マドンナに会えるとこんな気分?・・という憧れのSylvio Giardinaの3次元クチュールに直撃してきた。

sylvio giardina  fwPerhaps if your average designer wanted to create slinky curves, swoops, droops and folds on the body, what would they do?

Drape the fabric, right?

Well, that’s not the only way around silly old physics. Enter another contender for major elegant curves: “Polyethylene foam”. Or to sound more palatable, let’s call it “sculpted cushioning”.

Paris-born and Rome-based brand and designer Sylvia Giardina uses this technique and has mastered it to make it the axis of his brand’s image. “Couture” and “mastered” being keywords here since Sylvio spent 15 years in the high-fashion and couture design industry before starting his own label just one year ago.

I met Sylvio in Milan in February and when it came to up-and-coming brands that I needed to check out, his was on the TOP of my list. I first saw his dresses online and never thought I’d see them up close. They are amazing. They are my rockstars. My Madonna. I was going to meet my Madonna.

Just feast your eyes on these photos of his S/S 2012 collection:

もしあなたがデザイナーだったら、体の曲線に沿って描くカーブをどうやって表現する?

それはもう、ドレープしかないんじゃないかって?

それが、そうでもないらしい。体のラインを際出させ、尚かつこの上なくエレガントに仕上げる技法。具体的には、”ポリエスレン・フォーム”を使用するのだが、もっとファッション用語的に言えば “クッションスカルプチャー”を用いるのだ。

Sylvia Giardinaというパリ生まれ現在ローマ拠点の新星は、この技法を巧みに操りかくなる上はブランドのイメージまで作り上げてしまったのだ。彼はたった1年前のブランド創設以前、15年間もハイファッションとクチュールの世界で生きてきたそうでその精神は自身のブランドにも色濃く反映されており、ハイテク技術を駆使しながらも極めてクチュール的な作品に仕上がっているのだ。

彼にお会いしたのは、今年の2月にミラノに訪問した際。その時既に”期待の新人デザイナー”として紹介されていた彼に、興味を抱かないわけが無い!何故ここまで惹き付けられるのか、彼の2012年春夏コレクションのこ写真をWEB上で発見したとき、ストレートKOで圧倒された。なんと素敵。なんと私のあこがれ。私の”マドンナ”。マドンナに会いに行くくらい刺激的でした。 

見てもらえれば分かるはず。

soft plastic

skirt 2012 ss

blue formal

orange ss 2012The lumps are created with cushioning that Sylvia sculpts by hand and then covers with jersey fabrics. It’s almost as if the pieces were created using a 3D printer… or that they are not even real and I’m just looking at photos of hyper-realistic computer graphics. They appear to be plastic, but are completely soft. A juxtaposition of couture.

Fall/Winter 2012-13 showpieces:

このふくらみは、ポリエセレンの素材を手作業で形成しその上からストレッチジャージー素材で包み込んで作り上げられるそうだ。まるで3Dプリンターで出力したかのような、あるいは最新のスーパーコンピューターの画面で作られたハイパーリアルグラフィックのような立体感。出来上がった作品はプラスチックに見えるだが、実は非常に柔らかい。クチュール術が可能にした矛盾、たまらない。

 

fw 2012

beaded

orbit dress It wasn’t until I got to touch them at the exhibition that I confirmed that they really do look like that! The bumps aren’t as distracting as you would expect, and the designer is fully aware that most women don’t want to add on extra padding to their backsides, so you’ll see that the sculpting ends at the side seams unless balanced well.

I love these dresses’ futuristic and yet elegant fluid shapes, and tangible curves. LOVE. The only thing is that if you wear one you are practically asking people to come up to you and touch and poke….like
*squish squish*. They should come with their own “Do not touch” signs.

そのあまりに立体的なフォルムからは実際の様子が些か伺い知れないものがあるが本物を見てようやく納得。現実も、やっぱりこの立体感だったからだ。

でもこんな洋服着たら体が大きく見えちゃうって?もちろんそこについても気遣いは忘れてません。このクッションはサイドの縫い目までしか入っておらず、バランスをしっかり備えてる作品以外はボリュームを抑えて見せたいバックには影響が無いのだ。

フューチャリスティックでありながら、至極エレガント。流曲線を描くフォルムに、ボディシルエットを美しく見せてくれる構造。もちろん、大好きに決まってる。大好き。本当に、これを着てたら誰にも負けないと思う。触り心地も最強!

 

white basement sylvio showroom

showroom

black beauty

blue tank

swarovski detail

puffy

orbit

gold top

silver sheenThe designer was so gracious and enthusiastic at his exhibit, in the basement of the WHITE tradeshow which is Milan’s biggest during fashion week. He was showing with other edgy upcoming designers, but his collection drew the most interesting characters. Like this girl, who was either a) a blogger herself or b) an assistant to another blogger who came sweeping through with his full entourage.

ミラノファッションウィークでも最も華々しい合同展示会の一画で行われた展示会でデザイナーにもお会いすることが出来たのだが、彼自身本当に礼儀正しくて、情熱的な人だった。他にも注目の若手デザイナーが同時に展示を行っていたのだが、やっぱり一番目を引くのはSylviaの作品。彼の作品に目を奪われたのは私だけでは無かったようで、ブロガーだったか、誰か他のブロガーのアシスタントだったかのこの女の子もメロメロになっていた。

 

customerSylvia is fully aware that his foam designs might be too out there (pun not intended) for the average person, so he takes his curves and flattens them for everyday use as seen in his newest AW 2012
collection. Colors and patterns change, but his signature is staying true.

とはいえ、やっぱりこの立体感、ボリューム感を普段使いで着るのはハードルが高い!と思っていたら、最新の2012年秋冬コレクションでは幾分かボリュームを抑えて作られているよう。
カラーやパターンはシーズンによって変わるが、このシグネチャーはいつまでも色褪せることなく輝いているに違いない!

 

sylvio autumn 2012

jacket

manteauThis is not just the future of design, it is the now of design. And I am excited to be a woman living it. Looking forward to meeting this idol again.

このスーパーコンピューター級のインパクトドレス。しかしこれは何も、遠い未来を描いたものなんかではなく”今”という時代に沿って作られた傑作なのだ。そして、私はこのドレスが紡ぎ出す”今”を生きることにこの上ない期待を抱いている。

次にこのアイドルに再会できるのはいつだろー?

 

sculputure

http://www.sylviogiardina.com

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー