lula-magazine-japan-4

Normally, when a foreign fashion magazine announces plans to set up a localized version in Japan, it’s cause for celebration. But the announcement of a Japanese version of “girlie” culture UK magazine Lula getting released this fall is actually bringing some furrowed brows along with it. Why would a country which *thrives* on girlie culture as Japan does, have anything glum to express? Perhaps its because most Japanese versions of foreign mags means death…

普通、海外のファッション雑誌が日本バージョンを制作すると発表すると、みんなに歓迎される。だけど、今回イギリスの「Lula」がガーリーファッションを主題にして日本進出する発表に対して、しかめ面を向ける人が多いという異例の現象が起きている。ガーリーファッションがとっても盛んな日本で、なぜLulaの日本進出への反応がしけているのか?それはもしかしたら、海外雑誌が日本へ進出してくるということ自体が、死を意味するからかもしれない。

つまり、「雑誌が死ぬ」ということ。

lula-magazine-japan-9

lula-magazine-japan-11

lula-magazine-japan-12

All editorials from Lula mag

..that is to say, the death of that magazine as you know it. “Mode” foreign magazines are much less so than their Japanese counterparts. So it goes to predict that Lula, which already has a large fanbase here even in it’s native English text, would be a bit concerned. Even so, people are clearly excited for it. See the numbers from my tweet:

日本で発刊される海外モード雑誌は、西洋のものと比べて骨抜きにされることが多い。Lulaには英語版のままでも読みたいというファンが日本にすでに存在しているため、「原作」と違うということが起きる不安が彼らにはあるのだろう。それでも、楽しみにしている人はいると思うけどね。

私のツイート、ファボとRTが半端ない:

Screen shot 2014-02-19 at 11.34.46 PM

 

Yes, and in that tweet is another concern that we are already hitting the peak of girlie-dom in Japan. After mori (“forest”) girl, kawaii anarchy-kei girl, fairy-kei girl, 80s spank girl and now the akiba idols and maids, could it possibly get any girlier?? I personally am serisouly experiencing girlie burnout (as you can see in my all-black looks lately).

What we can look forward to is some more adult-oriented girlieness, hopefully retaining the sweet-raunchy taste of the original UK magazine. Japan is stigmatized with the petulant lolita fetish image from the men, and many women here want to be “naive, innocent” pre pubescent teens forever a la virginal Neverland, but what about the rest of us?

日本はもしかしたらガーリーの飽和状態を迎えてしまった。森ガール、カワイイアナーキー系ガール、フェアリー系ガール、そして秋葉アイドルやメイドなど、もうこれ以上ガーリーになり得るのか?と。個人的には、もうガーリー旋風は燃え尽きてしまった感じだわ。(私の黒づくめコーデを見て気づいてる人もいるとおもうけど)

では、また日本に到着する新たなガーリー雑誌に何を期待出来るか?出来れば、もっと大人っぽいフェミニンさや、イギリス雑誌らしいちょっとダークでセクシーな甘さを見たいもの。ロリータフェチの男性や、ネバーランドに永遠に居続けたい10代ガールズたちがいるのは百も承知だけど、じゃあその他の人たちはどうすれば?って話。

lula-magazine-japan lula-magazine-japan-10 lula-magazine-japan-8

lula-magazine-japan-7

lula-magazine-japan-2

The Lula Japan magazine is said to be targeting women in their late 20s to mid-30s. That would be me. And when I think of “girlie” for people like myself, I admit I conjure up images more along the lines of pin-up Agent Provacateur ads. Or even my favorite fashion editorial of all time, featuring Gemma Ward playing with Barbie dolls in Vogue Paris. Here’s hoping a feminine but cool “Lula” will be the next girlie trend.  What do you think? What’s your ideal “girlie”?

「ルラ ジャパン」は、20代後半、30代半ばぐらいまでの女性をターゲットにするらしいけど、まさにこのミーシャの世代だ。この歳になると、ただ”甘い”というより、激的なガールの方がピンと来る。ミーシャから言わせると、たとえばAgent Provacateurのピンナップガールの広告だったり、もっとも好きなファッションページのVOGUEパリのジェマーワード出演のものだったり。フェミニンだけどクールなガーリートレンドがこの雑誌から生まれ、「Lula系」と名付けられることを願って止まない。それが自分的に理想な「ガーリー」なんだけど、みなさんなら、どういうガーリーが好き?

lula-magazine-japan-13

lula-magazine-japan-14

lula-magazine-japan-15

lula-magazine-japan-16

lula-magazine-japan-20

-Misha Janette
-Lisa Ishiwata