ジェニーファックス2012年春夏バックステージレポート後半。女子高生ギャングにモップ・・一体何が起ったの?!

threatening

When Yume sent me the DVD of her selections of backstage photos from
fashion week, I quickly flipped through them all. It was the usual
fare…. makeup, hair, rehearsal, lineups, smiling (or bored)
models…
until I came to Jenny Fax. On the runway, we saw sweet dresses and
coquettish girls curtseying in what appeared to be fashion made from
100% pure saccharine. But the backstage revealed that there was a dark
side to this collection as well, and it delves into many, many layers
of Jenny Fax designer Shueh Jen-Fang’s own memories. When you put the
dark side of the backstage together with the cutesy-wootsey outward
performance, you have an edgy, mature collection that delves deeper
into fashion and the human experience of interpreting it than any
other collection during Tokyo Fashion Week I had seen….

It appeared to be some kind of ceremony going on backstage. Was Jen’s sister
the victim of some kind of model cult?! I had NO idea what was going on.
I couldn’t just put these photos up without getting the story straight
from the horse’s mouth, so Jen met me for coffee recently to talk
about her whole collection.

私のお気に入りフォトグラファー、夢ちゃんからバックステージスナップのデータの入ったDVDを送ってもらってチェックしていたのですが大抵は予想通りのバックステージの様子:メイクやヘアに集中するスタッフの方達、リハーサル、ラインナップに、楽しそうにおしゃべりする(もしくは飽き飽きした様子の)モデル達。

そう思っていたら、Jenny Faxの写真になった途端手を止めてしまった。ランウェイでは、フリフリでスイートな、完全に甘ったるいドレスのラインナップが披露されたJenny Faxだがバックステージでは打って変わって、ダークサイドを映し出していた。このダークサイドには、デザイナーShueh Jen Fangの幼少時代の記憶が克明に刻まれている。そしてこの記憶や、デザイナー自身の経験を深くまで掘り下げたこのコレクションは、今回の東京ファッションウィークの中でも最も印象に残るものとなった。ということで、もうちょっと深く私も理解したいと思い、デザイナーのJenに直接会ってお話を聞いてきました!

gang

circle

M: Can I just say that your models looked scary here. One of the girls
was threatening your sister (who flew in from Taiwan to model in the
show) with a mop?! Was this on purpose or was everyone just bored
backstage and playing around?

J: No, it was on purpose. It’s part of the show. I wanted to show a
contrast because when the models are on the runway they look so “nice”
and “pretty” and “perfect”. But backstage, you see this other side of
them and it *isn’t* so pretty… they are actually “bullies”. But you
know, this goes back to my memories of growing up because I was in an
all-girls boarding school and girls at that age can be really, really
MEAN. I was never one who was bullied or who did things to other
people, but when I saw it happening I felt helpless.

M: So you decided to add the bullying element as part of the performance?

J: Yeah, and I originally wanted to do it in the actual catwalk show.

 

M:この写真のモデル、なんか凄く怖く見えるんだけど…まさかこちらのモップを持ってるモデル、あなたのご兄弟をアタックしようとしている??
このバックステージで、みんな別人になってるのは演技?本物?

J:これはわざとなの。この演出も含めたショーだったから。コントラストがあって面白いでしょ?ステージ上ではモデル達はみんなカワイくいいこちゃんのパーフェクトな佇まいなんだけどバックステージでは陰湿なの。はっきり言っちゃえば、これはいじめの現場なの。女の子って、ある年くらいになると凄く嫌なことしたりするでしょ?特に私は台湾ではカトリック系の女子だけの学校だったからよく知っている。私自身は別にいじめられてたわけじゃないし、参加もしたことはないけど常にそういう現場は見ていたし、その度に自分が非力だと痛感していたの。

M:だから今回のショーでも、いじめをパフォーマンスとして取り入れたのね。

J:そう。本当はキャットウォークでやりたかったんだけど。

push

gang up


M: (laugh) Really?? What happened??

J: Well,  my show director…..he’s uh…. (laughs) he’s quite
handsome. He didn’t really understand why the contrast of the pretty
girls with the bullying was important. I was told that maybe since he
was so good-looking that he had never experienced bullying before so
he didn’t get it. I pushed for it really hard! But in the end we
compromised by doing it backstage (laughs).

