ミーシャ版パリの歩き方2013年〜ガイドブックでお馴染みのあんなところ、そして今まで聞いたことのなかったこんなところ〜 パート2

misha and eiffel tower

See part 1 here. Recap: If you couldn’t tell from the title and that photo above of me in front of a little thing called The Uhffel Tower, I was in Paris. And now I am foisting the spoils onto you. On y vas!

さて、昨日に引き続き前回のパリ旅行の話です!今回は初めてのパリでの休暇(とはいえ仕事は山積みだったのですが)ということであまりに気分が高揚し過ぎて、エッフェル塔の前で写真を撮るというベタなことをしてみました。

First order of the day: The market! It was actually a bit overwhelming to me…SO MUCH FOOD. And I can’t take free samples because then I feel compelled to buy it. It’s like those shop keepers can pull me from my SOUL. I did enjoy seeing a lot of the regional foods like a strange “macaron” from the countryside that was more like a brown sugar cookie, and all the Willy Wonka Factory-like candied fruits. But my goal here was to get some cheese. And not just any cheese, but some REAL mutha-effin CHEESE. “Give me some stinky cheese! The stinkier the better! Goats milk! There, that one in the corner with no label! That looks positively stinky!”. And it was DIVINE.

さて、この日まず私たちが向かったのは,マルシェ。フードの種類のその規模の大きさに圧倒されてしまいました。個人的には、日本でも試食は苦手(だって食べたら最後、買わなきゃいけない気分になるでしょ…)なのだが、パリのマルシェでもこの慣習はよく見られるようで、次々に押し寄せてくる欲望に打ち勝つのに必死でした。そうして歩いていくと、たどり着いたのはローカルなスイーツを売っているところ。昔ながらのマカロンに、ウィリーウォンカで出てきそうなカラフルなキャンディは見ているだけでワクワクします。が、私のお目当てはこの糖分の塊ではなく、チーズ!!!とにかくチーズを心の底から欲していた私は、山盛りに積まれたチーズブースに直行しました。臭いチーズ程いい!一番臭いのをちょうだい!ほら!あのラベルなしのさみしそうなやつ、臭そうよね?!となりのチーズたち寄せていないから。あれほしい。翌日、とても臭く、おいしくいただきました。

candied fruits

pie

market cheese

DIVINE! 絶品!

Next, I ventured up to Montamartre in the afternoon all by my lonesome. Below is the “Wall of I Love Yous” written in a plethora of the globe’s languages.

そしてお目当てのチーズを手に入れた私が向かったのはモンマルトルの丘の上。特にあてなく歩き回っていたのですが、突如目の前に現れた”世界中の言語でアイ・ラブ・ユーが書かれた石碑“に圧倒されてしまったのでパシャリ。

paris-2012-airfrance-20

paris-2012-airfrance-18

I was here to check out a bunch of quirky shops, but you know what? THEY WERE ALL CLOSED. What’s up with that, huh, Monty? Can I call you Monty? So if I come back at precisely 3:37pm you’ll be open, you say? OK then. So I guess Montmartre doesn’t even wake up until after 4pm or so, a word of warning. Or maybe it just stays closed on the weekdays. So I just snapped pics of weird stuff being peddled in the windows:

そしてそこからさらにぶらりモンマルトル散策を続けた私は、どこかで面白いお店に出会えるかと期待していたのですが、どういうわけか全てシャッターを下ろしている…ちょちょちょっと待てや!なんでやねん、モンマルトル!お店も、3時37分オープンと書いてあったのでピッタリその時間にいったのにシャッターは固く閉ざされたまま。こっちの区はやはり夜の街だから?たぶん、16時以降でないとモンマルトルは起きていないだろうね。あえなく惨敗したので、せめてもと思いウィンドウにディスプレイされている変なものと風景の写真を撮ることにしました。

paris-2012-airfrance-19

paris-2012-airfrance-17

paris-2012-airfrance-16

paris-2012-airfrance-15

paris-2012-airfrance-14

paris-2012-airfrance-10

A break. Salvation.
 緑のネオンが輝くドラッグストア教会で一休み。

One of the special activities I got to do was hang out in the Maison Kitsune flagship shop and then sit down for an interview with the founders Masaaya and Gildas. I’d run into them oodles of times throughout the years in Tokyo but this was the first time actual sentences were exchanged. They were seriously cool-as-cucumbers and made sure to mention that they weren’t trying to be edgy or super high-design, just super high-quality (all their stuff is made in Italy). They also mentioned that they are opening their first shop in Tokyo this Spring. There was a customer there with us who couldn’t find anything his size but was SO determined to buy SOMETHING. That’s how fanatic fans are of the “fox”.

