切り裂きジャックよりインスピレーションを得た構築的なビニール素材のアクセサリーは無国籍無時代なミックス。JIN OKUMA “THE SIXTH”展はキタコレで開催中

jin okuma at kitakore

 

I immediately recognized Jin Okuma’s work when I saw the flyer for his exhibit next to the register at Kitakore. There aren’t many designers available in Tokyo who make exoskeleton-like headpieces out of transparent vinyl and metallic rivets (but plastic accessories ARE hot in Tokyo now… more on that later).

先日キタコレのGarterに行った際、ふとレジの横を見ると見覚えのある作品が載ったフライヤーが。私には直ちにそれはJin Okumaのものであることが分かった。東京で今空前のブームとなっているプラスティックやメタルのアクセサリー、その二つを組み合わせた特徴的なヘッドピースを製作しているデザイナーは他にほとんどいない。
 
hemlet
 
There is a piece of his at DOG in Harajuku and when I was searching for pieces to style with… I had to ask Convoy, the sales assistant, what this vinyl thing hanging off the wall was. It was a helmet by Jin Okuma, “Pretty cool stuff,” Convoy said. I requested it for my shoot (and it somehow didn’t get in the bag! *sob*). 
 
This is his first big exhibition, and I got to see five full “outfits” made of vinyl and carefully constructed by Okuma. They were dressed on mannequins in the Kitakore gallery upstairs, all facing a wall with a film playing on loop. On the mannequin objects, between the head and neck were video tapes with names scrawled on them. 
 
以前スタイリングの衣装を探しに原宿DOGに行った際にも作品を目にしていたのだが、その時もすぐさま目に飛び込んできてプレスのCONVOYに”何この壁からかかってるクリアのやつ!”と聞いてみた。それこそが、今回のJin Okumaの作品だったのだ。その時のCONVOYはいつもの如く、”あ~あれっしょ?ヤバいっしょ?”とかなんとか言っていたが、実際私の心は鷲掴みされてしまった。
 
彼にとってきちんとしたエキシビションはこれが初。今まで前述のショップなどで置いているものしか見たことがなかったのだが、ついにフルラインで拝見することが出来たのだった。Garterの階段を上がったギャラリーに展示されたマネキンには全て彼の作品が、そして壁側にはスクリーンで映像が流されていた。
 
exhibition
 
“These are the names of five victims of Jack the Ripper,” explained Okuma. The film played behind me, and it was the English-accented voices of different women telling mundane stories of their lives. Unbeknownst to them they would leave the earth in tragic infamy (and be resurrected in Koenji). 
 
Okuma imagined the women as beauties, like otherworldly beings. Perhaps this is how they can don such spacey, futuristic accessories. Perhaps this comes from Okuma’s background as an interior designer rather than a fashion designer. He sells at places like DOG and Candy, but he already has a plan: “It’s not going to be fashion. I think I’m going to quit it.” Qu’elle horreur! 
 
Oh did I mention he’s still a student??
 
展示されたマネキンの首のあたりをよく見ると、何やら人の名前の書いたビデオテープが。彼曰く”それぞれ、切り裂きジャックに殺された5人の人達の名前”なんだそう。その背後のスクリーンでは彼女達と思わしき人達が話すシーンが流れていた。
 
Okumaさんはこの女性達を美の象徴としてイメージし、そこから膨らませたイメージで作品を作っている。このスペイシーでフューチャリスティックな作風は、彼がファッションデザインの先にインテリアデザイナーとして仕事をしていたことが関係しているのだろう。今のところDOGやCandy、Xanaduなどのショップで作品を置いている彼だが、今後の展望については考えがあるようだ。”ファッションとは何か違う形でやっていきたい。だから今のやり方はやめるつもり。”
 
それと、加えて書いておかなければいけないのが、彼がまだ実は学生だということ。すばらしいーー
 
victim
 
victim
 
The vinyl pieces all had their own personalties, much like the women. Some of the headdresses resembled long braided hair while others had short updos. All of the pieces utilize snaps and buttons so they can change shape.
 
これらのビニールの作品はそれぞれ、先の切り裂きジャックの被害者女性達のように個性が溢れている。例えばヘッドピースでいうと、ある作品はロングブレーズのような形なのに対してあるものはショートヘアのような形だったり。しかも留め金の部分は外して別の部分に付け替えられるので、形を変形させることも可能。
 
head piece
 
head piece
 
shoulders
 
 
We talked about the half-life of plastic and vinyl since it only lasts about 2 years. And despite such a short lifespan these handmade items can’t come cheap! Some other plastic-using Tokyo designers include Mame, yesterday’s KiNG, and outofocus. 
 
I have several pieces from mame, and sure enough a bangle I bought two years ago (her first collection) didn’t last. One day I noticed it in my closet broken right in half, and a necklace is turning putrid yellow. I also have an acrylic cuff from lelativement that shrunk and is impossible to wear after several years in my closet. So while vinyl is seriously cool, it must be thought of as an ephemeral fashion item with a short life. About as short as the lives of the women that Jack slayed.
 
そして話題は彼の作品を含む、プラスティックやビニールのアクセサリーの話に。これらのアクセサリーは、2年もすれば傷んでしまうのが現状。しかもMameや昨日のKiNGやoutofocusなどからも分かるように、ハンドメイドで作ることによって価格が高くなることも避けられない。
 
私は2年前にMameのファーストコレクションのバングルを買ったのだが、これも長くは持たなかった。その他にネックレスも持っていたが、こちらも色が黄ばんできてしまう。その他にlelativementで買ったアクリルのカフスも、一度着けたのが最後二回目には使えなくなっていた。これらのように、ビニールのアクセサリーは恐ろしいほどに美しくも、いつまでも使えるものではないということを記憶しておかなければならないのだ。そのことを話していると、それも切り裂きジャックの話と同じだね、と私が思った。まさに!
 
jin okuma the sixth
 
produced by
 
JIN OKUMA EXHIBITION “THE SIXTH”
 2012年9月7日 (金) – 2012年9月16日 (日)

 13:00-21:00
 GARTER / 東京都杉並区高円寺北3-4-13 キタコレビル
 入場無料
 
 
Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー