Modern Cinderella chasing a shadow. TELLSIT 2015 SS ”シャドー追いかける現代シンデレラ”テルズイット春夏2015

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

Cinderella dressed in yellow, Went upstairs to kiss a fellow Made a mistake and wore gingham velvet in July No doctors gonna go near that, bae Going through the commercial exhibitions sometimes reads like a broken record: skirt, pants, jacket, repeat. It’s tough for a brand for convey their message to people like me, who続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here

黒を着る女はカラフルな人生を送る!ヨーロッパ編。Girls in BLACK lead COLORFUL lives! Vol 3: Europe

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

  “黒を着る女性はカラフルな人生を送る” シリーズ第三弾!そのコンセプトは抽象的にいうと、外から見る現代社会の街が濁った色に見えてくるのに実は個人個人の人生は鮮やかな色にキラキラしている。そして、分かりやすく言うと、黒を着たって、ブライトで、想像力高い女になれない訳がない!日常の「普段」の中でも、しっかり目を開けて想像して、夢に生きて、そしてあなたの人生をまばゆいばかりに輝かせよう。それをバッグに詰めてプチ旅に出るとか…また、通勤の時だけでも!全ての経験があなたの人生のキャンバスを色づけるでしょう。ほら、世界はカラフルに!! Girls in black lead colorful lives Vol. 3. In the city we go about our days with all of the mundane details and thoughts sinking into each other like a muddy grey puddle. But open your eyes and imagination, live your dreams, and make your life blindingly colorful. Whether that means packing続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here

Fish Born Chips brings a special brand of humor to fashion「フィッシュ ボーン チップス」ユーモアを味方に。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

Japan has its own brand of comedy, known as “manzai”, in which a group or duo goes at each other in “innocent” jabs and slapstick comedy. Humor is branded a little bit differently, which is why Olympia Le Tan does better here than the more *cough* abrasive “Commes des F*ckdown” -style goods (although these message Ts続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here

`The Cult Issue` Inside IDOL Magazine. イギリス発ファッション誌「IDOL」の “カルト号” を探る

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

For the newest issue (No. 7) of IDOL Magazine, I styled a shoot featuring some of Japan’s best AW2014-15 looks. The magazine hails from the UK and has no qualms about exploring the boundaries of fashion photography, the clothing, and it’s subjects. It’s consistently one of the most fascinating and high-quality fashion magazines from the続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here

A trip inside the mind of avantgardist Hideki Seo セオヒデキの”ファッション”で”アート”な頭の中を旅できる!?

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

  If you’re a card-carrying fashion freak then you should need no introduction to Hideko Seo. As of now he is still the right-hand man of Azzedine Alaia, so there’s no contesting the level of his technical clothing-making skills. On the flip side, he is also a huge purveyor of making art out of his続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here

“ネオ・ギャル”に”ネオ・イケメン”。「ネオ」ブームの次に登場するサブカルは?そして”ネオ・カルチャー”は海外に受けいられるのか? What’s Neo Gal, Neo Ikemen and the “Neo” subcultures?

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

  今やサブカルチャーというものは日本のファッションシーンにおいて重要なパートのひとつになった。ところがそれが世間に、”守り”、”誇るべき”ものだという認識がされ始めたのは最近の事。なぜ大切にされるようになったのか、それは: 世界規模のインターネットの進化 (それにより、トレンドが雑誌に限らずSNSからも生みだすことが可能になる)。 日本の経済悪化。(だが、ファッションとサブカルチャーは経済効果がある)。 官民ファンド、クールジャパン機構の設立。 特に、3つめの”クールジャパン”の影響は大きい。日本が自国のユニークなファッションを海外に押し出していけば、利益を上げる事ができると気付き、そしてクールジャパンファンドが立ち上げられ、本格的に海外に日本の商品を売り出していくべく動き出した。クールジャパンが出来る前、海外での日本のサブカル人気度などほとんど気にしていなかった時期と比べれば、とても大きな一歩である。 そして今、この新時代のビッグトレンドは”ネオ〇〇”。頭に「ネオ」をつけるトレンドは日本国内に留まらず海外でも人気を集めている。実のところ、国内発だけでなく、実は逆輸だったりして?!そして、それは最終的に海外で受けいられるか?日本で広がる”ネオ”サブカルについて具体的に掘り下げてみましょう。また、次に来る”ネオ”を大予想! Subcultures have long been an integral part of the Japanese fashion scene, but they weren’t considered something to be *protected* and *proud of* until recently. The catalyst for this is three-fold 1. The internet globalization 2. The struggling Japanese economy 3. The advent of the “Cool Japan” initiative.続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here