ジェニーファックス2012年春夏バックステージ+インタビュー!大人ホラー+少女漫画というファッションレシピはどんな味?

manga face

Jenny Fax is designed by the female better half of Mikio Sakabe, a
young but established designer at Tokyo Fashion Week. Taiwan-born Shueh Jen-Fang
is her name and spring/summer 2012 was her second collection and her
first full fashion show. And boy was it a doozy! It’s one of those
“love it or hate it” situations.

But I loved it. Mostly because Jen-Fang is one of the only designers
that digs out ideas deep within herself and translates it into
clothing, when many collections nowadays are merely trend-chasers and
seem so lukewarm in their earnest towards *leading* fashion. I took one
look at these backstage photos by Yume and KNEW I had to talk to her because
something else was going on deeper than we could see. After you
read both parts of the interview, you’ll understand what I mean.

Mikio Sakabeのデザイナーの片方、台湾生まれのShueh Jen Fangのブランド、Jenny Fax。
彼女は今回の東京コレクションが初の本格的なコレクション参加ということなのだが、
これがなんとも物議を醸しているわけです。つまりは、好き嫌いが極端に別れる、という点で。
私はというと、意外と好きかも、といのが正直な感想。
何故なら、今日のデザイナーはトレンドばかりを追い求めているような印象があったから
彼女のように、自身の歴史を深く掘り下げていって、それを洋服という形に昇華させるデザイナーが珍しく思えるのだ。
そして、このショーのバックステージスナップを見ていて、
彼女のコレクションが、披露される洋服のみばかりではなく
より深いところまで表現しているということに気付いた私は
いても立ってもいられなくなり、すぐさまアポを取ってインタビューを行ったのでした。
多分、この言葉の意味も、インタビューをご覧頂ければ分かるはず

衝撃的です。part2までご覧くださいーーー

the looks

cute

two models

Misha: How did I feel after your first show?

Jeng: It’s a dream come true. But oh it was also so stressful. Because
I got so many compliments on the first collection that it was
stressful to come up with something good again. I mean, it really is
like a housewife becoming a designer because I am usually behind
Mikio.

M: where is your brand sold?

J: Concento-Roppongi Hills. Mousse- Kobe Macaronic-Harajuku We tried
to do a web shop but we are so slow to update it you know….I look at
CANDY’s online shop and they update it everyday. It’s impossible, I
don’t think we have the time.

M: So you studied at the Royal College with Mikio?

J: I think everyone misunderestands since I actually studied in
Brussels at a smaller school. But we were together in Amsterdam and I
traveled 40 minutes by train everyday to school. We didn’t have any TV
reception so to keep ourselves entertained we rented a lot of DVDs. I
am a TV and movie otaku.

Misha: 初めてのショーを終えての感想はいかがですか?

Jeng: 全く夢が叶った気分です。もちろん大変でしたが、最初のコレクションの評判が思いのほかよかったので
それを維持していくのはホントに大変でした。私は普段ミキオのサポートとして働いているので
自分のブランドで作品を発表するのはなんだか奇妙ですね。まるで、ハウスワイフが急にステージに上がらされたような気分ww。

M: そういえば洋服はどこで売られているんですか?

J:六本木ヒルズの Concento、神戸の Mousse、原原宿のMacaronicです。オンラインショップなんてものもやってみたこともあるケド
マメじゃないから更新できなくて…その点では、CANDYのオンラインショップなんて、毎日更新しているなんて信じられないもの

M:ちなみに出身はミキオさんと同じくアントワープでしたっけ?

J: そこがよく間違えられるんだけど、私はブリュッセルにあるもう少し小さな学校で勉強していたの。
それで、アムステルダムで一緒に住んで、私は40分かけて学校に通っていたというわけ。
その時は、テテレビが見られなかったからDVDばかり観ていたの。それが今にまで続くオタク生活のツボだったわ。

 

M: It’s funny how you said that you weren’t really a huge fan of manga
before you met Mikio, and yet your collection seemed to play off of it
MORE than anything Mikio has ever done.

