jsg shop girl

JSG shop girl says “be like me!”

On the next episode of Kawaii International TV we had three of Japan’s top clothing shop sales assistants on the show to talk about about their fame and fortune.

…?!????! Sales girls have fame and fortune??!

More than you could imagine, in Japan.

次回放送のカワイイ・インターナショナルの収録を先日終えてきたのですが、今回は東京のショップガール達にフィーチャーし彼女達がいかにして今の名声と運を手に入れたかということについて迫っている。

おっと、その前に。海外にいる方もしくは海外から来た方にはすこし注釈がいるかもしれません。

日本では、海外のどんな国とも比べ物にならないくらいこのショップガール達が大きな力を持っているのです。

one-spo girls

Girls of one-spo in 109

Just think; you start a part-time job at a trendy store like Urban Outfitters in the mall. You start a blog dedicated to snapping yourself in outfits from the store, and letting your readers know about sales, new items and other special deals. You have great posing and your style is always on-pitch. Next thing you know you’re designing limited pieces for the store which sell like hotcakes thanks to your dedicated fan base, then you are whisked away from Urban Outfitters. Your customers come in looking for you but you are MIA. Then you announce you have been stripped of your sales duties and are given YOUR OWN brand, like LottaChicMuch or something,  which you are now the creative director for. BOOM! BAM! You’re a designer, then you model for magazines, walk in runway shows, life is GOOD when you’re a hot Japanese sales girl. If that were a viable outcome you’d be ALL OVER working retail, right?

Instead “retail” is one of the most hated jobs in the Western World. Ugh, I cringe at the memories…

例えばアメリカでは到底想像もつかないかもしれないが、日本では人気のトレンドショップで働いているということは即ち、その店で売られている洋服を使ったコーディネートで個性を披露し、全身写真を撮ってブログにあげ、新着アイテムがあればすぐさまファンの子達にお知らせするということ。お店では常にパーフェクトな出で立ちとポージング。そしてそれが継続していけばそのうちショップ限定のアイテムのデザインをさせてもらえるかもしれない。そうしてある日、ファンの子がお店に来ると忽然と姿を消している。どうしたものかと思えば、ある日自分の名前を冠したブランドと共にまたみんなの前に戻ってくる。もちろん全員がそうなわけでは無いが、日本でショップの販売員というのは運良くすればいずれか自分のブランドを持つことが出来るまでになるのだ。

その一方でアメリカでは販売員は最も嫌われる業種の一つになっている。

 new york times

An article about the trend of shop girls in Japan from 2000 in the New York Times newspaper.
2000年にNYタイムズ新聞で掲載された記事でショップスタッフのトレンドが報道された 

Not in Japan. In Japan, you better be HOT STUFF to be able to work retail…and if you are, you could be a superstar.

This is not hyperbole, this is the culture of shop girls in Japan. Specifically, the Shibuya-based ones like in 109, as they have the power of fast-fashion to produce new lines quickly and sell a lot of stock.

Think of superstars like Ena Matsumoto (the face of EMODA), Nao Nakaba (Laguna Moon), Momoko Ogihara (MURUA) for Shibuya. They are bona-fide celebrities and who knows, they could go on to become actresses or singers easily.

Think of BIBA in swinging London…Anna Wintour was working there and many others who became popular just by being associated with the store. After that, it’s tough to find any retail-to-riches success stories.

しつこいようだが、日本で人気のショップで働くショップスタッフは即ち、ストリートのスーパースターなのだ。

この傾向が特に強いのは109などの渋谷系ブランド。やはりこれには、支持者であるギャル達の総人口とトレンドに対する敏感さが影響しているものと思われる。

具体的な例を挙げるとすれば、EMODAの顔マツモト エナやJouetieのアミアヤ、MURUAのオギハラ モモコなどがいるが、彼女達は既にこの先の例の最終地点まで到達しており、次のステップとして例えば女優や歌手活動を選んだとしても、いともたやすくなれることだろう。