M: (I’m laughing really, really hard now)…ha,ha,ha….pretty boys
don’t get it. But, so…why your sister???!

J: It all comes back to the talk about this collection being about my
memories…especially from childhood. I dearly love my sister with all
of heart. But when you love someone so much, it can inadvertently veer
towards hate at times. It’s natural….it’s also symbolic.

M: And she was OK with this and went along with it?

J: Um, well…actually she flew into Tokyo just for this show and I
agreed to have her be a model in it as it was kind of a dream for her.
And it was last minute since she was working at her job back home so
it kind of slipped my mind to tell her….

 

M:本当に?(笑) 何て言われたの?

J:ショーのディレクターが、彼がまた、ハンサムなんだけど(笑)、彼が
何で私がそこまでそのコントラストにこだわってるのか理解出来ないって言って。
多分あの人、自分が昔からハンサムでそんな経験無いから、理解出来ないんだと思う。
本気で説得しようとしたんだけど、結局バックステージでやることで落ち着いたってわけ。

M:(暫し爆笑する)…そりゃあいけめんには分からないでしょうね(笑)、それじゃあ、あなたの妹をモデル兼いじめられっ子役にキャスティングしたのは?

J:さっきも言ったけど、このコレクションは私のメモリーが大きく関わっているから、特に小さかった時のメモリーが、その時から妹とはすごく仲が良かったの。でも、愛情ってある一定を超えると憎悪に変わることもあるの。極めて自然なことなんだけど。

M:彼女はこの件に関して快諾してくれた?

J:うーん、実は、このショーの為に日本に呼んだの。昔からモデルになりたがってたし。夢を叶えてあげられるかなって。
台湾では仕事をしているから、ぎりぎりで日本に着いてショーを始めたからこの演出の話を彼女に説明するのすっかり忘れてしまって…

puttng it on

M: Omg, she didn’t know?! so this ended up being a social experiment!! What happened??

J: Yeah..and she doesn’t speak Japanese so I don’t think she had any
idea what was going on. I felt awful!!

M: And then you made her go walk the runway for the first time in her
life. She’s got my respect. It’s so weird I didn’t see this part of
the show reported in the media though…

J: I think it’s because fashion people…you know, they are only
concerned with the fashion fantasy and they don’t want to face any
kind of fantasy-as-reality. I have even had some trouble finding
sponsors for makeup or whatever for my next show because of rumors
about it. But you know, this was just a performance and it all ties
into my real memories. I can’t just erase those! I wish I could be
more clever and come up with more abstract concepts from simpler
things, but in the end it all comes from my memories…

M: It’s so rare to hear a designer speaking so passionately about her
vision, even if not everyone agrees with it. I think you had one of
the most fascinating shows of the entire week and many of the guests,
such as Susie Bubble, listed you as her favorite.

J: I’m so pleased!

 

M:うっそー!じゃあ本人の意見は聞かずじまいになっちゃったのね…?!大丈夫だった?

J:そうなの…しかも、彼女日本語話せないから、何が起こってるかも理解出来てなかったかも…本当最悪よね。

M: でも最終的に立派にウォーキングをして夢を叶えたのよね。私、彼女のこと凄いと思っちゃった。でもこの演出ってあまり日本のメディアでは取り上げられてないのよね…

J:そりゃ、ファッションピープルだもの。ファッションのハッピーなところにしか関心を示さないの。誰もそこにリアリティなんて求めてない。
今回のショーの噂のせいで、メイクアップのスポンサーを探すのにも苦労したのよ。でも、これはあくまでパフォーマンス。私の記憶に基づいてるっていうだけ。実話なんだから変えられないでしょ?もちろんもっと大人しく、小ぎれいなショーにも出来たんだけど。もとコンセプトモシンプルで抽象的なものにしたりしてね。でもやっぱり記憶が勝っちゃって。

M:今までこんなに情熱的に自分のビジョンについて語るデザイナーっていなかったかも。もちろん全員がそれに共感してくれるとは思わないけど。
でも私の中では今回のファッションウィークの中で一番印象的なショーの一つだったし、当日見に来ていたスージーバブルもフェイバリットに挙げてたよね。

J:ありがたい!

 

 oops! Just kidding about that scary stuff!
なんちゃって!
 
Look out for Jenny Fax again this season!
ジェニーファックスの2012年秋冬コレクションもを楽しみに!
 
 
Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー