『少女椿』メイン

 

80年代に熱狂的ヒットを生んだマンガ、”少女椿”。その猟奇的な世界観が、いよいよ映画化された。主演はドーリースタイルのファッションアイコン、モデルの中村里砂。実は、ミーシャもちらっと出ていたり…映画のディレクターであるToricoは友達で、友情出演させてもらっている!!この映画は、5月21日からの期間限定公開となった。原作は、黒魔術を使う団長が率いるサーカス団に加わる少女”ミドリ”をとりまく不思議な日々を描くエロマンガ!

Adapted from a manga “Shojo Tsubaki” (少女椿) from the 80s which became a cult hit, this tale of psychotic intrigue has been turned into a feature-length film starring fashion model and “dolly style” fashion icon Risa Nakamura. Disclosure: I actually have a cameo in this film, as my friend Torico is the director and I’ve already seen a screening of it, which will be in limited release beginning May 21st in Japan. The original story is an “ero-manga” (erotic manga) and is a fever dream about a girl “Midori” who joins a band of circus freaks who are led by a magician who uses black magic…

shojo tsubaki 5

 

“少女椿”という表現はもともと、紙芝居からきてる。日本が不況の時は紙芝居が安上がりなエンターテイメントとして普及した。少女椿は、その紙芝居に出てくる思春期の女の子。今回、両親のいない一文無しだけど、彼女なりに大人への階段を上る主人公の名前は”ミドリ”。ひょんなことからはみ出しもの達の、マジックで溢れた世界で生きていくことになった少女を描く。漫画家の末広丸尾のカラフルなイラストがその世界観にぴったりで、当時漫画が大ヒットした。それぞれのキャラクターが着ているコスチュームも素晴らしい。

海外では、”ミドリ”というタイトルの少女椿アニメ化として人気を博した。(音楽を”少女革命ウテナ”のファンだと公言している、JA Seazerが手がけた…個人的にめちゃファン!)

Shojo-tsubaki is actually a term used to describe a trope in kamishibai (paper theater), which was a form of cheap entertainment during the depression era in Japan. A shojo-tsubaki is a young penniless girl in her adolescence, usually without parents and sent on adventures as she navigates her way to adulthood. In the “Shojo Tsubaki” manga, she is a girl naed Midori who happens to live in a world that is full of magic, and she is taken in by a band of circus misfits as she fades in and out of reality and dreamworld. The manga became a cult hit thanks to it’s colorful illustrations by Suehiro Maruo and the fantastical costumes he gave the characters.

It was adapted into an anime, called “Midori” in the West, and it also has reached cult status (music was done by JA Seazer, which fans of Shojo Kakumei Utena will instantly recognize).

shojo tsubaki 9

 

少女椿というこの映画では、ロリータ要素を含んだドーリーやガーリーなファッションを、同じくドーリーなファッションアイコンとして若者に人気の中村里砂が着こなす。彼女は、ガーリーなマガジン、”Larme”の専属モデルになる前、代官山にあるブティックkatieのセールスガールとしてスカウトされた。その後どんどん人気になり、今ではファッション&ビューティブランドのプロデュースもしていて、特に女の子たちから絶大な支持を得ている。大きな目と、無表情な顔…まるで生きた人形みたい!この映画で演技に初挑戦した彼女だけど、どのシーンでも彼女だけ浮かび上がって見えて、まるでこの子のために作られたストーリーにさえ感じた。そんな彼女の個性を活かし、共演者たちによってシーンが固められていくような、そんな印象を受けた。

The “Shojo Tsubaki” film comes at a time when dolly or girlie fashion has left the marginalized world of Lolita and gone mainstream enough to make one of it’s fashion icons, Risa Nakamura, a nationally-recognized star. She was scouted as a sales girl for dolly-fashion boutique Katie in Daikanyama before going on to be a regular model in the girlie magazine “Larme”. Now she fronts campaigns for fashion and beauty brands, and has an enormous female following. With her giant eyes and nearly expressionless face, she is a living, breathing doll— this movie is her first foray into acting, and I must say that this character seems to have been written for her as she nearly floats from scene to scene- it’s up to her co-stars to pull her along and this dynamic makes enough sense for the story.

shojo tsubaki 10

 

ディレクターのToricoは、アートグループ明和電機の立ち上げたファッションブランドMeewee Dinkeeのディレクションもしている。知る人ぞ知る伝説的アーティスト。Meewee Dinkeeは、フリルの服に奇抜なグラフィックが特徴的で、テクノロジーやレトロエレクトリックな要素のを盛り込んだコレクションを発表している。(だから、エレクトリックさを出すためにグループ名に”電機”が入っているのか!)。だから、この映画では奇抜でカラフルな漫画の中のファッションを再現することに力を入れている。たとえば、ミキオサカベのコレクションが使われていたりと、東京のローカルブランドがよく登場する。映画は言ってみれば、椎名林檎のPVを見ているみたいな世界観が広がっている。数年のうちに、トリッピーなビデオジョッキーとかが出て来るのではないかな?と思う。