歴史を遡ってみれば60年代イギリス、当時のスウィンギングロンドンの象徴とも言うべきショップのBIBAでは、今やファッション界の頂点に君臨するVOGUE USのアナ・ウィンターの若き姿を見ることが出来た。しかしこれを除いてショップで働くセールスアシスタントスタッフがこれほどまで成功した例は、それより後にも先にも見当たらない。

 ena matsumoto emoda shop girl

Shop girl turned superstar, Ena Matsumoto 

murua-kate-2

Murua’s Momoko even wroked with superstylist Kate Lamphear

For Harajuku style, the girls who get famous at shops for their style don’t get nearly the benefits of a Shibuya girl. They may be asked to be in magazines and appear at luxury brands’ parties and get gifts, however they don’t usually become full-time models, designers or actresses (maybe we’ll see it happen this generation? Look what happened to Kyary Pamyu Pamyu who was too young to have started out as a shop girl before getting famous).

We have U and Reico Bunny of FALINE, Coi at BUBBLES, Momo and Juria at Avantgarde, Hirari at DOG, ENO at Galaxxxy, Kaori at Grimoire, Kanami at CANDY, Fuyuri at Sister, Tavuchi at SPANK!, new face Yui at Kotobuki, Yuri at Nude Trump and Vani at 6% DokiDoki.

ところ変わって現代の原宿。先の渋谷ほどの分かりやすい恩恵を受けている例はそれほど多くはないが、原宿で人気トップのショップで働く女の子達はしばしばモデルとして雑誌にてフィーチャーされ、名だたるラグジュアリーブランドのパーティーに招かれ、贈り物の山を受け取ることになる。

こちらの例としては、ファリーンのUやレイコバニー、BubblesのCoiちゃんにAvantgardeのMomoやJuria、DOGのヒラリにGalaxxxyのeno、GrimoireのKaoriにCandyのカナミSisterのフユリとMimu、Spank!のタヴチさん、そしてNude Trumpのユリや6% Doki DokiのVaniなど枚挙に暇がない。

U from falineU from Faline 

Reico Bunny form faline

Reico Bunny from Faline

coi from bubbles

Coi from Bubbles

 momo of avantgarde

juria

Momo and Juria from Avantgarde

hirari from DOG

Hirari from DOG

eno from galaxxxy

Eno from Galaxxxy. Photo by Mami Tanabe.

yuri matsumoto nude trump

Yuri Matsumoto from Nude Trump

tavuchi of spank

Tavuchi of Spank!

kaori gromoire

Kaori of Grimoire

fuyuri of sister

Fuyuri and Yuka of Sister

kanemi CANDY

Kanami (left) of CANDY

vani from dokidoki

Vani from 6%DokiDoki

For the Kawaii International TV show, the three guests were Mika from 109 gyaru brand RIENDA, Ayano from “princess gyaru” brand La Pafait at O1O1 in Shinjuku and Ainyan from WC in Shibuya. These brands are totally out of my scope of expertise so it was fascinating to hear their stories. For example, some of the incredible things they get asked or now ask potential sales girls at job interviews, and even what a girl who wants to work at 6% DokiDoki has to go through to get the job (let’s just say you better have some rhythm!!). And you’re competing against hundreds of other wannabe shop girls for the same store a MONTH.

When I first started studying at Bunka Fashion College my American sempai was working at 109 as a part-time job and her customers would come up to say hi to her while we’d be shopping in Shinjuku. I was so taken aback..”You’re FAMOUS!” I said. Yeah, in way…definitely.

So check out the show and find out more about this particular (and particularly peculiar) side of Japanese fashion.

 

今回カワイイ・インターナショナルの収録で招いたのは、109ブランドRiendaのMikaさんとマルイのプリンセス系ブランドPafaitのAyakoさん、そしてWCのAinyan。今まであまり接してこなかったブランドやお店の方達ばかりだったので凄く興味深い話を伺うことが出来ました。例えば、6% Doki Dokiのショップスタッフになるための想像を絶する過酷なオーディションの話など…(ちょっとだけお教えしておくと、リズム感をつけた方がいいってこと!)

