fondation pierre berge yves saint laurent museum paris

イヴサンローランは、ファッションに革命を起こし、歴史を作り上げてきた。服だけにとどまらず、アート作品に至るまで、現在我々が目にしているものの多くに彼の影響を受けたものがある。2017年には、イヴサンローランのライフワークをフューチャーしたミュージアムがパリとモロッコにオープンする。(モロッコは、サンローランと彼のパートナーであるピエールベルジェの別荘があった) それぞれの場所に、異なるオートクチュールコレクションのセットがローテンションで展示される。パリのミュージアムは、1974年からオートクチュールサロンとサンローランのスタジオがあった場所を、ピエールベルジェ-イブサンローラン ファンデーションと改したところに設置される。

今はまだ工事中のその内部に招待いただけたので、サロンにお邪魔して5000にも及ぶオートクチュールのアーカイブの一部を見せていただいたので紹介したい。

魅惑的なピースを目の当たりにする準備はいい?作品そのものの素晴らしさはもちろんだけど、その保存状態や、手仕事ひとつひとつの丁寧さは言葉を失うほど。これぞファッション史に名を残す、尊敬すべき偉大なデザイナーの仕事だと、圧倒された。

Yves Saint Laurent is a name synonymous with the height of decadent fashion, the kind that goes from clothing to a flourishing work of art in front of your eyes. In 2017, two museums dedicated to Yves Saint Laurent’s life work will open in Paris and Morocco (where he and his surviving partner Pierre Berge owned a vacation house), each displaying a different set of ravishing haute couture on rotation.

The Paris museum will be located at the Fondation Pierre Berge-Yves Saint Laurent, where the original haute couture salon and Yves’ own studio had been located since 1974. While the museum is currently under construction, I was invited inside anyway, to get a private sneak peek at just a few pieces of the more than 5,000 haute couture works archived inside the salon. Take the tour with me, and be ready to see not only how dazzling the couture pieces themselves are, but get to understand the depth and dedication, the record-keeping, and scope of what it took (and still does) to become one of the most revered names in fashion in history.

 

shiroma_17ss-069-thumb-660x440-602965

左右非対称のデザインというのは、日本のファッションにおいてとてもポイントになるディテールだ。それは、着物のカシュクールをはじめとし、ギャルソンによるアシンメトリファッション、ファッションだけでなく建築や生け花など多岐にわたって左右非対称の美学が精通しているのが日本文化の特徴でもある。

“無常観”の概念に見られるように、常に同じではないこと、時間とともに移り変わることに敏感な目を持ってきた日本人は、何かをデザインする時に風や波のような動的なものや、四季や天気の移り変わりをアシンメトリーで表現してきた。”時間の経過”に美を生み出してきたとも言える。

2017ssのSHIROMAがテーマに掲げたのは「BREAK」まさに崩れていく様、その動きや瞬間を捉えたコレクションになっている。
それに加えて加茂克也さんの手がけたヘア。退廃的でありながら動きのあるアレンジはさすがで、完璧に服とマッチし、コレクションをより魅力的にしていることは言うまでもない。

In kimono, the point where you cross one side of the robe over to the other is called “kashukuru”, which comes from the French “cache coeur” or “crossover the heart”. It refers to an asymmetrical design where one side is placed on top of the other, even in a cardigan or coat (for extra credit, make sure it’s always the left on top, as the right on top signifies a funeral). This “kashukuru” style of design takes on many forms of art in Japan, not just in fashion, but as well as in traditional architecture, or even ikebana flower arrangement. Basically, the idea is that asymmetry is beautiful.

Shiroma is a Japanese design house that takes asymmetry to another level. Almost all of their designs contain a mix and layering of textiles in an asymmetrical way. It’s all highly calculated and generally subdue in color.