J: Well actually I think I was a long time fan of “shojo-manga”…you
know, the really old ones. It’s just the new stuff that I’ve never
seen.

M: What did you read? Like the Rose of Versaille?

J: Just watched anime actually…like “Candy Candy”. It’s a really old one. And
Daddy Longlegs!

M: Gosh I don’t know those… but I really get the fascination. I read some shojo-manga
when I first came to Japan to study and really liked it. …But then I
quickly stopped reading it at all. The illusion was broken…nothing
was as funny or romantic in real life as it was in those comics
anyway. Haha…it was more…

J: Boring? Like robotic?

M: Yeah, well, normal. I was having fun anyway…I didn’t need them.

 

M: 以前、ジェンさんがマンガにハマったきっかけはミキオさんだったと言っていたのが印象的でした。
でも今では、ミキオさんよりもそのことをテーマに扱っているような印象ですね 笑

J:でもまあ少女マンガは昔から好きでしたからね。
例えば、キャンディキャンディとか、ダッディロングレグスとか古いものです。

M:そのマンガは知らないかも… でも気持ちはよく分かります。私も初めて日本に来た時に、少女マンガで日本語を勉強するのが好きでした。
でも現実問題、あんなロマンティックなこと起こりえないって気付いてからは、読まなくなりましたね。笑

J:つまらなくなってしまったってこと?

M:うんと、つまらないわけではないけど、そこまでの興味を抱かなくなりましたね。現実の生活十分面白かったから

 

makeup time

cute

J: I just hated studying…it’s a lot more interesting to see things.
It’s why I watch anime. Sometimes with Mikio. It’s good study…to
learn a little more about what and how he’s thinking.

M: Maybe you don’t really want to know!!? (laugh)….  So you’re not
studying Japanese?

J: Well, I don’t read it.

M: Are you not concerned what Japanese journalists are writing about
your work though?

J: Not so much…. I mean I know some came in to the showroom and were
saying, “Who is going to buy this??”. But I’m at peace. It’s OK with
me.

M: You said one of the inspirations for the collection was “Twin
Peaks”. That was filmed very close to my home town…

J: Really??! It was on TV at midnight in Taiwan when I was younger. I
wasn’t supposed to watch it…my parents said it was only for adults.
But I would sneak out and watch it anyway. (laugh) Then when I said I
wanted to watch it again as a grownup, Mikio bought me the whole set
on DVD! I even insisted on using the Twin Peaks song in my show.

J:私の場合は、勉強するのが本当に嫌いだったので、色んなことを経験していく方が楽しかったですね。
だからアニメも見るようになったし、たまにミキオとも見るし。だから彼の思考回路を探るっていう意味では良い勉強になってるのかも。

M:へぇ、男は知らない方がよかったりして笑  日本語を勉強したりしないんですか?

J:文字は読めないですね。

M:日本のジャーナリストの書く反応が気になったりしないですか?

J:いや、あまり。展示会とかをやると、こんな服だれが買うんだ?なんて言われるけど、別にいいんです。

M:今回のコレクションのインスピレーション源はツインピークスだって聞きました。偶然にも、私の地元と近いんですよ。

J:ええ、本当に?私がツインピークスと出会ったのは、まだ小さかった時にテレビで見た時だったの。別にそんなに見たかったわけじゃないんだけど
両親に、”これは大人向けの番組だから見ちゃだめ”と言われて、だから夜中にこっそり見てた(笑)
それで、もうちょっと大きくなってからもう一度見てみたいと思ってたらミキオがDVDコレクションを持ってきてくれたの!だから今回のショーのテーマソングでもツインピークスのものを使ってたってわけ。

schoolgirl

crown

M: That didn’t really click…maybe because the clothes were so peppy
and cute looking…compared to that dark show

J: Well, I used a lot of red in the end… like the red suit. That was
inspired by the “red room” from the show.