そして私が文化の生徒だった時にアメリカ人の先輩が109で働いていたのだが、彼女のもとには時折お店のファンの子が駆け寄って来たりしていたものだ。その時の私は何となくで“すご~い有名人!”なんて茶化していたものだが、実際に彼女は有名人だったのだ。

このことについてもっと深く知りたいという方は是非放送を見て下さい

 kawaii international

Left: Mari Sekine, Melody Yohko, Misha Janette, Akira, Mika Shindate, Ayano, Ainyan 

Also, this isn’t a shop girl, this is AKIRA who is a girl but looks like a “bishounen” or pretty boy and has become super popular with a certain set for her kimono-mix fashion. She also appears on the episode and I just think she’s pretty awesome so here’s a pic.

最後に、こちらはショップ”ガール“では無いのですが、今回の収録に参加して下さったこのアキラという名の美少年風の女の子(!)は、着物をミックスした独自のスタイルで注目を浴びている人物。彼女の画像をいくつかピックしてみたのでこちらを見ながら放送を楽しみに待っていて下さい!

 

misha and kira

 

番組名:NHK WORLD 「Kawaii International #4」

July 28, 29th (Sat & Sun JAPAN TIME!!)

7/28 8:10 12:10 16:10 20:10
7/29 0:10 04:10(Japan Time)

STREAMED REAL-TIME ONLY: http://www.nhk.or.jp/nhkworld/index.html

放送日 7月28日 8:10 12:10 16:10 20:10
29日 0:10 04:10(JST 日本時間)

7月28日 0:10: 04:10 8:10 12:10 16:10 20:10
(GST グリニッジ標準時)

ストリーミングページ:http://www.nhk.or.jp/nhkworld/index.html

内容:今回はカリスマショップ店員をゲストに招き、世界でも類をみない
日本の「ショップ店員」の幅広い活動や採用現場などの舞台裏までを紹介。
またボーイズファッションで人気を博しているモデルで音楽家・AKIRAさんが
審査員をつとめたコンテストの受賞者を発表。
加えて、カリスマメイキャップアーティスト・双木昭夫さんのドーリメイク講座や
カワイイの現場で活躍する人達をフォトジェニックに紹介する
TokyoPhotoBookなど盛りだくさんの内容でお届けします。

詳細は Kawaii International ホームページで。
http://www.nhk.or.jp/kawaii-i/

facebook kawaii.iでは出演者の皆様と番組情報を随時お届けしています。
https://www.facebook.com/

 

misha janette kawaii international

I don’t think I would do very well as a shop girl… it would annoy me to have to wear the same brand all the time (haha). Case in point, I`m wearing:

時に私はショップガールに向いていないと言い切れる自信がある。ファッションに対してのスタンスがあまりに短気過ぎるから。同じショップやブランドを代表するというのはなかなか大変なこと。リスペクト!

そんな短気な私の今回のコーディネートはこんな感じ。超ごちゃまぜ!

Hat bought on Takeshita-dori
“Daphne” wig by Plumb
Dress by Sleeping Pills
Necklace by ZAORICK*
Necklace from DOG
Miu-Miu belt
Bracelet is YSL
Tights from Harajuku and pink ones from American Apparel
Shoes I bought in Florence, Italy

zaorick at candy

ZAORICK at CANDY

Lastly, I am also a guest on the Music show “J-Melo” hosted by May-J where I talk about the “KIMO-KAWAII” (gross cute) style that’s really popular now as a host representing KAWAII Intl. I had some ZAORICK (above) pieces on me for it, including the choker above, and this crazy insane ring (“That’s not cute, that’s just gross” said someone from the studio. HEY! I think it’s cool! )

そしてそして、またちょっと話がかわりますが、NHK国際で放送されている音楽J-POPS番組J-meloでKawaii TV Intlの代表としてゲスト出演させていただき、そこでは今ははやりの「きもかわいい」トレンドを紹介しました。ZAORICK(上載)のリングとチョーカーを持って、みんなにびっくりさせました。ww BSで国内放送もあるので、是非みててください!

J-Melo (J-pops Music Show):

7/28 (sat) at 2:15 am on NHK BS Premium

●国内放送 7/28(土)深夜26:15~ (日曜未明) BSプレミアム

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー