モノクロを着る女性はカラフルな人生を送る。東京編 Girls in black lead colorful lives. Featuring: Tokyo.

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

  シティで働く女性にとって、モノクロワードローブはユニホームみたいなもの。ブラックは必需品で、雑誌が何を言おうと、流行りがなんだろうと関係ない。アーバンガールにとって、不動のナンバーワンカラー。 かっこよく、強く、永遠の。 しかし時に、活気がなく、暗くてつまらない。 私が思うのは、黒と白はキャンバス。そこに、飛び出るイマジネーションを落とし込もう。表だけでなくても、内面的にも良し!色んな意味でモノクロをまとった女性は最強に、カラフルなんだから。   If you’re a working woman in the city, there comes a point in time where you’ll a notice your monochromatic wardrobe becomes a uniform. Black itself is a staple that can’t be deterred and no matter what the magazines and fashion trends try to tell us, black will never続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here

Calvin Klein 2015 Spring Summer and Reveal Release Party カルバンクライン春夏2015年、Revealの豪華パーティレポート

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

  アメリカファッションは、歴史が浅い分、アティチュードと勢いがある。Calvin Kleinは洒落感のあるスポーティなファッションという一面をアメリカに与えた。それは、セクシーミニマリズムの幕開けと共に揺るぐ事のないものとなった。2015ssコレクション、マンハッタンのトライベカで開かれたそのショーのクールな空気感ウェイブレングスはアッパーイーストまで広く渡ったでしょう。 カルバンクラインのショーチケットはニューヨークでもとても人気で、いつも最終日にショーを行う。シートには一流業界人がずらっと並んでいる。光栄な事にミーシャも招待していただいた。ショー当日、おそるおそるVarickスタジオへ向かうと、ストリートフォトグラファーたちがわんさか居てフラッシュの嵐。何シーズンもアテンドするとフォトグラファーたちはスタイルや名前を覚えてくれる。ちょうどカルバンクラインの新作を着用してたから、わくわく感がここから始まった… What America lacks in fashion tradition, it definitely makes up for with attitude. Calvin Klein embodies the sleek but sporty side of American fashion, and it has never wavered since the dawn of sexy minimalism. In the 2015 Spring/Summer show held downtown Manhattan, there was attitude all the way to Brooklyn.続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here

Meet somnium ,where hallucinations become accessories. 身につけられる夢と妄想?空想をアクセサリーに落とすソムニウム を紹介

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

This is a brand that is all over the Tokyoites and other Japanese who are one step ahead in fashion. It’s called somnium, a Latin word which means feverish dream (where we get “insomnia”). True to its namesake, the accessories are daydream and fantasy-like, and still ethereal in their lightness and airy form. These are続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here

Naturally male AND female. Helmaph and Roditus 2014-15 キーワード:男女両性の一体。新人ヘルマフ & ロディタス、秋冬2014−15

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

Now for something new! Established in 2013 by the Higuchi siblings, this is Helmaph and Roditus. It came onto my radar by looking through a number of overseas fashion zines and it kept coming up… it was a surprise to me to find it was a Tokyo-based brand. Titled “Beautility”, this collection fuses decidedly frilly続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here

yoox. comの日本上陸10周年記念で「ファッションの遊園地」を開催 yoox .com celebrates 10th Anniversary in Japan

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

着飾ることが好きな皆さんに一報があります!毎年恒例になったショッピングブロックパーティ、Fashion’s Night Outが今年もやって来ます。たくさんのショップがシャンパンを用意して皆さんを待っています。でも目玉はお酒のではなく、ファッションなのでしょ。 ファッションの中心地表参道に大集合!そこへ行けば、マークジェイコブスやケンゾー、アレキサンダーワン、Dスクエアード、MSGMでコーデ一式を当たるチャンスが待ってるの。yoox.comの10周年記念ポップアップストアなのだ!   We want our fashion and we want it now! That’s the decree to anyone who cares about how they dress, and especially to those who will be venturing into Tokyo for the annual shopping block party Fashion’s Night Out. Most shops will be offering bubbly and champagne, but shopping often続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here

「パクリのパラダイス」になりつつある原宿?パート1Harajuku: Turning into Pakuri (knockoff) Paradise? PART1

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

先日、私にとって大切な友人、ある原宿発のデザイナーとひさしぶりに話していた。彼の近況を聞くと、大きな悩みを抱えているという。「隣のお店にパクられていてセールスが落ちてるよ」、と。 なんて悲劇。 オリジナリティにあふれるからこそ、世界が注目する「原宿」。でも最近「何か」が少し可笑しくなっていると気づいたのは私だけじゃないはず (この前のアヴァンギャルドとの対談にも多く取り上げられている)。 グローバルに出世している原宿ブランド、渋谷ブランドが増え、その世界的な競争と戦いで全力をかけないと失敗するというのに、実は一番酷い戦いは原宿内かも? そのコピーペイスト食い合いをどうすべきか?原宿の未来はそこにあると思う… The other day I was catching up with one of my most dear friend and respected designer of a brand popular in Harajuku. I asked him how things are going lately, and he lamented about a growing problem he and his brand are facing. “The store next door to続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here