M: You mean to say the color red in your show signified horror?

J: (laughs) Yeah.

M: And the makeup too? Their eyes were all red.

J: Well I think I`m a fan of horror in general. But I also wanted to
make a contrast. The models are so young, in their teens, and yet they
were wearing these fancy dresses.

M: It’s kind of like “Carrie”

J: Oh, I like that movie too (laugh).

M: It’s perfect with your prom dresses from the show (*Jeng said she
had always wanted to go to American prom after seeing it on TV so I
told her my tale of going to prom in the US. Buuuut let’s skip
this….*)

M:今回のショーは、ダークな雰囲気と対照的にとてもスイートな洋服が印象的でしたね。

J:でも、重要なところでは赤を使っていたのに気付いた?レッドのスーツとかね。あれは”Red Room”からインスパイアされてるの。

M:つまり、あの赤はホラーの要素でもあったわけですね?

J:その通り(笑)

M:そういえば、メイクでも赤がよく使われてましたよね?

J:そうね。多分私、凄いホラー好きなんだと思う。それと、必要以上に若い服をモデルに着せてコントラストをつけたかったの。

M:まるで”キャリー”みたいな雰囲気。(笑)

J:そうね。あの映画も好きよ(笑)

M:その為のプロムドレスってことですね。完璧なコントラスト!(Jenは実はものすごくアメリカのプロムに憧れを抱いてるって言ってたから自分の経験を話してあげたけど、それはスキップしましょう…汗)

 

horror

scary

scared

puffy

young girl

J: I always wanted to have a dress with the big puff sleeves growing
up. But there are 4 kids in my family so I never got what I wanted. So
in my collection I am living out my dreams. When I was really young I
wanted a white dress but I couldn’t have one…and then there was a
recital at my school where we needed one so I was finally allowed to
buy one. But then at the recital there was another girl who had the
same dress! I was so disappointed!

M: So you’ve had some traumatic fashion memories…

J: Yes! it’s a complex…trauma.

M: So now that you were able to make a dress for your collection, did
you try it on?

J: Well, it’s not my ideal dress anyway. Because I wanted to order it
in a different fabric.

M: Do you want to keep on being a designer or do you have different plans?

J: I would love to do a movie someday. It would have something to do
with boarding school… we had so many rules and so much pressure to
follow them. I’d like to delve into the stress that causes.

M: I’m guessing it would be pretty scary.

J: Oh, for sure!

(You guys have no idea what I mean…just wait til part 2 tomorrow!)

J:いつも、パフスリーブのドレスに憧れてたんだけど、私は4人姉妹だったから欲しいものを買ってもらえなくて、だからこのコレクションはある種の夢の中の世界みたいなものなの。
白いドレスにも凄く憧れていて、それも買ってもらえなかったんだけど、ある時学校でリサイタルがあるから必要になって、ようやく買ってもらえたの。でもそのリサイタルで、全く同じドレスを着てる子がいて!本当ガッカリだったわ!

M:なるほど。いろいろとトラウマがあるわけですね…

J:そう!完全に、コンプレックスなの!トラウマ!

M:でもこうして、自分でドレスを作れるようになった。自分の作品に腕を通したことは?

J:えっと、実はあのドレス達は、私の理想ではないの。素材が、もっと違うのがよかったから…

M:今後の展開としては、このままデザイナーとしてやっていくつもりですか?それとも何か他のビジョンが?

J:映画とかやりたいって思ってる。なんか、学園もの。私の学校は、ルールとかが多くて厳しかったから、そのことを表現できたらいいなと思ってる。

M:なんか凄く怖い作品になりそう…

J:もちろん!

(本当に怖いと思いますww その証は続き、パート2で!)

makeup

happy

waiting

photo

pose

puff sleeves

prom

anime

 

runway

pose

model

 

To be Continued…..

続きます・・

sister

Photos by Yume Takakura

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー