レトロ調とバロック調のクラッシュ。MOO PIYASOMBATKUのサングラス デビュー。

rose lense by moo piyasombatkul

 

I`m talking about sunglasses here. I don’t pretend to understand them much, really..or I suppose, the celebration around every new pair that comes out. But as it goes they, along with perfume, are what make the industry go ’round. Like KA-CHING. But c’mon kiddies…they’re plastic.

I wear sunglasses for every day of my life now. I have such sensitive eyes that I can’t put my laundry out to dry on my balcony without causing tears to stream down my face from the pain of meanie UV rays. But still, I have exactly two pairs of sunglasses.

1. Is a pair of YSLs, that I bought in memoriam of Monsieur Laurent two weeks after he passed away in 2007 (ok, so really I was in layover at the Vancouver, CA airport and saw them at duty-free and just thought the latticework on the arms was just DIVINE. RIP be damned.). 2. I bought at Forever21 on a day I forgot my regulars for 6 bucks. They have the PERFECT frame shape for my face….I wear them all the time now.

So I already have one pair of sunglasses too many. Why would I need any more, I thought? Oh, my poppy…I do, I do. I caught wind this line, as seen above.

Baroque….adornment….

PRADA baroques?

サングラス話をしましょう。正直、「サングラス」にかかわる盛り上りがよく分からない。毎回毎回新しいモデルがリリースするとものすごいプッシュされる、とか。サングラスでそんなにワクワクできるものかしら?と。でも絶対わかるのは、サングラスの売り上げによって(香水もね)この業界は回っているといっても過言ではないということ。その規模推定¥¥¥¥億円…でも、ただのプラ物でしょ?

かくいう私も、私の目は非常に敏感だから幼い頃から毎日のようにサングラスかけている。洗濯物をバルコニーで生目で干すと涙が出るほどセンシティブ。それでも、サングラスは2個しか持っていない。

1つは、ムッシュYSLが2007年いなくなった2週間後に、モメントとしてYSLサングラスを購入したもの(え・・本当はその頃バンクーバー空港で長いトランジットをした時、免税店で見かけたYSLサングラスは素敵なラティスデザインを施され、気に入っただけだが・・汗)。2つ目は、そのYSLを部屋において出かけちゃった時の非常用のフォーエバー21で600円でかったもの。この子は私の顔とのバランスが抜群だからよくかけている。

これ以上、サングラスはいらないんじゃない?なんて。…でも必要だったの!この新しいサングラスラインに出会ってしまったから!

バロックの装飾に・・・

といえば、プラダ春夏の?

prada minimal baroque sunglasses
(ok fine…I like these too…って正直、この子は好きやけどな〜)

Not.

This line is brand new and helmed by a fresh 2010 Central St. Martins grad., Moo Piyasombatku.

The designer takes used real vintage frames and adorns them with handcrafted 17-18th century baroque embellishments created in ceramic. Each pair is completely original. I have never actually lusted after a pair of sunglasses before this. Oh, and they were picked up by CANDY in Shibuya and online, RIGHT NOW. This store is always on the ball. And these pairs of “SNEAKY”s are rollin’ all over it Looks like gargoyle bones ♥

いや、違います。

2010 年 Central Saint Martins College of Art and Design 卒業後、2011A/W LONDON COLLECTIONにてデビューした「Moo Piyasombatku」。2011A/W デビュー作は 17~18 世紀のバロック芸術からなる建築、彫刻のバロック様式からインスピレーションを受け制作。陶器の様な彫刻的モチーフを VINTAGE のサングラスに装飾したこれらのアイテムは全て1点物!

こんなにサングラスを欲しくなったのは初めてかも。しかもちょうど、CANDYのオンラインスタアでストックしているナウ。オーマイガー。 この「SNEAKY」のモデル、かっこよすぎてぶっ飛んでるわ。ガーゴイルのしっぽ骨みたい♥

moo sunglasses

About 45,000 yen/pair. No official website yet.

約45,000円/1P。オフィシャルHPはまだ・・みたい。汗

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー