ミキオサカベのショーで見たメンズのセーラー服(!)とティアラ(!?)・・言いたいのは?!2012年秋冬東京コレクション。

When I saw the Mikio Sakabe collection on hangers a few days before the show, I saw some pastel sweaters and sailor school uniform skirts and I was a little confused… the pastel sweaters were big, but nothing too unusual that a certain sector of the population wouldn’t wear. But the skirts….I mean, it’s not like a girl couldn’t just go to any uniform shop and pick one up. What was the deal with that?

ミキオ サカベのコレクションは、ショーに先立ってルームスリンクで拝見したのだが、そこに飾られていたのはパステルトーンのスウェットと、セーラー服のスカート。些か困惑してしまう組み合わせだが、それにも増してスウェットは普通の人が着るにはあまりに大き過ぎるサイズで作られているし、セーラー服のスカートだって、こんなの学校に履いていったら直ちに生徒指導の餌食になってしまうような代物ときたら、ますます訳が分からなくなってしまった。
 
 
Ohhhhh, I see. They aren’t for women.
 
そしてショーの当日、ようやく謎が解けた。これ、女の子用じゃないってことね!
 
The Mikio Sakabe show was of sailor schoolgirl uniform inclinations, but the models were all men. And quite handsome, proper ones at that. I mention it because they wore pleated skirts (as cullotes), cardigans with cute anime character faces worked into the knit pattern and a few even had tiaras on. But the styling was so good that it just *worked*. I would be ecstatic to see some cool guys in this clothing on the street because Sakabe just showed us that it works. 

 
今回のミキオ サカベのショーは、女子の制服にインスパイアされたものだったのだが、それを着るモデルは皆男の人。妙に納得してしまうのは、そのモデル達がみんなハンサムだったから。だって、プリーツのキュロットに、アニメキャラが縫い付けられたカーディガンに、ティアラを着けてる子もいたんだから!そしてスタイリングもナイスだった!この着方だったら、ストリートとかでも普通にイケそう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
I posited to my friend Kelly at WWD Japan, “Maybe the blue face signifies getting one’s head dunked in the toilet by bullies?” and she wasn’t buying it as a thing here…
 
Perhaps, the clothes are for women but on men just for the show? But I hope not.  Maybe it just makes sense because the world is ready for it.
 
今回のショーはメンズだけで発表されたけど、ユニセックスっていう解釈をすれば女の子でも着られるんじゃないかと思う。だって今の世の中、ジェンダーフリーが常識でしょ?
 
 
 
 
Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー