Eri Maki Sox newest shirt socks エリマキソックスより膝丈と新柄が登場!

Everyone’s favorite shirt-socks (the only shirt socks?) are back!  These are the ones that went viral when they debuted in Tokyo this year, and every new iteration brings on a steamroll of fans. And this time they come with more personality than ever. Check out the dalmation print in a knee-high design, the first of続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here

City Surfing with G.V.G.V 2015 Spring Summer ジーヴィージーヴィー 2015年春夏のシティ サーフ

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

Back in Paris, which already feels like years ago… but more like a week, I got to see a number of exhibitions of upcoming Japanese brands in the back-widing alleyways of the Le Marais district. Brands like Divka, mame, and GVGV show their collections to the best buyers in the world, and their Tokyo-born status続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here

後編「パクリのパラダイス」になりつつある原宿?Part 3. Harajuku: Turning into Pakuri (knockoff) Paradise?

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

ファッション界で横行するコピーの数々は解決困難な状況の難題であることは言うまでもない。メディアや普段の会話で取り沙汰されるのは、海外の問題になりがちだけれど(工場が日本ではなく外国)、今回取り上げている”コピー製品”は決して観光客のためのおみやげとして作られている訳ではないし、実際に日本でコピーグッズを購入しているのもまた悲しい事に、日本の国民なのだ。これをふまえると、なにが起こっていてその結果どんなことになっているのか、これを私たち消費者が知る事から第一歩は始まるのかもしれないと考える。パート1では、原宿で繰り広げられるコピーカルチャーの流行について、パート2では実際に被害にあっているデザイナーたちと何かと影の多いローカルファッションシーンについて触れてました。そしてこのパート3では未来を見据えたいくつかの解決策を考えていきます。そこで大きな疑問が浮かび上がる。”コピーカルチャーはこのまま拡大し続けるのか?” “解決への一歩を踏み出すのは消費者かブランドか?” ”小さなブランドが反撃できるような術は日本にあるのか?” さらに、”みなさんが買おうとしている商品がコピーなのかそうじゃないのか知る方法はあるのか?もしかしたら、最新テクノロジーがその手助けになるかもしれない。 Copying in fashion is obviously a global conundrum. In the media and in local conversation it is often relegated to being an overseas problem (“the factories are overseas, not in Japan”). But there is no doubt that the copied goods are not produced to be souvenirs for tourists, and the majority続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here

Lad Musician meets The Velvet Underground 2014-15 AW ベルベットアンダーグラウンド対ラッドミュージシャン秋冬2014-15

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

  Lad Musician takes it’s relation to music seriously, in the way that people consider it a lifeline when down in the depths- LM too cops itself a lifeline to the same crowd with inspirations that “the eye can’t see”. This mix of fashion and sound has carried the brand for almost 20 years. Inspired続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here

You MUST know: Mintdesigns AW 2014-15 世界が知るべきミントデザインズ。秋冬2014-15年アナーキー。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

Just this week, Japanese brand ANREALAGE wowed the fashion industry with their debut on the Paris Fashion Week schedule. After speaking to some international press, a general consensus was that is was of course, “Amazing”, but they also wondered what other brand from Japan is also worthy of being brought into the limelight. That of続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here

メイクアップフォーエバー30周年記念をパリコレで開催!Make Up For Ever 30th Anniversary with Kenzo, Pucci

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

ファッションが自分自身の世界観をつくるのにとても重要な役割を担うように、メイクアップもまた大切な要素。ミーシャはハードコアなファッションムードのときに Make Up For Everというブランドの黒やオレンジのリップを使っているよ。この”ファッション”コスメティックブランドは世界でトップを争うブランド。なぜなら、数多くのファッション界やエンターテインメント業界のメイクのプロフェッショナルに愛用されているから。 今LVMHの一員となったこのブランド。創設者でありメイクアップアーティストのDany Sanzはメイクアップ界の革命児。ファッション界でいうコムデギャルソンのようで、業界にはDanyスタイルの作品がたくさんあるのだ。ミーシャは今回、パリでファッションウィーク中に開かれたこのブランドの30周年パーティに招待していただいた。また、ヨーロッパの”ハリウッド”といわれるところにも足を運んだ。そこでちょっと意外なサプライズが…。 ”ファッションはあう意味アートだ” に共感するみなさん、メイクアップだってそうなのですね(男性にも特別なメッセージある!↓↓ )さて、先へ… As much as I believe fashion is an utmost important factor in creating your own unique world and persona, there’s a LOT to be said about how makeup helps us get there. And the Make Up For Ever brand- which I use when I am in続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here