon to see many Japanese girls putting lots of stuff in their hair, especially in Harajuku.

デイビッドのつくるヘッドピースは、今活躍しているアーティストたちと比べても全く劣らないし、とてもいいものを作っていると思う。インスタグラムにアップさ れてる彼の作品は刺激的で、インスピレーションをくれる。「インスタにあるシューティングはこのスタジオで撮影したんだ。 LAでこんな人脈を広げて新しいことをやるのがかなり難しいんだ。この街はコマーシャル的なものが多いし、いいメンバーを集めてチームを作るのが大変。今までに、最高のフォトグラファーとも、最低のフォトグラファーとも仕事してきたけど、まだまだだな。」

彼のヘッドピースで”いきなり撮影会”をしたあと、彼のメイクアーティストの奥さんのHeather Pepeも一緒に3人でミモザを飲んだ。私たちはファッションキャピタルになりつつあるLAの現実に愚痴をこぼしつつも、デイビッドはホームタウンであるLAの可能性にかけているようだった。

この出来事の直後、MADE Los Angelesが6/10-11に開催された。ジェレミースコットのモスキーノメンズショー、Hood by Airのショー、Golf Wang by Tyler the Creator showをはじめ、多くのインスタレーションやショップが集まったイベントだ。ロサンゼルスファッションウィークはほぼ終わったようなものだったけど、 MADEがニューヨークで成し遂げたことを考える成し遂げたことを考えると、LAもこれから盛り上がるのでは?と期待が高まる。

アメリカにはニューヨークという大きなファッションキャピタルがあるから、ロサンゼルスはいままでなんとなく偽物感が漂っていて重要視されてこなかった。

でも今しっかり向き合うときが来たのかもしれない: 立ち振る舞い、環境、スタイルに目を向けると、それぞれまったくちがう。それに、晴れの多いLAは他の世界のファッションキャピタルにはない魅力がある。 天気、人柄、さらに食べ物…シンプルに考えて他の都市よりナイスだと感じる。

Steve Davidのラインアップと雑誌の作品は下記ご覧ください

David, for his part, has been making headpieces for the better part of a century. And a lot of his work can be found on his Instagram feed which is a huge source of inspiration. “I do a lot of the shoots which you see on my instagram here in my studio. Because it’s so hard to get people in LA to branch out and do something new. You know, the work here is so commercial, it’s hard to get the best team together. And I’ve worked with the best and worst of photographers here.”

After our little impromptu photoshoot with his pieces, I sat down and drank mimosas with him and his wife Heather Pepe, who is a talented makeup artist in her own right. We commiserate on the lack of a bubbling fashion scene in LA, but David still exuded positivity for his hometown. Just after that, MADE Los Angeles was held Jun 10-11. It included the MOSCHINO by Jeremy Scott men’s show, Hood by Air show, Golf Wang by Tyler the Creator show and other installations and shops. Los Angeles Fashion Week was dead on arrival but MADE has been doing amazing things in New York, so I don’t doubt they can bring cache to LA.

Los Angeles is somewhat cheating since the US already has its own fashion capital, but let’s face it; when it comes to attitude, environment and style, they couldn’t be further apart. And sunny LA has one thing going for it that other fashion capitals would begrudgingly admit; the weather, the people, and even the food… it’s simply nicer there.  See more of David’s work below.

Editorials vis Steve’s Instagram. Click to get to his account.

A photo posted by @stevedavidhair on

ARMY BOB

A photo posted by @stevedavidhair on

#hats #hatterist #headwear #headress #headpiece #safetypins #hairstylist

A photo posted by @stevedavidhair on

Latest work…more to come..

A photo posted by @stevedavidhair on

BTS

A photo posted by @stevedavidhair on

BTS

A photo posted by @stevedavidhair on

BTS 6th Element Kendo Mask

A photo posted by @stevedavidhair on

A little 18th century inspired stuff …

A photo posted by @stevedavidhair on

Kicking in the trailer- H&M Campaign- Coachella Collection

A photo posted by @stevedavidhair on

 

Steve David HP

Misha Janette
Natsumi Yasuoka