The director Torico is a local legend in her own right, as the director of the experimental art group Meiwa Denki’s fashion brand Meewee Dinkee. They’re known for quirky graphics on frilly clothing, and the art side often incorporates odd technology and retro-electronic devices into it’s collections (hence the “denki” which means electronic). Therefore this film does a good job of translating the wild fashion and bright colors of the manga into real-life. I even recognized a number of pieces from local brands, like “I remember that Mikio Sakabe collection!”. The whole movie is like a long Shiina Ringo music video, and I imagine it’s going to be playing in trippy VJ videos for years to come.

『少女椿』3

 

ミーシャがちらっと出演中!という話だけど…他にも沢山の東京ファッションスターが出演している。ジェンダーレスファッションアイコンのデビルくんとか、赤い髪の毛が印象的なSi Ouxとか。R15指定されているだけあって、原作通りダークでひねくれてる。アニメーションではなく実写で作ったというのが、この映画の最大の魅力だと思う。アニメを見た事がある人もまた新たに楽しめる。こういう映画はちょっと手が出しにくい…と躊躇している人、迷っているならとにかく見ないともったいないよ!

And….I have a small cameo in it (!!)… and there are also cameos by a lot of Tokyo fashion stars, like “genderless” icon Usuke Devil and red-haired vixen Si Oux. The movie is rated R15 and it certainly deserves it; it is dark and twisted, just like it’s source. If you’ve seen the anime, then this isn’t as visceral, thanks to it being live film instead of animation. But if you are weak-willed and aren’t familiar with the genre then you have been warned!

shojo tsubaki 7

shojo tsubaki

『少女椿』2

■公開表記
5月21日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー

近日上映スケジュール:

■5/23(月)~24(火)
14:25②
20:55①

■5/25(水)
14:25②
21:00①

■5/26(木)
14:25②
20:55①

■5/27(金)
14:25②
20:35②

■監督・キャスト
監督・脚本:TORICO 原作:丸尾末広「少女椿」(青林工藝舎)
出演:中村里砂、風間俊介、森野美咲、武瑠(SuG)、佐伯大地、深水元基、中谷彰宏

■ストーリー

ある時代の東京。14歳のみどり(中村里砂)は、病気の母親を置いて家を出て行った父親の代わりに家計を助けるため、花売りをしていた。ある日、家に帰ると母親は病死していた。一人ぼっちになったみどりは、赤猫サーカス団の団長である嵐鯉治郎に拾われる。

地方巡業に回るサーカス団には、怪力自慢の赤座、美少年のカナブン、蛇使いの紅悦、足芸の鞭棄、異人の海鼠、蟻男といった個性的で怪しげな連中が顔を揃えていた。その中で下働きするみどりは、苛めにあいながらも健気に毎日を送り、走る列車を見ながら東京の我が家のことを思うのだった。そんなある日、サーカス団にワンダー正光という超能力を持った男が加入する。苛めにあうみどりを見たワンダー正光は、彼女のことを気にかけて、彼自身が持つ超能力で不思議な光景を見せる。彼の優しさにみどりは次第に心を寄せていく。ワンダー正光の評判は瞬く間に広まり、サーカス団は連日大入りとなった。だが、団員たちは彼の人気に嫉妬し、みどりを苛める。それを見たワンダー正光は怒り、超能力で団員たちを従わせる。彼はみどりのことを愛していたのだった。それに嫉妬した鞭棄もみどりを力づくで振り向かせようとするが、それを見たワンダー正光は激怒し、超能力で鞭棄を殺害する。その光景を見たみどりはワンダー正光に恐怖を覚え、避けようとするが…。

■クレジット情報
2016年/日本映画/デジタル/カラー/90分/R-15

制作:『少女椿』フィルム・パートナーズ
製作:太代眞裕 柏木登 奥田真平
エグゼクテイブプロデユーサー:前田伸一郎 プロデューサー:堀越大
配給:リンクライツ  宣伝:フリーマン・オフィス
撮影:曽根剛 美術:佐々木健一 美術デザイン・監修:宮下忠也
衣装デザイン:武田久美子
音楽:黒石ひとみ 主題歌:「あの子のジンタ」チャラン・ポ・ランタン(avex trax)

Misha Janette
Natsumi Yasuoka

READ MORE! お時間許すなら、もっと読んでね