LIVING IN THE 2.5 DIMENSION LIFE, IN SOEN MAGAZINE EPISODE NO 4: GETTING TWISTY WITH IT. FEATURING RUNURUNU

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

装苑で好評連載中の『ミーシャの2.5次元ライフ』、エピソード4:ワードローブを「ひねて〜ツイスト〜」。ルヌルヌをフィーチャー!

soen-25-dimension-life-ep4

The theme for this episode of “Misha’s 2.5 Dimension Life” column running monthly in SOEN Magazine is “Getting twisty with it”…well, actually, it’s “hineru” which means “twist” in Japanese. The English version is online NOW so check it out.

現在装苑にて毎月連載中のミーシャのコラム、“2.5次元ライフ”。今月のテーマは“ひねる”ということ でいつも以上にひねった内容でお届けしています!(挑戦者は英語版を装苑オンラインで読めます!)

 

PHOTOS BY MAMI TANABE

Screen shot 2013-04-29 at 4.14.12 PM

Runurunu top, FINSK shoes, Tiara by  Tracy Dizon “atom” hat

It’s all about looking at clothing in a different way, for example creating head wraps out of shirts or perhaps wrapping a tie around your waist as a belt. As I was writing, I recalled a story an aquaintance I met here in Tokyo from London she told me: “I was a student in NYC and I wanted to crash a Chanel party but since I didn’t have an invite I just had to pretend I didn’t need one. I also didn’t have anything to wear… so I took a “Chanel” garment bag and wrapped it around my body, sewing and stapling it up as I went. Not only did I get in, but my photo was printed in the NY Post as one of the best dressed!” Well!

I’ve tried using a tablecloth as a dress before, (to a miumiu party, no less) and it takes a little bit of practice. Also make sure you have plenty of brooches or safety pins on your party clutch just in case!

普段着ている洋服を少し違った観点から見てみるということ。具体的には、本来あるべき姿に捕われず自由な感性で着用するということなのですが、例えば普段上半身に着ているシャツを頭の上で巻いてターバンにしてみたり、本来首に巻くはずのネクタイをウエストに巻いてベルトにしたり、というワンポイントアドバイスをしています。これを聞いてそんな突飛なこと、と思ったあなた。世の中にはこんな強者もいることを知っておいてください。ロンドンに住むある女の子のはなし、彼女がニューヨークで学生だったときシャネルのパーティーが開催されたそうで、当時招待状もシャネルの洋服も無かった彼女は、偶然家にあったシャネルのショップ袋を裁断し、即席でドレスにして来場したのだそう。その結果はというと、会場に入れたのはもちろんのことなんと彼女のその姿がベストドレッサーとしてNYポストの表紙を飾ることになったんだとか。
 
かくいう私も、いつだったかテーブルクロスを使って即席ドレスを作ってパーティーに行ったことがあったっけ。私から言えるアドバイスは、この技を人前で繰り出すときはしっかりと折り目がほどけないよう安全ピンで留めておくことと、バランスをとるためにパーティークラッチを合わせるということ。

runurunu 11

Runurunu 2013 SS コレクションはこちら

In the photo for this column I am wearing a top by Japanese brand Runurunu which was on purpose because the brand’s identity is all about twisty shapes and patterns and mixing things up. The whole collection is amazing, check it out above. 

If you come up with any other “wardrobe twists” let me know below, on Twitter, or Facebook!

そして今回のイメージビジュアルに使用したのは、東京から発信される気鋭ブランドRunurunuの洋服。このブランドのシグネチャーである、様々なカラーと素材をミックスさせたピースが今回のテーマをより強調しています。
 
そしてそして、このブログを見てくださっている皆さんの中で、私もこんなひねったファッションしてます!って方は是非是非下記、Twitter又はFacebookに投稿して教えてください!

Screen shot 2013-04-29 at 4.13.54 PM

SOEN Magazine Online

Junior editor: Shunsuke Okabe

READ SOME MORE! | もっと読もう!:

UK FASHION MAG COMPANY SAYS TOKYO IS AWESOME. WE KNEW THAT. SEE THE FEATURE ON STREET STYLE AND SHOP...
UKファッション誌「COMPANY」で世界の9つのクールな都市とブロガーで小ブログを一番一押ししてくれた!東京ファッションダイアリーが語る最...
THIS IS ONE IDOL OK TO BOW DOWN TO. A PRESERVATION FOR TRULY MODE CLOTHING IS AT NEW TOKYO SHOP &quo...
最近街から消えて行くモード服の保全区域はここにあり:東京の新ショップ"IDOL"。 If you are like...
SITTING IN THE DEEP END WITH "THE DARKSIDE ISSUE". MINTDESIGNS 2013 SS TOKYO.
ディープにダークな面を珍しく披露したミントデザインズ2013年春夏コレクション”ザ ダークサイド イシュー” Mintdesigns ...
Getting Excited....Then Disappointed (again) About a Japanese Fashion Magazine....
期待してたら、またがっかりした日本のあのモードファッション誌の状況   Being in Paris has afforded me...

ここまで読んでくれたらシェアやいいねして下さい!レブログも歓迎。Tell me you read to the end! ↓

Pinterest

Leave a reply