その後、向かったのは、パリ市内メゾンキツネのフラッグシップストア!今回の滞在で、この記念しファウンダーのMasaayaとGildasにインタビューをするというミッションを任されていたのです。今までに東京などでも何度かお目にかかっていたこの二人ですが、きちんと話をさせて頂くのはこの時が初めて。メゾンキツネの洋服というと思い浮かぶのは、極めてシンプルかつベーシックなスタイル。この二人に聞いたところ、やはりデザイン面でのエッジーさやハイファッション的なアプローチには大きな重要性を置いていないとのことだった。そのかわりこだわっているのが、スーパーハイクオリティであること。縫製は全て一環してイタリア国内で行われているそう。そうして今までに着実にファンを増やしてきたメゾンキツ、実際私がインタビューをしている時にもあるカスタマーが、自分のサイズにフィットするものが無いにも関わらず、何かしらを買わなければ気が済まないと頭を悩ませていた。そんなメゾンキツネは今年の春には東京にも初めてのフラッグシップストアをオープンするとのことで、今から待ち遠しくてしかたがない。

paris-2012-airfrance-40

paris-2012-airfrance-39

paris-2012-airfrance-38

Positively French sexxxy shop decor, non? J’adore.

フランスのメゾンらしいコケッティッシュ装飾を施したショップ店内。

paris-2012-airfrance-36

paris-2012-airfrance-35

paris-2012-airfrance-37

 

Next: my biggest challenge. My nemesis. COOKING. Our group was tasked to attend the freaking Alain Ducasse cooking school “L’ecole de Cuisine” and create a beautifully French course-style lunch. *hyper-ventilate* Alain Ducasse is a superstar global celebrity, and in Tokyo many will know him as the chef who presides over Chanel’s “Beige” restaurant in Ginza. So you KNOW we weren’t going to be slapping some neopolitan sauce on french bread, y know?! 

次に私達エールフランスチームが向かったのは、ツアープランの中でも私に一番縁のない行事、クッキング。フランスの老舗レストラン、アランデュカスが運営する料理学校レコール・ド・キュイジーヌにてランチのフルコースをこともあろうか参加者自らが作るということなのだが、普段料理をしない私にはたえしてアランデュカス先生はいかなるリアクションをしめすのでしょうか?ちなみにアランデュカスといえば、銀座のシャネルビル内に併設されているレストランBEIGEの総括をつとめたことも記憶にあたらしい。世界の料理界の頂点に君臨する彼の学校で指導をうける以上、間違っても包丁の持ち方なんてものは聞いてはいけないことくらいは分かっていました。 

paris-2012-airfrance-34

Is there going to be a pop-quiz??!

抜き打ちテストとかないといいけど…

paris-2012-airfrance-33

A flamethrower, man?!
炎の男、ドーン!

Our chef sensei had a wicked sense of humor and even spoke a bit of Japanese. Alas, he was NOT joking around when it came to our recipe and making sure everything was perfectment. 

今回指導について下さった先生はとてもユーモアのある方で、日本語も少し話せる素敵なかたでした。もちろん、調理が始まったら真剣勝負なのでもちろんおふざけは厳禁でしたが(実際、ずっとふざけてたけど、調理はちゃんとできていたわ)。とにかく、フレンチには完璧さが最優先項目。

paris-2012-airfrance-32

Finally, I mulled up some courage, and relented to help prepare the meal with my own hands. Victory!!! It was great fun. I was awesome and ROCKED that salmon and those romaine lettuce hearts!

 最初は慣れない包丁使いなども、作業を進めるうちに少しずつはかどるようになり、最終的に自分の手で作ることができました!自分に拍手!これから得意料理は、サーモンとロメインレタスの料理ですって答えよう。

paris-2012-airfrance-31

I was frazzled after that. Here’s an idea: you cook, I`ll drink champagne. 

 そのサーモンとレタスの料理後、疲れきってしまった私。やっぱり私は作るより、隣でシャンパンでも飲んでいた方が性に合うみたい。 

paris-2012-airfrance-30

Voila! Look at my plate! Doesn’t it look absolutely delicious?! I got an A+. Or I would have. But according to this diploma I graduated at least! And don’t tell anyone I wore an apron.

 こちらが私の作った料理。初めてにしては、という言い訳抜きにしても結構上出来じゃない?!実際、味もおいしかったし、最後の審査でもA+をもらえたし、意外と私料理上手かも。でもエプロンを毎日着けるのだけはゴメンだけど。

paris-2012-airfrance-29

 

Next, it was time to relax. We traveled over to the seine river where a beautiful yacht was at the docks waiting for us. I was checking out some reviews of Paris touristy stuff online and everyone says “Don’t ride a boat on the river! it sucks!”. Well, yes, that’s because other than these yachts, you only have the choice of riding a dinghy. These boats run by “Yachts de Paris” were INCREDIBLE. We had comfy velvet chairs, a fireplace, champagne, macarons, espresso….I loved this ride.

