アンチークの写真で50話もの空想なストーリーを作ってコレクションに込めたマメ2013年春夏をレポート。

mame_2013ss_23

Touted by me as the master of “Gundam” couture with her geometric plastic bags and accessories, mame is actually a growing successful casual-wear label that defied all obstacles to become scalding-hot property in Japan. But perhaps it’s less luck and more that the ex-Issey Miyake designer is both a commercial and artistic genius, knowing exactly what is needed to make asian women tick in comfort and titillation. The designer is Maiko Kurogouchi but everyone calls her by her brand’s name “mame” (“bean”). In a small body with a cute demeanor and magazine-ready face, you want to wrap her in a furoshiki cloth and take her home with you and plant in your windowsill. Think of a Japanese Alber Elbaz; just as self-deprecating and modern but… much more petite. 

私がガンダムシックと勝手に命名している、繊細なカットワークが光る塩ビ素材のバッグ。以前にも何度かこのブログで紹介しているmameというブランドはこのシグネチャーであるバッグがあまりに有名だが、ここ最近このブランドが更なる進化を遂げているということで改めて紹介したいと思います。デザイナーはもはやお馴染み、その小柄で可愛らしいルックスから“マメちゃん”の愛称で親しまれている黒子内 まいこ。Issey Miyakeで働いていた彼女が、自身のブランドを立ち上げてからというもの、冒頭のバッグなどのアクセサリーと共に一躍間に時の人となった。そんな彼女の作品は小物からカジュアルウェアに至るまで、デザイン性もさることながらその卓越した技術で多くの業界人を虜にしてきた。そして今回注目したいのが、このカジュアルウェア。

Screen shot 2013-01-10 at 10.51.48 PM

I am proud owner of four Mame pieces above…including the neon yellow clutch which I take to every party!
私は上載のマメ作品4点持っています〜あのネオンクラッチもね、パーティーに欠かさない宝物!

misha mame

Black mame purse

mame-clutch 

For her newest 2013 collection, she did something quite unique… she picked up a box of antique photographs from a furniture store and chose 50 of them to base her collection on. For each photograph she concocted a story, going so far as to name her characters and define their personalities. Then she made 1 piece inspired by that story…like a reverse exorcism…she instead possessed her collection with the memories of the photographs. Creepy-cool.

2013年春夏シーズンで彼女が発表したコレクションは、家具屋で売っていた古い写真を無作為に50枚選び、その写真からインスピレーションを受け洋服に落とし込んだというとてもユニークなものだった。つまり、一着一着にそのイメージソースとなった写真とリンクしたストーリーがつけられているということだ。もちろんこのストーリーというのは、彼女の想像の中で作られたものなのだが。

mame-2013-ss-4

mame-2013-1

The story of Robert, 29 from 1943

“Father, Mother, thank you for making me a woman”

例えばこの作品のインスピレーションソースはこの写真の男性。彼女はこの男性に1943年当時29歳だったロバートという人だという設定をつけた。
そしてロバートは一言、”父さん、母さん、僕を女の子にしてくれてありがとう”と言っているそうだ。

 

And here is the dress she based off of it. it even has a dark, children of the corn feel to it, no?

 

 

mame_2013ss_31

mame-2013-ss-2

Norman, 38

“I will never give up Marion. I can raise her on my own.”

こちらはノーマンさん、38歳。 
“Marionはわたさねぇぞ、オレ一人で育てられるんだ”

mame-2013-ss-3

mame’s personal favorite was this one, telling the story of a mother who is going to let her daughter leave the countryside and move into the city to follow her dreams. Perhaps it is relevant to mame’s life…

他に、マメちゃんが選ぶお気に入りのピースはこちら。この写真に写っている母親は、娘の夢を叶えさせてやる為に田舎から都会にこの時まさに送り出しているそうだ。もしかして、このストーリーマメちゃん自身にも経験があったりして?

カタログをみると、さわやかながらも、アンチークの写真のようにどこかダークな空間も感じられるのはすごくクール。

mame_2013ss_01

mame_2013ss_06

mame_2013ss_09

mame_2013ss_12

mame_2013ss_13

mame_2013ss_15

mame_2013ss_21

mame_2013ss_26

mame_2013ss_29

mame_2013ss_33

mame will be holding a pre-sale (trunk show) for her 2013 ss collection on the 3rd floor at Isetan right now, so if you’re in Tokyo you can make sure to get what you want from the collection (instead of letting a store buyer choose for you what goes in stores.)

これらのコレクションが、近日新宿伊勢丹の3階にて一般公開の受注販売会にて販売される予定とのことで、これは絶対に見逃せません!ラインナップが豊富な今回は特に、自分のお気に入りのピースがショップに入荷するとは限らないので是非期間中足を運んでみて下さい!

 

mame HP