For their 2017 SS collection, they teamed up with Japanese hair artist master Kamo Katsuya to enhance even further the “imperfect balance is beautiful” design ethos to great success.

shiroma_17ss-063-thumb-659x990-602959

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Yoshikimono

メルセデスベンツからアマゾンが新しくスポンサーになった東京ファッションウィーク。さて、アマゾンはどんな新しくて進歩した(?)ファッションウィークを開催してくれたのか?スポンサーが変わるということはとても大きな変化で、一回目だった今回は私も含めみんな、まだ様子を伺っている感じではあるが、アマゾンは準備をしっかりしてノウハウも学び、この一週間にだいぶお金もかけたのではないかと感じた。ただ、大々的に述べられるような大きな変化もなかったような気もする。ということで今日はその分を2017SS 東京ファッションウィークのハイライトについて話す時間に当てたいと思います!

Tokyo Fashion Week said bai-bai to Mercedes and hello to Amazon as the new sponsor, giving us the new and improved (?) Amazon Fashion Week Tokyo. I personally didn’t even fathom an opinion on the new sponsor, they’ve got resources, knowhow, and seem to be willing to sink some money and faith in the week. But in the end it seems they’re taking it slow without much (any?) change on the outside to mention, so it saves us some talking space and we can go straight into the best fashion moments of Tokyo Fashion Week 2017 SS.

grandmatic 1

LOCATION: Sendagaya, Tokyo
TIME: 16:10
THEME: Granmatic-ally Correct ~ジュエリーの価値は値段だけじゃないもの~

世界の大富豪で、私のミューズでもあるDaphne Guinnessが、ジュエリーについて語っている。”ジュエリーは本物じゃなくても価値があるものだから。”…

One of the richest women in the world (and my muse) Daphne Guinness said; “Jewelry doesn’t have to be real to make a statement.”…

chika-kisada-ss2017-25

人は見かけで判断できない。日本ではそう感じる機会がすごく多い。

真っ黒のモードな服を着ていても、中身はすごく明るくて社交的な人もいれば、デコラ系ファッションを着ていても、実はダークでディープなカルチャーが大好きな人もいる。同じ系統のファッション同士でつるんでばかりでもなく、ファッションの垣根を超えてコミュニケーションの橋がかけられる。

Chika Kisada (とRekisamiの) デザイナー、Kisadaさんは、パンクとバレエを融合するということをブランドコンセプトにかかげ、コレクションを作り続けてきた。

そして2017春夏コレクションでもそれは、美しく優雅でありながら、激しさもある「強いエレガンス」を見せつけている。

Judging people upon a glance is not easy. I find it’s even more difficult in Japan, where people don’t really make their true colors obvious.

For example, there are people in head to toe black, but in fact they’re very bright and sociable. Then there are girls and boys in colorful childlike clothing who are into the deepest darkest subcultures. Fashion is certainly a way to build likeminded communities, but not everyone wants to hang out with people who look just like them. Instead, fashion can be a bridge to other genres and points of view.

Rekisami (and Chika Kisada) designer Chika Kisada has been designing clothes as a veteran ballet dancer, but with a punk spirit (she woman herself has had some major ink done and she doesn’t hide it. “I don’t think I could ever be a ballerina with the tattoo now right?!” She laughed. I think she totally should). And the 2017 SS collection is a pitch perfect blend of elegant finishes and rusty edges.

chika kisada 2017ss collection

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-15-43-44

ビンテージスタイルが台頭しているここ最近のファッションシーン。そのなかに密かに流れている異質なムードに気づいた。…”近未来”。Kota Okudaさんのサテライトアクセサリはただ単に”未来感”だけじゃない。そこにあるのはなんなのか?

While fashion trends have been taking us to a myriad of eras with a pastiche of pretty vintage styles recently, there’s only one period which serves as a true constant in our fashion oeuvre.: the near-future. Kota Okuda’s satellite accessories aren’t bringing us the future per se, but rather the idea that the future is still out there to be discovered.

kotaokuda its collection

img_9185

ファッション業界で当たり前のように使われてるベーシックな用語。中には今さら聞けないー!なんてものもありますよね。

ファッションに興味がある方、トレンドファッションを着る方、お買い物大好きな方、、

ファッションの話をしている時によく出てくるけど、実際意味がよくわからないって単語ありませんか?例えば、ファッションウィークとは何か?実際、業界で働いている人でも具体的に意味を聞かれると分からない”一般常識”がファッション界にはいくつもある。