 そして食事も終わり、食後の腹ごなしにセーヌ川にてヨットに揺られる一行。ガイドブックなんかを見ると、セーヌ川で船に乗るのだけはやめときな、死ぬ程つまらないから!的な言葉を良く目にしたのですが、このヨットに限っては別。なんたって、船内のシートはベルベット張りのゴージャスな仕様に、暖炉にシャンパン、マカロン、エスプレッソまで完備しているデラックスなヨットだったから。優雅に揺られながらパリの市内を見渡すのは、ベタながら素晴らしい時間でした。

paris-2012-airfrance-27

paris-2012-airfrance-26

paris-2012-airfrance-25

paris-2012-airfrance-24

paris-2012-airfrance-23

 

paris-2012-airfrance-12

My trip was winding down. But there was one shop I needed to steal away to. “The Lab Store“. It is the shop run by “Le Laboratoire”, an experimental installation and art gallery. It is highly futuristic, both robotic and unique to itself in the universe…*head goes BOOM*. Many of the products are highly frivolous…like “Le Whaf”, which is a vaporizer/aroma-fier for alcoholic drinks. Put in your favorite Gin and then stick your face in the vapors: you can get buzzed from the alcohol without having to drink a sip!  My target here was to get me some “Aero Shots” designed by Phillip Starck and run in the same idea. You can inhale flavors or “foods” without actually eating them. There’s energy drink and chocolate….I got regular and mint “flavored”. So futuristic! Oh and yes, they are yummy…yummy um, air. They’re not available in Japan so naturally I got a bunch.

気付くとそろそろ旅の終わりが近づいてきていることに気付いた私は、たつ前のリサーチで絶対にチェックしたいと思っていたお店に直行した。その名もThe Lab Store。ここは、最先端の科学技術を駆使した実験的なインスタレーションとアートギャラリーの複合施設。まるでSFから出てきたようなこのストアは、中で展示されているプロダクツも近未来的で、例えばこのLe Whafと呼ばれるこちらは気化させたアロマフレーバーのドリンクなのだが、お好みのジンを中にいれるとこのリキッドが水蒸気になって出てきて、それを鼻から吸い込むことによって一滴も口にすることなくアルコールで酔えるというもの。この技術を使った同じような商品で、フィリップスタルクのデザインしたAero Shotsというのもあるのだが、私はこれを試したくて仕方がなかったのです。こちらはアルコールではなく、なんと食物を気体に変化させてちょくせつ吸引できるというもの。カロリーを撮らずに「食べた」という感覚をさせてくれるの。おかしいよね。ということで!私が買ったのは、ベリーのエネルギードリンクと、ミントチョコレートを大量に。ww

paris-2012-airfrance-11

paris-2012-airfrance-41

And now time to bid adieu. But not before getting a rad private tour of the Charles de Gaulle airport and the new supa-fancy Air France terminal that just opened. The business lounge was incredible. it’s called “The Park”, ostensibly because you can pee in the bushes. Kidding! Because it’s interior and furniture looks like trees. It’s beautiful, non?

そうしてついに楽しかったパリ滞在もこれにて時間オーバー。帰りの便へと足を急がせた私たちですが、帰りに寄らせてもらったシャルルドゴール空港内に新しく出来たビジネスラウンジがこれまた最後に凄いインパクトだったので紹介します。こちらのラウンジはThe Parkと呼ばれ、乗客が自由に仕様できるプライベートな空間。インテリアは木目調の落ち着いたシックなデザインで、搭乗時間までの待ち時間を最高に優雅な気分で過ごすことが出来る

paris-2012-airfrance-6

paris-2012-airfrance-8

paris-2012-airfrance-7

paris-2012-airfrance-5

paris-2012-airfrance-4

Above: at the Air France head office before we literally RAN to catch our Airbus 383 home back to Tokyo. The fancy one with two stories and the best business class with yummy food and lots of good wine to ease us back into the droll of real life. 

上:エールフランスの本部。まさに今から東京へと飛び立とうとする瞬間での一コマ。エールフランスの最新型Air Bus 383の機内のビジネスクラスは、食事はもちろんのことワインなども充実しており、最上級の空の旅を提供してくれる

あ〜平凡な生活に戻りたくない!なんて思ってしまうわ。

paris-2012-airfrance-42

Oh Paris, you DO have a sense of humor! Love ya for life.

こういうユーモアのあるところ、パリって最高だなと思う。

So there were a lot of places I didn’t write about here, but are being posted on AirFrance’s online Paris guide [coming soon] along with everyone else in my group’s travels and adventures. Warning, you WILL want to jump on a plane to Paris. Not such a  bad thing, of course ;)

尚今回の旅では、ここで紹介していないところにも山ほど行ってきたのですが、続きはエールフランスパリガイドブックにてご覧頂けます!もうすぐ公開されます(またお知らせします)。その他の参加者の方々がどんなところに行っていたのかも注目です。多分これ見たら、今すぐにパリに行きたくなること間違いなし!

 

airfrance.com