marc-by-12

There have been many debut collections for designers at well-known brands this season, starting in Paris during couture fashion week with Marco Zanini at Schiapparelli, and then this season at NYFW with Stuart Vevers at COACH (ex Loewe) and Jeremy Scott at MOSCHINO. But of all the first turns on the catwalk we’ve seen this season, Marc by Marc Jacobs was the best. We are sad to see him go, but this was fantastic.

今季は、有名ブランドの新就任デザイナーによるデビューコレクションが多数見られた。例えば、パリのクチュールファッションウィークではSchiapparelliの新デザイナーMarco Zanini,そしてこのシーズンニューヨークファッションウィークではStuart veversLoeweからCOACHに移動して、MOSCHINOではJeremy Scottなどなど。だけどその中でも群を抜いた素晴らしいショーを見せたのは、Marc by Marc Jacobsのデザイナー担当を引き継いだLuella BartleyとKatie Hillierだった。

marc-by-9

Jacobs knew the brand needed a revival, a manifest of exuberance and power that he created. So he brought in new designers, who are actually two female Londoners, Luella Bartley and Katie Hillier, and we all know that London is OOZING imagination and exuberance.

MBMJ (before) was kind of seen as a cheapo version of the Marc Jacobs main line, where scrapped ideas for that we’re picked off old drawing boards, and production quality was second-thought. But with this new incarnation I feel that a revolution is afoot. Will this be like Prada and Miu Miu? They are by the same company, but both high quality and each with their own vision and customer. If Marc moves his main line to Paris, it will be even better for the MBMJ brand to establish its identity as a fun NYC brand while the main Marc Jacobs line targets a more prestige clientele.

Marc Jacobs本人は、このブランドが再熱するためには、もっとパワーや活力が必要だということを言ってた。だからこそ、彼は新デザイナーとして二人のロンドン出身のクリエイティブな女性、Luella BartleyKatie Hillierを引っ張ってきた。ロンドンのイマジネーションとみなぎる活力はもちろんみんな想像つくわよね?

MBMJは、以前まではMarc Jacobsのメインラインの値段安めバージョンで、まだ未完成のアイディアがピックアップされて、制作クオリティーが二の次っていう、最近感じた。だけどこの新しいMBMJは、まだまだ可能性を持ちつつ、発展途中でもあるような気がする。もしかしたら、PradaやMiu Miuのようなブランドになるのかな?MBMJと同じ会社の2大ブランドだけど、二つともハイクオリティーだし、自身のビジョンと顧客が存在する。Marcが自分のメインラインの拠点をパリに移動するなら(これも、インタビューで言ってました)、私はMBMJが遊び心のあるニューヨークブランドとしてアイデンティティーを確立させたほうがいいのかもしれない。そうすれば、Marc Jacobsがプレスティージュ系のラグジュアリーブランドの地位を保ちながら、MBMJとの差別化も図れるのだから!

marc-by-19

The debut collection was quite impressionable and loud, but it was the most fun of New York Fashion Week. Inspired by racer culture, like London club kids, BMX-riding ninjas or old Japanese anime like AKIRA, the women on this runway had purpose in their step (er…stomp). The avant garde pieces also looked Japanese, perhaps from the 80s avantgarde era but with some gilded glamour and overt edginess on display.

The socks here are going to be sell-outs for sure… I thought they were Nintendo (Famicon) controllers at first..ha. And even without the moonboots, this brand is headed for higher, cosmic things. The two new designers didn’t just put their stamp on the brand, they’ve stomped it hard and clear.

デビューコレクションは結構印象的かつ主張的だった。だけど、ニューヨークファッションウィークでのショーのほうが断然面白かったわ!レーサー文化にインスパイアされたルックたちは、まるでロンドンのクラブキッズや、BMXを乗り回す忍者・・・もしくは古い日本のアニメ「AKIRA」を彷彿とさせた。アバンギャルドなものは日本テイストでもあったかな。80年代のアバンギャルド時代のイメージだけど、粉飾されたグラマー、エッジーさ・・・!最前列で座ってたマーク本人がショー中、絶えない笑顔で観てた。サクセス!

靴下は即刻完売間違い無しね。初めて見た時はファミコンのコントローラーか何かかと思った(笑)!ムーンブーツがあるにせよないにせよ、このブランドはもっと高く上り詰める、宇宙のような広大無辺の可能性を持つブランドになるための出発点に立った。MBMJ新デザイナ−2人は、ムーンブーツでブランドに足跡をつけたのではなく、むしろ踏みつけてステップアップさせたのだろう

marc-by-4

marc-by-15

 

marc-by-16

marc-by-10

marc-by-9

marc-by-3

marc-by-5

marc-by-11

marc-by-17

marc-by-18

marc-by-6

marc-by-7

marc-by-13

marc-by-20

marc-by-14

marc-by-8

marc-by-2

marc-by-1

-Misha Janette
-Lisa Ishiwata