ファッションウィークについては、私が想像もしなかったような、本来の意味と全く違う解釈をしていたという話も聞いたことがある。

「ファッションウィークって、ブランドが各国をショーをしながら回るツアーみたいなものでしょ?」

いいえ、違います。でも、単語だけ聞いていたらそういう勘違いが起きることは、すごくよくわかる

こういう勘違いは誰にでも起こりうることだ。私は建築や音楽が大好きだけど、すべての専門用語を理解しているわけじゃない。話の途中で”ブルタリストアーキテクチャー”なんて単語が出たら、話を止めてそれどういう意味?って聞かないと分からない。最近も、EPアルバムの”EP”の意味がわからなかったけど、ミニアルバムって意味だと学んだ!

そこで今日は、デザイナーの頭にアイデアが浮かんでからみなさんのクローゼットに届くまでの道のりで、とても基本的、または大切な用語を解説したいと思う。 オフスケジュールとか、プレミアビジョンとか…。

”〜〜”もわからない。とか、”〜〜”もよく勘違いされるね、って方はぜひ、ツイッターかフェイスブックかテレパシーでミーシャに教えてね!もしくはここにコメントしてくれても。

 

So you have an interest in fashion, or you like to wear trendy clothes, or like to go shopping.

But are you still confused about some things or terms that pop up all the time when talking about fashion? For example, can you describe what “fashion week” means? In fact, even some people who work in fashion don’t even know the absolute basics of fashion. For example, I`ve heard this strange explanation of “Fashion Week” from some people throughout my career:

“Fashion Week is when the brands travel to different cities and put on a show in each one, right?”

This isn’t correct, but I can completely understand that that’s how it may seem from the outside.

It happens to all of us. I really love architecture and music, but I don’t know all of their special terms. I had to stop someone mid-conversation to ask what “brutalist architecture” meant (note: I thought it was when you went inside, it crumbled around you like a deathtrap. Maybe I was imagining Fatalist Architecture?). And I only recently learned what the “EP” in an “EP album” in music meant (It means a mini album! Wow!).

So here is a list of super basic fashion terms as well as some that are super important to getting fashion from a designer’s brain and into your closet. Like “toile”, and “Premiere Vision”.

This list could get really long so I just picked my favorites, but if you are curious about a fashion term or have one to add, then let me know by twitter or facebook or or telepathy, or you could just comment if that’s how you roll.

screenshot-2016-10-15-00-09-53

自分のと違う文化に身を浸すと、新しい発見や刺激、トラブルにでもあう度、どうにか声をあげたくなる。それがクリエイティブな人間だとするとさらにその意欲が高まる。溜まったのをファッションや記事を通して発散している私はこのブログという箱があってとてもありがたく思います。ただ、ファッションに絞られず、色々観察・感じいていることがあるので、そういうのを8ヶ月前から始まったz-tokyoのコラムに投稿しています。z-tokyoはクールな東京のではなく、”ネオ東京”というスタンスで面白い、リアルな東京をバイリンガルで紹介しているオンラインメディア。この8ヶ月間アップしてきた記事をみなさんに紹介したく、ここにあげます。あなたには新しい発見があるかもしれない。。。

※PC版は英語・日本語並べている構成になっているが、モバイルはENGLISH→JAPANESEのボタンを好きにトグルして、お読みください

Being immersed in a different culture with a creative-leaning personality leads one wanting desperately to find an expressive outlet. I found mine in fashion and writing, which I do on this blog. But my life doesn’t revolve around fashion 24/7 and there are other aspects of this life in Japan that are fun to prod and ponder. And so I`ve been penning a bilingual column for Japanese online media Z-Tokyo (“zed-tokyo”) for 8 months now. It focuses on the grittier side of our fair city, not the cool side *cough* but the Neo side. I thought I would share these essays here, in case you missed them and/or want some bathroom reading material…

*On PC the layout has Jp-Eng side by side, but on the mobile site you will need to toggle Eng to Jp or vice versa by clicking the relevant button.