大阪発ショップの 「ジャジャクチャ」。もしや、マリオとピーチ姫の仕立て屋?と様々な意味で「奇想天外」。jajaqucya-2013-japan-7

[UPDATE Fall 2013] jajaqucya has unfortunately closed doors. The brand NICE TO MEET YOU will live on, however, please check them out!
【更新】ジャジャクチャがあいにく閉店いたしました。ブランドのNICE TO MEET YOUは続くそうなので、是非これからもご応援ください!
 
I always get a kick out of visiting the ​Jajaqucya (pronounced “jaJA-kucha”) shop when I’m in Osaka because it’s like I’m stepping into a video game. I mean, if Super Mario and Princess Peach had a giant closet in their castle of love it might look something like this. And the owners of Jajaqucya, who design their own brands Nice to Meet You and Kisotengai, just might be Mario’s royal tailors. 
 
The clothes might be tough to parse….there is so much going on in one outfit it’s like a neon-80s-Tokyo-street totem pole, but the story here is not in how “crazy” it is. I am actually EXTREMELY impressed at the high patterning skills these guys possess and their affinity for lighthearted, tongue-in-cheek 3D designs. I hired them to make a costume for an Adidas show and it came back to me in 24 hours, sewn to perfection.  
 
大阪に行くと毎回、ジャジャクチャのお店に興奮しゾクゾクする。まるで8 bitのゲームの世界に入り込むような、マリオとピーチ姫のお城の中にある巨大なクローゼットを覗かせてもらっているような気分になる。オリジナルブランド”Nice to Meet You”や”奇想天外”を展開するジャジャクチャは、まるでマリオとピーチ姫の仕立て屋。お店にはそんなワクワクとドキドキがたくさん込められている。
 
このブランドがどんなスタイルを一言で説明するのは難しい。多分、80年代に東京の街で流行った物全部を1着1着に散りばめた、というのが1番適当な答えだろう。でもジャジャクチャの服は”クレイジー”の一言で言い表せられるような単純なものではないし、このブランドの素晴らしいところはそのユニークさだけではない。
 
愉快な見た目はもちろん、皮肉もたっぷり込められたこのブランドの高度なデザインには、いつもたくさんの刺激を受ける。一度、衣装を作ってもらったことがあったのだけれど、24時間以内という短い時間にもかかわらず、デザインにしろ裁縫技術にしろ、何から何まで完璧だった。
 

jajaqucya-2013-japan-6

And you thought Tanuki had big….

jajaqucya-2013-japan-5

As is super popular in Japan now, the sizes are extremely large, except for the jacket I tried on which I was told was “ladies” size. They kind of capture the entire zeigeist of what’s big in Japan streetstyle now. Neon, hip-hop silhouettes, anime, 80s nostalgia, and irony. But the humbleness of the designers are what remind me I`m in Japan.

They have a new line called “Kisotengai” 奇想天外 (“cosmically crazy”) which takes funny spins on vintage shirts with toys and other doodads.
 
Visit Jajaqucya (URL below), they will be very pleased to meet you. 
 
レディースサイズって言われて試着したジャケット以外は、いまでは日本で大人気なXLからしか扱ってないんじゃないかと思うぐらいにどれもこれも大きいシルエット。それは、ヒップホップを背景に、アニメのような世界観やネオンカラーが目立ちつつも、80年代の皮肉や懐かしさをも取り入れた、日本のストリートファッションの時代精神を全て捉えているだろう。だから、デザイナーもすごくポップな人なのかと思うと、すごく日本人らしい謙虚な人である。この矛盾が日本らしいな、と思った。
 
新しく発表された”奇想天外”というラインは、ヴィンテージなスエット、Tシャツなどをおもちゃやガラクタを飾り付けリメイクする、まさしく普通なら想像できないような”奇想天外”なひねりを加えたコンセプトで作られている。
 
ジャジャクチャのオンラインサイトは下記。きっと楽しい世界に連れ込んでくれるはず。
 
jajaqucya-2013-japan-15
 
jajaqucya-2013-japan-16
 
jajaqucya-2013-japan-11
 
jajaqucya-2013-japan-12
 
jajaqucya-2013-japan-13
 
jajaqucya-2013-japan-14
 
jajaqucya-2013-japan-17
 
jajaqucya-2013-japan-19
 
jajaqucya-2013-japan-20
Kisotengai one-off vintage line “奇想天外”ライン
 
 

jajaqucya-2013-japan-1

jajaqucya-2013-japan-10

jajaqucya-2013-japan-2 jajaqucya-2013-japan-4 jajaqucya-2013-japan-3

jajaqucya-2013-japan-8

“Nice to meet you” signature print
ナイストゥーミーチューのシグナチャーもチーフ

A contemporary suggestion. For JIMON magazine, 
Photo:Photo by Tomokazu Hamada

下記はJIMON雑誌でNice to meet youを使ったコンテンポラリーなコーデの提案

jajaqucya-2013-japan-hamada jajaqucya-2013-japan-tomokazu-hamada-1 jajaqucya-2013-japan-tomokazu-hamada-2 jajaqucya-2013-japan-tomokazu-hamada-3 jajaqucya-2013-japan-tomokazu-hamada-4

 Jajaqucya/Nice to meet you/Kisotengai

Assistant editor, Chie Onozaki