ROGGYKEIの新コレクション “NEW HORIZONS” でソフトな未来が迎えてくれそう。

roggykei_MG_9228

One of my favorite up and coming brands is Roggykei, which hail from Osaka. They have released their newest collection “New Horizon” at long last. They first presented it in Paris during fashion week in a show of wont for global permeance which is getting rarer in high-end Japanese fashion these days, methinks. Together with Balmung they had a great showing and I hear they are going again so if you’re industry and going to PFW in Feb., be sure to look them up.

日本のモードシーンで今一番”キテる”ブランドRoggykei。大阪を拠点とするこのブランドから、新作のNew Horizonコレクションのルックが届いたので紹介させて頂きます。このコレクションは、今シーズンパリコレクションのスケジュールの中で発表したもの。東京ブランドのBalmungと共に展示を行ったRoggykei、若手の日本人デザイナーでパリに挑戦する人が年々減少しているように思う昨今、頼もしい限りだ。来シーズン2013年秋冬でも参加するようなので、パリコレに行く人は是非チェックしてみて下さい。
 

roggykei_MG_8030

Now, to New Horizon. Roggykei transcends a lot of the Japanese brand cliches and they’ve got their own style; nonchalant futurism, with a heavy dose of mixing colorful organic and inorganic textiles in minimalistic yet graphical shapes. Their lookbooks are often very edgy, saturated, cool and quite in-your-face but this season the image is much softer. Two androgynous models wander a dreamy beach lanscape in creative, pale makeup. They almost look like two otherworldly beings whose spaceship crashed on the earth at this desserted beach.

そしてそして、今回のNew Horizon。Roggykeiのお家芸といえば、有機素材と無機素材を組み合わせたフューチャリスティックスタイルですが、今回はそこに更なるカラフルなマテリアルと、グラフィカルなシェイプが加わり唯一無二のスタイルを作り上げていた。そしてその世界観を引き出すルックブックは、例年のクールかつエッジーなものと比べ幾分かソフトな印象の画で展開され、アンドロジナスなモデルとメイクも相まり、さながら砂漠に不時着した宇宙船かのような様相。

roggykei_MG_8250

That is to say their designs haven’t totally softened, although it’s a new leaf to see knitwear and an abundance of chiffon in the designs. They so fluidly waver between menswear and womenswear that it truly seems to transcend gender-specific clothing. The laser cutting and high-tech textiles they use are stunning so look at the pics closely!

洋服の方はというと、これまであまり使われることのなかったニット素材やシフォンを多用しているのは意外だったが、それでも相変わらずのエッジーさは健在でブランドの新しい一面を見たような気がした。特徴的なメンズ/レディースを区別しないジェンダーフリーな展開、そしてもう一つのお家芸レーザーカットのハイテクなテキスタイルも十分に目を楽しませてくれ、ディテールにまで趣向を凝らした珠玉のコレクションとなっている
roggykei_MG_8114

roggykei_MG_8208
roggykei_MG_8347

roggykei_MG_8359

roggykei_MG_8395

roggykei_MG_8720

roggykei_MG_8777

roggykei_MG_8829

roggykei_MG_9006

roggykei_MG_9122 21.43.06

roggykei_MG_9164

roggykei_MG_9213
roggykei_MG_9276 21.43.01

roggykei_MG_9331 21.43.01

roggykei_MG_9424 21.43.01

roggykei_MG_9494 21.43.01

roggykei_MG_9609

 

 

http://www.roggykei.com